製造業をやっているものですが、3月決算で、実際未完成で製造途中の品物があったとして
4月中に納品したものを顧客の要請で決算月の3月の請求に乗せてしまったとしたら
問題があるのでしょうか?
 会計士に仕掛り品として、伝えておいたものを、顧客に送っている請求書には
その品物がのっていた場合どのような問題が発生するのでしょうか?

また、仕掛品についてですが、決算する過程(決算書を作る過程)ではどのような形で
影響することになるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    度々すみません、この顧客は入金が3ヵ月先で売掛金という扱いになる
    のですが、それでも問題ないのでしょうか?
     もしよろしければご回答願いますか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/16 20:30

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

3月末時点で仕掛品であるものについて請求書を出すことは別に問題ありません。



問題があるとすれば顧客側で。顧客からみて、まだ仕入れていないものを仕入として3月期の損金にしてしまおうという思惑が感じられますが、他の理由からかもしれませんし、それは貴方には直折関係のないことです。ただ、売上の計上漏れと指摘されないよう、きちんと説明できるようにしておいてください。

>また、仕掛品についてですが、決算する過程(決算書を作る過程)ではどのような形で・・・・
 仕掛品はやはり「仕掛品」です。
先の回答で「完成前に入金があれば前受金になるだけ」と述べましたが、質問のケースでは完成前に入金ではなく、「完成前に請求だけして、納品は4月、入金は3か月後(6月としましょう)」ということなのですね。その流れを、原価50,000円の製品を70,000円で売り上げたと仮定した仕訳で示します。

・3月時点で仕掛品のものに対して請求書を送付した
  (仕訳なし)
  貴方の貸借対照表にはあくまで「仕掛品」として載ります
・4月10日になって品物が完成した
  製品 50,000 仕掛品 50,000
・4月20日に顧客へ納品した(一般には、この時点で初めて売上になります。「納品基準」)
  売掛金 70,000  売上 70,000
  売上原価 50,000 製品 50,000
・6月30日、上記売上代金の入金があった
  普通預金 70,000 売掛金 70,000
    • good
    • 1

帳簿上は売り上げず仕掛品として残してあり、請求書の記載にも関わらず仕掛品として残すことの根拠となる資料があれば、問題ないと思います。



実際には3月決算時点で未完成でしたら、それをそのとおり決算書に反映させる必要があります。会計士にそう伝えていらっしゃるのでしたら、なおのことそうする必要があるでしょう。

そのうえで、請求書からは売り上げたように見えてしまうのではないでしょうか。そうでしたら、請求書の記載にも関わらず仕掛品として残っていること、残す必要があることを示す資料をそろえておくほうがいいと思います。売上計上漏れと見られてしまった場合に面倒なことになるためです。
    • good
    • 0

別に問題ありません。



完成前に入金があれば前受金になるだけです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算の仕掛で顧客から3月請求にされた品物を、仕掛りではなく納品扱いにするのは

製造業の決算で4月中に納品したものを、顧客の要請で3月の請求にしてくれと頼まれたのですが
お得意様なのでこちら(請負側)も、品物を仕掛りではなく3月中の納品扱いにしてしまうのは
問題があるのでしょうか?
 問題が発生するとしたらどのようなことが発生しうるのでしょうか?

Aベストアンサー

3月中の納品扱いということは3月中の売上ということです。

仕掛という、まだ売上にならないものを売上にすることは粉飾決算のひとつであり、問題が大です。

請求だけする分には問題ありません。また、納品前の入金を前受金にするのであれば問題ありません。

Q決算期変更(3月→6月)に伴う短期決算(4月→6月)について

どなたか教えてください。

当社は現在3月決算なのですが来期より決算期を6月に変更する予定です。
それに伴って今年は、4月から6月までの3ヶ月決算をする予定なのですが会計処理は四半期決算と同じでよろしいのでしょうか?
当社は非上場で会社法だけですが、IPOを目指しており有報も作成しております。

方針を決定するにあたり早期に調査しなければいけないのですが、いろいろ探しても文献等がみつからなくて。。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3カ月決算で行くということであれば、基本的には通常の決算を行えば良いです。税務上の限度額計算はほとんど月割計算になります。
注意しなければならないのは減価償却計算が、四半期決算の場合とは異なった処理になります。
一括償却資産については、四半期決算ではその四半期に所得したものについては全額損金算入とし、過年度取得分についてだけ月割計算するかと思いますが、3カ月決算ではその期間取得分も3/36の損金算入です。
定率法償却での償却限度額は、通常の償却率×3/12ではなく
通常適用耐用年数×12/3の年数の償却率が適用されます。
たとえば通常6年の耐用年数の資産には6×12/3で24年の耐用年数の償却率が適用されます。

Q3月決算法人で、4月末に決算賞与を支給したいのですが。

勉強不足で恐縮ですが、たしか数年前から4月中に支払う決算賞与も損金に算入できるというのをちらっと見ました。
決算状況を見てから、4月中に一時金として、従業員に渡したいのですが、この場合の仕訳は、
  従業員賞与○○/未払費用○○ でよろしいでしょうか?
また、当社は、6月12月にも、スズメの涙 程度の賞与を支給しており、賞与引当金も計上予定(支給対象期間対応で)です。今年はたしか6分の1しか損金として認められないのですね(泣)
仮に、この両方を計上するとなると、税務上はどのようになりますか?
初めての決算賞与なので、処理がわかりません。というか6月12月があまりにも少なすぎて、何とかして決算賞与が出せるようにしたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳としてはそれでいいです。
決算未払賞与を損金計上する際は、以下の用件を満たす必要があります。
1)支給を受けるすべての従業員に支給額を通知すること(出来れば文書で通知し全員に確認印をもらった方がよい)
2)決算日から1か月以内に支払うこと
税務署に認容された例と否認された例が↓サイトにありますので、ご覧下さい。
http://www.kfs.go.jp/service/MP/03/02/0305.html

賞与引当金については、支給対象期間基準(賞与規定はありますよね)で計算した繰入限度額の1/6が損金に算入出来ます。

Q建設業の決算時の完工高は未完成で出来高だけでも

入れられますか?
きっちり完工した工事しか決算に入れませんが、大きい工事で半分くらいまで行ってるものを(もったいないので)入れられたら良いのですが、今までしたことがありません。
1年以上にまたがる工事を沢山受注する会社はやはり完成まで売上にしていませんか?
もしくは、工事の規模で出来高を入れてよい場合があるのでしょうか。

経験者の方の実例が知りたいので、教えてください。
実態調査を経験上、完工してるのが当然だとは思うのですが、この辺の質問に答えてくれる人が周りにいないので何とぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

規模の小さな建設会社で事務してます。

完成した工事を完成工事売上高とするのが一番わかりやすいし事務的にもやりやすいですよね。
でも、1年かかるほどの工事だと小さい会社では年間売上高のうち結構な割合を占めたりするんですよ。
 うちの会社ではその時の売上にもよりますが、出来高で売上をあげる工事もあります。というか、ほぼ完成なら工事未収入金として計上してますね。当然、それに対する工事未払金も計上しなければならない訳ですが。

会計事務所の人によると各会社で、方向性を決めれば良いということでした。
 ・完成までは売上計上しない(これだと、小さい会 社は極端に売上減少になってしまう)
 ・決算月できっちり分けてしまう(出来高)
ただ、決算の度にころころ変えない方がいいとも言ってました。  

Q仕掛品の進捗率による原価計算について

現在仕事で労務管理のようなものを任されています。
簿記の知識はほぼない状態です。

原価計算を行う際、仕掛品については進捗率によって原価を算出する方法をとっているようです。
疑問なのが、仕掛品がその後複数のバリエーションによって使用される場合の進捗率です。
例えば後工程A、Bをもつ仕掛品Aがああり、後工程Aは残り1工程、後工程はB残り2工程で完成品が出来るとします。この場合、月末時点で仕掛品Aが存在していた場合、仕掛品Aがどの製品の仕掛品であるかが分からない場合、その仕掛品の進捗率が分からない為、原価を求めることが出来ないのではと思っています。

よく分かっていない事が多く、曖昧な質問になっているかもしれませんが、アドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御社が現在採用されている原価計算はどのようなものなのですか?
何方か知っている方は居りませんか??

ザットご質問文を拝読して思ったのが、「工程別原価計算(非累加法)」を採用為されては如何でしょうか?
  http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main98.html

採用していただけるとした上で・・・原価計算を『前工程』と『後工程(A)』『後工程(B)』に区別いたします。
> 後工程A、Bをもつ仕掛品A
これは『前工程』に属します。
後工程へ流せる状態になった時が進捗率100%
で、この場合においても問われのが
  進捗率100%=「完成品」だが、後工程のA又はBへ投入を
  していないので、何れの『後工程』でも「投入分」として計上が
  できない。
これは『前工程』の「仕掛品」に計上しておく物ではありませんので、適切な勘定(「前工程完成品」)で別途計上して下さい。


> よく分かっていない事が多く、曖昧な質問になっているかもしれませんが、
> アドバイス頂ければ幸いです。
私も上手く説明できていないと思いますので、ご不明点を補足欄にご記入頂ければ幸いです。

御社が現在採用されている原価計算はどのようなものなのですか?
何方か知っている方は居りませんか??

ザットご質問文を拝読して思ったのが、「工程別原価計算(非累加法)」を採用為されては如何でしょうか?
  http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main98.html

採用していただけるとした上で・・・原価計算を『前工程』と『後工程(A)』『後工程(B)』に区別いたします。
> 後工程A、Bをもつ仕掛品A
これは『前工程』に属します。
後工程へ流せる状態になった時が進捗率100%
で、この場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報