グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

家を工務店で建築中です。
根太部分に米松を使われているようなのですが、親戚から、米松は腐りやすいから桧に変えてもらった方がいいと強く言われました。

棟上げの際に、連れて行った親戚が指摘し、根太が米松だと分かりました。
事前説明は受けていません。

1週間ほど前に棟上げを済ませたので、今更、変更がきくのか、また、根太が米松だと30~40年くらいで床が腐りやすいのか教えてください。
家を建ててもらっているところに聞いても、自社に都合のいいことしかいわないのではないかと思い、相談させてもらいました。

大工さんからは、基礎パッキン工法を使用しているため、米松でも大丈夫になったとのことです。基礎パッキンメーカーより10年保証がついています。

仕様書に書かれている木材は以下の通りです。(これは事前説明を受けました)無垢材を売りにしているので、多分無垢材だと思います。
土台 桧 105×105
大引 桧 105×105
通柱 桧 120×120
隅柱 桧 120×120
管柱 桧 105×105

間柱 杉 105×45

胴差 米松 105×105~390
桁  米松 105×105~390
火打梁 米松 90×90
垂木  米松 45×60
母屋  米松 90×90
小屋束 米松 90×90
筋違  米松 90×45
隅木  米松 105×75
床束 鋼製束

値段は、30坪1700万くらいです。
(諸費用、地盤改良などは除く)
これらの材木についても、いまさらですが、大丈夫か教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 木の知識があまりないのですが、自分なりに勉強して、柱はすべて桧にしてほしいとお願いし、オプションで主要な部分を桧に変更してもらいました。

    仕様書で知ったのですが、そのわりに、米松が多いな…と思っています。

    100年も持つ家を考えているわけではないですが、高い買い物なので、50年はもってもらわないと…と思っているのですが、この仕様で、持つのかも心配です。

      補足日時:2015/06/03 11:20

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

米松で大丈夫かという質問なのでその点だけで回答させていただきます。



どうも聞きかじりに過剰反応しているようにしか見えないのですが、根太が米松では怖いのに梁(桁)が米松で良いのでしょうか?

根太が腐っても床が落ちるだけですが、梁が腐れば家が崩壊・倒壊します。
どうですか?怖くないですか?


本当に寿命が短い樹種なら、そちらの方が重要だと思います。
そして何よりそこまで危険なら、そんな木が使われる事を現代の建築基準で禁止しないはずが無いと思いませんか?

不安の発端が親戚の一言なのに、日本の法律を信じられるかは貴方の判断にかかっていますが、基本的に水を避けていれば良いという考えを持つ方が自然ではないでしょうか。
水に浸かっていればヒノキでも物によっては数年でボロボロになりますし。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
確かにその通りだなあと思いました。結局は、水を避けていればよいということですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/08 13:53

誤解がまだありますね



伝統的にヒノキが良いでしょう何年乾燥したヒノキ最高です否定しません。
森林組合でも日本の木を使わせる為にがんばってます。

たしかに何かと外材だめという50年位前にありました。

しかし淡路地震がありツバイフォー住宅のが確実に地震に強いと認識され
地方の木工組合も海外優良木材を国内で販売し主力製品なりました。

米松の欠点は
現在安価に加圧防食注入できますので土台でも欠点が無いです。 
ちなみに米松は梁に最高です。 


重要なのはヒノキの種類です。 
未乾燥材1年物 ローコスト用 ヒノキ 使われるか?
いくらで作ってるのかわかりませんが米松よりそちらのが気になります。
完全に乾くまで割れるし反ります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

確かに、乾燥しきれてない桧を使われた方が困りますね。その通りだと思います。

工務店に問い合わせたところ、桧の方がいいが、米松でも問題ないとのことでした。

ちなみにうちは木造軸組(在来)工法です。乾燥処理された木を使いますが、木自体に防蟻処理はしてないそうです。
シロアリ対策は別にします。

やり直してもらうか悩みます。

お礼日時:2015/06/03 17:58

根太を変更してもコスト的に大したことないので変更したほうが”心の健康”にいいでしょう。

心に引っ掛かる家では悔いが残ります。愛着も失せます。

>米松は腐りやすいから

木材が腐るのは水濡れ(雨漏り(屋根、壁、窓)、壁内結露、排水管からの水漏れ、浸水)が原因です。乾燥木材は腐りません。雨漏りしたり結露する家は家として論外でしょう。
米松はヒノキに比べてシロアリに食われやすいそうです。日本のシロアリはべた基礎であり、家の周りや地下に木材が埋まっていなければシロアリ対策になります。最近増えてきた厄介なアメリカカンザイシロアリ(木材むき出しの農家造りで10年持たずに解体したという事例をTVで見ました)は木材むき出しの軒や柱、床下から直接(蟻道を作らない)侵入するようです。

>50年持つ

寿命を保つには水濡れ、シロアリ対策でしょう。定期的に点検、補修すれば100年以上持つ家だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。
土台が桧だったので、てっきり床関係は桧…と勝手に思ってしまいました。

今からだと、床をはがす手間賃と桧の変更オプションがかかるらしいです。桧の方がいいとは思うのですが、米松でも問題はないと言われます。
実際に、米松の根太を使用している家も多いと思うので。

”心の健康”のため、とのことですが、米松でも、水漏れやシロアリ対策さえしていれば、問題はないのでしょうか?

家は長期に住んでみないと分からないので、本当に困っています。

お礼日時:2015/06/03 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米松と杉で迷っています

新築を地元の工務店にお願いしようと思っています。
工務店の社長より「地域型住宅ブランド化事業」を使えば、国から100万円の補助金が出るとの話を聞きました。
使用する木を「米松」から「杉」に変えた場合、どういったデメリットがあるのでしょうか?
強度(粘り)は松の方が強いとは聞きました。
杉に変えたとしても、強度は松と同等にしてくれるそうです。(例えば松で30cm必要なら、35cmの杉を使ってくれるそうです)
なので、材料費は少し上がるそうです。

また、この制度を使えば「長期優良住宅」がついてくるらしです。
私自身、この長期優良住宅のことを良く理解していません。
どんなメリットがあるのか教えて下さい。

米松から杉に変更した場合のメリットとデメリット。
長期優良住宅のメリットとデメリット。
どちらかだけでも分かる方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長期優良住宅のメリットはその名の通り家が長持ちします。その分費用がかかるが融資と減税で優遇を受けられることです。デメリットは費用だけです。是非、長期優良住宅を建ててください。工務店で詳しく聞いてください。この住宅を勧める工務店なら安心です。

次ぎに米松と杉の件です。指摘のとおり米松の方が強く、外材の中では良い木材です。米松の欠点は松の名が付いているようにヤニが多いので見える部分には使いづらいことです。真壁和室には使えません。現し梁・桁も見栄えが悪い。

杉の良いところは木目と温かみです。強度面では心材と言って年輪の中心のところを柱に使うことです。中心は赤いので赤杉とも言われ、すぐに分ります。これだと柱に使っても安心できます。

杉にして太くするといっても、柱は105角と120角などの規格ですので、120角柱にしてもらえるならさらに安心です。土台・梁・桁・胴差も120幅になります。梁・桁などはさらに厚みを増やすことができます。赤杉で120角柱ならまったく問題はありません。120規格で建物を造ると両側合わせて30mm空間が狭くなります。

檜も国産材でもっとも優れた木材なので、併用できると良いのですが。柱はなんといっても檜です。檜なら105角柱で十分です。

長期優良住宅のメリットはその名の通り家が長持ちします。その分費用がかかるが融資と減税で優遇を受けられることです。デメリットは費用だけです。是非、長期優良住宅を建ててください。工務店で詳しく聞いてください。この住宅を勧める工務店なら安心です。

次ぎに米松と杉の件です。指摘のとおり米松の方が強く、外材の中では良い木材です。米松の欠点は松の名が付いているようにヤニが多いので見える部分には使いづらいことです。真壁和室には使えません。現し梁・桁も見栄えが悪い。

杉の良いところは木目...続きを読む

Q梁材として欧州赤松と米松どちらがいい?

今検討しているハウスメーカーの梁が欧州(ロシア、スウェーデンなどの寒い地域)の赤松なんです。他のハウスメーカーは全て米松です。
赤松のメーカーに言わせると米松より赤松の方がいい材料だといいますが、ネットで木の値段を見ると米松の方が高いんです。
赤松、米松それぞれ同じ木でもランクがあると思うから、それによってまた違うのでしょうか。
話が違いますが赤松なら国産が一番いいのでしょうか?
ハウスメーカーは自分のことろが一番いいっていうので、言ってることがみんな違うしわからないので、教えてください!

Aベストアンサー

米松の方が良いと思います。一番良いのは地松だと思いますが、日本の風土に合った木が最高です、(梁、桁、母屋、束)など構造材を見出しにして内地の杉でやる方法もあります。ハウスメーカーだけでなく在来工法で大工さんにも聞いたらどうですか。

参考URL:http://park7.wakwak.com/~kanoukentiku/sekkei.htm

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q構造で使うなら集成材か無垢材か

一般に無垢材のほうがいいというのは知っています。
ネットで調べましたし、工務店巡りでも色々聞かされました。

ある工務店で、

「構造体(柱・梁)は、うちは集成材を使ってます」
「集成材のほうが、強度もあって、経年変化も少ない(伸び縮みしない)」
「コストで選んでいるのではなく、総合的に性能が良いので集成材です」
「ご希望とあらば、無垢材でもやります。値段は、10-20万高くなる程度です。だけど、お勧めは集成材」


といわれました。
隠す雰囲気もなく、割と自信たっぷりに言ったので、
少しびっくりしてしまいました。

一般には、無垢材がいいってことになっていますが、
集成材のほうが良い、って本気で言っている人いるんですか。

計測値でも、集成材のほうが強度が出るとかいう話もあるし、質の悪い無垢より
質の高い無垢のほうがいいだろうし、いろんな意見はあると思います。

一概には言えないかもしれませんが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

乾湿繰り返しによる耐久性について説明します。
集成材が盛んに使われ始めた数年前に集成材と乾燥無垢材を屋外に雨ざらしして放置したら、集成材のみに接着部分にヘヤークラックのような剥がれが認められるとの報告を複数見たことがありました。木材が濡れて膨張し乾いて縮む作用を何回も繰り返すことで接着部分が剥がれてきているのです。実際には雨ざらしにはならないだろうが、結露が発生する場所に使うと起こりえる現象です。集成材は接着部分が剥がれると強度は激減します。

Q土台に使われる木について

家の建替えを検討しているます。在来工法で検討している
のですが、土台に使う木に
あるホームメーカーでヒバの木を使うと言われました。
私の住んでいる関東(東京)では、檜が一般的に良く
知られているのですが、木材としても強度や、シロアリ
の対策など考えた時に、どちらも大きな違いは無いので
しょうか?(集成材になると思いますが、、、)

また、木材の価格などは、やはり檜のほうが割高になる
のでしょうか?

Aベストアンサー

あまやんです。
青森ヒバは構造材や土台として、腐敗しにくくシロアリにも強いと言う優れた特性を持っています。ヒノキよりもグレードとしては上、という感じです。
しかし、同じヒバでも、アメリカ産の米ヒバは、全く別物で、日本の気候にもあわないため、シロアリが発生しやすいです。米ヒバは防蟻材を塗ったりする事も多いのですが、健康には当然よくなく、また効果も10年~20年くらいです。
ですから、ヒバを使われるなら、是非青森産の国産材をお勧めします。あと、栗も土台には最高の素材ですが高価です。ヒノキも国産材はおすすめ。
逆にやめておいた方がいいのは、米ツガや、北欧産のホワイトウッド。非常にシロアリに弱く、したがって有害な防蟻材も大量に塗られています。大手のハウスメーカーでも、ほとんどがこういった輸入材を使っていることが多いのは残念です。
値段は、ヒノキよりは青森ヒバの方が割高になる、という感じですかね。
あと、基礎のコンクリートと、土台の木の間にはさみ、床下換気を行う「ねこ土台」の材質にもこだわってみて下さい。きっとよい家ができると思います。

Q畳からフローリングにリフォーム。根太がそってまがる

畳⇒フローリングのリフォームに初挑戦中です。
畳をはいで現れたコンパネ上に、ホームセンターで調達した根太(45mm角ベイマツ乾燥材)を根太ボンド+釘で固定しようとしましたが、根太の自然なソリやマガリの為、平らなコンパネ上に根太をピッタリくっつけるのに予想以上に苦労しています(75mmのスクリューネジをコンパネ(+下にある元の根太)に打ち付けて押さえこむ感じ。50cm間隔で釘を打っても根太のソリを押さえつけるのが必死です)。
いろんなリフォームのサイトを見ても、根太の設置で苦労するような事は載っていないので、私が何か間違っているのでは? と思うのですが、いかがでしょう? 
根太は長さ2.5mほどのものを13本取り付ける予定ですが…別の方法が良いでしょうか? アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

<根太を諦めて、コンパネを重ね敷きした上にフローリング床材を並べるのはNGでしょうか?>

お答させていただきます。
今までしたことがありません、が・・NGかどうかのご質問につきましては決してNGでは無いと思います。

例えば、根太に普通合板貼り12ミリの場合に、強度を上げるために普通合板12ミリの2枚貼りは良く行う方法です、私くしどもでは、官公庁の内装工事も行っていますが、工事仕様にこの『普通合板12ミリ2枚貼り』という仕様がございます、しかし、根太を使わずにすべて合板にしようとしますと、普通合板12ミリ3枚にベニア9ミリを貼ると確かに45ミリの厚みはできますね。

ところで、フローリングを購入前でしたら、一つとても簡単な方法があるにはあります。
ご参考に一度お考え頂ければ良いと思いますが・・・
まず畳ですが、本畳を敷かれていたのでしたら、通常は50ミリだったと思います、そうすると畳寄せが55ミリですから、床を上げる寸法はこの畳寄せの55ミリで良いと思います。
方法としては、床合板の上に、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。
もしフローリングが15ミリのものでしたら、3ミリベニアを止めます

スタイロフオームもホームセンターで販売されていますので入手は簡単だと思います。(カッターナイフで簡単に切れますので施工も簡単です)

この方法はインタネットで『ネダフォーム』もしくは『ネダマット』で検索して見てください、施工方法も載っているサイトもありますので、
ネダマットは残念ですがホームセンターでは入手出来ませんので、スタイロフォームを代わりに使用します、固定方法は、木工用ボンドか根太ボンドで固定出来ます。
この方法も実はかなり古くから『断熱床工法』として店舗の床や公営住宅などで採用されている方法ですので、実績はかなりあります。
この場合の、フローリング材ですが、<根太用>では無く、<直張り用>のものが宜しいようです、根太用のフローリングでも直張りできるものもご在ますので、一度購入店でご確認してください。

<根太を諦めて、コンパネを重ね敷きした上にフローリング床材を並べるのはNGでしょうか?>

お答させていただきます。
今までしたことがありません、が・・NGかどうかのご質問につきましては決してNGでは無いと思います。

例えば、根太に普通合板貼り12ミリの場合に、強度を上げるために普通合板12ミリの2枚貼りは良く行う方法です、私くしどもでは、官公庁の内装工事も行っていますが、工事仕様にこの『普通合板12ミリ2枚貼り』という仕様がございます、しかし、根太を使わずにすべて合板に...続きを読む

Q集成材は 湿気と シロアリに弱いと聞きますが。

教えて下さい、ほとんどの建て売りの柱は、スプルースか オオシュ―赤松の集成材と言う材木を 土台にはR.Wと記されてました。構造材には余り向いてないと聞きましたが、購入しても大丈夫でしょうか、
本当は地元の工務店で 注文建築が良いんでしょうが、今は注文ハウスメーカ―や 建売業者に押され 地元の工務店も建て売りの仕事をしています、注文ハウスメーカーの構造材も スプルースという集成材を使ってると聞きますが それほど良くない材質なのでしょうか。
又 ツ―バイフォーの構造材も同じなのでしょうか 何処のハウスメーカーも うちが一番と言う話し
しかしません、安心出来るメーカ―の見分け方等ありましたら教えて下さい               沢山お金を出せばよい家が出来るのでしょうが?.....

Aベストアンサー

■現在日本の木造住宅に使用されている柱は北欧のホワイトウッドの集成材か欧州赤松の集成材で、ツーバイフォー建築に使用されている木材もSPFと呼ばれるカナダ産の似たような材質の白い木です。これらの材料の特徴は強度があり、狂いが少なく、価格も安く、さらに工業化された製品ですので品質も安定しています。欠点は腐りやすい。シロアリに弱いということです。
■ここで腐りやすいか腐りにくいかと言う比較は、屋外のデッキのようなところにつかった場合に、これらの木は2年で腐りだすのに対して、国産の杉であれば4年は大丈夫で、国産のヒノキであれば7年は大丈夫と言うレベルです。
■集成材は複数の木材を接着剤で固定して、強度アップと寸法安定性をアップした材料ですが、これと腐るのとは関係がありません。
■住宅の耐久性があるかどうかは、そこに使われている木材がどうこうと言うより、住宅が腐りやすい状態かどうかが最も大きなポイントです。つまり、腐りやすい材質の木材を使っても、壁の中で結露しなければ100年の耐久性はありますし、腐りにくい材料を使っても壁の中で結露が起きるような構造であれば10年も持ちません。
■何百年も経過した古民家の梁は松の丸太を使っていますが、あれも非常に腐りやすい材質ですが、雨がかからない状態になっているから腐らないだけです。
■シロアリに対してもっとも材質的に有効な方法はシロアリに強い木材を使うことよりも、防腐防蟻剤が加圧注入されている材料を使っているかどうかで、それよりももっと有効な方法は地面が土間コンクリートであるかどうかです
■現在ほとんどの在来工法はプレカットされていますので、大工の腕のよし悪しの差はつきません。それよりも、壁の中で結露がおきないように、しっかり工事がされているかどうかの構造より後の作業工程がちゃんと管理されているかが重要になります

■現在日本の木造住宅に使用されている柱は北欧のホワイトウッドの集成材か欧州赤松の集成材で、ツーバイフォー建築に使用されている木材もSPFと呼ばれるカナダ産の似たような材質の白い木です。これらの材料の特徴は強度があり、狂いが少なく、価格も安く、さらに工業化された製品ですので品質も安定しています。欠点は腐りやすい。シロアリに弱いということです。
■ここで腐りやすいか腐りにくいかと言う比較は、屋外のデッキのようなところにつかった場合に、これらの木は2年で腐りだすのに対して、国産の杉であ...続きを読む

Qウッドデッキに使用する木材について

家の庭へウッドデッキ作成を検討しています。

既に自力で設計図は作成したのですが、
最後に使用木材で悩んでいます。

なるべく安く上げたいのですが、
ホームセンター等で売っている『ホワイトウッド』は
耐久性が非常に低く、防腐材を使用しても
3年~5年で駄目になるとネットや本に書いています。

かといって、ウリン等のハードウッドを購入するほどの
予算もありません。

そんな中私が今考えている案は次のようになります。

    柱:ホームセンターで杉を購入(何の杉かはよくわかりません)
(別途防腐材を塗る)
フェンス:ホームセンターでホワイトウッドを購入
      (別途防腐材を塗る)
上記以外の床板、根太等:ネットでウェスタンレッドシダーを購入

私としては、10年程もってくれればいいかなと考えています。

上の選択で10年もちますでしょうか?

(10年後には違う形を作り直してもいいかなと・・・
 また、フェンスも5年後には子供も少し大きくなるので
 なくしてしまってもいいと考えています。)

また、ウェスタンレッドシダーにも防腐材は塗った方がいいですか?

どなたかご教示下さい。

家の庭へウッドデッキ作成を検討しています。

既に自力で設計図は作成したのですが、
最後に使用木材で悩んでいます。

なるべく安く上げたいのですが、
ホームセンター等で売っている『ホワイトウッド』は
耐久性が非常に低く、防腐材を使用しても
3年~5年で駄目になるとネットや本に書いています。

かといって、ウリン等のハードウッドを購入するほどの
予算もありません。

そんな中私が今考えている案は次のようになります。

    柱:ホームセンターで杉を購入(何の杉かはよくわかりません)
...続きを読む

Aベストアンサー

腐食としては・・・
イペ、ウリン>ウエスタンレッドシダー>杉>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイ材)という順番ですね。
値段としては
イペ、ウリン>杉>ウエスタンレッドシダー>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイザイ)ですか・・・

以上の事を踏まえて
柱、大引等腐食しやすい(交換しにくい)場所にはウエスタンレッドシダーを使用して、床、フェンス等にはホワイトウッド、SPF材を使用すればいいのではないでしょうか。

ウエスタンレッドシダー
無塗装で5~10年程度腐食はしません。
施工性も良いし香りもよい。
ただ、柔らかいので強度的には少し劣りますが、デッキ材としてはなんの問題もない程度です。
なので、ウエスタンレッドシダーで柱、大引を使用することを強くお勧めします。(お金があればイペ、ウリンです^^;)

杉は、高価な上にあまり防腐効果は期待できません。
確かに杉には多少の防腐効果はありますが、杉の赤身の部分の事で、ウエスタンレッドシダーほど期待はできません。

一番安い松、ホワイトウッド、SPFは
デッキの取替えやすい床板、フェンス等には使用してもいいと思います。
自分で防腐処理して3~5年程度はもつと思います。
(見た目を重視する方はやめたほうがいいです。(きっぱり!))
1年過ぎた頃から少しずつ朽ちてきますww

ウエスタンレッドシダーに塗装はしたほうがいいと思います。
何せ無塗装だとすぐに色あせてきます。
防腐効果を期待というより景観という意味合いで塗装をすることをお勧めします。
どうせ床材、フェンス等の木材に防腐剤を塗るのですから、わざわざ他の着色塗料を購入する必要はありませんよ。
防腐剤のほうが少し割高かもしれませんが、わざわざウエスタンレッドシダーのために同色の塗料を購入するほうが高くつきます。

参考までに^^

腐食としては・・・
イペ、ウリン>ウエスタンレッドシダー>杉>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイ材)という順番ですね。
値段としては
イペ、ウリン>杉>ウエスタンレッドシダー>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイザイ)ですか・・・

以上の事を踏まえて
柱、大引等腐食しやすい(交換しにくい)場所にはウエスタンレッドシダーを使用して、床、フェンス等にはホワイトウッド、SPF材を使用すればいいのではないでしょうか。

ウエスタンレッドシダー
無塗装で5~10年程度腐食はしません。
施工性も良いし...続きを読む

Q【すみません至急お願いします】間柱にホワイトウッドはありですか?また間柱と管柱の違いは何ですか?

お世話になります。

在来工法で新築中で12日に上棟を迎えます。
本日現場に木材が搬入されており,納品書には
「通し柱 桧」
「間柱  ホワイトウッド」となっておりました。

工務店から請負契約時に受領した仕様書の中の構造材欄は「間柱」の文字は無く,「管柱 桧KD」となっておりました。

(1) これはコストダウンのため,桧→ホワイトウッドになったことでし ょうか?
(2) 間柱と管柱はどうちがうのでしょうか?
(3) 間柱にホワイトウッドを用いるのは好ましくないことでしょうか?
  (ホワイトウッドは悪評が多いようなので)
(4) 仮に(1)がコストダウンのためであった場合,事前に申し出があるべ きかと思いますが,上棟式間際となった状況で工務店にはどのような 対応をしたらいいのでしょうか?

着工からこれまで基礎の施工についていろいろとトラブルがありました。
そのため,工務店の費用が増加している事実は確認しております。

よくばりな質問ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プレカット工場の技術を担当している者です。

間柱は構造材ではなく、ホワイトウッドの間柱がよく使われる物との
認識は他の回答者様が言われている通りです。
地域にもよると思いますが、私が担当(東海地方)する物件では、
間柱に関して、5割以上の割合でホワイトウッドを使用しています。

なお、構造材で無垢のホワイトウッドはまず使用しませんが、
ホワイトウッドの積層材(EW材)は柱や梁として普通に使用されています。
なお、強度的にも無垢の米松材よりもホワイトウッドの積層材が上です。

Q「3寸半角の柱」と「4寸角の柱」について

お世話になってます。
素朴な疑問です。
木造軸組工法で建てた家で「3寸半角の柱」と「4寸角の柱」があったとします。
それぞれが同じ素材だった場合、当然「4寸角」の方が太くて丈夫で・・・って言う
イメージが素人感覚で思うのですが、具体的に何がどれだけ違いとなって出てくるのでしょう?
強度か、耐久性か、耐震性か・・・。
大工さん曰く、べらぼうに太い柱は逆に地震とかで折れやすくなると言ってたので気になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下の#2の方や#3の方の回答で充分と思いますが、ちょっとだけ付け加えます。

まず、3.5寸角(105mm)の材木の断面積は12.25平方寸であるのに対して4寸角(120mm)の断面積は16平方寸です。つまり、4寸角の方が3.5寸角に対しておよそ1.3倍の面積を持ち、それだけ強さ(強度も耐久性も耐震性も)に差があります。これが5寸角(150mm)であれば3.5寸の2倍以上の断面積となります。これに対して材木の値段は当然ながら太い方が高いわけです。

また、太い方が折れやすいということについてですが、昔のお城の天守閣などの柱を見たことがありますか?当然に1尺以上ですね。それは例外としても、ちょっと古い農家などは柱が5寸角などというのはザラにあります。それにもし太い柱が折れやすいというなら、#3の方のおっしゃるように本格木造注文住宅で5寸角を使うのはおかしいと思いませんか?わざわざ、折れやすい弱い家を造るのでしょうか。

では何故、今の建築で3.5寸角が一般的であるかというと、それは単にギリギリの強度のものを使って、安く家を建てるためです。同じ値段で請け負っているなら材料が安い方が、それを建てる大工の儲けが大きくなります。もちろん、材料費の上乗せがあるなら文句は言わないでしょうが、同じ値段なら原価の安いものを使おうとするのは当然のことです。

ちなみに手元のやや古い資料(1997年)ですと、檜で無節(最上級です)の長さ6mの柱1本の値段は、3.5寸角で68800円、4寸角で89900円となっております。格が落ちて1等の材木ですと、3.5寸角15200円、4寸角19900円となっていて、断面積にほぼ比例しています。

結論として言えば、5寸角ぐらいまでなら太い方が丈夫である可能性が高く、柱の太さは家全体のバランスと材料費の値段との折り合いで決まるということでしょうか。

下の#2の方や#3の方の回答で充分と思いますが、ちょっとだけ付け加えます。

まず、3.5寸角(105mm)の材木の断面積は12.25平方寸であるのに対して4寸角(120mm)の断面積は16平方寸です。つまり、4寸角の方が3.5寸角に対しておよそ1.3倍の面積を持ち、それだけ強さ(強度も耐久性も耐震性も)に差があります。これが5寸角(150mm)であれば3.5寸の2倍以上の断面積となります。これに対して材木の値段は当然ながら太い方が高いわけです。

また、太い方が折れやすいということにつ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング