中小企業の働き方改革をサポート>>

現在、労災年金を受給しています。会社を退職した場合、失業保険も申請した場合、受給されますか?受給された場合は、労災障害年金金額は減額されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

年金でっしゃろ、問題ありまへん!


労災の傷病手当やったら「アウト」でっけど・・・
減額もされず、失業保険も「ガッポリ」貰えまっせ!
次の仕事頑張って探しや!!
    • good
    • 0

素人考えなのでハローワークなどに確認を取っていただきたいのですが、雇用保険に就職困難者という枠がある以上は労災で障害年金を受給されているというだけでは求職の申し込みができないかどうかは判断しかねるのではないでしょうか?


また、労災の障害年金の受給要件に関しても収入要件を探し出す事ができませんでしたので一概に就労したから制限されるとも限らないかも知れません。
障害等級やどういった障害なのかわからないので、こちらでは何とも言えませんが一度問い合わせてみては如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通り、ハローワークに直接、問い合わせてみます。

お礼日時:2014/04/22 16:05

同時は出ないはずです。

就労できないなら失業給付は出ません。
ただ、失業給付は受給延長手続きができますので、最大4年ほどまでは打ち切り期間を延ばす事ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。少し、あつかましい質問かなと思いながら・・でも気になっていたので、スッキリしました。

お礼日時:2014/04/21 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

労災」に関するQ&A: 労災指定病院とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身体障害者の等級と、労災の障害保障の等級のちがい

私の身内なんですが、現在通勤労災の認定を受けて入院中です。

医師からは、身体障害者第4級を認めると言う事で、役所へ行って手続きをして来て下さいとの事でした。
一般の障害者第4級の保障は、とても生活の出来る手当てではないようです。

そこで、疑問なのですが、労災の障害者の等級表を見ると
第7級ぐらいに該当するのですが、これは別々の事として考えて良いのでしょうか?

一般の障害者等級の第4級を認定されて、その級相当の手当てを受けた場合は、労災の第7級に該当する手当てを受けることが、出来なくなると言う事があるのでしょうか?

また、この両者の等級の認定は、無関係と考えてよいのでしょうか?

この先、仕事には復帰できる見込みがないほどの障害が残ってしまいました。
労災の第7級相当の保障が下りなければ、生活ができないので、心配しております。
何もわからず、悩んでおります。早急に手続きをとのことなんですが、いま迷っております。

どうか、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

#3です。

 身体障害者手帳と労働災害の申請窓口は別々です。それぞれの制度を利用しようと思えば、それぞれへの申請が必要となります。まずは、それぞれの申請窓口に相談に伺ってください。必要な書類などを教えてくれます。

 私の経験ですが、身体機能の回復の見込みがあるときは、医師は診断書を出さないように思います。ある程度固定した時点で診断書に記入するのではないかと。

 リハビリの目的にはADLの向上、残存機能を使っていかに日常に必要な動作をするか、ということもあるようです。右利きの方が右腕切断しても、左腕を使いこなす訓練をすれば、箸も持てますし、文字も書けます。

 何かと気苦労が多いかと思いますが、焦らずに体を治して下さい。

Q失業保険給付期間中に労災認定されたら?

年間4000時間の労働で鬱になり退職します。 国保なので傷病手当金なし。失業保険期間が6ヶ月あるとして、3カ月目に労災認定された場合、どういうことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

補足しますが
退職後の労災申請は問題なくできます。
退職しても休業補償は従前通りもらえます。
休業補償に関しては時効が2年なので
あまり時間が経ってからの申請では駄目ですね。
精神疾患の労災認定基準
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120215-01.pdf

失業給付の受給期間延長の手続きは
申請できる期間が限られているのでよく確認してください。
もし、延長するのなら退職後
働けない状態が30日以上続いた翌日から1ヶ月以内の申請です。
3年延長できるので元々の受給期間とあわせて4年は延ばせます。
延長しなければ
退職の翌日から1年が受給期間なので
働ける状態になってから受給したとしても
退職後一年を超えてからの日数は支給されません。

仕事で病気になって働けないということで労災申請をして
それを隠して失業給付を受けることは不正受給になるので
受け取った失業給付を返せってことになると思います。
とすれば傷病手当金もないのなら
労災が認定されるまでの生活をどうするかということを
考えないといけませんね。

補足しますが
退職後の労災申請は問題なくできます。
退職しても休業補償は従前通りもらえます。
休業補償に関しては時効が2年なので
あまり時間が経ってからの申請では駄目ですね。
精神疾患の労災認定基準
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120215-01.pdf

失業給付の受給期間延長の手続きは
申請できる期間が限られているのでよく確認してください。
もし、延長するのなら退職後
働けない状態が30日以上続いた翌日から1ヶ月以内の申請です。
3年延長できるので元々の受給期間とあ...続きを読む

Q労災休業補償のあと、失業手当貰えますか?

去年の春、前の会社が倒産してしまいました。

失業手当を貰いながら、同年6月中旬に今の仕事に就きました。

12月下旬、今の職場で大怪我をしてしまい、いままだ労災治療中です。

治っても身体の原因で今の仕事に戻るのは難しいです。

こちらでお伺いしたいのが、今の仕事を辞めたら、再び失業手当を貰えますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

怪我による離職となると、特定理由離職者に認定されると思います。
この場合、離職の日以前1年間で、雇用保険に加入していた期間が満6ヶ月以上あり、また、賃金の支払いのある勤務日数が11日以上ある月が、6ヶ月以上あることが、受給条件の一つになります。

ご質問のケースでは、ギリギリですが、何とか条件を満たしているように見受けられますが、厳密な期間や日数などは分かりませんので、会社に問い合わせるなどして確認してください。

ただし、就職する意識と能力があることも、条件となりますので、その時の怪我の状態によっては、基本手当は受給できない可能性があります。

Q会社で労災にあいました。慰謝料や損害賠償の請求をしたいのですがどうした

会社で労災にあいました。慰謝料や損害賠償の請求をしたいのですがどうしたらいいかおしえてください。

Aベストアンサー

労災と言っても色々あり、会社に責任がある労働災害や従業員に責任がある労働災害や第三者に責任が労働災害があります、同じ労災ですが、全て治療費はでるが慰謝料は出ると言う訳ではありません。
慰謝料は会社に請求します労災からは出ません。

Q1.会社の業務中に労災事故で怪我をしました。休業損害金や慰謝料を会社に請求することができますか。
 
A.会社に不法行為責任または安全配慮義務違反の債務不履行責任がある場合は、請求できますが、会社にこれらの責任がない場合は労働者災害補償保険が請求できるだけとなります。
。【あくまで慰謝料請求は会社にです。】

Q2.会社へ請求できる金額と労災保険とでは、金額や内容に違いがあるのですか。
 
A.労災保険では、慰謝料は認められません。また、休業損害補償も休業損害金の全部は認められていません。内容に違いがあります。

Q8.労災保険の給付の対象となる災害はどのようなものがありますか。
 
A.業務災害といわれるものと通勤災害といわれるものがあります。これら災害に対する保険給付の内容はほとんど同じですが、業務災害は事業主の支配管理下において発生する災害であり、事業主に予防義務があるのに対し、通勤災害は事業主の関知し得ないところで発生するもので、事業主に予防責任がないという性格の違いから、法律的には別々のものとして扱われます。

Q9.業務災害とはなんですか。
 
A.業務災害とは、労働者が労働契約に基づいて事業主の支配下にある状態(これを業務遂行性といいます。)に起因する災害です。(これを業務起因性といいます。)業務遂行性と業務起因性の2つの要件が必要です。災害とは、業務上の負傷・疾病・障害または死亡があるときです。

Q13.労災事故で休業すると、休業補償給付と休業特別支給金とでいくら支払ってもらえるのですか。
 
A.休業第4日目から、休業1日につき給付基礎日額の60%相当額の休業補償給付と同20%の休業特別支給金が支払われます。これにより給付基礎日額の80%の額が支給されますが、休業開始日からの3日間は給付がありません。この期間を「待機期間」といいますが、業務災害の場合は、この待機期間分につき事業主は労働基準法76条に基づき60%の休業補償をしなければなりません。
また、支給は、休業期間の続く限りなされますが、傷病補償年金が支給される場合は、休業補償給付はなされません。



参考に
http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/q-a/roudou/rousaihoken01.htm


会社に明らかな過失があり、過失による労働災害なら慰謝料請求は会社に対して行なわれます、ですが、会社に喧嘩を売る行為と同じで、その会社を退職する程の気持ちが無ければ、争ってはいけません。
会社に過失があり、退職・会社での出世も諦める覚悟があれば、弁護士に一度は相談した方が良いかと思います、会社はすんなり認める訳が無いので、結局は弁護士に委任しないと慰謝料は取れないでしょう。
それど頃から、仕事を回されない、人事移動等の仕打ちを受ける事も考えないといけないでしょう。

よくご検討下さい、質問者様の主張が全て会社に通るとは言う事はまずは無いでしょう、その見返りの仕打ちもされるかも知れないと言う事を忘れてはいけません。

労災と言っても色々あり、会社に責任がある労働災害や従業員に責任がある労働災害や第三者に責任が労働災害があります、同じ労災ですが、全て治療費はでるが慰謝料は出ると言う訳ではありません。
慰謝料は会社に請求します労災からは出ません。

Q1.会社の業務中に労災事故で怪我をしました。休業損害金や慰謝料を会社に請求することができますか。
 
A.会社に不法行為責任または安全配慮義務違反の債務不履行責任がある場合は、請求できますが、会社にこれらの責任がない場合は労働者災害補償保険が請求...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報