旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

パブロンとかルルとか、市販の風邪薬に比べても比較にならないくらい眠くなります。
ノーシンとかバファリンとか、ロキソニンとか、頭痛の時に飲むんですがあまり眠くならないです。体質として薬で眠くならない方だと思うんですが、抗ヒスタミン薬ってこんな感じですか?
品名はレスタミンUというものです。
調べてみると精神科心療内科等で処方される薬に似て、不安をおさえたり睡眠導入剤的効果があるようです。とりあえず、じんましんが出るのがおもに一日の終り、夕方から夜にかけてなので眠くなったら眠ればいいのですが、皮膚科で処方された抗ヒスタミン薬も医者が言うには眠くなるらしいのですが、それほどでもありませんでした。本当は医者に通えばいいのですが皮膚科は遠いですし、忙しいので手っ取り早くドラッグストアで済ましてしまいます。
肝心のじんましんもそれほど即効で効き目が出ません。
他の市販で売っている抗ヒスタミン薬もこんな感じでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

眠い」に関するQ&A: 質問失礼します。 母との喧嘩(?)のお話です。 今日とても眠い状態だったので サッサッとお風呂に入っ

A 回答 (2件)

はい、アレルギー薬はどれも眠気は多少でます。

あと気づきにくいですが記憶力・集中力も低下します(インペアード・パフォーマンスと言います)。

ですが、基本的に新しい薬ほど副作用も軽く出来ています。レスタミンは一番古い薬(第一世代)なので、おそらく眠気も最強クラスだと思われます。私も20年程前は第一世代の薬飲んでいましたが、眠気が強烈で学校の成績が落ちて大変でした。ハルシオンやマイスリー等の睡眠薬を上回る眠気でした。

アレグラFX 14錠1,380円  28錠1,980円
アレジオン10 6錠1,316円  12錠2,036円

この二つは比較的新しい第二世代ヒスタミン薬でドラッグストアで購入出来ます。価格高いですが、レスタミンに比べたら眠気はだいぶましになると思われます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはりかなりの睡眠威力なのですね。
とりあえず、もったいないので量を減らして飲んでみます。
次からはすすめてもらったの購入したいと思います。

お礼日時:2014/08/01 12:42

抗ヒスタミン剤の入っている市販の薬は、大概眠くなりますよ。

病院などで処方されたものは、その辺をうまく調合しているのか、市販のものほど眠くなりません。
私は鼻炎持ちなので、市販の鼻炎薬をよく飲むのですが、抗ヒスタミン剤の入っている薬はほとんど眠くなります。ですので、薬局で鼻炎薬を購入する場合は、抗ヒスタミン剤の入っていない漢方薬などを買うようにしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
田舎なのでなかなか漢方を扱うお店が無いです。。

お礼日時:2014/08/01 12:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレスタミンコーワ錠について

睡眠のためにレスタミンコーワ錠を飲んでます。
ドリエルを買おうとしたのですが、レスタミンのほうが同じ成分でずっと安いとネットで見たので、こちらを買いました。不眠症というほどではないのですが、寝付きがよくないので、眠れない日に飲みます。また、軽くアレルギー体質でもあるので、そちらの効果も期待して飲んでいます。
しかし、もともと睡眠のための薬ではないということで、連用するとなにか別の悪い副作用があるのではないかという心配があります。使わないのが一番ではあるのでしょうが、眠れないとつい使ってしまいます。半年前くらいから、眠れない日にですが、3日に1回くらいの割合で飲んでいると思います。なにか悪い副作用はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

副作用については、添付文書にしっかりと記載されていますから、必ず自分で読んでください。副作用の頻度がゼロという薬剤は殆どありません。ただ外来で患者さんが誤解することが多いのは、5%に肝障害と書いてあれば、「服用した人全員に少しは肝障害がある・・・」ではなくて、20人に一人数字が悪くなるということです。残りの19人は何も心配ありません。ですから薬を飲み過ぎると肝臓がやられるという訳ではありません。

 次に睡眠薬としてのこの薬の能力は、はっきり言ってよくありません。人によっては一日中眠くなって、日中の活動に差し障ります。入眠のみをサポートするもの、眠りを深くするものなど医療機関には多くの種類のものがありますから、睡眠薬は医療機関でもらう方が、よいと思います(副作用のチェックもできますし)。
  眠れないことはひとによってはとてもつらいことです。睡眠薬でリズムを取り戻すのも一案です。無理に生活を変更するより(それで心地よければもちろんOKですが)、早めに相談がいいと思います。
 最後に、レスタミンは副作用は比較的少ない方です。ただ連用の場合は、定期的な血液検査が必要です。これはどんな薬でもそうです。漢方などはむしろ副作用が多彩ですから要注意です(漢方から余分なものをのぞいたのが新薬)。

副作用については、添付文書にしっかりと記載されていますから、必ず自分で読んでください。副作用の頻度がゼロという薬剤は殆どありません。ただ外来で患者さんが誤解することが多いのは、5%に肝障害と書いてあれば、「服用した人全員に少しは肝障害がある・・・」ではなくて、20人に一人数字が悪くなるということです。残りの19人は何も心配ありません。ですから薬を飲み過ぎると肝臓がやられるという訳ではありません。

 次に睡眠薬としてのこの薬の能力は、はっきり言ってよくありません。人によっ...続きを読む

Q蕁麻疹が全く治らない

蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。
地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。
蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。
以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。
原因は何だろう?。
凄い心配。
何が原因しているのか全く分からない?。
蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。
一度病院を変えるべきか迷っているのだ。
考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。
全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。

蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。

こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。人間関係のストレスもあります。

何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。これが湿疹や蕁麻疹です。これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。

痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。

症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。

直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。
急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。

リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。

質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。

蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。

こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり...続きを読む

QレスタミンUコーワ錠 75錠は、ステロイド成分が入っているのでしょうか?

私は、アトピー性皮膚炎で、かゆみを抑えるのに、レスタミンUコーワ錠 75錠を購入しましたが、ステロイドの成分は入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

24歳男性です。

子どもの頃から軽いアトピーですが、2年前に症状が急に悪化しました。
乾燥・炎症・湿疹・かゆみ・痛み・落屑・不眠に悩みましたが、今は症状が落ち着いています。


レスタミンは抗ヒスタミン薬(かゆみ止め)です。
炎症を抑えるステロイドは入っていません。

ただ、私もレスタミンを飲んだことはありますが、それだけでかゆみが治まることはありません。
他の抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬も同様です。

以下、アトピーについて書きます。治療の参考にしてください。



アトピーは病院に行っても治りません。

ステロイドを使用しても、アトピーは鎮静と悪化を繰り返すだけです。
医療用の保湿剤(ヒルドイド・ワセリン)も、逆にかゆみを増し、アトピーを悪化させます。
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬も、単なる気休めにしかなりません。


アトピーが治らないのは、スキンケアが自分の肌に合っていないからです。
アトピーは自分の肌に合ったスキンケアさえすれば治ります(特別なアレルギー・重度のアトピーは除く)。

だまされたと思って、以下のことを試してみてください。



・アルカリ性の固形石けんは使わない。

・安い洗顔料・ボディーソープ・シャンプーは使わない。

・ベビーセバメドのボディーソープ(泡タイプ)で顔・からだ・髪を洗う。

・アトデルムのクリームDでからだ・髪を保湿する。

・ロコベースリペア・ミルクで顔を保湿する。

24歳男性です。

子どもの頃から軽いアトピーですが、2年前に症状が急に悪化しました。
乾燥・炎症・湿疹・かゆみ・痛み・落屑・不眠に悩みましたが、今は症状が落ち着いています。


レスタミンは抗ヒスタミン薬(かゆみ止め)です。
炎症を抑えるステロイドは入っていません。

ただ、私もレスタミンを飲んだことはありますが、それだけでかゆみが治まることはありません。
他の抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬も同様です。

以下、アトピーについて書きます。治療の参考にしてください。



...続きを読む

Q市販薬、ドリエル、を服用した事のある方、どうでしたか?

市販の、眠剤、ドリエルはどんな感じですか?

私は今、レンドルミンをもう長く服用しています。
レンドルミンは、私は後にも残らず効き目も良いみたいで、不満はないのですが、唯一不満は一度にたくさん処方してもらえないことです。
時々、足りなくなってきたら不安を覚えます。そのとき、連休だったり、土日だったり、悪天候でクリニックに行けなかったりを考えたらますます不安感で耐えられません・・・
なので、もし、ドリエルが、レンドルミンに似ているなら、買おうかな・・・と思ったりしています。

以前、名前はわからないのですが、錠剤で、赤い梱包?の睡眠薬を、親から一個もらったのですが、(親から、医者が少し強い効き目の睡眠薬と言っていたとききました)それを飲んだら、5分ほどで目が回りそうな感じで眠りの穴に落ちるみたいになってすごく恐かったです。
だから私にはレンドルミンぐらいがあっているとおもうんです。
(親は、レンドルミンでも眠れなかったので、その赤いカバーの薬をもらったようです)

ドリエルはどんなもんでしょうか?
長々となってすみません。
人それぞれ違うとは思いますが、飲んだ事のある方、効き目など教えて下さい。

市販の、眠剤、ドリエルはどんな感じですか?

私は今、レンドルミンをもう長く服用しています。
レンドルミンは、私は後にも残らず効き目も良いみたいで、不満はないのですが、唯一不満は一度にたくさん処方してもらえないことです。
時々、足りなくなってきたら不安を覚えます。そのとき、連休だったり、土日だったり、悪天候でクリニックに行けなかったりを考えたらますます不安感で耐えられません・・・
なので、もし、ドリエルが、レンドルミンに似ているなら、買おうかな・・・と思ったりしています。
...続きを読む

Aベストアンサー

ドリエルもレンドルミンも両方飲んだことあります。
(今は、ベンザリン、サイレース、マイスリー、デパス、メイラックスと、5種類も飲んでいますが(笑))

個人的体験ですが、ドリエルはお勧めできません。
いわゆる抗ヒスタミン薬なので、風邪薬や花粉症用の薬の服用の際の催眠作用を利用しているだけです。
ですので、私の場合、ドリエル服用時、体のだるさはすぐに襲ってきたのですが、頭の方が覚醒しっぱなしで、結局入眠に到ることができませんでした。

また、副作用が結構多いです。
私の場合は、寝起き時に喉の渇きがひどくなったり、下痢気味になったりしました。

さらに、12錠で1800円、保険も効かないので、お金がもの凄いかかります。

ちなみに、レンドルミンは、最初に心療内科に通ったときに処方された薬で、最初はよく効いていましたが、あっという間に耐性が出来て、他の薬に変えてもらいました。

レンドルミンは一度に2週間分しか処方してはいけないルールがあるようです。1か月分処方可能な睡眠導入剤もありますので、その旨、医師に相談してはいかがでしょうか。

ドリエルもレンドルミンも両方飲んだことあります。
(今は、ベンザリン、サイレース、マイスリー、デパス、メイラックスと、5種類も飲んでいますが(笑))

個人的体験ですが、ドリエルはお勧めできません。
いわゆる抗ヒスタミン薬なので、風邪薬や花粉症用の薬の服用の際の催眠作用を利用しているだけです。
ですので、私の場合、ドリエル服用時、体のだるさはすぐに襲ってきたのですが、頭の方が覚醒しっぱなしで、結局入眠に到ることができませんでした。

また、副作用が結構多いです。
私の場合は...続きを読む

Q2週間経っても、全身のじんましんが治りません。

人生至上、初めての全身のじんましんに悩まされています。
2週間が経過したのですが、一向に治りません。
症状は、
●特にお風呂上がりになる。
●顔以外の全身にじんましんがでる。
●まず1カ所小さくじんましんができ、かかなくても、そこから徐々に広がっていく。
●皮膚の弱いところは、じんましんに。手のひらなどは、ポツポツと赤くなる。

心当たりは、2週間前に、胃カメラの検査をしたことくらいです。
その後から、じんましんが起き始めました。
じんましんが発生してから1週間後くらいに、その病院に相談したら、「胃カメラが原因でじんましんができるとしたら、2.3日で治るはずで、1週間も続いているようであれば、専門の皮膚科に行って相談した方がいい」と言われました。
そして、早速、皮膚科に行ったら、「疲れとストレス」と言われました。疲れとストレスは、自分ではあまりないようにも思うのですが、どのように具体的な対処したらいいのか分からずじまいです。
具体的な何をしたらいいのか全くわかりません。
皮膚科に行っても、疲れとストレスと言われてしまい、特に悩み事もなく、毎日それなりに楽しいし、睡眠も必要以上にとってるし。ただただ、かゆいだけ。

やはりどこか大きな病院とかに行った方がいいのでしょうか?
それとも何かじんましんを治す方法があるのでしょうか?
ちなみに皮膚科でもらった薬を服用していますが、薬を飲んだら、治りますが、効き目が切れ始めたら、またじんましんがでます。その繰り返しです。
アドバイスいただければ幸いです。

人生至上、初めての全身のじんましんに悩まされています。
2週間が経過したのですが、一向に治りません。
症状は、
●特にお風呂上がりになる。
●顔以外の全身にじんましんがでる。
●まず1カ所小さくじんましんができ、かかなくても、そこから徐々に広がっていく。
●皮膚の弱いところは、じんましんに。手のひらなどは、ポツポツと赤くなる。

心当たりは、2週間前に、胃カメラの検査をしたことくらいです。
その後から、じんましんが起き始めました。
じんましんが発生してから1週間後くらいに、そ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。じんましん、つらいですよね。私も2回だけつい最近出ました。ここ2、3年で痒疹皮膚科に通っていますが、じんましんについて先生は「原因が分かる事の方が珍しい」くらいに言っていました。(痒疹も原因はわからないって言われましたが!)

もう医療に対して不信感ばかりつのりますよね(?)。そういうのもストレスです。私もいつになったら薬から開放されるんだろう・・と思うこともありますが、最近は調子もいいのであまり悪いように考えないようにしています。

大きい病院も良し悪しかと思いますが、なんでもないのが分かれば安心できるというなら、行ってみてもいいのでは?でも多分原因はわからないと思います。

Q慢性じんましんを治すには

30歳の主人が3ヵ月ほど前から蕁麻疹が出てかゆみがひどいようです。
原因は不明ですが慢性的に発疹していて、
特に朝夜や緊張した時などに手足に赤く小さいプツプツが出てかゆくて仕方ないらしく、
ボリボリかいてばかりでもともと乾燥肌の皮膚がひどく傷ついてしまってかわいそうです・・・。

最初はいくつかの皮膚科に行ってみましたが原因はわからず、出された薬を飲んでる間は多少おさまるけど、
薬に頼りすぎると逆に薬が切れたときに我慢できなくなるという話を聞いて不安に思い、今は飲んでいません。

他の皮膚科に行っても同じ結果になるだけだろうし、仕事が忙しくていく暇がないということで今は皮膚科に行っていません。。。
ただ最近は呼吸も苦しいと言っており、それも蕁麻疹と関係があるのかもしれないとますます不安に思っています。

私が何とか家庭で治してあげたいのですが、こちらの過去の質問を検索しても病院でもらった薬についてはよく書かれているのですが、
原因や根本的に治すにはどうしたらいいのかについてはわかりませんでした。

ホコリなどが原因かもと思って部屋はよく掃除しているしふとんもよく干しています。食事もなるべくバランスの取れた手料理を出しています。
共働きでお互い忙しい中夫婦で規則正しい生活になるように努めています。これ以上どうしたらいいのかまったくわかりません。

誰かアドバイスください。よろしくお願いします。

30歳の主人が3ヵ月ほど前から蕁麻疹が出てかゆみがひどいようです。
原因は不明ですが慢性的に発疹していて、
特に朝夜や緊張した時などに手足に赤く小さいプツプツが出てかゆくて仕方ないらしく、
ボリボリかいてばかりでもともと乾燥肌の皮膚がひどく傷ついてしまってかわいそうです・・・。

最初はいくつかの皮膚科に行ってみましたが原因はわからず、出された薬を飲んでる間は多少おさまるけど、
薬に頼りすぎると逆に薬が切れたときに我慢できなくなるという話を聞いて不安に思い、今は飲んでいません...続きを読む

Aベストアンサー

まず、湿疹や蕁麻疹などの症状は発赤、痒みや腫れを伴って実に不快ですが、体に不利な異物、毒を体から追い出す反応だと思って下さい。体の防御反応、治癒反応です。異物、毒と言っても物理的な微細な抗原もあるし、寒冷、温熱や、心身のストレスでも反応が起こることがあります。

痒くなるのは心身がストレスから解放される夜や、ストレスを感じた直後です。自律神経反射が起きて体にたまった異物を排除しようとするものです。

実はこういう反応が出易い体質の人がいます。もともと白血球の中のリンパ球が過剰気味の人なのですが、リンパ球が多いと色んなモノ、事に反応しやすくなってしまいます。これはアセチルコリンの作用が強まり、ヒスタミンやプロスタグランジンなど腫れ、痒みなど起こす物質が大量に産生されるからです。これが蕁麻疹の根本原因です。

日頃から運動不足、小さい頃からTVゲームなど室内にいることが多かった、屋外で紫外線も浴びず、余り動くことがない、過食気味、どちらかというと筋肉質でなく、色白で肥満気味、甘いものや炭酸飲料を好んでいた、小さい頃からどちらかというと過保護に育ち、それほどストレスを抱え込む生活はしてこなかった、など過去や現在の生活の有り様がリンパ球を過剰にします。

以上でお分かりように、蕁麻疹が出易いのは、元々リンパ球過剰体質のがストレスに過敏に反応するようになったからです。

そうすると、二つの事を考えなくてはいけませんね。一つはストレスの原因を具体的に把握して、それを遠ざけたり、できるだけ解消することです。

もう一つは、これがもっとも大事で原因治療になるのですが、少々のストレスにはびくともしないように心身を鍛えて過剰なリンパ球を減らすことです。
直ぐに改善するわけではありませんが、食生活を見直したり生活に屋内外の運動を取り入れ、徐々に体を鍛えることから始められると良いと思います。

抗ヒスタミンや抗アレルギー剤はおっしゃるように原因を治療するものではありませんし、せっかく体から異物を追い出そうとしてるのですからそれを止めてしまうことはあまり良いことではありませんね。

まず、湿疹や蕁麻疹などの症状は発赤、痒みや腫れを伴って実に不快ですが、体に不利な異物、毒を体から追い出す反応だと思って下さい。体の防御反応、治癒反応です。異物、毒と言っても物理的な微細な抗原もあるし、寒冷、温熱や、心身のストレスでも反応が起こることがあります。

痒くなるのは心身がストレスから解放される夜や、ストレスを感じた直後です。自律神経反射が起きて体にたまった異物を排除しようとするものです。

実はこういう反応が出易い体質の人がいます。もともと白血球の中のリンパ球が...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Qじんましんが夜になると出ます、なぜ?

助けてください(>_<)
じんましんが時々出ます、赤いぶつぶつというよりは蚊に刺された時のような感じの腫れ方で小さいタイプみたいなもので
赤いです。
軽い時はひじ・ひざ裏にたくさん出て、ひどい時は首やおなか足などにも出てかゆい感じです。
大体夜に出て朝には引いてましたが残ったとしても昼には消えます。

5年ぐらい前から出るようになって病気?アレルギー?疲れ?ストレス?お酒を飲んで血のめぐりが良いから?


これは何の症状なのでしょうか?ぜひ知恵を貸してください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アルコールで肝臓が弱ったサインとも取れますが、睡眠不足、ストレスなども要因です。
まず、アルコールは控えた方が無難です。


http://nakanokodomo.com/sos/sos-a28.htm
胃腸、肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。また、精神的なストレスや過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13614578
肝臓は、血液中の毒素の解毒を担う臓器です。肝機能が肝障害により低下した場合、その解毒機能が低下する結果、アレルギー反応を起して発疹等の蕁麻疹と呼ばれる症状がでます。また、血液中の毒素(言葉はわるいですが、体にあるとよろしくない物質)がたくさんあると、毛細血管が拡張(広がって)赤いまばらな皮膚症状がでるのです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q139562543
酒を飲んで蕁麻疹が出る場合は何らかのストレスが原因なんだと思います。
そのストレスを解消すると蕁麻疹が消えますがわからないと原因不明の蕁麻疹になります。
一緒に飲む人間の言動や仕草などがあなたの深層心理の中で納得できなくて蕁麻疹として表れる事があります。
蕁麻疹が出てる時に飲酒をすると細胞一つ一つにアルコールに反応するので悪化してしまうようです。

アルコールで肝臓が弱ったサインとも取れますが、睡眠不足、ストレスなども要因です。
まず、アルコールは控えた方が無難です。


http://nakanokodomo.com/sos/sos-a28.htm
胃腸、肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。また、精神的なストレスや過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13614578
肝臓は、血液中の毒素の解毒を担う臓器です。肝機能が肝障...続きを読む

Q痒みを伴う赤い湿疹(水泡)について

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。

一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。

が、治るどころかむしろ広がって行くんです。

これってなんの病気なのでしょうか?
じんましん?アレルギー?

2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。

毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが…

詳しい方、教えてください!!困っています…

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。

皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。と言われステロイドの塗り薬をもらいました。使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。
ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。

それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。という生活が始まりました。
その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。
やはり水仕事が原因だったか。とその時は思いました。

完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。
以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。水仕事はしていないのに、おかしい。と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。ずいぶんぶっきらぼうだな。と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。
使い始めてから2週間で、一気に治ったのです!

その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。

そ こから、私のリサーチが始まりました。ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。その中でカンジダ菌という文字が目につきました。もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。と書い てあります。

このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。

そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus)というプロバイオティクスでした。これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。
この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。
アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。
カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。

以上、長々と書きました。すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。病気の名称もわかりません。また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。
でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。

私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ...続きを読む

Q鼻炎薬について

 私はアレルギー性鼻炎です。
 花粉症ではないので、年中、体調が悪いと様々なものに反応します。そんな私の常備薬は、もちろん、鼻炎薬なのですが・・・。
 鼻炎薬を飲むと、「効いてきた」と思うと同時に、ものすごく、体がだるくなります。詳細としては、眠気、倦怠感、思考がぼーっとする、などなどです。また、のどがかわきます。
 こういった症状って、鼻炎薬を飲むと起きますか?私だけでしょうか?
 鼻炎がおさまってくれるのはとてもありがたいのですが、眠気が尋常じゃないので、本当に、疲れます!
 できれば、飲みたくはないのだけれども、仕事に支障が出ますし、周囲の人にも迷惑になります。
 みなさん、鼻炎薬を飲んで、こんな症状になりますか?

Aベストアンサー

アレルギー性鼻炎の治療薬は大きく分けて
アレルギーを起こしにくくするいわゆる体質改善剤と
鼻水をとめる抗ヒスタミン剤からなります。
体質改善剤の長所は眠気とか倦怠感がないことですが
短所として現在起こっている症状を止める事は出来ません。
かたや抗ヒスタミン剤は長所として今の症状を改善する事はできますが、短所として眠気、倦怠感が出現することと、長期服用で効果が鈍くなってくる点です。
最近の薬の傾向は体質改善と抗ヒスタミン作用の両方を持っている点です。眠気、全身倦怠感は抗ヒスタミン剤に比べて格段に少なくなっておりますが、それでも、その薬とその人の組み合わせによっては効果がない、倦怠感が出てしまう事もあります。
しかしこれらの薬は欧米ではかなりの成績が出ておりますが、日本においてはいまいち成績が振るいません。その理由として、欧米人は予防薬と割り切って
長期間服用する。それに対して日本人は対症療法としてひどいときしか服用しないと言う点があげられています。貴方の場合、一年中と言うことでなかなか難しいと思われますが、こういった両方の薬の選択しも増えているのであるいは、副作用も少なく効果が期待できるつまり貴方の体質にあった薬もある可能性があります。市販の薬は主に今の症状を取るだけの抗ヒスタミン剤ですので特に長期に飲むには適しておりません。必要がある場合は病院で処方してもらった方が良いでしょう。またその場合、効果は最低でも2~3週間は我慢してください。2~3日では本当の良さは分からないかもしれませんので。

アレルギー性鼻炎の治療薬は大きく分けて
アレルギーを起こしにくくするいわゆる体質改善剤と
鼻水をとめる抗ヒスタミン剤からなります。
体質改善剤の長所は眠気とか倦怠感がないことですが
短所として現在起こっている症状を止める事は出来ません。
かたや抗ヒスタミン剤は長所として今の症状を改善する事はできますが、短所として眠気、倦怠感が出現することと、長期服用で効果が鈍くなってくる点です。
最近の薬の傾向は体質改善と抗ヒスタミン作用の両方を持っている点です。眠気、全身倦怠感は抗ヒス...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報