人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在下記URLにあるような手順で車のバンパーとリアバンパーの補修と塗装を行っているのですが、最後の磨きで、細め→極細→液体コンパウンドの順に磨いても周りと同じような鏡面になりません。車種はプリウスαのブラック(202)です。
http://www.99kobo.jp/repair/bumper/04_wonderful. …

コンパウンドの磨き量やクリア塗装の量の問題等考えたのですが、経験ある方からのご教授をいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

要するに、磨きでツヤを出来るだけ合わせたい、と言うことで宜しいですね。


現物の車の補修塗装の状態を見ていないので、状況を推測して話進めます。

質問者様は、補修やスプレー塗装の経験が少ないでしょう?
◎塗装終了から何日経過してますか?缶スプレーだと、磨きかけるには1週間は置かないとダメです。
塗って1~3日程度だと、塗装がまだ柔らかいから磨いてもツヤは上手く出ませんよ。仮にツヤが出せても、数週間でツヤが退けます。

■ソフト99の缶スプレーだと・・・塗料の霧は細かいのだけど、噴射がやや強いから、塗りあがりがツヤ消しに近い状態で塗りあがったのではないかな?
このメーカーのスプレーは、25cmの距離から、ややゆっくりな腕の動き(そうだなぁ・・肩幅を2~3秒の移動スピード)で塗ってゆく方が塗装が落ち着くんですよ。(缶スプレーのメーカーによって、この辺りの距離感と動きのスピードは違います)
距離が遠すぎるとか、動きが早いと、どうしても塗装がザラツキ気味になります。
特に、気温25℃超えると、塗装する車本体も熱持ちするから、塗料が瞬時に乾燥して余計にザラツキます。
日向だと、黒だから余計に熱持ちしやすいんですよ。これからの季節、塗装は日陰でやるのがお約束なんです。

▼クリア塗っちゃった?・・チト困ったなぁ・・元の202はソリッドのブラックだからクリア塗る必要無かったので。
ツヤ合わせの途中で、クリアと車本体の元の塗装の境目で、微妙に滲んだ様な違和感が出ると思います。これは、補修した塗装にクリア層が余分に前にあるから、仕方ないとあきらめてくださいね。
クリア塗ってなければ、ボカシ塗装の境目に違和感が出ない様に、上手に合わせる方法あるんですが・・・これは文章だけだと無理そうなので、画像での解説が必要になるので割愛します。

以下、箇条書きになります。
■1.補修塗装の厚み:
1往復分の塗装を1セットとして、最低でも7~8セット分の膜厚が必要。
■2.磨きを最小限に抑える塗装方法:
前述の腕の動き。肩幅2~3秒の動きで吹き付け。2セット塗ったら、10分程度乾燥させる。その後は同じことの繰り返し。
★ボカシ剤を併用する:
 ■2の塗装で202ブラックを2セット塗るり、5分程度乾燥後に「ボカシ剤」を同じように吹き付けて10分程度乾燥させる。乾燥後に、また2セット202ブラック塗装→ボカシ剤吹き付けを交互に繰り返し行う。
こうすることで、塗装の肌が落ち着きやすくなる。
●要するに、吹き付けて凸凹にざらついてツヤの無い塗装の表面を、「ボカシ剤」で溶かして平らに近づけると言うこと。(現状クリアの表面も、恐らく凸凹の梨地やゆず肌状態でしょ?)
●トラブルシュート:一度、食器洗い用の中性洗剤でコンパウンドで磨いた部分全体の、油脂成分とかコンパウンドの微粒子を洗い流す。その後にシリコンオフで脱脂。
新たにクリアを軽く塗って、1~2分後にボカシ剤を吹き付けて塗装の肌を落ち着かせる。これで1週間乾燥させる。
●ボカシ剤使用の注意。ボカシ剤の中身は、殆どがシンナー系溶剤。吹き付け過ぎると先の塗装が溶けてタレます。ボカシ剤吹き付けは、吹き付け毎に様子を見ながら、吹き付け表面全体に水の膜が出来た様に、シットリした状態になればそれ以上吹き付けないこと。
■3.コンパウンド研磨:
(1)磨く範囲は、ハガキサイズを目安に。人力では、補修塗装全体を一気に磨いてもツヤは簡単に出ない。
磨く範囲を狭い範囲で分割して実施。
(2)チューブ細目(かな?)で磨く際、コンパウンドを付ける量はせいぜい小豆大程度の量。
沢山付けても意味なし。少量ずつ付けて磨きこみ、コンパウンドが乾いて研磨スポンジ(?)が「キュッキュッ」と言う感じの手応えになったら、またコンパウンドを付け直す。このチューブ細目の研磨でツヤが出るまでシッカリ磨きこむこと。(これ、キモです)
(3)細目であらかたのツヤが出たら、チューブ極細に移行。研磨スポンジは交換、またはスポンジに付いた細目のコンパウンドを水でシッカリ洗い流し、スポンジ面の水気はしっかり切る。
細目と同様に、極細で研きこんでゆく。
(4)液体で(2)(3)同様に磨きこんでツヤを合わせて行く。
★注意:コンパウンド研磨は必ず直線運動で研く。力を入れて磨いても良いが、こするスピードを速くするのはNG。こする運動が速いと、摩擦熱が起きて塗装が白っぽくクモる。特にブラックや濃色系は注意。

文章なので、ピンと来ないかも知れませんが、上記の方法でやれば、元の実車と同等のツヤは出せます。

☆補足:コンパウンドで研磨する前に、耐水ペーパーの#1000~#1200程度で、補修塗装全体が白くクモルまで水研ぎして、塗装面のユズ肌を平らにしてからコンパウンドで磨くとツヤが出るのが早いです。
私は缶スプレー塗装で、ツヤ出し研磨にポリッシャーを使う場合でも、事前にペーパー研磨します。

自身で納得出来るレベルに仕上がらなかったら、画像付き(補修部全体+塗装部のアップを数枚)の別質問新たに立てると、回答者の皆さんが状況判断しやすいですよ。

この回答への補足

ソフト99の手順に従い行いました。下地はつるつるになるまで磨きました。触った感じ凹凸はほぼありません。
クリア→ボカシまでやった面が白ボケしています。これを無くしたいのです。

補足日時:2014/06/22 15:28
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2014/06/22 15:28

基本的に濃色系はそうなのですがソリッドのブラックというのは一番磨き傷が目立つ色です。

よってディーラーさんでも納車前の洗車を嫌がるようなところもあるくらいです。

質問者さんの塗装・磨きのスキルが全然わからないので何とも言えないところですけど、鏡面にならないというのは塗装表面が凸凹しているという事ですか?それとも白ボケしているという事ですかね?白ボケなら磨き込み不足です。補修面積にもよりますが手磨きなら小分けして磨き込まないとダメです。また、細目から極細、液体への移行時に水洗いして徹底的にコンパウンドかすを落としていますか?さらにいえば、スポンジや布等も変えています?コンパウンドの量も小指の爪ぐらいの量で大丈夫です。
手磨きは布をボール状にして磨くと平面が出ないので、必ずツール(固めのスポンジやゴム製のブロックなど)を使用して磨いてください。あと、揮発乾燥型の塗料を使用した時に乾燥不足の状態で磨くと、完全乾燥した後に塗膜が痩せて磨き傷が目立ってしまうような場合もあります。

塗装表面が凸凹しているのなら下地作りが悪いか、塗り方が悪い(ムラがある)、もしくはその両方です。下地は多少粗くても塗装で隠れるから、などと考えていると、塗装を塗り重ねることによってより粗さが強調されていきます、また塗装するときに被対象物から離れすぎていると塗料が被対象物にくっつく前に乾燥してしまい表面がザラザラのサメ肌みたいになります。塗料が乾燥した状態で被対象物にくっついているので磨き込んでいってもツヤが出にくいです。

また素人がこの季節に空調設備の無い屋外で塗ろうというのが難しいです。梅雨=湿度が高い=かぶるからです。

この回答への補足

ソフト99の手順に従い行いました。下地はつるつるになるまで磨きました。触った感じ凹凸はほぼありません。
クリア→ボカシまでやった面が白ボケしています。これを無くしたいのです。
コンパウンド用のスポンジは物によって変えております。粒度を買えるときは一応水洗いしています。

補足日時:2014/06/22 15:29
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございました

お礼日時:2014/06/22 15:31

塗装後の表面は柚肌になっているはずです。

それをいきなりコンパウンドで磨いてもダメです。
市販の缶スプレーで塗った場合、磨きの前に最低でも1週間は放置します(素人でもある程度のツヤが出るようにリターダー(塗装を遅らせる成分)が入っています)。完全乾燥の状態は塗装面の臭いを嗅いでみて完全に臭いが抜け、目立たない箇所に軽く爪を立てても爪痕が残らないことが目安です。そうでない状態で磨いても意味がありません。

柚肌状態の塗装面を#800ほどのペーパーでサンディングして柚肌をなくします。そのときの目安はサンディング当初は柚凹の部分の艶が水玉状に残るので、水玉状がなくなって塗装面全体が白っぽくなるまでサンディング。削り過ぎて下地を出さないように。
次に#1200→#2000番のサンドペーパーでサンディング傷を細かくしていきます。#2000番でのサンディングが終わった時点でツルンとした感じになるはずです。
※サンドペーパーの番手を変える際はその都度塗装面をキレイに洗ってください。目の荒い削りカスが残っていると意味がないので。
※サンドペーパーはケチらない。

次に、極細(鏡面仕上げ)のコンパウンドで磨いていきます。このとき注意するのが、下着やTシャツやタオルのような綿素材100%の素材を使います。スポンジやテッシュではダメです。根気よく根気よく根気よく磨きます。

この回答への補足

乾燥は一週間行いました。
表面はつるつるしているように感じますが、白ボケしています。
手でこれを磨いていくのはやはり大変そうなので、電動ポリッシャーを用意したほうがいいかなと思っているところです。

補足日時:2014/06/22 15:30
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2014/06/22 15:30

 最後の磨きで、細め→極細→液体コンパウンドの順に磨いても周りと同じような鏡面になりません。




 2液混合のパテですから、硬化時間は早いですが・・・実用強度がでる20分タイプでも個人的には、4時間程度待たないと駄目です。実用強度が出る前に、荒く仕上げます。その後固まるのを待ちます。その後に最終研磨に入ります。化学反応中にやるならば・・硬化修了後に最終的にもいちど
 12までも処理がも12が修了したじてんで、触っても違和感がない状態になるまでつるつるの状態まで処理しないと駄目です。ほぼ鏡面状態の手前です。


 感じと言えば、台所のクリームクレンザーで不要なCDの表面を磨くて適齢な状態よりはやや悪い状態まで磨き上げる感じです。

 凹みの大きさにもよりますが、書いている大きさならば糞手動でやったら研磨だけで半日位はゆうに掛りますよ疲れるから・・・。機械使えば、そこまで掛りませんが

 電動工具があれば早いのだが・・あっという間に終わる

 鏡面状態に近い状態が出来上がる。そこまでできたら、下地密着剤(サフエサー、プライマー)をサッと拭く・・何回も塗りかさね塗りしないこと

 ぼかし塗るのかな・・・

 最後は塗装膜は、できるだけ薄く塗ります。それを時間が掛けて(1回目あとしばらく休憩)で2回目・・・・・・

 スプレーはからな離れた状態で吹きます。20cm程度は離す。この程度傷からば噴射はほんの1秒もしないで薄く吹きかける周りと色合いを見ながら修了時期を探る
 近すぎるとスプレーが時間の調整が難しくなる

 本当はエアーブラシ使ってできる薄く塗りたいだけどね
 http://www.1mokei.jp/special/02.htm

 スプレー缶で使うの難しいから・・薄く均一に塗るのが難しい

 乾燥ののち最終研磨工程へ・・・

この回答への補足

ソフト99で説明されている手順では、手動で研磨に必要な時間等が書かれていないのでよくわかりませんが、やはりある程度艶を出したあとは、コーティング剤やワックス的なものを購入して、元のボディのような艶をだすしかないのでしょうか。

補足日時:2014/06/21 22:05
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/21 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗装後の鏡面仕上げ

ハイエース200系グレーメタリック1G3の鏡面仕上げのことで伺います
スライドドア一枚同じグレーメタリックで塗装しました
塗装まではうまく行ったのですがどうがんばっても鏡面仕上げができません。
最初アクリル系クリア3度塗って鏡面仕上げ(0.2ミクロン)と書いてあるコンパウンドで研磨しましたが全然鏡面にならずに下の塗装まではげてきちゃいました
なので次はウレタンクリアを買って缶2本3~4回塗りました
ここから先が分からないのですが、塗装をした現段階ではまだ鏡面にはなっていません。また0.2ミクロンのコンパウンドで研磨してツルツルにしても鏡面が出るとは思えないのです
もしかして色をつける段階で問題があったのか、クリアをもっと厚く塗ればいいのか、もしくわ他のコーティングで鏡面が出せるのか、出せるならどんな物を買えばいいのか教えていただきたいです

Aベストアンサー

>色塗装(数回)>耐水ペーパー(平らに)>色塗装(数回)>耐水ペーパー>クリヤ(数回)>耐水ペーパー>コンパウンド細め>コンパウンド超微粒子
よりも
色塗装(数回)>耐水ペーパー(平らに)>色塗装(1~2回薄く)>クリヤ(数回)>耐水ペーパー>コンパウンド細め>コンパウンド超微粒子
の方が、メタリックの落ち着きがいいです。

先に挙げた画像の説明が左右(見た目の左右)が間違ってました、すみません。
(向かって右が耐水ペーパーで研磨したとこです)
で、その艶が全く無い状態から(ボンネット全面研磨後に)コンパウンドで磨き上げたとこのも載せておきます。
プロじゃなくてもここまで出来ます。

QDIYでクリア塗装後のトラブル処理について

ブラックのボディに一連の作業を経て、ルーフ部分にDIYでウレタンクリア
(スプレー缶タイプ ソフト99)

を吹きつけしたのはいいのですが、塗装が薄かったのか(ちなみに1缶で3回吹付けしました)、

この暑い真夏に塗装したのが悪かったのか、いろいろ意見をいただきましたが、

かなり、スプレーの跡がのこりムラがひどくなってしまいました。

またアドバイスをもとに、800番→1200番→2000番ペーパー磨き→コンパウンド磨き

をおこない乾いたルーフの状態を見ましたら、確かに艶はあるのですが、黒々ときれいな部分と

白く擦り傷でくもった部分が混在する状態になってしまい、まるで地図のような模様になってしまい

このあとの対処方法がわかりません。

理想としては黒々とした部分で全体を占めてくれれば納得なのですが、磨きをした跡の正解が白く

なっている部分なのか?黒く残っている部分なのかもわかりません。

またクリア塗装のやり直しになってしまうのでしょうか?

何にしても真夏のこの暑さですからまたの失敗がこわいです。

次の対処方法をご教授ください。よろしくお願いいたします。

ブラックのボディに一連の作業を経て、ルーフ部分にDIYでウレタンクリア
(スプレー缶タイプ ソフト99)

を吹きつけしたのはいいのですが、塗装が薄かったのか(ちなみに1缶で3回吹付けしました)、

この暑い真夏に塗装したのが悪かったのか、いろいろ意見をいただきましたが、

かなり、スプレーの跡がのこりムラがひどくなってしまいました。

またアドバイスをもとに、800番→1200番→2000番ペーパー磨き→コンパウンド磨き

をおこない乾いたルーフの状態を見ましたら、確かに艶はあるのですが、黒々とき...続きを読む

Aベストアンサー

No.2 およびNo.4です。
色々なご意見が寄せられているようですが、質問者様は誰の回答を
真に受けていいのか戸惑っていることと思います。

今のままではペーパーの番手からして何番を使えばいいのか
全くわからないので途方に暮れているのではありませんか?

最初からプロレベルは求めていないと言うことなので
私はそれに合った手順を回答としてきました。

私のHPから「お問い合わせ」をクリックしてメールしてみてください。

現役で塗装していますし、これまでに塗装職人に指導もして来ましたので
わかりやすく教えてあげられます。

http://www.cts-net.ne.jp/~simada-f/

Qエアータッチの補修について

先日、車の傷の補修に、いま流行のエアータッチ(スプレータイプの補修材)を使ってみました。よく調べずに安易にやってしまったのですが、傷の部分が、かえって曇ってしまい、目立ってしまいました。スプレー部分を触ってみると、ざらざらとして、いかにもスプレーしたという状態です。(もっとはやく、このサイトを見ればよかった。)

何か、綺麗に直す方法はないものでしょうか?

ここのサイトを色々と読ませてもらうと、コンパウンドを使うのがよさそうなのですが、やはり、素人がやるよりは、少々お金がかかっても、プロに頼むほうが良いという意見も多いようです。

完璧をもとめるのであれば、プロに頼むのがベストなのでしょうが、こないだ、おおきな傷の修理を板金屋に頼んで、何万円とかかったばかりなので、できれば、自分で、それなりに綺麗にならないものかと。(人によって、判断基準が違うと思うので、意見を言っていただくのも難しいのかもしれませんが。)

車は、一年半前に購入したボクシーで、色は、ダークブルーマイカです.

ぜひ、よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

CMの山口もえさんのようには、なかなかうまくいきませんね~。

まず、キズの範囲や深さの記載がないので、みなさん回答できないと思います。補足したほうがよろしいですよ。

次にヴォクシーのカラーですが、完全に適合しているでしょうか?同じトヨタの車だとしても、似て非なる色は無数にあります。「ダークブルーマイカ<8P8>」の3桁の色番号に間違いはないですか?

塗装ミスされた箇所ですが、シンナーで落とすことができます。確実ならhttp://www.soft99.co.jp/products/detail/28/232 を使えばOKです。
(※裏技で、エアータッチ仕上げスプレーhttp://www.soft99.co.jp/products/detail/28/235 でも落とすことが可能です。しかし効力が弱いのと量が少ないので、今回の傷が小範囲であれば使用可能です。もちろん、再塗装した後の仕上げにも使えます。)
雑巾やボロ布などを大量に用意してテキパキ拭き取ることができますよ。ちなみに、ホコリやささくれ(?)のついた布でふき取ると、今度はそれがボディにひっつくいて取れなくなるので注意してください。

そして、下記参考URLのように、とにかくしっかりとボディを研磨することが大事です。削っているというよりは、塗装する為の、下地作りを行っているのです。なので塗布する部分はすべて磨いておいた方が良いです。
(この研磨が塗装の最も大事なポイントです。すべては下地。)

最後に塗装ですが、ざらざらで曇っているのは、気温も湿度も高い時にスプレーしたこと、スプレーを良く振っていないことが原因です。今であれば日の出ごろか夕暮れ間近に、もちろん晴れの日にやりましょう。そして、説明書に書いてある倍の力で、倍の時間良く振って攪拌しましょう。

また、塗りたくないところは、新聞紙とテープなどを使って、マスキングしてください。しないと周りにスプレーしちゃったからその周りにもスプレーしてごまかして・・・となりドツボです。

上記をしっかり行い、いらないプラスチックやダンボールに試し塗装し、最適なスプレー距離と塗り方を覚えてください。特に液ダレしないように、かといって薄くなりすぎないように、均等になるように・・・(難しい~)

それができれば本番です。丁寧かつ手早く勢いよく行ってください。液ダレしないように、重ね塗りを薄く繰り返していきます。失敗したらシンナーから振り出しになりますが、1,2回は失敗しても仕方ないですよ。できたら仕上げスプレーを軽く吹きましょう。

このような感じでトライしてみてはいかがでしょうか?
頑張ってください。

参考URL:http://www.soft99.co.jp/howto/body/repair02.html

CMの山口もえさんのようには、なかなかうまくいきませんね~。

まず、キズの範囲や深さの記載がないので、みなさん回答できないと思います。補足したほうがよろしいですよ。

次にヴォクシーのカラーですが、完全に適合しているでしょうか?同じトヨタの車だとしても、似て非なる色は無数にあります。「ダークブルーマイカ<8P8>」の3桁の色番号に間違いはないですか?

塗装ミスされた箇所ですが、シンナーで落とすことができます。確実ならhttp://www.soft99.co.jp/products/detail/28/232 を使えば...続きを読む

Qコンパウンドで白くにごったときの対処方法

無知のままコンパウンドで磨いて白くにごってしまいました・・・

↓↓

最近、新車を買いました。
バックのエンブレムを外そうと思いマスキングテープで囲い、剥がしました。
しかし、どうしても取れないテープあとが残り、自宅にあったコンパウンド細で磨いてしまいました。
マスキングテープを剥がしたところ・・・なんとその囲っていたところだけ明らかに白くにごっている様に見える様になってしまったのです。


知識がないままにやってしまったことを後悔しています(泣)
よくわからないのですが、納車前にかけてもらったWAXがそこだけ剥がれたなんていうことではないんですよね?
剥がした部分だけ四角く白くにごっていて、非常にかっこわるいです。
職場の人に相談したところ、コンパウンド入りのワックスをかければ治ると言われましたがホントなんでしょうか?

ちなみに、車色はパール?黒です。

なんとかして、元に戻したいです。
どなたか、ご教示ください(T-T)

Aベストアンサー

どの様なタイプのコンパウンドかわかりませんが、白濁した様に見えるのは、塗装面に細かい傷(磨き傷)が付いて、光が乱反射しているからと推定されます。

ですからこの塗装面の磨き傷を除去すれば、乱反射による白濁も消えるものと思われます。

コンパウンドと言っても、「紙やすりの様な粗さ」の物から「貴金属の光沢を出す」物まで様々です。

カー用品店に行って、ホルツのコンパウンドセット(チューブ入り3本セット)を購入して、状況に合わせて磨けば、表面の磨き傷が除去できるでしょう。(コンパウンドは多々あるので、カー用品店の店員さんに状況を見せて、コンパウンドを選んでもらっても良いでしょう)

後、>納車前にかけてもらったWAXがそこだけ剥がれたなんていうことではないんですよね

いえ。見事に無くなっています。だって研磨剤で磨いたのですから。

Q下地処理でプラサフって必要?

今までいろいろと自分で塗装してきて失敗もあり成功もあったりするのですが
私の場合下地処理でプラサフを使用せずやってきましたが必要でしょうか?今回塗装するのはホイールのセンターキャップです。

今まで
(1)まずサウンドペーパー320で塗装する面を磨く
(2)耐水ペーパー600で綺麗にする
(3)ここで食器洗剤用の中性洗剤で油分、汚れを落とす
(4)マスキングする
(5)スプレー塗装する 3~5分間隔で2,3度重ね塗りする
(6)クリアをスプレーする

でしたが、プラサフ作業は一度も工程に入れたこと無いですがどうでしょうか?ローコストでやろうとしているもので・・・

Aベストアンサー

昔、私も同じ考えで、プラサフ等しない時期がありました。初めて塗装らしき塗装をしたのは十代の頃で、ヘルメットでしたが、その後は四輪に転向、スポイラー等々、以前はプライマー・サーフェイサーと個別で買う必要がありましたが、最近ではプラサフで2つの効果を一本でできるようになり、確かに塗装の乗り、ざらつきを埋めてもらい、耐久性や仕上がりがよくなったと感じています。耐水ペーパー等で平らにしているとの事ですが、サーフェイサーの滑らかさ・平らさ、プライマーの、食い付きの良さで、上に塗る塗料の食い付きや艶も変わった事を覚えています。最近でこそ自家塗装するより、金にものを言わせて店任せですが、付きの悪い材質には特に有効だとは思います。ちょっとした衝撃で上に塗った塗料がハゲたりした事があり、それからプライマー・サーフェイサーを塗る様になってそういったハゲ方がしなくなりました。下地を整えるサーフェイサー、食い付きを良くするプライマー、2つのおいしいとこどりのプラサフ、是非ともオススメですけどね。

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

Q車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・

車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・

愛車(5年強経過。ベージュ系メタリック塗装)にDIYで簡易コーティングをするため、電動ポリッシャーを購入して下地処理をしていたのですが、ボンネット部が部分的に白く濁ったようなマダラになってしまいました。
手順的には、シャンプー洗車+鉄粉取り粘土がけに続き、若干硬めのスポンジバフに傷取り用の細めコンパウンド、仕上げでは最も柔らかいスポンジバフに超鏡面仕上げ用の極細コンパウンド(いずれもホルツ製品)を使うというもので、一応は作業映像等を含めネット上で検索・勉強したやり方に沿ってみたつもりです。
因みに屋外での作業とならざるを得ないのですが、もちろん炎天下では行っていません。

ただ、初めてポリッシャーを使った素人の悲しさ、どうしてもオーロラ傷が残ってしまうのをやっきになって消そうと、何度もかけてしまったためでしょうか、コンパウンドをウエスでふき取った後に、白く曇ったような箇所がいくつか残ってしまいます。(全体に光沢も失われた感じです)
まさか磨き過ぎでクリア層を全部削り取ってしまったか??・・・と絶望的な気持ちにもなりましたが、どなたか考えられる原因、および何らかの対策をご助言頂けませんでしょうか。
どうか宜しくお願いいたします。

車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・

愛車(5年強経過。ベージュ系メタリック塗装)にDIYで簡易コーティングをするため、電動ポリッシャーを購入して下地処理をしていたのですが、ボンネット部が部分的に白く濁ったようなマダラになってしまいました。
手順的には、シャンプー洗車+鉄粉取り粘土がけに続き、若干硬めのスポンジバフに傷取り用の細めコンパウンド、仕上げでは最も柔らかいスポンジバフに超鏡面仕上げ用の極細コンパウンド(いずれもホルツ製品)を使うというもので、一...続きを読む

Aベストアンサー

私の車は、雨ざらしの13年目にして洗車を楽にしようと思い、コーディングをDIYで行ったところ、
同じように部分的に白くなってしまい、慌てました。
外国車は判りませんが、国産車の塗装はそんなに柔ではありませんし、クリアコートの厚みもかなり
有るため、サンドペーパーで磨かない限り簡単には塗装面まで到達しないはずです。
よっぽど強く磨いたら例外では無いかもしれませんが。
もし、本当にクリアがはがれてしまったら、白っぽくならず、車体塗料がポリッシャー側に付着している
と思いますので確認してみてください。
次に、私の場合、鉄粉取り粘土が原因で白っぽくなってしまいました。
要は、粘土で鉄粉を取るつもりが、反対にクリア層に細かな傷を付けまくっていたわけです。
間接光の反射、もしくは、接眼レンズ(ネガフィルムを見る為のレンズ)で確認すると細かなひっかき傷がついていることが判ると思います。
もし、それなら、ひたすらその傷を取るだけです。それには、傷取りワックスを使用せず、極細コンパウンドで地道に磨くことです。傷取りワックスは、私には手加減がよくわからず、失敗する可能性が
有るからです。
そして、技術が身につくまで、傷を完全に取るのではなく、腹8分目にしておくことも大切です。
後は、コーティングワックス(1年間ワックス不要の2液タイプ)で厚塗りすれば、業者並とは
いきませんが、そこそこに鏡面仕上げが出来ましたよ。
検討を祈ります。
最後に、本当に車体塗料まで到達していたら、私も塗装屋さんへ早めに出されることを推奨します。

私の車は、雨ざらしの13年目にして洗車を楽にしようと思い、コーディングをDIYで行ったところ、
同じように部分的に白くなってしまい、慌てました。
外国車は判りませんが、国産車の塗装はそんなに柔ではありませんし、クリアコートの厚みもかなり
有るため、サンドペーパーで磨かない限り簡単には塗装面まで到達しないはずです。
よっぽど強く磨いたら例外では無いかもしれませんが。
もし、本当にクリアがはがれてしまったら、白っぽくならず、車体塗料がポリッシャー側に付着している
と思いますので確認...続きを読む

Q1000番のサンドペーパーで付いてしまった車の傷について

プラサフが変なところについてしまい、1000番のサンドペーパーで削って落としました。
その部分には、曇ったような細かい傷がついてしまいました。

コンパウンドを細目→極細→超極細とかけてみたんですが、削っていない面と同じような鏡のようなきれいさにはなりませんでした。横から見ますと傷がそのまま残っているように見えます。(下地などは出ていません)

何か対処法はございますでしょうか?

アイボリーのソリッドカラーの車です。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご経験されたとおり、研磨の中間行程を飛ばすと、結果として余計な手間と時間がかかってしまいます。
1000番をかけたあとは、1500番、2000番とかけて、その後にコンパウンドをかけていくのが良いのですが、既に1000番傷の上にコンパウンドがけしてらっしゃるようですし、塗膜の残厚を考えると、コンパウンドで磨き込む方法が無難かなと思います。
完全硬化した塗膜に残った1000番傷を消すのは、けっこうな労力を要します。
なぜそうなるかを説明すると長くなるので省略しますが・・・
こうした場合のごまかし方としては、ピカールなど金属研磨剤を用いると作業がはかどります。
この場合、ポリッシャーやバフなどの機械の使用は避けてください。
機械は、思った以上に研磨が進んでしまいます。
経験を積めば研磨度合いを読めるようになりますが、そうした経験が無い方は磨きすぎて下地を出してしまう可能性がありますので、手で傷の消え具合を確認しながら進めてください。
研磨時は、軍手か靴下をボール状に丸め、その上にウエスを巻いて、それに研磨剤を付けて作業すると、持ちやすく、力が入って作業がラクに進められます。
ピカールで深いキズが完全に消えたら、塗装用コンパウンドを荒い方から順に使用していき、最後に鏡面仕上げ用のコンパウンド、さらにワックスがけでフィニッシュしてください。
鏡面仕上げ時にポリッシャーやバフを使うのであれば、磨きスキルのあまり無い方でも、ある程度満足のいく仕上がりになると思います。

ご経験されたとおり、研磨の中間行程を飛ばすと、結果として余計な手間と時間がかかってしまいます。
1000番をかけたあとは、1500番、2000番とかけて、その後にコンパウンドをかけていくのが良いのですが、既に1000番傷の上にコンパウンドがけしてらっしゃるようですし、塗膜の残厚を考えると、コンパウンドで磨き込む方法が無難かなと思います。
完全硬化した塗膜に残った1000番傷を消すのは、けっこうな労力を要します。
なぜそうなるかを説明すると長くなるので省略しますが・・・
こうした場合のごまかし...続きを読む

Q車の傷を同色のカラー(スプレー)で補修したが色が合わない

車のペイントについておしえてください。
この車の色は黒いパールなのですが、この色をHoltsのカラーペイントMINIMIXで調合してもらい、傷の部分にスプレーしてみたのですが、塗装直後はそっくりの色なのに、乾くと白っぽくなってしまいました。(表面を水で濡らすと同じような色にみえました)

メタリックやパール色は、クリア塗装をしてくださいとかいてあったので、クリアをぬってみたところ、少しはマシになりましたが、まだけっこう違います。これは下に塗った黒パールの塗り具合が足らないのでしょうか?それとも塗り方がわるかったのでしょうか?また、それとも、上塗りのクリア塗装が足らないのでしょうか?

カラーペイントについてはやったことがありません。Holtsの補修マニュアルのようなものを店頭でもらってきて、みてみましたが、いまいちわかりません。

アドバイスを頂けたらと思います。どなたかご教示お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 Holtsミニミックスも利用しましたし、DIYで塗装修理も何回か経験しました。
 結論を言えば、「市販塗料はかなりの近似色で、全くの新車塗料ではない」って事です。
 そのまま塗れば目立たなくは出来ますが、プロが塗装するように同じ色合いに統一する事まではできません。
 新車購入でしたら、ディーラーにて補修用塗料の購入も出来ると思いますが、これを塗っても新車塗装と全く同じ色って訳ではありませんでした。

 補修用塗料を使って、プロ並みの出来映えは期待せずに作業してみて下さい。
 「傷付いたままじゃ目立つから、パット見とか遠目に分からなければいいや」って心構えが大切です。
 近くで見ても分からないレベルを求めるなら、プロ(板金屋)に依頼するか、何回も作業して腕前を上げるかしかありません。

 今回の修復時に、塗装後は色が似ているのに乾燥後に白っぽくなるという事ですね。
 たぶん、再塗装した面が荒れているのだと思います。
 塗装面が均質な状態(平らに近い)と、光の反射が一定しますので光沢(艶)のある色合いになりますが、ざらついた状態になると光が乱反射する為にその分だけ白っぽく見えます。
 クリアをオーバーコートした部分だけ色が変わるのは、その部分だけ光の屈折が変わるからだと思われます。

 慣れない状態で右ミニミックスで作られたスプレー缶で塗装すると、塗装面とスプレーの間隔を開けすぎてザラザラの塗装面を作ってしまうか、一箇所に塗料を集中させすぎて垂れを作ってしまう事が多いと思います。
 慣れるまでは、塗料が垂れないように何度も塗装面に塗料を薄く乗せて、ある程度の厚みを作ってから削る方が簡単だと思います。
 また、作業マニュアルなんかには「再塗装する場合は、塗りたい箇所を中心に2~3倍の面積を塗って色を馴染ませる事が大切です・・・」って書いてあるかもしれませんが、これはプロ向けの話だと思います。慣れない状態で、この方法を試すと再塗装箇所が目立つだけで、しかも広い面積を再塗装することで余計に目立ちます。たから、出来るだけ塗りたい箇所周辺をマスキングして、再塗装面積を少なくした方が結果として目立ちにくい仕上がりにしやすいです。

 今回の塗りたい部分が地肌まで出ているのかどうか分かりませんが、再塗装部が薄い塗膜ですと下地色で仕上がりが違って見えると思います。
 リペアするのでしたら、
 ・再塗装したい部分に、最小面積でマスキングしておいて黒塗装で下地を作る。(400番くらいのペーパーで下地を作ってもいいと思います)
 ・黒塗装した箇所を1000番~1500番くらいのペーパーで均す。(この時に黒塗装が剥がれてしまうようなら、もう少し厚塗りして下さい)
 ・黒塗装の上に、ミニミックスで調色した車体色を塗る。
 ・車体色を塗った部分を1500番のペーパーで均し、コンパウンド(中目~細目・極細目)で磨く。
  車体色が剥がれてしまえば、同じく厚塗りしておく。ただし周囲の元々の塗装と段差にならないように注意する。
 ・コンパウンドで磨いたあと、クリアー塗装する。
 ・クリアーが充分乾いたら、1500番のペーパーを軽くあてて、コンパウンド(細目~極細目~鏡面仕上げ)でつるつるに磨く。
 という作業手順になると思います。
 塗装後、完全乾燥させるのに最低1日は空けた方が無難です。
 作業時間に余裕が持てるなら2~3日づつ空ければ、より乾燥した状態で作業できます。(晴天が前提です。雨が降れば乾燥時間に入れず、塗装は避けて下さい)
 生乾きの状態で作業すると、ペーパー・コンパウンドによる磨きの段階で塗料が剥がれます。

 何度か作業すると、コツも掴めてきますしだんだんと上達すると思いますよ。
 頑張って作業してみて下さい。

 Holtsミニミックスも利用しましたし、DIYで塗装修理も何回か経験しました。
 結論を言えば、「市販塗料はかなりの近似色で、全くの新車塗料ではない」って事です。
 そのまま塗れば目立たなくは出来ますが、プロが塗装するように同じ色合いに統一する事まではできません。
 新車購入でしたら、ディーラーにて補修用塗料の購入も出来ると思いますが、これを塗っても新車塗装と全く同じ色って訳ではありませんでした。

 補修用塗料を使って、プロ並みの出来映えは期待せずに作業してみて下さい。
 ...続きを読む

Qクリア塗装のボカシ部分の失敗を誤魔化すには?

カラー塗装後、クリアを部分塗装しました。いずれも缶スプレーです。

数日後、ぼかし部分のザラツキ除去と、コンパウンドの下準備のため2000番のサンドペーパーで水研ぎしていたのですが、ぼかし部分が薄かったため一部がはがれてしまい、境目が目立つようになってしまいました。

この境目を誤魔化すにはどうすればよいでしょうか?

サンドペーパーで境目を研磨するとか、クリアの上にクリアを再塗装するとか、一からやり直さないで済む方法は無いものでしょうか?

ちなみに、色は黒です。
どうかお知恵を拝借ください。

Aベストアンサー

クリア塗装の足付けしてなければ、
何をやっても無駄。

境目が判るものはぼかしとは言わない。
クリアが剥がれる物は足付けがされていないから。

ぼかし部分のざらつきを耐水ペーパの水研ぎをしても意味がない。
ぼかし剤でざらつきを無くすように密着させないと・・・
今からでは手遅れです。

クリアを剥がし、その部分に色を吹いて、再度クリア塗布。
クリアぼかし吹き。

この寒い時期に缶スプレーで塗装。
缶をお湯であたためて噴霧してますが?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング