初めての店舗開業を成功させよう>>

現在、フリーターの24歳女です。
自分の将来に対して悩んでおり、何がしたいのか模索中な日々です。
とりあえず自分が気になる分野(パソコン、心理学、美容など・・・)の
おけいこ(スクール?)体験レッスンに参加しよと思い始めて、
どんな感じなのか感じ取っている最中です。

ただ、相手も商売ですので業界に関して、綺麗ごとばかりで・・・信用できず。
あくまでも専門学校ではなく、おけいこなので就職関係について自信あり!みたいなこと
書いているくせに、直接口頭で突っ込むと反応が微妙になったり、な所も。

ただその中でも、1番向いていそうなのはパソコン関係なのかな?と思い
今回質問をさせて頂きます。
(本当は高校のクラス替えのときに情報クラスに行く予定でしたが、
女子1人になるとのことでDTP関係の学科に変えました・・・。自信なくて・・・。)


中学時代はホームページを作ることが大好きだっため
(初期の頃のようなのしか作れませんが・・・)
WEBデザイナーもいいなーと思っていたのですが、
とある方の質問の回答を見ると将来性に不安を持ち渋っている段階です。
又、WEBデザイナーはどちらかといえば副業にしたい願望もあり
会社で修行してからの独立副業として、新たな職をしたいなと思うところもあります。

なにかパソコン学校で学び、手に職を持ちたいのですが、
「将来性」「収入」「独立」できるパソコンに関する職種はないでしょうか?

ただパソコンといっても、解体する、設置する方ではなく、
パソコンを使っての仕事、ソフトを使っての仕事です。
やはりお金を出して学ぶため、金額も張りますし選択は間違えたくないです。

ちなみにWEBデザイナーの体験も行きましたが、
私の現在の知識から、ビデオ講義はあまり役にたたないため、
1、2ヶ月程の講師有の勉強+書籍勉強かなと思っています。


また、もう1つの理由に「家でお仕事ができる」点があります。
女性ですので結婚もしたいですし、子供も産みたい。(彼氏いませんが←)
ただそうなると、必然的に仕事をやめざる負えない状況に
なる可能性が高いですよね。
・・・でも、私も働きたい!
専業主婦になってぐーたら生活に慣れてしまう自分が嫌です!

子供が生まれても、手すきの時に仕事をして
子供が自立してきたら本業に力をいれていきたい。
もちろんすぐに独立!とは少したりとも思っていません。
ただ、今後のことを考え、今のうちに行動していきたいです。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

限られた時間の中で働くのは、雇う側としてもなかなか取れないものです。


単発のお仕事をこなしたり、雇う側も割り切って短時間や不定期なことを理解されている職がやりやすいかともいます。

単発のお仕事や、自分の時間で働ける方法は探せば見つけることができますので頑張ってください。
例えば参照URLのようなサイトなどいかがでしょうか。

参考URL:http://xn--tck7c5a8b.com/
    • good
    • 0

お仕事は「あれもしたい」「これもしたい」でできる事はほぼありません。

「これに決めた」という強い決意があっても自分の能力や運などに左右され、実現できないのが現実です。

夢を持つのは素晴らしい事です。ですが、そこに打ち込まないと実現は容易ではないと思います。特に勉強が必要とか漠然でも思うことであれば尚更。まずは何が何でも思う通りにやってみるべきではないでしょうか。アドバイスが必要であれば、調べるなり聞くなりとにかく一所懸命にやってみてからだと思います。
    • good
    • 0

言っておられることはこんな風に聞こえます。



ピアノの教師になろうかと思います。在宅でできるからです。

中学時代合唱クラブにいました。
合唱団もいいかなと思いましたが、食べていけないと聞き、将来性に不安を感じました。

ピアノの仕事と言っても調律師ではなく、演奏の仕事をしたい。

ピアノ入門というDVDも見ましたが、やっぱり役に立つのはヤマハ音楽教室かなと思います。

ピアノの先生は、自宅でもできます。
今後結婚し、子供を産むことを考えたらやめることになるかな。でも稼ぎたい。
手すきのときに教えればいいだけだと思います。

今後のことを考え行動はしたいです。

こういう人の話を聞いて、この人、弟子がどんどんくるピアノの先生になれると思いますか。

何が問題かといって、一度もまともなピアノの勉強をしていないところです。
2,3か月の教室通いで、食べていけると考えるところです。

コンサートピアニストになっていないのはいいとしても、その方向の修行をしていない人のところで誰が弟子になりますか。

ITをなめてはいけません。
きっちりした業務をしたこともない人に誰がお金を払って仕事を頼みますか。
それも、「手すきのときにやる」というお姫様商売だったら、誰が何の仕事を頼むと思いますか。
    • good
    • 0

>なにかパソコン学校で学び、手に職を持ちたいのですが、「将来性」「収入」「独立」できるパソコンに関する職種はないでしょうか?



すみません、あまり良い話は出来ません。
日本のIT業界は、残念ながらプロフェッショナルスキルを適性に評価されない事が多く、低賃金+ハードワークというのが一般的です。こと「将来性」においては、PG/SEだろうがWEBデザイナーだろうが間違いはありません。これらは、将来にわたってなくなる事はほぼ無いと考えられますから知っておいて役に立たないことは無いでしょう。一方で、これら技術は日進月歩、、いや秒進日歩と呼ばれるくらい恐ろしいスピードで進化する物で、常に新しいツールを使いこなせるだけのスキルが必要な事がお多いです。

>子供が生まれても、手すきの時に仕事をして子供が自立してきたら本業に力をいれていきたい。

それができれば良いのですが、加えて短納期なのがこの業界の特徴です。ですから、仕事を受けている時に例えばお子さんが熱を出した/怪我をした等突発的な事象が発生した、自分が病気をした等々発生すると、とたんに回らなくなるはずです。仕事はお金を頂いてやるものですから、もちろん言い訳も出来ません。

もう一つは、ツールを手に入れさえすればとりあえず何かは出来てしまう(、、、、と一般的には思われている)ので、就業人口がとても高いです。そのなかで、、、将来独立する目標があるならなおさら、、、頭角を現すにはよほどの努力が必要な業界であることは間違いないです。

と言っても判断は難しいと思いますから、Webデザイナーに興味があるのならまずやってみたら良いと思います。知識というのは財産ですから、たとえ今回は無駄になったとしても将来どこかで役に立つ事が必ず有ります。一度やればその業界の事が少しは分かりますから、次の道が開ける可能性も増えます。

「無駄のないことを効率的にやりたい」という質問ならあまり意味が無いと思います。そんな事があるなら、もう他の人がすでにやっていますからね。
    • good
    • 0

そのスクールは、必ず参加する必要があるということでしょうか?それなら、まだ語学などに投資した方が将来性はあるように思いますけど。



転職ではなく副業なのですよね?
それなら、スクール云々より、自分で自分のWebサイトを作れば良いのでは?
それで勉強すれば、仕事として力があるかどうかは、分かるかと思います。

投資の仕方にもいろいろありますが、回収が難しい投資の代表は、中途半端な投資です。
やりたいことがしたいというのであれば、まずやってみることが大事でしょう。勉強がしたいというなら、もっと実益として使えるシーンがありそうなもの、たとえば料理や語学などに投資した方が良いかと思います。

ちなみに、「将来性」「収入」「独立」できるパソコンに関する職種でいえば、SEやPGならそういう将来の可能性はあります。ただ、全員がうまくいくとは限りません。その代わり、会社によっては昼夜問わず仕事があります。

カジュアルにというのであれば、正直、将来性がある職種は極めて少なく、長く続けるにはよほど自分で独創的な感性や技術を持つ必要があります。何故、そんなに厳しいかというと、質問者様はソフトウェアと聞いて何をイメージしますか?
響きが良いでしょう。柔らかい感じでしょうか?Windowsですか、Macかな・・・。Webデザインでしょうか?
ソフトウェアは、ハードウェアを動かす(活用する)プログラムです。プログラムということは、そのプログラミングの内容でハードは自在に動かすことができることを意味します。

それを理解しているかどうかが大事です。
プログラミングをするPG(プログラマー)は、今日もどこかで誰かが新しいプログラミング理論の研究や開発をしています。それが、どうしたと思うかもしれませんが、実はこれが仕事を減らす理由になります。具体的には、ソフトウェアにオートメーション化やランダムなデザイン選択などの命令を加えると、自動でデザインを作ってくれる時代にもなっているのです。

最近は、テンプレートが豊富なブログや、Webサイト作成支援ソフトウェアもありますが、それらは、ソフトウェア開発技術が進化した結果です。

そんな産業に、スクールでできるかもという人が、将来性ありますかと聞いて成功するかというと、残念ながらそれは難しいと言わざる終えません。もちろん、絶対にしないといういみではありませんので、それは誤解しないでください。あくまで、スクールの勉強では、投資に見合わない可能性が高いということです。
まだ、専門学校に通った方が良いでしょう。ただし、本当に向いているかどうかは、自分がそれをやってみた時に始めて分かります。教えて貰って学ぶのと、お金を稼ぐビジネスでは、受けるのと与えるという違いがあり、後者は責任が伴うビジネスセンスが必要です。

そのため、与える側として自分でホームページなどを作ってみて管理してみると、与える側を経験できますので、力があるかを試すのは容易となります。PC関係の産業は、どちらかといえば、近年は無料化と広告収入ビジネスが多くなりつつあります。後は、スマートフォンなどのカジュアル産業の組み合わせに変化しつつもある。15年前にそれを予想した人はほとんどいません。

そのため、ある分野で将来が必ず保証されているわけでもありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング