http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=81136 (質問:反物質には反重力?)
で未解決な疑問がありましたのでもう一度質問させていただきます。
前質問で反中性子が地球の重力場に引かれて落ちるという実験事実があると言うご回答をstomackmanさんから頂いたのでこのことについて自分で探してみたのですが見つかりませんでした。

この実験(うんと冷やした反中性子を地球の重力場で落下させるという方法)について、参考文献、WEB、実験のやり方、場所、年代などご存じの方がいらしたら教えてください。
大変気になって仕方がないのです。

A 回答 (3件)

確かJ.J.Sakuraiのmodern quauntum mechanicsにそういう話題があったと思うのですが・・・


日本語訳もありますね。
    • good
    • 0

記憶が定かではないのですが、


反中性子だったか反陽子だったかを自由落下させた論文を読み
本当にきちんと落下を確認できるのかと疑問に思ったことがあったような気がします。
(今後の予定だったかもしれず自信なしです。)

前回の質問の補足を読み、私も気になって仕事の合間に探しているのですが
最近少し忙しくなかなか見つけられないでいます。
しばらく閉めずに空けておいて頂けるとありがたいです。
てなことを言って見つけられなかったらごめんなさい。

それから、u13 さんではなくここを読まれる他の方にもし誤解がないように
この場をお借りして書いておきます。
前回の質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=81136
において、私が何回か反重力を肯定するような回答をしていますが、
あくまでも u13 さんとのお話の世界だと思っておいてください。
今現在、物理学者で反重力の存在を信じている人はほとんどいないと思います。
反重力が存在するとしたら反物質というよりタキオンでしょうね。
(物理学者でタキオンの存在を信じている人もほとんどいません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございます。

>しばらく閉めずに空けておいて頂けるとありがたいです。

はい。そのつもりです。

>において、私が何回か反重力を肯定するような回答をしていますが、
>あくまでも u13さんとのお話の世界だと思っておいてください。

いろいろとあやしいお題目をふっかけてしまって申し訳ありません。

>今現在、物理学者で反重力の存在を信じている人はほとんどいないと思います。

わたしも、q81136のような質問をしておいてこんな事を言うのも何ですが、
たぶん反重力はないであろう、と思っています。前質問で述べたように、あったらいいな、とは思って空想をめぐらすことはよくあり、前質問をしてしまいました。

お礼日時:2001/06/18 15:51

回答したものの「確かにあの雑誌で読んだ(原著ではなくレビューだったはず)」と思っていたやつ数年分をチェックしてのですが見つからず、気に掛けています。

まだ見つかりません。ごめんなさい。
ひょっとすると反陽子なのかも。或いは全然別の実験と混同している可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざお手間をかけて調べていただいてありがとうございます。
私ももっとちゃんと調べてみたいと思います。がんばって探すより早いかな?と思って質問いたしました。

お礼日時:2001/06/12 07:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反物質には反重力?

地球と月の間には引力が働きます。

月を反陽子と反中性子と陽電子とで作ってしまうと地球と反月の間には引力が働くのでしょうか?斥力なのでしょうか?

えっと、つまり、反物質と物質の間に働く重力は斥力だったりしないのかな?というのが私の疑問です。
引力であると実験で証明されてはいないはず。理論的には予測されているのでしょうか?

もし斥力が働くのだとしたら反物質を何らかの方法で結晶の中に閉じこめる事ができれば天空の城ラピュタに出てきた飛行石(飛翔石?)が完成します。そんな夢は実現できないでしょうか?

Aベストアンサー

>強いのと弱いのはちょっと宇宙のサイズが大きくなれば届かないし
>電気的に中性であれば電磁力(クーロン力)関係なくなるので
>残るは重力だけだと思います。
物質、反物質という言葉に合わせて重力は弱すぎるとかいてしまいましたが、
上のように u13 さんが仰っておられる状態より
もっと高エネルギーの状態で起こっている出来事に可能性があるかもしれません。

要するに、インフレーションのタイミングということですが、
我々の近くに反粒子が飛び交っていないためには
重力相互作用による反発の後、電磁相互作用などが出てくる前に
インフレーションが起こってくれないと困りますね。
ちょっと宇宙のサイズが大きくなれば、と書かれていますが
大統一の相転移が起きる段階では強いのも弱いのも届いてしまいます。
ですから、重力相互作用が生まれて粒子反粒子が反発し合い、
その後でインフレーションが起こって宇宙が薄められた後で
現在のような物質が出来るということになりそうです。

しかし、大統一に基づいたシナリオでは
スファレロン効果などいろいろ問題もありますから
今の段階ではあまりこうだとは言い切れません。
まだまだ研究の必要な分野ですね。

>強いのと弱いのはちょっと宇宙のサイズが大きくなれば届かないし
>電気的に中性であれば電磁力(クーロン力)関係なくなるので
>残るは重力だけだと思います。
物質、反物質という言葉に合わせて重力は弱すぎるとかいてしまいましたが、
上のように u13 さんが仰っておられる状態より
もっと高エネルギーの状態で起こっている出来事に可能性があるかもしれません。

要するに、インフレーションのタイミングということですが、
我々の近くに反粒子が飛び交っていないためには
重力相互作用による反発の...続きを読む

Q中性子と反中性子の見分け方

陽子-反陽子、電子-陽電子などは電荷の違いによって見分けることができるのはわかるのですが、中性子-反中性子はどうやって見分けるのでしょうか?
そもそも見分けることは可能なのでしょうか?

過去ログで反中性子の落下実験が行われたことがある(単なる噂?)というのを見て考えてしまいました。

Aベストアンサー

単純なクォークモデルによればuクォークの磁気能率をμu、dクォークの磁気能率をμd としたとき中性子の磁気能率は
 μn = (4μd - μn)/3
になります。したがって中性子と反中性子はスピンと磁気能率の方向の関係が逆になります。磁場中でスピンは
  dS/dt = μ×B
に従って才差運動するので才差運動によって区別することができ、才差運動は中性子干渉計で観察できると思います。反中性子の検出についてはgoogleでantineutron.ppt で検索できるファイルなどにあります。
 

Q中性子散乱実験ついて

表記のことについてご存知の方お教えください.
(1)中性子線はどのようにして発生させるのでしょうか.電荷を持たないのにビーム状に絞る方法が分かりません.それともシャワーのように中性子を降らせているだけでしょうか.また,いずれにしても中性子を発生させる術がわかりません.物の本には,加速器や原子炉を使うとは書いてあったのですが.物理に明るくない私では,それだけではよく分かりません.

(2)中性子散乱の実験は電子顕微鏡のように真空は必要でしょうか?不要であれば液体試料も測定可能ということになりますが,いかがでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の件ですが、どこから説明すればいいでしょうか。。。

Åというのはwave lengthです。ご存じかと思いますが、中性子のエネルギーは
E=hc/2πΛ 
になるので、wave lengthの逆数とbeam energyは比例関係にあります。

Qはmomentum transferと呼ばれ、簡単に言うと散乱前後のenergy depositを表します。上記にあるように、energyはwave lengthに反比例するので、enery depositは波長の逆数で書かれます。

何のグラフを見ているのか定かでないのでコメントが難しいですが、恐らく見ているのはbeam intensityのenergy deposit依存性なのではないかと推測します。そのまま散乱角度とも関係する値なのでもう少し調べれば解るかと思います。

Q重力場とクーロン場が保存力場であることの証明について

重力場やクーロン場が保存力場になるということは一般的には知られていますが、それを証明してみようとおもったのですが、どのように証明できるのかということがわかりません。

一般的にどのようにすればこれを証明することができるでしょうか?

回答お待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ええと、それらが距離の2乗に反比例する中心に向かう力の場F=-kr^(-2)(の重ね合わせ)の形であることを認めれば証明できます。No、1のとおりです。保存力場であることをいくつか言い換えます。

保存力場である
=スカラーポテンシャルfを持つ(前者のスカラーポテンシャルは通常の高さに酔うる位置エネルギー、後者のスカラーポテンシャルは電位です。)
=rot演算を行うと0になる。参考;rot(grad)fは任意のスカラー場fに対してゼロだからです。fをスカラーポテンシャルとしてみましょう。

結論
その証明は、
第1の方法
それらの場はスカラーポテンシャルを持つ。実際、位置エネルギーや電位が確かにそれらのスカラーポテンシャルとなっている。
第2の方法
rotを計算すると0になる。ゆえに保存力場である。

Q地球上の重力加速度と地球、太陽、月、銀河の質量

子供のころ地球上での重力加速度は9.8[m/s^2]と習いました。
ここで地球、太陽、月、銀河系等の地球外の質量から受ける引力
(重力)は考えなくてもよいのですか?
もしこれらの重力が地球からの重力に対して無視できるなら
その理由を教えて下さい。

なお、宇宙戦艦ヤマトが地球から発進し、しばらくして
”地球の引力圏を離脱します”・・・と語られるのですが
どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

他の天体からの引力の小ささについてはNo.1さんの回答の通りです。

加えて,地球上で受ける太陽からの引力は地球の公転のために生じる
遠心力とほぼつりあっています。そこで地球上の太陽に近い側と遠い
側との引力の差のみ重力に影響しますので,その大きさは重力全体の
一千万分の一程度しかないのです。月についても同じで,月と地球の
重心のまわりに地球もまわっているので,月の引力は月-地球系の
公転の遠心力とつりあっていて,月側と反対側の引力の差が潮汐力
として影響を及ぼします。他の惑星や恒星,銀河の引力はとるに
足らないものですが,これらの天体の引力についても同じことが
いえます。たとえば,銀河系中心にはかなりの質量が集中している
と考えられていますが,地球は太陽系もろとも銀河中心のまわりを
公転しているのです。ですから,銀河中心から受ける引力は,この
公転の遠心力とつりあっています。

重力のままに落下する実験室内は無重力ですよね?これと同じことが
地球という実験室についてもいえるのです。この引力と慣性力との
つりあいこそが,地球上に他の天体の引力が影響しないことの最大の
理由といえるでしょう。重力に最も大きな影響を与えているのは,
地球自転の遠心力で,赤道上で重力全体の1/300ほどになります。

他の天体からの引力の小ささについてはNo.1さんの回答の通りです。

加えて,地球上で受ける太陽からの引力は地球の公転のために生じる
遠心力とほぼつりあっています。そこで地球上の太陽に近い側と遠い
側との引力の差のみ重力に影響しますので,その大きさは重力全体の
一千万分の一程度しかないのです。月についても同じで,月と地球の
重心のまわりに地球もまわっているので,月の引力は月-地球系の
公転の遠心力とつりあっていて,月側と反対側の引力の差が潮汐力
として影響を及ぼします。他の惑...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報