プロが教えるわが家の防犯対策術!

皆さんは中学・高校で習って社会人になって「何でこんな役に立たないの勉強したんだろう?」って思った科目ってありませんか?

私個人的にはこんな感じです。

・古文、漢文→サラリーマン社会においては全く不要。今もたまに電車で高校生が教科書開いてるの見るけど何であんなの勉強したのか今だに分からない…

・英文法→あんなの実践では何の役にも立たない。覚えてる単語を並べて日本語の文章に置き換えたらそれなりに解釈できる。
英字新聞を丸ごと翻訳するとか、CSでCNNのニュースを見るとか、洋画orドラマを字幕無しで見るとかに時間を割いた方がよっぽど建設的な気が。

・国語→漢字はまあ必要としてもそれ以外の読解力とかは何だったのか・・・
大人になってから夏目漱石や宮沢賢治、太宰治なんかに触れる機会も出てきましたが
こういうのも中高生のうちから読んでも良かったなって今更ながら思います。

・科学、物理、数学の方程式等→理数系の企業以外では全然使う機会ない。必要と思う人だけ勉強すれば良いと思いますけど。
確率統計なんかはマーケティングとかの仕事でまだ使う機会はある。

・世界史→日本の歴史を知った上での世界の歴史。勉強するなら日本史の知識を完璧にした上で学ぶべき。
日本の歴史は知らないのに世界史は知ってるなんて外国から見たら笑われる。

・体育→地域、学校、先生によって異なるかも知れませんけど自分の高校時代はただサッカーをやらせるだけ、バスケをやらせるだけの授業だった。
あとで通知表を見て何でこんな評価なのかって疑問だった。

・道徳→あの授業も結局何だったのか・・・
街中で自分と同世代の大人のマナーや常識力を見てるとそんな教育が活かされてるとは到底思えない。

・給食(番外編)→今は知らないけど私の時代はパンと牛乳がメイン、週一でご飯だった。
まずはこれを米メインにすべき。
とにもかくにも日本の食育はここからでしょう。
月何回かは自分たちで作る機会も与えた方が良いでしょう。子供の頃からご飯を炊ける、最低限のおかずを作れるというだけで大人になってから生活力の面で大分違うと思います。


逆にこんな勉強こそ中高生からやっておいた方が良いというのはありませんか?
私はFPの資格持ってるのですが、お金全般や貯金・預金の種類、保険、税金に関する知識なんかは社会に出たら誰でも必要になってくるものなので、こういうのこそ社会に出る前に勉強が必要なのではと思うのですけど。

あと簿記なんかもどんな会社、組織にいても必要になってくるので、商業高校以外でも勉強する機会があっても良いと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

視野がせますぎ。


使わない知識=無駄だと思うのは、今はそんな生活してるから。
もしかしたら、研究者や数学者、歴史学者や作家とかになっていたかもしれんだろう?。
そんな職業についてたら、今と同じ事いえるか?。
英文法は役に立たないと言うが、基本しならきゃ、単語いくら覚えていても使えない。
数学の方程式は役に立たないと言う反面、お金全般の知識は必要と考えるんですよね?
今の金融工学は高度な数学の理論で成り立ってるのは当然しっていての発言ですよね?。

様々な知識を持っているから、一定の理解力がもち、色々考えることができるのであって、知らなくてもいいというなら、知的レベルは就学前の子供と変わらん。

それに簿記はどんな組織でも必要だから勉強する機会があっていいというが、経理でもやらない限りいらんよ。
俺自身、簿記もってるけど、今まで使ったことないから。
    • good
    • 1

いくつくらいの方か存じませんが、私は老年に達した現在、高校までの教育で無駄だったなとか思うものはまったくありませんね。

道徳教育はその地の方針かなにかで受けなかったのですが、それだってあれば受けて損は無かったはずです。人生は長いようでそうでもありませんので、仕事に必要なものだけを知って、ひと財産を蓄えたところで、仕事時間以外の肝心の人生の楽しみ、知的好奇心を満足させる時間をどうやって作り、すごすのか(まあこれは各人の勝手ではありますが)、子供や孫からいろいろ質問されて過不足なく答えられるかどうか(学校の先生に○投げでもわるくはありませんが子供になめられるようなことはやはり避けたい)、もちろん国民として国の代表を選んだり、その代表がわれわれの代わりにしっかりまちがいなく政治をやってくれるかどうか、そういったいろんな判断や思考することをそこそこまちがいなくこなしていくには、少なくともその義務教育をしっかりバランスよくマスターして考える力を鍛えていなければ、一人の人間としてはまずいことになるのではないでしょうか。前の方も書いておられましたが、人の思考能力、特に発想力というのは専門教育を完璧に身に着けているだけでなく、専門外のいろんな知識が複合的にかかわってくるものなので、そういえば職場でもやりての上司は専門外のいろんな知識が豊かでしたね。
お金についてはわれわれを含めて皆重要性は理解していますし、案外真剣に社会で学ぶのではないでしょうか。
    • good
    • 3

高校までは、広く浅く勉強してその中から社会で役立つものを自分でさらに勉強するためです。


まったくベースがない状態で、一から独学するには並々ならぬ努力と根性が必要ですが、少しでもやっていれば基本はわかっているので、直ぐに理解ができるようにしているが、高校までの教育方法です。
だから、大学では専門に特化することでより深く勉強するのです。

ですから、今貴方が必要と思うものを社会人になってから勉強すればよいのです。

>逆にこんな勉強こそ中高生からやっておいた方が良いというのはありませんか?
>私はFPの資格持ってるのですが、お金全般や貯金・預金の種類、保険、税金に関する知識なんかは社会に出>たら誰でも必要になってくるものなので、こういうのこそ社会に出る前に勉強が必要なのではと思うのですけど。

今貴方が不要と言っている内容は、全て文科省が必要と考えた教科です。
貴方には貴方なりの必要なものがあると思いますが、その他の人は不要と考えこともお忘れなく。

この機会に、学校教育について少し調べてみては如何ですか。
まんざら的外れではないと私は思いますよ。
今の教育制度が全て良いと言いませんが、社会で必要なものだけでは、子供たちは全く興味を持たず、勉強をしなくなります。
それに、各教科は単独ではありません。密接に繋がっていることに気づいてください。
    • good
    • 0

1点思ったことを書きます。




道徳→逆に「悪徳授業」をしたらどうなるか?邪淫(レイプ)は素晴らしい。女は嫌といっているが本当は喜んでいる。そんな教育したら少年犯罪が増えそうですが、全く無意味でしょうか?道徳教育はこの逆を目的にしています。
    • good
    • 0

No.13TANUHACHIさんの「ディベートの話」はその通りですね。

    • good
    • 0

 確かに問題解決能力を育むことは大切ですが、ディベートは余り意味がありません。

AかそれともBかとの二者択一的な二分法の世界ですから、論理として間違っていても相手を打ち負かすことができればそれで万事めでたしめでたしの世界です。こうした発想では「より良いものを求めて議論する」との発想などどこにもありません。
 そうした二元法の典型こそがアメリカ的な価値観の原点であり、そこから問題は一度もアウフヘーベンされることはありません。
 議論することの前提には、言葉が持つ論理性が求められます。言葉はそうした論理を記すための表象的手段ですから、なぜその言葉を使うのかとの理由を考える必要が求められもします。つまりは哲学的思考を幼い頃から育むためにトレーニングを積むことを意味します。
 そして議論するには相手と同じ土俵で話をするわけですから、知識レベルを共有する必要があります。そのために基礎的な知識を得ることが前提となりもします。ここまではヨーロッパの学校教育でも日本の学校教育でも共通する部分ですが、ヨーロッパと日本での違いは「知識と知恵の違い」をどう意識するかとの部分に現されても居ます。
 日本では「受検して合格すること」が目標とされますが、実際にはそうした短絡的な思考では大学教育にも着いていくことの出来ない学生がかなりいることでも問題となっています。
 けれどもヨーロッパのドイツやフランスでは、最低限の知識を持ち、それに付加価値を与えていくことが「学校での学びの意味」とされていて、学校と社会の関係も明確にされています。ドイツならば義務教育課程は国民が一律に受けますが、その後は職業選択に基づいて幾つかのルートが設けられてもいます。これを複線型教育と呼びますが、日本の教育制度は単線型であり、学校教育と職業教育は全く別の領域として互いの行き来がないシステムともいえます。
 これは普通高校と実業高校との違いとの意味ではなく、プロフェッショナルをどう育成するかとの根本的な発想の違いともいえます。日本では工業高校に行けば機械設計やコンピュータのプログラミングのスペシャリストに就けるかといえば、それは凡そ不可能といえます。何となれば、実業高校レベルではプロの職業人育成とはほど遠い段階といえますから。
 そして世俗的な問題でいえば、普通高校に対する実業高校のつまらない偏見やランク付けなどが罷り通り、実際の教科目レベルで比較するとの論点をすり替えてもいますから、これほど無責任な評価もありません。普通高校の生徒に高専レベルのロボット設計ができるでしょうか。一つのロボットにもモノ作り系の知識や制御システムのためのプログラミングといった様々な領域の知識の結集が必要ともなります。単に英語の成績が良いなどでは太刀打ちの出来ない世界ともいえ、その逆もあります。
 対象となるものを真ん中に置き、それをどの角度から見つめたらどの様な側面が見えそしてどの様に人間と関わり合っているのかを考えねば、知識から知恵へとの深化拡大を求めることなど到底出来ないはなしになります。ですから「役に立つ教科目」といった括りで話をされることは途轍もない勘違いといえます。
    • good
    • 0

>皆さんは中学・高校で習って社会人になって「何でこんな役に立たないの勉強したんだろう?」


>って思った科目ってありませんか?

これって誰しも一回は思う疑問です。
確かに読み書きと足し算、引き算が出来れば、生活はできますね。
それ以上の勉強は生活するためでなく、社会にでて何をすべきかの
勉強となると思います。

高校生の息子も古典って何の役にたつのかって言ってます。

その問いに回答しているのは、今は多くの学科を体験して
自分に合った学問を選択する時期なんだと。

>科学、物理、数学の方程式等→理数系の企業以外では全然使う機会ない。
>必要と思う人だけ勉強すれば良いと思いますけど。
科学、物理、数学は特定の人しか役にたたないのは同意しますが
だからといって、学生の誰が特定の人か選択できますか。

順番が逆です。学生皆に古典、国語、数学、化学、物理などを
接する機会を与える機会が重要なんです。
いろんな事を勉強できるから、自分にあった道を選択できるんです。

中高での授業は専門は偏っていけません。
逆に必要なのは、専門ではなく、コミュニケーション能力や
問題解決能力を養う授業やディベートなどだと思います。

繰り返しになりますが。
・絶対に必要な授業は、読み書きと足し算、引き算。
・こんな勉強こそ中高生からやっておかなければいけないのは
 問題意識を持ちその解決方法を探し出し、それを実行できる事を教える。
・専門知識は個人で選択。その為の環境を用意して上げる
    • good
    • 0

全ての科目はそれなりに必要だと思います。



全てテストで高得点をとれるように勉強すべきかどうかは
いろいろ考え方はあると思います。

人生は全て予定通りに行くはずは無く、何が問題解決のヒントになるかはわかりません。
そういう意味では、いろいろなことを浅くても広く知識を吸収することは重要だと思います。

脳の中で、少しでも数多くの知識がシナプスで接続されることが重要なのです。
シナプスが接続されていない知識は、思考の過程で対象になりえません。


個人的には、もっと沢山の本を読ませるようにした方が良いと思います。
ある程度、必須化した方が良いと思います。
    • good
    • 0

 それは単に「学校=知識を与える場」としてしか観ていないからでしょうね。


確かに「日本の学校制度」およびシステムとしては「知識を与える場」との色彩もありますが、実際には日本の小中校生のレベルが低すぎるとの問題もあります。
 本来ならば、知識をベースとして「考える」との営みが目的ですが、現状としてはその目的の入り口に辿り着くだけで精一杯状態といえます。
 国語を一例としてとりあげますが、国語は実際に総合科目としての性質も有し、そこで扱う文章の領域もかなり広く設定されています。自然科学から始まり社会科学そして文学理解や言語形成までを扱いもします。
 そこに活用形だとか文学史としての作品名と作者名などをデータとして扱うから、単なる知識レベルに留まってしまうともいえます。
 FPに関する知識などよりも、実際には経済原論そして哲学概論と社会科学概論を扱うべきでしょうね。もしFPやマネーゲームに関する知識を与えても、それは単なるマネーゲームでしか社会が動いていないとの近視眼的な俗物を大量に粗製濫造するだけでしかありません。
 アダム・スミスが『国富論』を著作として遺す一方で『道徳感情論』を書いた理由が、マネタリズム教育では説明もできません。
    • good
    • 0

明治になって西洋文明を取り入れようと、欧米から各分野の専門家を大学に招きました。

科学の講義の最中にあった逸話が残っています。
「先生、こんな勉強して、将来どんな役にたつのでしょうか?」
「学問は金儲けのためにするのではない。ものの考え方を学ぶためにするのだ。」

漢文には漢文の考え方があり、それを学ぶのです。他の教科も同じように考えてください。「青は藍より出でて、藍より青し」と言います。学校で学んだことが土台になって、今の自分があるのは確かです。質問者さんは恩師を遥かに凌ぐ才能を身に着けておられるのだと想像します。(英文法は中二程度の知識は必要だと思いますが、それ以上は日常てきには不要ですね。)

給食に関しては賛成です。
学校給食に限らず、現在の日本人がパンを食べるようになったのは戦後のことです。食糧難の時代にアメリカが給食のためのパン(小麦粉)を無償で日本に提供してくれたからです。「朝食にパンを食べる」という生活が、欧米式のカッコいい生活様式になったのは、子供時代にパンの味を覚えたからです。そうすれば、成人してからもパンを食べ続けるので、日本は永久に小麦粉をアメリカから輸入することになります。全てはアメリカの戦略だったのです。

>貯金・預金の種類、保険、税金に関する知識
つまりは財テクの初歩のことでしょうか?子供時代は役に立つかどうかではなく、興味だけで無益とも思える勉強ができる次代なのです。その芽を摘み取ってしまうような気がします。簿記なども、高校以上の学校で専門的に勉強するのが適切だと思います。同じ会社でも部署によって必要な技量は違ってきます。もちろん知っていれば就職で有利であることは否定しません。農業、製造、建築などの現場で働く人には不要だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来必要な教科は?

皆さんの将来必要な教科は何でしょうか?

自分は、国語・数学・社会・英語だと思います。

国語・・・社会にでて一番役立つと思うから

英語・・・海外旅行時や、外国での職業時に大変必要だから

数学・・・考え方の基本でありますし、加減乗除・方程式・確率、この程度はできないと恥ですから

社会・・・国語に次いで役立つ教科だと思います。政治や時事、法律、地理はとても重要です。歴史
     も知ってないと話の話題になった時でも・・・。

皆さんはどう思いますか?

たくさんの解答をお待ちしております!

Aベストアンサー

理科が入っていないところがちょっと悲しいです。

国語が最重要だという意見をよく聞きます。
また、私もそう思います。しかし、高校の現代文、古文、漢文は
社会に出てほとんど役に立つことはありません。
統計的に見て、国語は中学3年時の成績がほぼ80%大学受験時
までキープされます。逆に言うと努力によって逆転ができない
科目だとも言えます。小学校でもっと文章を読む力を付けるべき
だと思います。

英語は人によって非常に必要になる人と全く要らない人に
分かれます。

数学は考え方がいろんな局面で応用できると思います。
そのレベルまで達すればいいのですが、多くの高校生は暗記的な
対応で終わっているようです。一流私学の文系の生徒の中には
中学生ができるような数学がわからない生徒も多いものです。

社会と理科は実生活で最も役に立つ科目だと思います。
私は料理が趣味ですが、化学を勉強して料理の技法を化学反応に
置き換えることができるようになりました。

Q勉強って将来役に立ちますか?

私は今中三です。
毎日勉強していて思うのですが、今勉強していることって将来社会に出て働く
ようになったときに役立つんでしょうか?
例えば数学では、因数分解や証明などを学びますよね。
その知識って大人になったときに使うことがあるんでしょうか。
私にはその分野の専門家にでもならない限り意味が無いように感じるのです。

皆さんは、中学校や高校で習ったことが役に立ちましたか?
勉強していて良かったと思いますか?
また、「こんなの習っても全然意味なかった」という意見や、「役に立たないと
思っていたけど、こんなところで役に立った」というような意見も聞きたいです。
よろしければ教えて下さい。

Aベストアンサー

必要ですね。中学までの知識はやはり、義務教育と言うだけあって、必要になる場面が多いです。

将来一人暮らしをするようになって、アパートを契約したとき、何と何と何のスイッチを入れればブレーカーが落ちるか、分からなければ毎日停電してしまいますね。

証明が分かるようでなければ、いくらでも騙されますね。また、自分で非論理的な意見を言ってバカにされるかもしれませんね(実は証明問題は国語の問題ですからね)。またちょっと論理的な文章を出されるとすぐ「自分には分からない」といって「バカ」を演じなければならないですね。

ローンを組んだとき、いくらをどれだけの期間払いつづければいいのか、また収入の状況が変わったときそのローンがどうなるのか、ぱっと分かりませんね。因数分解や微分積分なんて18世紀の産物ですから、それすらわかっていないようでは、今現在の科学は到底理解不能でしょうね。

化学を知っていれば、こないだの中国産の薬品の事件ではないですが、ニュースで名前を聞けば構造式がすぐに思い浮かび忘れにくくなりますし、次に同じ物質名を見ればすぐに思い出して「コレ、大丈夫かな?」と思いやすくなりますね。また、物質ごとの性質を覚えていれば、ニュースになる前に気づくことができるかもしれませんね。

お医者さんに言われた通りに薬を服用していても、お医者さんだって人間ですから間違いはあります。そうしたときに気づくことができますね。知識がなければ、政府の発表やマスコミの報道、エライ人の意見を信じるばかりで「自己判断」ができなくなりますね。

これに関しては、政治の話はもっと深刻で、「自己判断」ができないために自分の国が悪い方向へいくのを止められず、気が付いたら戦争をしていた、なんて事態にもなりかねません。

成人したら自己判断できるようになりたいですか?そうですね。あなたの周りの人だって、そのようになって欲しいと思ってますよ。選挙で誰に投票したらいいのかお母さんに聞くわけにはいきませんからね。

そのための判断の材料となる知識を、今、学校で習っているのです。高校ではもうちょっと高度な知識はもちろんですが、その活用の仕方を習います。

21世紀までの知識を得るということだけで言えば、現代文と英語は中学生でゴール、古典と社会は高校生でゴール、数学と理科は大学生でゴールです。つまり、センター試験では英語・国語・社会では6割くらいは取れなきゃいけないということですね。仮に高校生で勉強を終わりにした場合、数学と理科の知識は18世紀でストップします。

その後大きな発見があったとしても、それがどのような内容なのかは分からず、したがってどれだけ危険なものかも判断できません。原爆がどれだけ危険なものかは分かりますね。それは事例があるからですね。じゃあ、新しい爆弾ができたら、また実験しますか?そんなことはできないですね。

あなたの町に原爆を持ち込むという話になったら、賛成しますか、しませんか?それはなぜでしょうか?まずはそこから考えてみてください。そして、理由の部分を疑ってみてください。どこからその知識が出てきたのでしょうか。

それでは、長々とすみませんでした。

必要ですね。中学までの知識はやはり、義務教育と言うだけあって、必要になる場面が多いです。

将来一人暮らしをするようになって、アパートを契約したとき、何と何と何のスイッチを入れればブレーカーが落ちるか、分からなければ毎日停電してしまいますね。

証明が分かるようでなければ、いくらでも騙されますね。また、自分で非論理的な意見を言ってバカにされるかもしれませんね(実は証明問題は国語の問題ですからね)。またちょっと論理的な文章を出されるとすぐ「自分には分からない」といって「バカ...続きを読む

Q5教科で一番役立つ教科は?

皆さんが思う、5教科で将来一番役立つであろうと思う教科は何ですか?

Aベストアンサー

 全て大切な科目ではあるけれど強いて一つだけ選ぶとするならば、僕も「国語」だと思います。
その根拠
(1)「社会科」「数学」「理科」「英語」これらで出題される試験問題は数学や理科には計算問題と数式による証明の例外があるものの、そこにも「言葉」は別の形で表現され、また「文章題」があること。

(2)「英語」も「リーディング」と「会話」学習の構造をみても、「一度、頭の中で日本語に置き換えて考える」プロセスを経てから「手段としての英語」で表現していること。

があります。「役に立つか否か」で科目に「優位順」を付けることの意味はありません。中学や高校で学ぶ教科目は「日本国民として」「社会人として」の素養を身に付けることが目的であって、「英語ができるから頭がイイ」との評価にはつながりません。
 たとえ学校の英語の授業の成績が良くとも社会常識を欠くような行為をしていても何とも思わないのであれば、それは社会人として失格です。
「国語」は「相手の意見を理解する力」、「英語」は「異なる文化と接することで様々な考えを理解する手段て」、「社会」は「人間とそれを取り巻く様々な事象との関わり合いを理解する力」、「数学」は「物事を論理的に考え説明する力」、「理科」は「実験や実証によって物事の成り立ちや構造を理解し、如何に活かすかを問う力」を養う事などが目標とされています。
 こうした点で「順位付けに意味はない」と申し上げさせていただきました。「この科目苦手だから」「将来の仕事に役立たないから」として遠避けるのではなく、キチンと勉強しておくことで必ず「あっ、この事はあの時に勉強した」と気付くことがあります。

 全て大切な科目ではあるけれど強いて一つだけ選ぶとするならば、僕も「国語」だと思います。
その根拠
(1)「社会科」「数学」「理科」「英語」これらで出題される試験問題は数学や理科には計算問題と数式による証明の例外があるものの、そこにも「言葉」は別の形で表現され、また「文章題」があること。

(2)「英語」も「リーディング」と「会話」学習の構造をみても、「一度、頭の中で日本語に置き換えて考える」プロセスを経てから「手段としての英語」で表現していること。

があります。「役に立つか否か」...続きを読む

Q独学で国立大学にいけますか

現在高校1年の者です。
中3の大事な時期に病気になり、そのまま今の通信制高校に入学しました。
よって高校入試も未経験です。
こんな僕が大学進学を再び決心したのが去年の終わりごろでした。
しかし、通信制高校では受験対策などやっていませんし、
中学3年間(特に中3後期は学校に行ってないのでそのあたりの授業内容はまったくわかりません)の勉強はほとんど忘れてしまいました。
普通なら予備校に行ったり、家庭教師を雇うのでしょうが、うちにそんなお金はありません。
こうなると独学しか方法がありません。でも、果たして独学で大学に合格出来るのでしょうか?とても不安です。
国立がダメなら私大ということになりますが、「国立大なら大丈夫」と言われており、私大は多分、無理だと思います。
予備校に行かず独学で大学に合格した方の体験談を聞きたいです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お笑いのロザンの宇治原さん(京大法卒)の受験勉強はこうだったそうです。

年間タイムスケジュール
4月 参考書・問題集は4月に買い揃えよ
途中で何度も本屋に通うのは時間のムタ。必要な参考書・問題集は全て四月に買い揃えて、以後は本屋などに行かずにすむようにせよ。
8月までの日数で全てのページを割って、1日に何ページやればよいのかを把握し、必ずそのページ数だけはこなせ。今日できなかったから、明日倍のページは厳禁。
4~7月 参考書を徹底的に暗記せよ。
8~9月 問題集をやりつくせ
これまでインプットしたものをここでアウトプット。暗記はストレスだが、問題がすらすら解けるのは最高の快感だ。この時を目指してここまではひたすら暗記せよ。
10~12月 一つの問題集の最低でも3度は見直せ
1月 志望校の過去問

日常心得 睡眠時間は必ず8時間
・ 睡眠不足は能力低下のもと。一夜づけなどもってのほか。
受験の時は友達からの誘いも断れ
・ 休憩時間を決めて、その時間以外にかかってくる電話は無視しろ。友達は大切だが、受験勉強の邪魔をする友達は敵だ!
勉強の時間と生活時間をきっちり区別せよ
・ 通学の電車などで暗記する人がいるが、通学時間は通学時間。お年寄りに席を譲れ。暗記するより車窓でも眺めて目の疲れを取った方がマシ。
お菓子を食べながらの勉強は厳禁
・ 虫歯になって歯科医に行くだけの時間がムダ。
受験勉強のユニフォームはジャージ!
・ 勉強している最中に意識が服装に行くのはムダ!意識を勉強に集中できるように何の飾りもない服装にしろ。
風邪は受験に最大の敵!
・ 受験生はうがいと手荒いは必須!ウィルスを制する者が受験を制する!
受験当日は3時間前に起床
・ 脳が本格的に活動するには起きてから3時間が必要。試験開始の3時間前には起床を。

fanxstheuさんはまだ2年あります。これからが勝負ですよ!!

話はずれますが、将来の夢はしっかりともっていたほうがいいと思います。それから大学を選ぶようにしてください。自分は、本当に何が好きかをしっかり考えてください。「この職業なら自分の一生をかけて続けられるな」と思うものを見つけれたらいいですね。このサイトも参考にして見てください。
http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/top.html

これからのやる気しだいです。頑張ってください!!

参考URL:http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/top.html

お笑いのロザンの宇治原さん(京大法卒)の受験勉強はこうだったそうです。

年間タイムスケジュール
4月 参考書・問題集は4月に買い揃えよ
途中で何度も本屋に通うのは時間のムタ。必要な参考書・問題集は全て四月に買い揃えて、以後は本屋などに行かずにすむようにせよ。
8月までの日数で全てのページを割って、1日に何ページやればよいのかを把握し、必ずそのページ数だけはこなせ。今日できなかったから、明日倍のページは厳禁。
4~7月 参考書を徹底的に暗記せよ。
8~9月 問題集をやりつ...続きを読む

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む

Qなぜ東京では私立文系の地位が高いのですか?

東京に来てびっくりしたことの一つに、早慶の文系を筆頭とした私立文系の地位が高いということがあります。
他の地域においては、私立文系というのは科目の負担が軽いことから馬鹿にされ、国立文系や私立理系にも行けないような連中が行くようなイメージなので、早慶の存在感の大きさは理解出来ないです。
まあ、国立に落ちた人が行くようなイメージでしょうか。
私の通っていた高校は関西の進学校なのですが、東大、京大、阪大、神大か医学部に多くが進む高校で、早稲田や慶応の文系に行くような人は(お察し)という感じでした。友人の1人は慶応の経済に対策なしで受かり、当然のように蹴っていましたね。

早稲田や慶応でも、医学部と理工学部は認めます。文系など体育会系、コミュ力の鬼、親が社長のボンボン以外は専願にする意味はないと思います。

Aベストアンサー

「受け皿」でしょう。

大学というと一般には「総合大学:University」でイメージされるものでしょう。環境が整っているなら学費も安い国立にこしたことはないわけですが、人口比で首都圏には国立総合大学の枠が少なすぎる。東大は難関すぎる。それにあぶれるとその直下の国立は単科大に近いし、横国や筑波は在京ではない、いわば辺境。それでいっぱいいっぱいなのにさらに地方なんて都落ちでしかない、と考えている。で、東大には行けないけど都心がいいやというそれなりにできる地元の層は早慶という総合大学に吸い込まれる。

早慶の定員は東大の5倍以上だけれど、東大慶應というのは何となくすわりが悪いし、東大早稲田だと今やなぜ二番手と並べるということになる。で、早慶はセット販売で「東大・早慶」は首都圏では何となく難関(かつ有名な)大学の代名詞になる。早慶くらいまで降りてこない(数を広げないと)と地方の旧帝大クラスの人種の集団にならないわけです。以上は受験生にとっての、入り口側の受け皿。

いっぽう出口側を考えてみます。早慶は文系偏重。定員の7、8割は文系。しかし東京には文系でもできる民間の仕事がかなりある。マスコミ・出版系、銀行・投資系。あるいは法曹:会計などの士業。また「マネジメント」という発想というか職能があります。予算がつき、これを操る。有期だとプロジェクトマネジメントになる。これはこの国では文系理系を問いません。技術系の組織でも技術屋だけにこの判断業務を預けると、マーケティングが不十分だったりリスクを取らないなどの支障も出てくる。この予算規模が大きくなってくると地方では役所以外に成立しにくい。規模が小さければ技術屋上がり限定の集団でも判断を間違えない。

東京では同じ意味で中央官庁はそれこそ東大の独擅場だけれど、民間でも大きな予算を扱う組織がたくさんある。金が動けば人材が集まる。つまりマネジメントに対するニーズがある。これを文系側から請け負うのが早慶出身の実務屋、という構図です。技術屋は地方でも育つので理系発想のほうは地方の国立大からできそうなヤツを引っ張ることでまかなえる。慶應なんて学生にマネジメント以外の素養を求めていないんじゃないか、その点では狭量かつ偏向した大学だと思う。

欧米というか米では、いわゆるマネジメントは数学があまりにできないと務まりません。日本でそれが可能なのは、個よりも組織が強いからだと思います。数学ができる人間と一緒にやればいいんでしょ、という。これが出口側の受け皿。

東京を数で支え意思決定の場所として機能させるには早慶が必要。それ以外の私大は、いわばミニ早慶。早慶も言ってみればミニ東大ではあるけれど、ミニと呼ぶにはでかすぎる。

「受け皿」でしょう。

大学というと一般には「総合大学:University」でイメージされるものでしょう。環境が整っているなら学費も安い国立にこしたことはないわけですが、人口比で首都圏には国立総合大学の枠が少なすぎる。東大は難関すぎる。それにあぶれるとその直下の国立は単科大に近いし、横国や筑波は在京ではない、いわば辺境。それでいっぱいいっぱいなのにさらに地方なんて都落ちでしかない、と考えている。で、東大には行けないけど都心がいいやというそれなりにできる地元の層は早慶という総合大学に...続きを読む

Q進研模試の平均点はどうしてあんなに低いのですか?

進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか?
どういう人が下げているのですか?

誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。

受ける前から、誤差を±20点ぐらい認めるとして、点数の予測はつく模試です。

ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね?
はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。

殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率の問題で当てたレベルの気がします。
実際、私も何一つ解らないテストは難易度にかかわらず、取り敢えず空欄を埋めますがだいたい30点台です。

そして、そんなテストを受けても満点と自分の間にレベルの差がありすぎて、見直したところで時間ばかりかかって効率も悪く、殆ど力になりません。
運と勘でもぎ取った30点の結果叩き出された合格判定などさらに無意味です。


半分も解く気がないのに、学校単位で、模試を受ける意味が解りません。
それなのにどうして、受けるんでしょうか。
3000円近くするんですよ?

進研模試の平均点を下げている人たちは、何者で、何を思って模試を受け、受けさせられているのですか?

進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか?
どういう人が下げているのですか?

誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。

受ける前から、誤差を±20点ぐらい認めるとして、点数の予測はつく模試です。

ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね?
はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。

殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率...続きを読む

Aベストアンサー

ベネッセは元は福武書店と言います。福武書店は岡山県で創業されました。
高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。
岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。問題は高校教師が作成しました。
この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。
つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。

学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。

> 進研模試の平均点を下げている人たちは、何者で、何を思って模試を受け、受けさせられているのですか?

受験者は現役高校生です。高校生とは勉強するために学校に通っています。大学受験を希望するかどうかは関係ありません。難関校だろうが非進学校だろうが高校生は高校生です。高校生が自身の達成度を知りたいと思うのは(本人が実際にどう思っているかはさておいて)、決して不可思議なことではありません。ましてや高校教師にしてみれば自分の教育の是非を知る直接的機会と言っても良いでしょうし、カイゼンのきっかけにもなるでしょう。

確かに難関校の生徒にとっては低偏差値校生徒との比較は意義を感じないでしょう。
ですが、経緯からもお判りのように進研模試の主役はどちらかといえば低偏差値校生徒です。
質問者さんの質問内容はそっくりそのまま真逆の立場からも言えることだということです。

ベネッセは元は福武書店と言います。福武書店は岡山県で創業されました。
高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。
岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。問題は高校教師が作成しました。
この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。
つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。

学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。

> ...続きを読む

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む

Q毎度の定期テスト。あまりの平均点の低さに学校教育へ不信感がつのります。

中学3年生になる子供の親です。定期学力考査、いわゆいる中間テスト期末テストをかれこれ10回以上経験し、いつも思う事があります。 
それはあまりに平均点というものが低い事。 大まかな数字で言うと各教科違いますが25点から40点ぐらい。この平均点というのはそのまま生徒の習得知識の量、となれば、教える量を100とすると25パーセントから40パーセントが習得量ということになるのかと思うのですが、教師の方や、親御さんはこのことについてどう捕らえますか?
いろいろ複雑な要素が絡むと思いますが、ぜひ伺いたいのです。いろいろなお考えをお待ちしています。

Aベストアンサー

高校の教員です。

No.1さんも書いていらっしゃいますが、私もお子さんの中学の試験は50点満点なのではないだろうかという疑問を抱いているのですがいかがでしょうか。だとすれば、25点~40点くらいが平均だというのは妥当なところではないでしょうか。

50点満点で試験を実施している中学校って、結構多いので、もし違っていましたら、お許しください。

100点満点で平均が25点から40点くらいだとすれば、教員としては授業の進め方、教材の選び方・使い方、生徒への指導方法等、いろいろ反省しなければならないと思います。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


人気Q&Aランキング