AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

歴史がからむので敢えてこのカテゴリに質問します。

明治維新の際、大勢の薩摩人が北海道に入植したので、北海道弁と九州弁(といっても色々だと思いますが、ここでは薩摩[鹿児島]弁のことかもしれません)では共通点が多い、
という意味のことを聞きました。

本当でしょうか?

もちろん、北海道には当時の薩摩人に限らず、色々な内地人が入植していますので、それぞれの方言が長い年月を重ね、北海道弁として形を変え根付いた事でしょう。

知りたいのは、北海道と九州の方言の結びつきの信憑性です。

その人の話では、北海道で言う「ざんぎ」(鶏肉に醤油味をつけてから揚げにしたもの)は、北海道以外では九州だけで通じる、と言います。
他にも2~3例を聞きましたが忘れてしまいました。

ちなみに私は幼年期を北海道で過ごしましたので(今は東京です)、多少北海道の方言には明るいです。
九州は、成人してから出会った多くの九州出身者との付き合いの中で認識した程度の知識しかありません。

色々教えていただければと思います。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

維新後に北海道に入植した人たちの中に九州の人がいたことは間違いありませんが、それ以外の出身者も多くいたことも間違いありません。



北海道の地名に、その出身地をつけたところが今もたくさん見受けられます。(広島・鳥取・十津川等)

言葉も、多くの地方の人に判りやすいように、共通語が普及したと思われます。
また、距離的に近い東北地方との交流や入植も多かったため、東北弁的な単語や言い回しが多く見られます。(北海道出身者の知人が多数いますので経験的に)

ちなみに、鹿児島出身の知人に「ザンギ」を聞きましたが、初耳だと言っていました。

鹿児島の言葉が北海道に残っている確立はあると言えますが、それが高いとは言えないと思います。

鹿児島の人が自分たちの仲間内では使っていたかもしれませんが、代を重ねるうちに衰退して言ったのではないでしょうか。

例えば、東京の佃島は家康が大阪の佃の漁民を移住させたので有名ですが、今の佃島で大阪の言葉は聞かれません。

下のURLに鹿児島と北海道の関係が載っていますので、ご参考にしてください。

参考URL:http://www.hoppou.go.jp/gakusyu/watashitachi/kag …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。参考URL見ました。
確かに東北弁との共通点は顕著に見られますね。
鹿児島でザンギは知られてないようですね。
その話をしていた人の勘違いなのかもしれません。
とても参考になるお話有難うございました。

お礼日時:2004/05/29 14:47

新潟県人から言えば


http://www4.airnet.ne.jp/zap/kouza/kouza2.html
となり、北海道弁は 新潟の変形
http://www.osakanews.com/mite-mite-kansai/sakura …
とか
http://www3.town.tatsuruhama.ishikawa.jp/hisbook …
これによると、屯田兵では石川県が一番との事。

参考のURLにある書籍によれば、北海道の開拓は、日本海側の出身者が多かったということです。言語がその話者である人間と一緒に移動することを考えると、薩摩と北海道の親近性は少ないと考えます。
※ 参考の書籍では九州は、朝鮮・満州あるいは ハワイへの移民が多かったのに対して、日本海側は、江戸時代からの親近性から、北海道が多かったと書いてありました。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/5/4305220.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
屯田兵は石川県が多かったというのは初耳です。
色々見てみると面白いですねー。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/29 14:48

こんにちは。


ザンギ、おいしいですよね。ちょっと油っこいけど(笑)

北海道の中にも、方言がきつい地方と、そうでもない地方とがありますね。
専門学校に行って道内各地の生徒が集まった時に、「こんなに方言がきつい地方もあるのか~。」と思いましたもん。(「浜言葉は<方言が>きつい」とは聞いていたけど。)慣れるのに数日かかりました(笑)

わたしは勝手に、東北地方の方言が影響している部分が多いんだろうな~と思っていました。具体例は挙げられませんけど・・・。(すぐに思いつかなくて。)

・・・ザンギが食べたくなりました。ジンギスカンも食べたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
確かに東北弁との共通点はかなり顕著ですね。
鹿児島との共通点はあまり出てこないようです。

お礼日時:2004/05/29 14:45

北海道を8日間旅行して九州弁に似ていると思ったことは一度もありませんでした。



質問の九州弁は薩摩弁とするのが正しいと思います。なぜなら鹿児島と九州の他の方言とはあまり似て居ないからです。

又、物の名前(料理など)が似ているのは方言が似ていることと関係ありません。単に文化的に影響を受けているに過ぎません。日本はアメリカの文化的影響を強く受けていますが英語に似ているとは言いません。

ざんぎは鹿児島から(或いは鹿児島出身者から)伝わったのだろうか・・・という疑問でよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
なるほど、方言が似ているということではなく、文化的な影響だという説ですね。
英語との比較、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/29 14:44

すみません、こちらです!



参考URL:http://www.ne.jp/asahi/ys/namaramuchyo/nanda/hon …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます!
参考になります。

お礼日時:2004/05/13 21:27

こんばんは。



質問の内容からは少しずれますが、「ざんぎ」の件だけの回答です。
参考urlにあるとおり、中国からという説が強いようですね。
旦那が九州ですが家族にも友達にもまるで通じませんでした。

東北の言葉に近いというのはよく聞くことですが、
九州から来た言葉というのはほとんど聞いた事がありません。

少しでも参考になれば・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLが見当たらないのですが(笑)、中国からきたという説があるんですね。
それなら位置的に九州に伝わるのは自然のことだと思います。

でも九州男児のご主人には通じなかったのですね・・あまり信憑性ないのかな?

東北に似ているというのは肌で感じますね。
やはり位置的に近いからでしょう。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/13 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「だよね」「○○でさー」って関東弁ですよね??

関西出身の関東在住のものです。
関東に来て半年ほどたちました。
周りの人は地方出身者が多いはずなのに、
みんな「~だよね」とか「~でさー」
といっています。それがあたかも標準語のように、
僕は関東弁に染まらないように誓ったので、
「~だよね」は「~ですよね」にするし、
「~でさー」に関しては使いません。

そこで質問なんですが、
みんなが使っている「~だよね」や「でさー」
は関東弁ですよね?

あと、
「~だよね」に該当する関西弁は「~やんな」ですか^^?
私見ですが、
関東(非関西)の「だ」は関西の「や」
「ね」は「な」
に変換できると思っています。


それはペンだ→それはペンや
そうだけど→そうやけど
それはペンだよねー→それはペンやんなー

Aベストアンサー

終助詞の「さ」「よ」「ね」は多くの用法があるので、どの用法がどこの方言とは一概にいえないと思います。

さ http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%B5&kind=jn&mode=1&base=1&row=8
よ http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%E8&kind=jn&mode=1&base=1&row=2
ね http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CD&kind=jn&mode=1&base=1&row=4

断定の「だ」は共通語ですが、元を辿れば東国方言です。
「である」の「る」が落ちて「であ」になり、東日本では「だ」に転訛、西日本では「じゃ(ぢや)」に転訛して、さらに上方では「や」になったというのが定説。

であ
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C7%A4%A2&kind=jn&mode=1&kwassist=0

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C0&kind=jn&mode=1&base=1&row=3
じゃ(ぢや)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%B8%A4%E3&kind=jn&mode=1&base=1&row=1

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%E4&kind=jn&mode=1&base=1&row=4


「関東方言」は存在します。日本全国の言葉を語彙・文法・音韻などの特徴によって分類した「方言区画」でいうと、「関東方言」は東日本の「東部方言」の一つです。
http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/image_html/a5526100.html

関東方言はさらに「東関東方言」(東京方言・神奈川方言・千葉方言・埼玉方言・群馬方言)と、「西関東方言」(栃木方言・茨城方言)に大別する説もあります。
東京方言も、江戸語の流れを汲む下町方言、標準語・共通語のベースになった山の手方言、西部の多摩方言などに分けられます。

具体例を挙げるときりがありませんが、たとえば「落ちる」を「落っこちる」などというのは関東方言の代表例でしょう。
東京方言は、「あぶねー(危ない)」「さみー(寒い)」など、連母音の「ai・ae・oi・ie・ui」などが「えー」「いー」に訛ったり、「い」と「え」の混同、「ひ」と「し」の混同など色々な特徴があります。「危なくって」「寒くって」など、無闇に促音化が多いのも江戸語・東京方言の特徴です。
そのほか、「じゃん」は神奈川方言のうちの横浜方言。若者語の「うざい」も、多摩方言の「うざったい」がもとになった新方言とされています。

典型的な下町方言は別として、「山の手方言」や最近の「首都圏方言」は、中央語として活字メディアや電波メディアに載って広く全国に流れているので、方言とは認識し難くなっています。

>僕は関東弁に染まらないように誓ったので、

その心意気やよし(?)ですが、完全に排除するのはけっこう難しいのではないかと思います。

終助詞の「さ」「よ」「ね」は多くの用法があるので、どの用法がどこの方言とは一概にいえないと思います。

さ http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%B5&kind=jn&mode=1&base=1&row=8
よ http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%E8&kind=jn&mode=1&base=1&row=2
ね http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CD&kind=jn&mode=1&base=1&row=4

断定の「だ」は共通語ですが、元を辿れば東国方言です。
「である」の「る」が落ちて「であ」になり、東日本では「だ」に転訛、西日...続きを読む

Q北海道では「我が家のご先祖様は屯田兵」というのは一目置かれる、というの

北海道では「我が家のご先祖様は屯田兵」というのは一目置かれる、というのは本当?

TBSラジオの番組で帯広出身の人気アナウンサ安住紳一郎氏がこういっていました。
「北海道では”我が家のご先祖様は屯田兵として北海道へ渡ってきた”というと、ちょっとしたエリート、由緒ある家柄として一目置かれます。
 なぜなら屯田兵は
”北海道開拓と北方国土の防衛をまかされた元・士族(サムライ)の人たち”
だからです。
 ほかの北海道移民者は”人に言えない事情があって内地に住めなくなった人”とか”多額の借金があった”とか”農家の末の子供で親から田畑や財産をもらえなかった人”など、さまざまなことを背負っていて、
”北海道で人生を再スタートさせよう”という人の割合が多いのです。」

安住氏がそういうのだからそうなのでしょうが、実際のところ、「ご先祖さまは屯田兵」というお宅はい平成の現代でも大きな家に住んでいたり、土地の名士だったり、町内の顔役だったり、大きな企業や道庁、市役所、町役場の要職についていたりするのでしょうか?


北海道にお住まいの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北海道でも最初に屯田兵が入植したと言われる札幌の琴似育ちのオヤジです。
「由緒ある家柄として一目置かれる」ことは無いと思いますねぇ。
先祖が屯田兵だったから「土地の名士だったり、町内の顔役だったり、大きな企業や道庁、市役所、町役場の要職についていた」ってことも無いですねぇ。
昭和40年代にはまだ屯田兵時代からの家屋に住んでいた方々が、近所にも結構いましたよ。
家屋は木造下見板張りの平屋建の一軒家で、お世辞にも立派な家屋と言える代物ではありませんでした。
屯田兵自体がそんなに裕福な暮らしをしていたわけではないはずですから・・・

私個人的には、貧しい時代の北海道を知っていますので、それよりもかなり貧しく、冬が厳しく道も畑も田んぼも電気も何も無い入植当時の北海道の過酷さは、想像を絶するものだったろうと思いますし、そんな所に入植・開拓してくれた屯田兵の方々を尊敬しています。

安住アナも屯田兵に関して、きっと私と同じ感情を持っているのかなぁと思いました。


人気Q&Aランキング