【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

近藤勇が流山に逃れていた時に新政府軍に包囲され、
切腹しようとするのを土方歳三が止めて、新政府軍に
投降させたと本に書いてありました。
私の疑問は、包囲されている場所からどうやって歳三は
逃げることができたのかということです。
よく逃げることができたなと・・・
それとなぜ投降を勧めたのか、ということも疑問です。
どなたかよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

>私の疑問は、包囲されている場所からどうやって歳三は逃げることができたのかということです


近藤勇は流山で捕まった訳ではありません。
当初は、大久保大和と名乗って、徳川家公認の治安隊であると主張しました。
近藤勇の面体を知る者がいて見破られて板橋宿で捕縛されています。
土方以下の連中は流山にいました。

徳川家公認の治安部隊の指揮官が出頭して来たとなれば、当然戦闘は一時休止となります。
流山にいた連中はその間に移動できました。
下記のサイトに説明があります。

新選組の足跡 ~流山編:近藤勇・土方歳三離別の地~ - 中年になっての ...
blogs.yahoo.co.jp/miyahamakisa/44975428.html

>それとなぜ投降を勧めたのか、ということも疑問です。
元々甲府へ行くことを目的としていましたが、モタモタしている間に難しなってしまいました。
止む無く、水戸もしくは奥州を目指す腹積もりだったようです。
奥州会津藩は最後まで抵抗しました。
単なる投降ではなく、不利な戦闘を回避して兵力を温存すべく交渉に向かっただけです。
全面降伏の投降であれば、大久保大和などという偽名を名前を名乗る必要はありません。

流山で無駄死にするよりも、水戸または奥州で陣営を立て直すべきだというのが土方の考え方であったようです。
土方自身流山を離れた後、宇都宮城奪回や松前城陥落などで戦場の指揮官として戦い続けています。
最後に榎本武揚と合流して函館の五稜郭に立てこもりましたが、籠城を好まずに打って出て戦死しています

新撰組は京都で薩長の連中を多数殺害していますから、薩長軍としては絶対に見逃せない一団でした。
一方で包囲軍の中に土佐の連中がいて、連中は、坂本竜馬、中岡慎太郎暗殺の犯人を新撰組と信じて近藤勇を仇敵と看做していましたから、報復懲罰を主張しました。
包囲軍の指揮官である薩摩藩兵、有馬藤太は、新撰組による身柄奪回襲撃を恐れて土佐の連中の主張を受け入れて近藤を切りました。
報復懲罰ですから、武家としての切腹ではなく罪人としての斬首でした。
後に、薩長の本陣の人達から、近藤勇は生かしておくべき人物であって、無駄な処刑は何事か、と激しく糾弾されています。
現に函館で抵抗した榎本武揚は明治になってから新政府の高官として働いています。

とまぁ~伝えられてはいますが、本人の供述が残っていませんから、本人達が本当のところ何を考えていたかは分かりません。
ただ、誰も戦闘のための戦闘などという無駄なことはやっていなかったということです。
何らかの目的を達成するための手段として戦闘行為を続けていただけです。
目的達成のためなら戦闘の休止、交渉、撤退などなんでもやります。
ドンパチやったり切ったはったが目的なのは、ヤクザ者の喧嘩ぐらいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変わかりやすいご説明、本当にありがとうございましたm(__)m
長年の疑問が一気に解決しました!!!

お礼日時:2014/06/28 18:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近藤勇と土方歳三の関係について質問です。

近藤勇と土方歳三の関係について質問です。

土方歳三はなぜ近藤勇を大将とし、付いていこうと思ったのでしょうか。
近藤さんは人柄や性格が素晴らしいとよく聞きますが、彼の最期はその性格のように潔いものではなかったように思います。
近藤さんの魅力とはなんだったのでしょうか。

事実に基づくことでも推測でも何でも構いません。

私は小説やドラマなどの印象が強く、史実に関してはあまり詳しくないので、この「にわかがっ!!」と思われるかもしれません。すいません。
よろしかったら回答お願いします。

Aベストアンサー

そんな難しい話ではないんじゃないですかね。
1.近藤の方が年上である
2.近藤は二人の出身母体である試衛館(天然理心流)の4代目宗家である※土方は傍流の門下生です
この2つの理由で充分じゃないかと思いますが。
要するに浪士組に入る前から近藤は土方にとって先輩であり師匠格であったはずで、最初から上下関係があったと見るのが普通かと。

近藤の最期は、隊が包囲された時に切腹しようとしたのを土方に説得されて偽名のまま投降し、何とか逃れようとした(いち隊長であれば殺されはしない)が見破られて処刑された、という話ですよね。
彼の性格云々ではなく、油断したところを包囲されてしまった近藤(土方も居ましたが)と、既に敗北を悟った状態で戦いに出た土方の状況の違いだと思いますけどね。

Q坂本龍馬と新撰組の関係について

学校学習で、坂本龍馬と新撰組の関係についてまとめなければならないのですが、ヒントが載ってるサイトはないですか?できたらまとめてくださるとうれしいのですが・・・。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

関連するサイトは知らないので、私の下手な説明に付き合っていただけたら幸いです。

坂本竜馬は勤王攘夷派、新選組は勤王佐幕派でした。しかし、竜馬は新選組のことを敵とは思っていなかったようですが、新選組は、討幕派の巨頭として敵視していたようです。竜馬が敵と思っていなくても、敵対しているっちゃ敵対していたんでしょうね。

新選組は、坂本竜馬の首を狙ってはいましたが、近江屋を襲撃したのは、新選組という確証はありません。伊藤甲子太郎は、現場に残っていた鞘から、原田左之助のものと言っていますが、彼自身、新選組と考え方が違うため、新選組を脱退し、御陵衛士結成しているので、嘘かもしれません。海援隊・陸援隊は、竜馬を暗殺したのは、三浦久太郎(紀伊藩士)と新選組によるものと思って、三浦と新選組の宴会の最中を襲撃しています。

Q新撰組の魅力って何ですか?

新撰組ファンの方は多いと思いますが、どうしてそこまで新撰組は人気があるのでしょうか?

自分の抱いている新撰組のイメージは
・幕藩体制を終わらせ天皇中心の政治に動こうとしている時代の流れを読めずに、
・農民が武士に憧れ、
・憧れたがゆえに局中法度で変に規律を守ろうとして、背いたら仲間であっても殺す。
・更には尊皇攘夷派の人間を池田屋事件で殺害し明治維新を数年遅らせた。
・その後大政奉還が終わった後も、無意味に「武士らしくあろう」として抵抗して死んでいった。
というものです。(間違ってたら指摘してください)

日本の歴史上それほど大きなエポックメーキングな事件を起こしたわけでもなく、かと言って、信長や竜馬のように、「ああ、もっと生きていてくれれば、日本をどんな風に変えてくれるだろう」という期待が持てる人物というわけでもない(と、自分は思っています)。

新撰組ファンの方、一言で語ってくれても良いですし、長く熱く語ってくれても構わないので、教えてください。(決して新撰組批判を目的とはしていません)

ちなみに、評判の高い「燃えよ剣」は過去に2度ほど読もうとしましたが、2度とも途中挫折してしまいました。

新撰組ファンの方は多いと思いますが、どうしてそこまで新撰組は人気があるのでしょうか?

自分の抱いている新撰組のイメージは
・幕藩体制を終わらせ天皇中心の政治に動こうとしている時代の流れを読めずに、
・農民が武士に憧れ、
・憧れたがゆえに局中法度で変に規律を守ろうとして、背いたら仲間であっても殺す。
・更には尊皇攘夷派の人間を池田屋事件で殺害し明治維新を数年遅らせた。
・その後大政奉還が終わった後も、無意味に「武士らしくあろう」として抵抗して死んでいった。
というものです...続きを読む

Aベストアンサー

時流に逆らい、鉄の規則に縛られた緊張した日々を送り、『武士らしくあろう』として無意味に死んでいく・・・というのは、ある人が見れば間抜けかもしれませんが、また別の人から見ればたまらなく魅力的で共感できる生き方だったりするのかもしれませんね。

一般に新選組というと『倒れゆく幕府のために戦い続け、節義を守り抜いて散っていった』という悲壮美みたいなものが、やっぱり一番の魅力なんだろうと思いますが・・・
ただ、私は二十年くらい前に『燃えよ剣』を読んで土方歳三のファンになったというありがちな人間なんですが、私にとって土方歳三の魅力というのは『悲壮美』という暗いものではなく、もっと明色な感じです。
すなわち、もともと田舎剣術に励んでいたに過ぎない農民の子が、時代の混乱に乗じて成り上がったというサクセスストーリー。アメリカンドリーム。そういう明るい痛快さを感じます。
倒幕側の人間は新選組の中でも特に土方を怖れ、彼が隊士を率いて巡察にくると蜘蛛の子を散らすように逃げたと言いますが・・・もとこれ単なる農民剣客だったにもかかわらず、威風堂々と京の町を闊歩する土方さんはさぞかし気持ち良かったろうなあと、その場面を想像すると思わずニマニマしてしまいます。

またこの人は、真剣を握っての個人的な戦闘力はもちろんのこと、新選組の実務を掌握するチームリーダーとしても、後には京都時代とは少し違う『戦争の指揮官』としても能力を発揮したそうで、そういう多才ぶりにも惹かれます。腕も立つし頭も切れる、度胸は据わってるしおまけに美男子で女にもモテる、私も『男はかくあらねば』と思った一人です(笑)。

土方歳三個人のことばかり書きましたが、近藤勇や沖田総司についてもおおむね似たように感じます。剣の腕だけを頼りに混乱に乗じてのし上がった彼らについては、悲惨な末路に同情するよりは『よくやったなあ、痛快だったろうなあ、それなりに本望だったろうなあ』という感じですか。

彼らの行動が正しかったのか、歴史的意義はあったのかとなるとこれはまた別の課題でしょうし、私にはその辺りはよくわかりませんが・・・新選組には『男のロマン』みたいなものをついつい感じてしまいます(笑)。

時流に逆らい、鉄の規則に縛られた緊張した日々を送り、『武士らしくあろう』として無意味に死んでいく・・・というのは、ある人が見れば間抜けかもしれませんが、また別の人から見ればたまらなく魅力的で共感できる生き方だったりするのかもしれませんね。

一般に新選組というと『倒れゆく幕府のために戦い続け、節義を守り抜いて散っていった』という悲壮美みたいなものが、やっぱり一番の魅力なんだろうと思いますが・・・
ただ、私は二十年くらい前に『燃えよ剣』を読んで土方歳三のファンになったという...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q土方歳三が陸軍奉行並になれた理由を教えて下さい

新撰組の土方歳三は最終的に陸軍奉行並+αの要職に就きましたが、多くて200人程規模だっただろう新撰組の副長からは、随分のし上がったなという印象があります。
不釣合いと言うと言いすぎだと思いますが、規模が全然違う感じがして…。
元々軍を指導出来るような立場の人間でもなかった気がするのですが、どうして函館でそこまでの重要人物になれたのでしょうか。
元から新撰組自体の地位が高かったのですか?それとも転戦している内に引き連れる人数が増えたり、物凄い功績を残したりしたのでしょうか。あるいはイメージ戦略?
選挙結果がある程度反映された上で榎本武揚に買われたとも見たのですが、その票を得るにしても理由があると思います。
タイトル通り、土方歳三が陸軍奉行並になれた理由を教えて下さい。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最大の理由は「他にふさわしい人物がいなかった」に尽きるかと思います。蝦夷共和国といえば聞こえはいいですが、要は幕府軍や会津藩の敗軍の生き残りの寄せ集めです。

だけど、土方さんの名誉のためにいえば、このときの土方歳三は日本一の野戦指揮官だったと思いますよ。

鳥羽伏見の戦いで土方は新撰組として参戦しますが敗北します。そりゃ命知らずの剣客集団とはいえ、鉄砲にかなうはずはありません。戦後に「やっぱ槍や刀と鉄砲じゃ戦さにもならねえ」という言葉を残しています。
その後近藤勇らとは生き別れて、千葉にいた土方は敗残兵を率いて宇都宮城を占領します。このときに率いていた兵隊は銃で武装していたのですが、土方は既にこの銃兵を見事に指揮しています。
その後、会津から東北各地を転戦するのですが、これらの戦いで土方はみるみるうちに近代兵術というのを自家薬篭中のものにしていきます。

そして転戦の苦労と近藤らの仲間との別れが土方の人間性にも大きな影響を与えたようです。宇都宮での戦いで、土方は逃げようとした兵士をその場で斬り殺しています。これは戦場で士気を保つためにはやむを得ないことなのですが、後に土方は従兵に金を渡し「あの兵士には可哀想なことをした。この金で葬式を出してやってくれ」といっています。
また函館の戦いの前には別の従兵に遺品などを託して土方の実家に届けるように頼みます。従兵は「嫌です。私も一緒に戦って死にます」といいますが、「従わなければ斬り殺す」といわれ、その迫力に圧倒されて命令を受けます。そのときに託されたのがあの有名な洋装の写真ですが、このとき土方はいくら戦ったところで見込みがあるわけではないことを悟っていたと思います。若者をあたら無駄死にさせるのに忍びなかったのではないでしょうか。

また函館の戦いでは土方の指揮した二股口は新政府軍はどうしても突破することはできませんでした。もし土方が二人いたら新政府軍は勝てなかったかもしれませんね・笑。
また函館の戦いではこんな逸話もあったそうです。
激しい戦いで、あるとき新政府軍の兵士の遺体に辱めをした兵士がいたそうです。「いくら敵兵とはいえ遺体に辱めをするとは武士の恥」という意見と「仲間を大勢殺した敵兵だ。このくらいことはやって当然」という意見に分かれて仲間内で一触即発の殺気立った雰囲気(なんせ戦争をしているので)になったそうです。そこに土方が現れて、「咎める者の意見ももっともだし、遺体を傷つけた者の胆力もたいしたものだ」といったら、双方が「土方さんがそういうなら」といって納まったそうです。
函館の戦いのときの旧幕府軍兵士は土方のことを「父のように慕っていた」ということですから、それだけ人望が厚かったということだったのではないでしょうか。

最大の理由は「他にふさわしい人物がいなかった」に尽きるかと思います。蝦夷共和国といえば聞こえはいいですが、要は幕府軍や会津藩の敗軍の生き残りの寄せ集めです。

だけど、土方さんの名誉のためにいえば、このときの土方歳三は日本一の野戦指揮官だったと思いますよ。

鳥羽伏見の戦いで土方は新撰組として参戦しますが敗北します。そりゃ命知らずの剣客集団とはいえ、鉄砲にかなうはずはありません。戦後に「やっぱ槍や刀と鉄砲じゃ戦さにもならねえ」という言葉を残しています。
その後近藤勇らとは生き別...続きを読む

Q近藤勇との意見の違い

永倉新八、原田左之助は、近藤勇との意見の違いで

新撰組から離れ靖兵隊を作りますが、どの様な意見の違いが

あったのでしょうか?

Aベストアンサー

新撰組局長近藤勇と組長永倉新八との決定的な亀裂は、幕閣勝海舟らの命令により新撰組が甲陽鎮撫隊と称して山梨において薩長軍と勝沼戦争を起こす前後として考えられる、上昇志向の強い近藤は悪知恵のきれる勝の口車(薩長を甲府で撃退したら大名格にしてやる!本当は江戸に置いておくのが嫌で、近藤、土方は薩長の餌食となれ!)に乗り、甲府で敗残を喫す!勝からの命令の時、永倉らは強く近藤に助言したが言うことを聞かずこれが決定的な亀裂となる、その後近藤は薩長に捕縛され板橋刑場の露と消え何日もさらし首にさらされる、一方の土方は宇都宮戦争、会津戦争、函館戦争で生涯を終える、別の生き方をした永倉は会津戦争でけじめをつけ大正時代に生涯を終えた。


人気Q&Aランキング