当方、2014/04から個人事業主です。
この週末に確定申告について調べてみました所、
複式簿記で管理して青色申告すれば、65万円の控除が受けられることを初めて知りました。
簿記については全く知識がなく、入門編からの勉強をしようと考えている所です。
また、会計ソフトの「やよいの青色申告」をお試しでインストールしてみましたが、
初期設定の時点で早速つまづいてしまいました。^^;

私の簿記の知識がサル未満という前提で、アホな質問を2点させてください。

【1】
会計ソフトを使うのは前提ですが、複式簿記についても勉強しないと、と考えております。
長い人生の中で2度程、簿記の入門編の本にチャレンジしてみたのですが、
挿絵なんかついていたりして、最初は理解できるのですが、
だんだん説明文が物足りない感じがしてきて、ついていけない状態でした。
「物足りない」のは私の頭が足りないということです。

最後まで簡単な、サル未満でも理解できるような書籍やサイト等がありましたら、教えてください。


【2】
「やよいの青色申告」の初期設定で、「開始残高」を設定する画面がありました。
その次に「預貯金情報」の設定画面が出てきました。

色々ネットで検索しますと、「事業用と個人用の口座を分けておいた方がよい」という言葉がよく出てくるのですが、時すでに遅し。
主に使用している(残高のある)個人用の口座は3つあるのですが、
そのうち2つの口座に取引先からの入金が行われました。
(1つの口座にしておけば、と激しく後悔)

「やよいの青色申告」の上記項目ですが、入力すべき値は以下で合っているでしょうか?
・「預貯金情報」→入金のあった2つの口座のみ登録し、残高は2014/04/01時点のものをセットする。
・「開始残高」→上記2つの口座残高の合計金額をセット(?)

とても自信がありません。

以上2点、大変お恥ずかしい質問内容ですが、ご回答頂けますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

簿記の入門の書籍は、汎用性を考慮して書かれている。

それが肌に合わなかったのであれば、ご自身の事業に合わせて実際に仕訳を切っていき、慣れてきたら入門の書籍を見るといい。今までとは段違いに読み進められるはずだ。

実際に仕訳を切るには、会計ソフトを販売している会社のサイトがお勧めだ。例えば、お使いのやよいの青色申告では、「仕訳アドバイザー」というページを設けている。ここを参照するといい(なお、閲覧にはSilverlight4以降が必要となる)。あるいは、ソフト内に「簡単取引入力」「帳簿入力」などの機能を持たせているので、これらを使ってもいい。「仕訳アドバイザー」は、ネットから直接にアクセスするほか、やよいの青色申告からもアクセスすることができる。
http://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro/02.html
競合他社でも似たようなページを設けているところがある(下記は一例)。
http://www.lan2.jp/psl/aog/index.html


事業用口座と家事用口座(個人用口座)とを分けていない場合、預貯金情報や開始残高には何も登録しない。分けていない場合には、口座は事業用ではないとみなして仕訳を切るためだ。事業用ではないとみなすのだから、初期登録にも登場させない。

例えば、口座引落しで事業用の消耗品を購入した場合、仕訳は「消耗品費/事業主借」となる。「普通預金」などの預貯金勘定は出てこない。
http://www.lan2.jp/psl/aog/aog02002.html


なお、事業用口座と家事用口座とを分けることが推奨されるのは、分けない場合にデメリットやリスクがあるためだ。

上記サイトに書かれている、作業が煩雑になるデメリット、口座を分けておけば費やすことのない作業時間を生んでしまうデメリットなどのほか、正確に分類し切れずに事業用の仕訳に家事用の何かが紛れ込んでしまうリスク(特に、必要経費の中に家事用の費用が紛れ込んでしまうリスク)もある。リスクが現実のものとなり、必要経費の中に家事用の費用が紛れ込んでしまった場合、追徴課税などのデメリットが生じる。

いずれも、口座を分けていれば防ぐことができるものだ。もちろん、口座を分けることで仕訳が増加するデメリットもある。リスクやデメリットを勘案し、どちらでいくのか決めてはどうだろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ajghnpar様

ご回答ありがとうございます。

> 簿記の入門の書籍は、汎用性を考慮して書かれている。

そうではないかと、薄々は感じていました。。。


> それが肌に合わなかったのであれば、ご自身の事業に合わせて実際に仕訳を切っていき、
> 慣れてきたら入門の書籍を見るといい。今までとは段違いに読み進められるはずだ。

アドバイスありがとうございます。
まずは仕訳を切りまくって、慣れてから、入門編の書籍に目を通したいと思います。
今までは漠然と書籍を読むといった感じでしたので、アプローチの仕方が誤っていたのかと思います。


> 事業用口座と家事用口座(個人用口座)とを分けていない場合、預貯金情報や開始残高には何も登録しない。
> 分けていない場合には、口座は事業用ではないとみなして仕訳を切るためだ。
> 事業用ではないとみなすのだから、初期登録にも登場させない。
> 例えば、口座引落しで事業用の消耗品を購入した場合、仕訳は「消耗品費/事業主借」となる。
> 「普通預金」などの預貯金勘定は出てこない。

とても分かりやすいご説明ありがとうございました。
文一つ一つに重みがあり、サル未満でもよく理解できました。


> リスクやデメリットを勘案し、どちらでいくのか決めてはどうだろうか。

私のケースですと、個人用口座のままで運用しても、デメリットはあまりないと気づきました。
教えて頂きましたサイト等も参考にさせて頂きたいと思います。

ご回答頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/16 19:37

>【1】



複式簿記とは、早く言えば、簿記的取引が発生するつど〔仕訳〕を起こすということです。会計ソフトの「振替伝票」の画面で入力すれば(=仕訳を起こせば)、あとは自動的に記帳が行われます。仕訳日記帳も総勘定元帳も自動的に出来あがります。貸借対照表も損益計算書もです。コンピュータのお蔭で会計は実に楽になりました。

ですから質問者も仕訳の基本を理解すれば良いはずですが、仕訳の基本の説明さえ理解できない(※)という人には、当面は理解できなくても良いから、仕訳のパターンを覚えて下さい、と申し上げております。1年間に行う多数の仕訳のうち、期末の特殊な仕訳を除き、大半が単純な仕訳の繰り返しだからです。

質問者の場合も、先ず、仕訳のパターンを覚えて下さい。

※実を言うと、初心者向けに仕訳の基本(=簿記入門)を説明する本やサイトは無数にあるのですが、本当に初心者の立場に立ち、初心者の気持ちになって説明している本はほとんどありません。だから、多くの初心者が簿記入門の段階でつまづくのです。質問者だけではありませんよ。



>【2】………「事業用と個人用の口座を分けておいた方がよい」・・という言葉がよく出てくるのですが

私は反対に考えています。

「私は、普通預金口座で行われる事業用の入出金が少ない場合に限り、むしろ事業専用の口座を持たない方が良いと考えています。事業専用の普通預金口座を持てば、普通預金元帳や普通預金出納帳を持たなければならないので煩雑になるからです。事業専用の口座がなければ、普通預金元帳や普通預金出納帳も不要です。経理事務はシンプルな方がよい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔参考〕

◇個人事業における普通預金口座について:

 同じ普通預金口座で生活用の入出金も事業用の入出金も行われると管理するがやっかいだから、事業専用の口座を開設する方が良いとする意見が一般的です。

 しかし私は、普通預金口座で行われる事業用の入出金が少ない場合は、むしろ事業専用の口座を持たない方が良いと考えています。事業専用の普通預金口座を持てば、普通預金元帳や普通預金出納帳を持たなければならないので煩雑になるからです。事業専用の口座がなければ、普通預金元帳や普通預金出納帳も不要です。経理事務はシンプルな方がよい。


◇事業専用の普通預金口座を持つ場合:

 普通預金の通帳の残高と普通預金元帳や普通預金出納帳の残高とは、いつも一致していなければなりません。事務が大変です。

・顧客から8月分の売上の入金があったら、
〔借方〕普通預金 200,000/〔貸方〕売掛金 200,000
【摘要欄】8月分売上代金

・現金を引き出すとき、
〔借方〕事業主貸 50,000/〔貸方〕普通預金 50,000

・例えばNHK受信料が引き落とされた場合は、これは生活用の支出ですから、

〔借方〕事業主貸 2,450/〔貸方〕普通預金 2,450
【摘要欄】NHK受信料引き落とし

 つまり、事業とは無関係な入出金があったときでも、そのつど仕訳を起さなければならないので、非常に煩雑になります。煩雑になれば誤りも起きやすくなります。


◇事業専用の普通預金口座を持たない場合:

 普通預金元帳や普通預金出納帳を持たないので、預金通帳の残高と一致させる事務が不要です。事務は楽です。

・顧客から8月分の売上の入金があったら、
〔借方〕事業主貸 200,000/〔貸方〕売掛金 200,000
【摘要欄】8月分売上代金

・現金を引き出すとき、

 仕訳はありません。

・例えばNHK受信料が引き落とされた場合は、これは生活用の支出ですから、

 仕訳はありません。(楽ですね。 ^^; )


ですから、普通預金口座で行われる事業用の入出金が少ない場合は、事業専用の口座を持たない方が楽なのです。顧客からの入金が月に一回で、年に12回。仕入先への支払いを普通預金から行うのが年に30回程度。入出金全体でも年間50回以内の規模ならば、「事業専用の普通預金口座を持たない」ようにお勧めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


質問者の場合は、事業用の口座を持っていないのだから、「開始残高」の画面で普通預金を設定してはいけません。間違いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

hinode11様

ご回答ありがとうございます。

> 質問者の場合も、先ず、仕訳のパターンを覚えて下さい。

はい。そのように致します。

> ※実を言うと、初心者向けに仕訳の基本(=簿記入門)を説明する本やサイトは無数にあるのですが、
> 本当に初心者の立場に立ち、初心者の気持ちになって説明している本はほとんどありません。
> だから、多くの初心者が簿記入門の段階でつまづくのです。質問者だけではありませんよ。

お詳しい方に、このように言って頂けますと、ほっとします。
幸い今は、時間もお金もあるということと、実際に処理すべきものがありますので、
実例を処理しながら、時間をかけて勉強しようかと思っております。

> 私は反対に考えています。
> 「私は、普通預金口座で行われる事業用の入出金が少ない場合に限り、
> むしろ事業専用の口座を持たない方が良いと考えています。
> 事業専用の普通預金口座を持てば、普通預金元帳や普通預金出納帳を持たなければならないので煩雑になるからです。
> 事業専用の口座がなければ、普通預金元帳や普通預金出納帳も不要です。経理事務はシンプルな方がよい。

なるほど~。
確かに私の場合ですと、事業用の入出金は少ないです。


> ◇事業専用の普通預金口座を持たない場合:
>  普通預金元帳や普通預金出納帳を持たないので、預金通帳の残高と一致させる事務が不要です。事務は楽です。
> ・例えばNHK受信料が引き落とされた場合は、これは生活用の支出ですから、
>  仕訳はありません。(楽ですね。 ^^; )

はい、楽だと思います。^^

> 質問者の場合は、事業用の口座を持っていないのだから、「開始残高」の画面で普通預金を設定してはいけません。間違いです。

分かりやすく、例を提示して頂き、ありがとうございます。
口座は何が何でも登録しなくてはいけないものと思っていました。
私のようなケースでは、かなりシンプルにできるものなのだと分かりました。

大変参考になりました。
ご回答頂き、ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/16 18:40

後悔ついでに、今年の分は青色申告できないと思われます。



青色申告としたい場合には、一定期間内に青色申告の承認申請を税務署へ出さなければなりません。

サイトでのやり取りで会計ソフトの初期入力のすべてを敎ことはできませんよ。

そもそもが市販されているどのような本であっても、初心者向けというもので理解できないのであれば、ご自身で経理をすることはあきらめるべきです。
簿記検定などの本は、どんな級であろうが経理の基礎中の基礎です。
1級合格していても、満足した経理ができるわけではありませんからね。しかし、基礎ができなければ、始まりません。

ですので、弥生シリーズに対応した税理士に数年依頼するつもりで依頼し、勉強をしながら実務で税理士事務所がどのように処理しているのかを教えてもらうのです。

最後に、税金は誰が計算しても同じとは限りません。素人が計算するほど税金は高くなると考えましょう。
また、経理に時間を割きすぎて事業が傾いても意味がありません。どんなに正しい申告を行っても、税務調査が来れば、疑った目で見られ、税務判断の根拠を聞かれるものです。素人では対応が難しい場合も多く、答えられないと税務署があなたにとって不利益な判断を行うこともあります。税理士へ依頼していれば、費用も掛かりますが、そのようなリスクから解放されるのです。

この回答への補足

> 後悔ついでに、今年の分は青色申告できないと思われます。
> 青色申告としたい場合には、一定期間内に青色申告の承認申請を税務署へ出さなければなりません。

本日、税務署に書類を提出して参りました。
開業日をずらして記載し、「平成26年分から」としておきました。
特に問題なさそうでした。

> ですので、弥生シリーズに対応した税理士に数年依頼するつもりで依頼し、

「弥生シリーズに対応した」税理士というのがいるのですね。
知りませんでした。

ご回答ありがとうございました。

補足日時:2014/09/16 18:17
    • good
    • 0

私も長く弥生使ってますです。


最初は難儀しますが、ようは慣れですよね。

結局はお会計があっていればいいわけで、脱税wwしていなければ良い訳だし払うべきものはちゃんと払えばいいだけのことです。
で、万が一税務署の手入れがあっても素直に打ち込んでいれば大丈夫。

個人事業主なので現金はつじつま合わせられるとして、どこかはちゃんと記載しなければいけません。
それが預金通帳ですね。
メインとなる通帳一つはキッチリと合わせてください、1円までです。
別な口座にたまたま振り込まれたものであれば、それは現金で受け取ったことにして打ち込めばいいことです。
事業と関係のない口座まで全部打ち込んだら全ての口座が事業用になりますから。
手間だけど事業用以外の打ち込みは消してください。

開始残高は新年度からの現金残高なので0ではおかしいので数万円でもかまいません。
でも現金の明細でマイナスはありえませんから事業主借でつじつまを合わせます。

最初は頭が沸騰するぐらい大変なんですが、慣れですよ慣れ(爆)
地元の商工会議所とか青色申告会とかで無料相談しているところもありますから探すのも良いかと思いますよ。
しばらくは年に一度確定申告時に税理士に指導受けるのも良いかと思います。
安いところは沢山ありますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

cayenne2003様

早々のご回答ありがとうございます。
お優しい文章に、感激しております。

事業用以外の口座は登録せず、
開始残高も数万円をセットしたいと思います。


> 最初は頭が沸騰するぐらい大変なんですが、慣れですよ慣れ(爆)

この言葉に感動致しました。(*・v・*
また頭が沸騰し出したら、この言葉を思い出させて頂きます。


> 地元の商工会議所とか青色申告会とかで無料相談しているところもありますから探すのも良いかと思いますよ。

検索してみましたところ、無料セミナー等も行っているのですね。
知りませんでした。
早速セミナーの予約を致しました。
有用な情報をお知らせ頂き、大変助かりました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2014/09/16 18:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作エクセル複式簿記の青色申告用の紙出力

 青色申告で7年間保有する用にエクセルデータを紙で出力する際のことで質問です。
 簿記は独学で、初歩の複式簿記の本を読んでエクセルで自作帳簿を作りました。仕訳帳に入力すれば総勘定元帳・決算書が自動作成できるようにしました。1取引入力ごとに決算書の数字が変わる仕様です。ですから年の最後に減価償却費などを入力すれば決算書が出来上がりなんです。
 でも、手書き帳簿の場合だと試算表への転記のために「累計」と「試算表へ」というのを書いて残高「0」にする処理がありますよね?紙に出力する際はそれを追記しておかないと正式な複式簿記として認められないでしょうか?

Aベストアンサー

それは必要ありませんのでそのままご使用頂けます。

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q青色申告ソフトの重要性

個人事業主で青色申告を検討してます。

とくに物を売ったり仕入れたりはありません。

簿記3級の資格は持ってます。


エクセルを使うのとパソコンの青色申告ソフトを使うのはどちらがいいですか?


長年事業主をやって簿記の知識があっても青色申告ソフトを使うものですか?

Aベストアンサー

確認されたいのは、青色申告に対応した会計ソフトということではございませんでしょうか?

簿記3級をお持ちということですが、比較的新しい知識でしょうか?
簿記の知識は、使わないと簿記の仕組みから忘れてしまうものです。それが、上位級であれば学習期間も長かったりするものですが、3級では短期の場合が多いですからね。

青色申告となれば、複式簿記での会計帳簿の作成を求められます。現金出納帳などの原始的な会計帳簿であれば、エクセルなどでも作成は容易でしょう。しかし、各種勘定科目ごとに抜粋し集計する総勘定元帳などは、作成も手間がかかりますし、修正等があれば、関係する転記先もすべて直す必要があるでしょう。これを市販の会計ソフトを利用すると、多くの場合関連するものが連動されて修正されることでしょう。

もうだいぶ前からですが、国税庁のHPでは、所得税関係の申告書類を作成ができるようになっています。会計ソフトを利用すると、住所などの重複する部分や会計データからの連動で入力がさらに簡単になっています。どこまで楽にするかでも、利用状況が変わることでしょう。

私は、弥生会計を長年使っています。弥生の青色申告というソフトもあります。このような有名な会計ソフトであっても、税法改正があるたびにソフトの修正対応が必要となってしまいます。また対応年度以外の申告書類の作成もできないことでしょう。
保守契約を結んだり、バージョンアップに注意しつつ、さらに費用負担が強いられるのが会計ソフトです。しかし、会計帳簿などは会計ソフトを利用し、申告関係は国税庁のHPを使うなどとすれば、費用負担は軽くなることでしょう。

昔は、総勘定元帳を手書きなどで処理したものですが、どうしても転記漏れが発生したり、修正の対応に追われてしまうこともありました。会計ソフトはその点で簡単になっていますね。しかし、同様の帳簿をエクセルでとすると、関数やマクロなどエクセルの上級者でないと面倒でしょうね。

ちなみに、私は税理士事務所の元職員で、現在会社経営している者です。簿記検定で言えば1級を持っています。
そのような私でも、楽をするために会計ソフトを利用しますね。
税理士事務所などは、多くの税目への対応と改正などへの対応を含め、高額なシステムを導入し、処理しています。時は金なりなどというように、労力を減らす分、別なところへ労力を生かすことも大切でしょう。

確認されたいのは、青色申告に対応した会計ソフトということではございませんでしょうか?

簿記3級をお持ちということですが、比較的新しい知識でしょうか?
簿記の知識は、使わないと簿記の仕組みから忘れてしまうものです。それが、上位級であれば学習期間も長かったりするものですが、3級では短期の場合が多いですからね。

青色申告となれば、複式簿記での会計帳簿の作成を求められます。現金出納帳などの原始的な会計帳簿であれば、エクセルなどでも作成は容易でしょう。しかし、各種勘定科目ごとに抜粋し集...続きを読む

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Q青色申告承認申請書について。

3/15までに青色申告承認申請書を提出しようかと思っている者です。
よろしくお願い致します。
一昨年から勤務先の給与とは別に地代家賃を得るようになり、昨年始めて白色申告致しました。地代家賃は年間150万円程度です。
白色申告より青色申告が控除の面で得だと聞きましたが、
事業でなくとも年間150万円の地代家賃は青色申告できるのでしょうか?
必要経費は固定資産税と僅かな修繕費くらいです。
青色申告の中にも現金主義の方式や複式簿記、簡易簿記があるそうですが、
所得から考えるとどの方式がオススメですか?
ちなみに帳簿を付けるのが面倒だとかいう考えはありません。
ソフトを入れるか、エクセルで自分で入力する予定です。

もし青色申告できると仮定して、申請書の書き方についてもお伺いいたします。
・青色申告承認申請書には屋号は空欄でもよいのでしょうか?
・相続による事業継承の有無とは?
・備付帳簿名はどれに○をつければよいですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>これから出す書類(18年度分)は白色申告なわけですが、
>地代家賃の未払い分(150万円のうち50万円)があります。
>ここで疑問なのは、
>青色申告の場合、複式及び簡易簿記であれば未集金で計上、では、白色申告の場合は未払い関係なく、払われたもの(計150万)として申告してよいかどうか。

白色申告であっても基本は発生主義ですから、帳簿を記録しないとしても、未収分は計上しなればならない事となります。
現金主義というのは、小規模の青色申告者に限って、事前の届出を要件として特別に認められた制度ですから、白色申告の場合は一切認められない事となります。

Q個人事業主が、事業用トラックを無料であげたら事業主貸になるんですか?

個人事業主が、事業用トラックを無料であげたら事業主貸になるんですか?

個人事業主が、事業に使用しているトラックを、親戚や友人などに無料であげてしまえば、
事業主貸/車両運搬具  という仕訳になるそうです。
なぜ、そのような仕訳になるのかがわかりません。除却したわけですから、除却損でいいのではないでしょうか?その考え方を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。


また、トラックを売った場合には譲渡所得で事業主貸し。
廃車にしたら除却損というのは正しいのでしょうか?

この様なことにお詳しい方がおられましたらご回答の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

友人にあげるというのは事業するうえで必要な行為ではないにもかかわらず事業用の財産を減少させる行為だから、事業の必要経費にはならず、事業からその財産を切り離すために事業主貸にします。
トラックを売った場合は、事業所得とは別の譲渡所得を構成するものだから、いったん事業から切り離すため事業主貸とします。
事業専用のトラックを廃車にする場合には、通常は事業上の損失なので必要経費になり、除却損として事業の損益に組み入れます。仮にそのトラックを事業以外のことに使っていて事故になって廃車したような場合だと、事業上の損失ではないので必要経費にはならないと考えられます。

Q青色申告会

青色申告をするには、青色申告会に入らなければならないと思っていたのですが、青色申告ソフトの付属の本によると、税務署への申告をすれば、青色申告出来るとあったのですが、青色申告会には入る必要はないのでしょうか?

Aベストアンサー

青色申告会はあくまでも任意ですよ。

ただ、青色申告会に入っておけば「青色申告決算書」の加入団体欄に「△△青色申告会」と、堂々と書けますし、書いておけば税務署も信頼してくれて、あまり細かいことはうるさく言わないようです。

また、年に何回か記帳や決算、法改正などの講習会と個別指導があります。
個別指導も一般的な範囲は無料ですが、内容によっては有料のこともあります。
年会費は、私のところでは 6千円です。

昔、消費税が導入されて何年もしないころでしたが、免税事業者でも大きな設備投資があった年は、あえて課税事業者になっておくことによって、消費税の還付が受けられることを青色申告会で教わり、実践したことがあります。

Qやよい 青色申告 個人事業主

個人事業主でやよいをつかって青色申告を予定しています。

いくつか、個人のカードを使っています。
日々は現金決済なのですが・・・
個人事業主の口座は入金のみにつかっています。

※個人のカードで事業用の50,000円の消耗品を購入した

弥生の場合

◆振替伝票
借方          貸方
消耗品費 50,000   事業主貸 50,000

◆出金伝票
借方           借方
事業主貸 50,000    (現金なので、特に記載なしで現金処理)

であっていますでしょうか。

Aベストアンサー

>いくつか、個人のカードを使っています…

個人のカードって、個人事業である限り事業用の現金や預金もすべて「個人」のものであって、団体のものではありませんけど。

>消耗品費 50,000   事業主貸 50,000…

事業主貸が右側に来ることは通常ありません。

買い物をした日に
【消耗品費 50,000円/未払金 50,000円】

引き落とされた日に、引き落としが事業用預金からなら
【未払金 50,000円/普通預金 50,000円】
引き落とされた日に、引き落としが家事専用預金からなら
【未払金 50,000円/事業主借 50,000円】

Q青色申告で確定申告する際

昨年10月から個人事業主として開業しました。
開業してすぐに、青色申告承認申請書を提出しました。
今年に入り、「青色申告決算書」、「所得税の確定申告書用紙」の」二種類が送られてきました。

青色申告承認申請書を提出し、青色申告者の場合、
「青色申告決算書」を提出しないと、確定申告は出来ないのでしょうか?

控除額10万で良ければ、「青色申告決算書」は提出しないで良いという認識は間違えていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>控除額10万で良ければ、「青色申告決算書」は提出しないで良いという認識は…

間違っています。
控除額10万で良ければ、「青色申告決算書」の 4ページ『貸借対照表』を書かなくてよいだけで、他のページは書かなくてはいけません。

Q〔個人事業主〕銀行口座の事業用と個人用の切り分けについて

個人事業主で青色申告を行っている方にお伺いしたいのですが...

今まで白色申告を行っていましたが、H17より青色申告にすることにしました。現在は事業用の銀行口座は無いため、この機会に区別しやすいよう新規開設しようと思います。

そこで、売上の入金は事業用口座にするとして、明らかに私的な使用分は個人口座への振替をするつもりですが、口座振替でない振込用紙での納付分(事業税や国民年金など)の現金はどちらから出金すべきでしょうか?
私は、控除となることが明らかな分を事業用、事業分の按分をする分(家賃等)は個人口座、クレジットカードは個人分を含むので個人口座にして事業分は領収証で対応。と現在考えています

また、年度内で、このように管理口座を変更することは処理上の不都合などあるのでしょうか?無料相談や税理士への依頼等も考えていますが、次の入金が近いため、まず口座開設をしておきたいと思っています。

経験のある方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

事業用の資金から、個人分を出金したとしても、「事業主貸」で仕訳しますので、どちらでも可ではありますが。

(1) 事業税は、必要経費になるので、事業用から。

(2) 按分する分は、出金時事業用で記帳し、年末に「事業主貸」に家事分を振替える。

とするのがまず前提かと思います。

国民年金、健康保険等、申告のときに必要になる数字ではありますが、事業用からではなく、生活費から出金なさったほうが良いのではないでしょうか。

別に問題になるわけではないのですが、「事業用資金」が経費に出来ないものによって減っていくのは、もったいないと思いますので。場合によっては、記帳漏れがあったり、緊急にある程度まとまった資金が必要になったりする場合に備えて、事業用資金の残高は、一定程度を確保しておきたいからです。

勿論逆に「事業主借」で追加すれば済むことではありますが、不必要に現金の流れを大きくしたくないので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング