免税売上のレシート表記について、下記のパターンをよく見かけるのですが、「(免税額800)」をわざわざ記載する理由はあるのでしょうか?


○○○   10,000
___________
免税対象額 10,000
(免税額    800)

合計    10,000

A 回答 (1件)

免税額を集計しなければ法人税(所得税)、消費税の申告額が計算できなくなるから。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税関,免税とは?(海外旅行)

海外旅行(オーストラリア)に行くのですが、空港での"税関"というのがいまいちよく分かりません。
私なりに調べたのですが、日本から出国する場合は、「外国製品を持っていると用紙に記入しなければいけない」ということは分かりました。あってますよね? (一応、私は日本育ちの日本人です(^_^;))
でも次に、海外旅行を終え、「海外から出国する場合も税関を通る」と書いてたのですが、これは何をもっていれば申告しなければいけないんですか?日本から出国する場合と同様、外国製品を持っていると書くんですか?現地で買ったお土産があれば、それも書くんですか?
さらに、日本に着いて飛行機を降りて入国する時、「税関検査がある」と書いてましたが、これはおみやげなどが免税の範囲を超えてるか超えてないかを判断するのですか?免税範囲を超えるとはどういう事でしょう?おみやげをチェックするというこつは、かばんからすべて出さなければいけないんですか?というか、免税ってなんですか?海外で物を買うと税金がかかるんですか?確か免税店があるって聞いたことあるんですが・・・、どういう店が免税店なんでしょう?看板に書いてます?tax-freeとか。
このように、私は海外に行くんですが、海外についてあんまりよく分かっていません(><)。
ですので、この他にも気をつけておかなければならない事があれば教えて下さい。
(日本人は高い物を買わされがち、というのも聞いた事あります)
宜しくお願いします。

海外旅行(オーストラリア)に行くのですが、空港での"税関"というのがいまいちよく分かりません。
私なりに調べたのですが、日本から出国する場合は、「外国製品を持っていると用紙に記入しなければいけない」ということは分かりました。あってますよね? (一応、私は日本育ちの日本人です(^_^;))
でも次に、海外旅行を終え、「海外から出国する場合も税関を通る」と書いてたのですが、これは何をもっていれば申告しなければいけないんですか?日本から出国する場合と同様、外国製品を持っていると書くんです...続きを読む

Aベストアンサー

■外国製品を持っていると用紙に記入しなければいけない」というのは、帰国の際に海外で購入したものと
認定されない為です。ネクタイや安い物品はいちいち申告する必要はありません。

■外国から出国の場合は国によって事情が異なります。輸出禁止品や通貨の持ち出しを規制している国も
ありますが、殆どの場合申告は不要です。
アラブなどの国の場合現地の通貨を持ち出し禁止に
している場合があります。

■一番厳しいのは日本への入国の場合の税関検査です。
(1)輸入禁止品を所持していないか
(2)免税の範囲を超える土産を持っていないか
を検査するもので、
(1)は論外として、(2)では申告品が有る場合とない場合で並ぶ窓口が異なります。(課税と免税)
範囲は現在では20万円であると記憶しています。
またたばこも日本製200本、海外製200本を越えると課税になります。

税関は怪しいと思う人などを抜き打ちで検査するので
まったく鞄の中身の検査されない場合もありますし
挙動不審と思えば徹底的に調べられる場合もあります。

といってもおおげざに考える必要はなく、課税の
対象となれば申告用紙に正しく記載すれば問題は
ありません。

■海外でもTax-Free とか免税店とかいうのはまた別の
問題で、その国で当然課税されるべき、税金(日本でゆう消費税などの物品税)が外国人である理由で
免税される店です。国によっては税金が安いので
普通の店で買った方が安い場合もありますが、いずれにしてもこのTax-Free とは日本の税関で支払う税金とは関係有りません。

■外国製品を持っていると用紙に記入しなければいけない」というのは、帰国の際に海外で購入したものと
認定されない為です。ネクタイや安い物品はいちいち申告する必要はありません。

■外国から出国の場合は国によって事情が異なります。輸出禁止品や通貨の持ち出しを規制している国も
ありますが、殆どの場合申告は不要です。
アラブなどの国の場合現地の通貨を持ち出し禁止に
している場合があります。

■一番厳しいのは日本への入国の場合の税関検査です。
(1)輸入禁止品を所持していないか
(2)免税...続きを読む

Q売上額が変動する不動産賃貸の売上計上日

現在不動産事業における売上高を計上するルールを作成しているのですが、
ひとつどうしようかと困っている事例があります。

賃料が実績に応じて変動する賃貸による売上
(たとえばコインパーキングや、商業テナントなど)
は、
1)いつ(どのタイミングで)
2)いくら
売上を計上するのでしょうか?

一番手っ取り早いのは、テナントから売上報告を待って、その報告を基に売上を計上することだと思いますが、
これだと金額は正確かもしれませんが、意図的に売上計上を遅らせることが可能になってしまい、不都合かと思うのです。

どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>テナントから売上報告が来ない場合は、ひたすらテナントに報告を催促するしかないのでしょうか?

これは会計や税務の問題ではありませんね。

Q20代半ばの女性が喜んでくれそうなバレッタのブランドを教えてください

誕生日プレゼントでバレッタをあげようと思うのですが、20代半ばの女性が好みそうなバレッタのブランドを教えてください。

Aベストアンサー

20代前半のfigarinです!
私は、クリスチャン・ディオ-ルがおススメです。
今、注目のブランドですよ!
夏に向けて、カラフルな色なども揃ってます。
今シ-ズンは、リンゴをモチ-フにしたデザインがとても人気です。
雑誌とか見ても、25~26才の女の人とかも夢中になってるって
書いてありました!値段も大して高くないので、お揃いのデザインの
ピアスやブレスレットも付けてあげるとますます可愛いですよ!
 

Q輸出免税売上の消費税の取り扱いについて

お世話になります。弊社は3月決算の会社です。
前期において、シンガポールへ商品をドル売りしました(今回初めて)
H23.3月の決算日のレートを調べて日本円で売上計上しました。
S$ 15,000.00  @66.60  ¥999,000
そして、先週水曜日に送金があり、口座に日本円で入金されました。
S$ 15,000.00  @64.43  ¥966,450
税理士に提出する決算書類においても、これは輸出免税にあたり、
消費税は関係ないということで、免税売上としました。
しかし、税理士が作成し送付されてきた消費税申告書には、免税売上額の欄に
税込金額の¥1,048,950と記載されて申告されていました。
これはいったいどういうことでしょうか??
ですので、今現在の売掛金が1,048,950が残っており、
今回入金された966,450と為替差損を消しこんでも、消費税分が残ってしまいます。
これの意味がよくわかりません・・・。
それとも免税売上はこのような処理をするのでしょうか??
社内に聞ける人もおらず、決算のみ依頼している税理士にも質問できない状態で
大変困っています・・・。
どなたかご存知の方、ご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。弊社は3月決算の会社です。
前期において、シンガポールへ商品をドル売りしました(今回初めて)
H23.3月の決算日のレートを調べて日本円で売上計上しました。
S$ 15,000.00  @66.60  ¥999,000
そして、先週水曜日に送金があり、口座に日本円で入金されました。
S$ 15,000.00  @64.43  ¥966,450
税理士に提出する決算書類においても、これは輸出免税にあたり、
消費税は関係ないということで、免税売上としました。
しかし...続きを読む

Aベストアンサー

>しかし、税理士が作成し送付されてきた消費税申告書には、免税売上額の欄に
税込金額の¥1,048,950と記載されて申告されていました。

・輸出免税ということから、消費税を考える必要はありません。

>今現在の売掛金が1,048,950が残っており、

・売上又は仮払消費税額が過大に計上されていると思われます。
 いずれにしても、依頼している税理士にお尋ねになられたほうがよろしいでしょう。

Q香港でフェラガモは安い?

来週香港へ旅行します。
母親に、フェラガモの靴とネクタイの購入をお願いされたのですが、
香港で買うフェラガモは安いのでしょうか?
ガイドブック等を見ても、
バーゲンの時期は安いことなどは書いてありますが、
通常の時期は安いのかが書いていません。
香港で買うほうがよいのか、
それとも成田の免税店で買った方が安いのか
どなたか詳しい方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

香港に何度も旅行してます。
確かに日本と比べると10~15パーセントぐらいは安いです。
でも、香港は本物も偽者もありますので信用ある正規店で購入してください。
正規店以外ではもっと安い店がありますが正規店では消費税とチョット日本より安いと思うほどですよ。
昔みたいにずば抜けて安いことはありません。
どのブランド店も同じようなものです。
ただ、品揃えも多いし限定色などの日本以外のモデルがあるのも確かですのでどちらが良いかはお答えしにくいですね。
どうしても偽者が心配なら成田の免税店で買ってください。
成田の免税店は出国時しか買えませんので入国時は入国のみです。

Q免税売上について

 輸出免税について教えてください。

 海外の会社で製造したものを輸入して国内で販売しているのですが、ある製品を製作するために材料を日本から海外の会社に無償で輸出した場合には、無償なので免税売上はゼロになりますか?

Aベストアンサー

免税売上はゼロです。消費税課税対象可否判定が輸出免税の前に判定されます。
課税の4要件のひとつ対価がの有無で考えると、対価がないと課税対象外ですので、無償であれば課税対象外となります。

Qドイツの免税手続きについて教えてください

初めて海外旅行(ドイツ)へ行きます。
免税手続きのことでいくつか質問させてください。

1.ドイツのスーパーで買い物しても、税金還付の対象になるのでしょうか。

2.一回の買い物が25ユーロ以上じゃないと還付の対象にはならないんですよね?

3.そのスーパーに[TAX FREE SHOPPING]の表示がない場合、免税の対象にはならないのでしょうか。

4.50ユーロ以上買わないと免税手続きをしても、手数料等の関係であまり戻ってこないというのをどこかで見たのですが、
  50ユーロ以下の買い物の場合は免税手続きはしないほうがいいのでしょうか。

5.空港での税関では免税申請の書類と一緒に購入した商品も見せないといけませんか?機内持ち込みではなく、
  預ける荷物にしようと思っているのですが、その場合は一度見せてからスーツケースに入れるという作業が必要なんですよね?

6.免税手続き後すぐに返金されるのでしょうか。それとも、日本に帰ってきてから返金されるのでしょうか。

たくさんの質問で申し訳ありませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

初めて海外旅行(ドイツ)へ行きます。
免税手続きのことでいくつか質問させてください。

1.ドイツのスーパーで買い物しても、税金還付の対象になるのでしょうか。

2.一回の買い物が25ユーロ以上じゃないと還付の対象にはならないんですよね?

3.そのスーパーに[TAX FREE SHOPPING]の表示がない場合、免税の対象にはならないのでしょうか。

4.50ユーロ以上買わないと免税手続きをしても、手数料等の関係であまり戻ってこないというのをどこかで見たのですが、
  50ユーロ以下の買い物の場合...続きを読む

Aベストアンサー

まず事前にご理解いただきたいのですが、この税金の払い戻しシステムは、あくまでもサービスで行われているシステムであって、何らの義務制も帯びていません。
したがって、店舗側が面倒なのでやりたくないと思えばやってもらえません。
それを踏まえた上で・・・・

1.理論上はそうです。でも地域密着型のスーパーマーケットなどにおいて、手間のかかるこのサービスを行っても、あまりメリットが無い事はお分かりですよね?
したがって、普通のスーパーマーケットなどではまず書類を作ってもらえませんし、手続きを行ってもお金が返ってくる可能性は少ないです。

2.これもあくまでも下限ラインなので、店舗によって多少変えている場合もあります。

3.これはそうとも言い切れないとしか言えません。書いてなくてもやってくれる場合もあります。お店でたずねてみて下さい。

4.還付される金額を考えると現実的ではないのは事実です。書類の枚数が多ければ、それだけ手間が増えるわけですから。面倒だと思わなければ挑戦してみてください。ただ経験上ほとんどの方が「何か手間がかかった割にはコレだけね(笑)」とおっしゃいます。

5.えーと、そうなんですが違います。スーツケースに入れて預けるおつもりであれば、スーツケースに入れた荷造りを済ませた状態で空港に持ち込み、航空会社のチェックインカウンターでチェックインを行う際に、免税対象商品が中に入っている事を告げると、クレームタグだけを付けて荷物を戻してくれますので、そのスーツケースを持って税関のカウンターに行きます。
書類を提出し、万が一商品の提示を求められた場合のみ、スーツケースを開けて商品を見せれば大丈夫です。
商品は絶対に見せなければならないわけではなく、税関からの指示があった時のみです。この時、商品は未使用状態でなければなりません。
書類にスタンプをもらったら、指定のカウンターに荷物を預けて終了です。
手荷物の場合は流れが違いますので、手荷物にされるようでしたら補足して下さい。

6.これはケースバイケースです。
免税の書類には色々種類があり(何社か取り扱い会社がある)、その会社によって対応が違います。
ほとんどの場合は税関のスタンプさえもらえれば空港で受け取り可能です。
現金で受け取る場合はその取り扱い会社専用のリファンドカウンター、もしくは空港内の指定の銀行になります。
カード口座への振込みをご希望の場合は、書類にカード番号を記入して、指定のポストへ投函します。
小切手もできますが、こちらは日本国内での換金手数料が高いため、お勧めできません。
取り扱い会社によっては、その場での払い戻しが不可の場合があり、この場合はカードへの払い戻しオンリーになっています。
各書類に還付場所や手法が書かれていますので、確認して下さい。


おおむね以上の様な流れです。

なお、食料品、書籍、地図などは免税対象とはなりません。
あと、現実問題書類を作るのは私達日本人が考えるよりも、はるかに時間がかかります。
貴重な旅行の時間をどう使うかはそれぞれの価値観で自由ですが、何をするにつけても(書類の作成でも、税関の手続きでも)、とにかく時間がかかるので、それを予め理解していただいた上で挑戦してみてください。

また、せっかく苦労して手続きを勧めても、空港の税関が混雑していて時間的に手続きが出来なかったり、書類が郵便事故にあって手続きが完了せずにお金が戻らない場合もあります。
ドイツではあまりありませんが、イタリアでは税関がストライキをしていて全滅ということもありました。
何につけ日本の常識とはかけ離れている状態ですので、この免税システムだけを当てにしてお買い物をすると、痛い思いをする事があります。

また何かありましたら補足して下さい。

これはフランクフルトですが、空港での手続きのカウンターなどが分かります。↓

参考URL:http://www.lufthansa.com/online/portal/lh/jp/nonav/local?nodeid=1910863&l=ja&cid=1000276

まず事前にご理解いただきたいのですが、この税金の払い戻しシステムは、あくまでもサービスで行われているシステムであって、何らの義務制も帯びていません。
したがって、店舗側が面倒なのでやりたくないと思えばやってもらえません。
それを踏まえた上で・・・・

1.理論上はそうです。でも地域密着型のスーパーマーケットなどにおいて、手間のかかるこのサービスを行っても、あまりメリットが無い事はお分かりですよね?
したがって、普通のスーパーマーケットなどではまず書類を作ってもらえませんし、...続きを読む

Q新設株式会社に売上分割で消費税免税事業者になれるのでしょうか?

A有限会社は、資本金700万円、2店舗イ、ロを運営しており合計売上が以下です。
店舗イ:1400万円    店舗ロ:500万円 合計1900万円
設立後3年以上たって既に消費税課税事業者で簡易でなく本則で納税しています。
このたび他事業への展開も考えグループのB株式会社を新設予定ですが、この機会に消費税免税で最大限に経費節減が出来ればと考えます。大筋、次のように考えておりますが、テクニカルなため脱税・脱法に抵触しないか。また税務署に特に提出する書類があるのか等注意点がありましたら御指導下さい。
1、A有限の今期店舗イの売上450万円時点で株式会社B(資本金300万円)を新設し、それ以後の売上をBへ移す。
B(株)の第1期(19年)は売上見込み残り500+450=950万円なので、第3期も売上1000万円未満となって免税。第4期(23年)から以後1400万円の約2%=28万円。
2、A有限は、今期:店舗ロ500+店舗イ450=950万円となって21年から免税事業者になる。
●消費税比較
19~22年までの当初4年間 
現状のまま:A有限1900万*2%=38万、×4年=152万円
分社の場合:A有限19、20年 950万×2%=19万、×2年=38万
        節税114万円 1年当たり28.5万円
23年以後
現状のまま:A有限1900万*2%=38万
分社の場合:B(株)1400万×2%=28万
          1年当たり10万円節税

となって消費税だけでも2社持つことのメリットがありそうです。
もちろん、売上が変動しない仮定のもとですが、税務・事務を自分でやれば23年以後も10万円位でB(株)を維持できそうですが、他に問題点は無いのでしょうか?ビジネスの諸先輩方ご指導下さい。
Q1:決算期途中の売上分割ができるのか?出来るとして何か提出物があるのでしょうか?
Q2:店舗イの賃貸契約書はBに書き換えなくてはならない?次回の更新月ではダメか?
Q3:(株)Bの新規事業がほとんど売上がないうちは、消費税免税のためだけの分社に見えるので、何かの理由で税務調査などが来るのでしょうか?経験ある方教えて下さい。

A有限会社は、資本金700万円、2店舗イ、ロを運営しており合計売上が以下です。
店舗イ:1400万円    店舗ロ:500万円 合計1900万円
設立後3年以上たって既に消費税課税事業者で簡易でなく本則で納税しています。
このたび他事業への展開も考えグループのB株式会社を新設予定ですが、この機会に消費税免税で最大限に経費節減が出来ればと考えます。大筋、次のように考えておりますが、テクニカルなため脱税・脱法に抵触しないか。また税務署に特に提出する書類があるのか等注意点がありましたら御...続きを読む

Aベストアンサー

消費税のところだけですが、

新設分割の場合の納税義務の判定には特例計算があります。

B社が新設分割子法人に該当するということであれば
単純にA有限会社の基準期間の課税売上高を用いて、または、加算して納税義務を判定します。

ですから、B社については単純に設立1期目だからといって免税になるわけではないです。

参考URL:http://www.shohi.com/haya/haya01_08_01.html

Qレジ打ち スー◯ー◯リューでレジ打ちのバイトを始めて2週間経つのですが、いまだに商品券(ビール券、お

レジ打ち






スー◯ー◯リューでレジ打ちのバイトを始めて2週間経つのですが、いまだに商品券(ビール券、お米券、JCB)のさばき方が理解できなくて悩んでます(>_<)

基本的にお釣りが出ないと教わっているのですが、今までパートの方に後ろにいてもらいながら1人でレジ打ちをしているのですが
商品券が来た事も2〜3回あったんですけど
その時にはお釣りが出てそのお釣りとレシートをお客さんにお返ししても
後ろで見ているパートの方から間違ってると言われた事もなくて
今のところレジ金違算も出した事もありません。

パートの方達に商品券の扱い方を聞いても、額面以上以下とか難しい説明をされて余計に頭が混乱してしまっている状態なので(>_<)

どなたか詳しい方や、バカで計算の苦手な私にもわかりやすいように説明してくださる方がいたら
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

金券類は大きく2つに分けて考えると分かりやすくなります。
一つは【商品券】要は、店にある商品とそのまま交換するタイプ。(なので安売りしている時などの値段の差額等は無視されます)。
二つ目は文字どうり【金券】で、表記された金額をお金とほとんど同じに使えます。(一部、タバコ等使えない商品があります)こういった金券は、いってみればクレジットカードと同じで、クレジットカード会社の信用で”お金と同じに使えます”といっているので、条件が変わる場合があります。
 会社もよくわかっていない場合が多いので、とりあえず大きく二つに分けて考えてみたら、いろいろな金券類の整理ができるかと思います。

Q売上損失額の計算方法

タイトル通りの質問なのですが、下記の考え方は合っているでしょうか。

例>
通常売価=3000円
20%割り引いた売価=2400円
単品あたりの損失額=600円
20%割り引いた価格である2400円の商品を20個販売した場合、48,000円。
通常売価で販売した場合=60,000円となるので損失額は12,000円でOKですか。

Aベストアンサー

そういうのを損失とは言いません。
ただ利益率が少なくなっただです。

損失とは、原価を割ってしか売れなかったときの、原価と売値の差です。

例>
通常売価=3000円
原価= 2,000円
出血売価=1,500円
単品あたりの損失額=500円
1,500円の赤字サービス値で20個販売した場合、10,000円。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報