FX初心者です。  たいへんこまってます。  外資ジャパンでネット取引をしています    よく理解せずに、遊びで始めたのですが  最初の1週間程は、一日、二、三千円程の   利益が出て、なんだ!簡単なんだと、 調子にのり、だんだんと金額をふやし 全財産を投入しました。 ドル、円取り引きです。 そのつど、ドルがあがれば円を買い、円が 下がれば、ドルを買い、金額は、たいしたことないのですが確実にプラスになるので 買う金額も増やしました。  そのとたんに、急にドル高になってしまい。 また下がるだろうと放置していました。 しかし、さがりません。  保証金不足になり、、、、駆けずり回り保証金不足ぶんは、なんとかよういしました。 ですが、ドル高が進めば、また同じ事に、 なるのではと、持っているポジションは売りのドルだけです。122円代です。    そこで質問です。 取り引き開始時に、もうドルは手放した方が良いのでしょうか?  もう少し様子を見た方がいいのでしょうか? ノイローゼに、なりそうです。  お知恵をお貸しください。お願いします。

質問者からの補足コメント

  • 本当にに反省してます。 

    そんなに世の中うまいことはないと、おもっておりましたが、

    まんまとハマりました。

    何処か初心者に、温かいサイトがあれば教えていただけませんか?

    いろいろみていますが、結局は証券会社の勧誘サイトに辿りつくので、

    今はザイをみております。これは、見たほうがいいというものがあれば、よろしくとねがいします。

    とにもかくにも、取り引き開始時に全部手放したほうがよさそうですね。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/07 22:02
  • そうですね。 

    もう、取り戻そうとはかんがえておりません。

    ちょっとでも、ドルがさがり、その時に、全て処分しようとおもっておりすが、

    それさえも、甘いかんがえのようですね。

    今回は自分のいい加減さを本当に身にしみました。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/07 22:06

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

損切しない派なので自分は120円のショートを持っています。


(当然低レバで、保証金には余裕があります。)
助けて下さい、と言われても、全財産を投入してしまったところで大きな間違いを犯しているのですよね。
自分はこのまま永遠に上がり続けるとは思わないのでショートも保持したまま少しずつロングで稼いでますが、もう余裕がないのであれば諦めて決済するか、ロスカット覚悟で待ってみるかのどちらかです。
確実な答えは誰も持っていません。
ノイローゼになりそうなら一度決済して頭を冷やしましょう。
普段の生活に支障を及ぼすことになったらもともこもないですからね。
FXは博打だとご承知おきください。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

助かったね、おめ!


 ええっ?もう損切りしたん?
    • good
    • 1

;ω;

    • good
    • 1

No.2です。


初心者に温かいサイト、とのことですが、いろいろなサイトを見ていらっしゃるのですよね。
その中で、余剰資金でやるべきという記述はありませんでしたか?
誰でも確実に勝てる方法なんて存在しませんので、「こうすれば勝てる」みたいなサイトは参考程度にしておいてください。(だって誰かが勝てば誰かが負けるのがFXです。全員が勝つことはありません。^_^)
初心者に温かいサイトとは、FXの危険性と、気をつけるべきことがきちんと書いてあるサイトです。
ほとんどの証券会社のサイトで記載されていると思いますが、もし読んだことがなければこちらのサイトなど覗いてみてください。
http://fxmatome.main.jp/category19/
    • good
    • 0

株もそうですが、投資は余裕資金やらないダメです。


ましてや自己資金以上の投資は絶対ダメです。
私は、株しかやりませんが、買った株がどんなに下がっても気にしないしそのままです。
それは、余裕資金だからです。
アベノミクスのおかげで、半分以下になった銘柄に含み益がでているものもあります。

>もう少し様子を見た方がいいのでしょうか?
余裕ないなら処分するしかないでしょう。

http://www.lfx.jp/

>ノイローゼに、なりそうです。
過去をいくら悔やんでもどうにもなりません。
無駄な努力はしないほうがいいです。
とにかく前を見ることです。

今回のことは、貴方も書いているように「調子に乗るな!」というメッセージです。
まだ、今なら間に合います。
今後、FXはやめたほうがいいでしょう。
FXは忘れて、今生きていることに感謝すること、そして、人のためになることをしましょう。
そうすれば、やがてまた運は良い方向に向かいます。
人生てそういうものです。

あと、トイレ掃除をしましょう。
トイレ掃除をしっかりしていると金運も上がってきます。
これ本当です。
    • good
    • 2

素朴に一つ気になったわ!


全財産って幾らなん?
数千万なら焦る気持ちも判りまっけど、数十万やったら…
惨めな話でんがな。
    • good
    • 5

>取り引き開始時に、もうドルは手放した方が良いのでしょうか?  もう少し様子を見た方がいいのでしょうか?



NO2さんの書かれたとおり、確実な答えは誰も持っていません。無責任に記すわけではありませんが、ご自身が、現在がドル円の上限と思えばポジションを持ち続ければ良いでしょうし、まだまだ上昇すると思えばロスカットという判断になると思います。

自分なら、多少の下落は見込まれても、トレンドとして上昇と思うのであれば、即座にロスカットします。NO2さんの書かれたとおり、一旦ロスカットをして、冷静な目で相場を見返した方が効率的と思うからです。厳しいことを書くようですが(上昇トレンドと思うのであれば)、死んだ子の歳を数えても始まらないように感じます。
    • good
    • 0

そんなことでノイローゼになるんだったら、


ばっさり損切して、もうやめなさい。
損を取り返そうなんて考えてはだめです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

QFXについてです。 超簡単に言うと、 1ドル100円の時にドルを買って、 1ドル120円の時にドルを

FXについてです。
超簡単に言うと、

1ドル100円の時にドルを買って、
1ドル120円の時にドルを売れば
20円の利益が出るってことですよね?

Aベストアンサー

1ドル100円で買い、120円で売ると、20円得。
でも、
1ドル120円で買い、100円で売ると、20円損。

100円で買って、期限までに値が上がらないと、
損する値で売るしかない。
期限が来る前に、値が下がると、追加証拠金払わないといけない。

当てが外れると絶対に損が出る仕組みです。

Qレアルドル、元円、ドル円など通貨対通貨とは何ですか

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

例えば数値はありえませんが、1レアル=1ドル、1元=1円、1ドル=1円というようなことでしょうか?
例えば、レアルドルを円換算してくれと言われた場合、どうやって計算するのでしょうか?
それと何を意味するのでしょうか?
バカな自分でも理解できるようにご教授お願い致します。

Aベストアンサー

相対関係を表すのです。

例えばドル円は、「ドル:円」の関係、つまり、「1ドルを何円で買えるか」、ということです。今だと103円。つまり103円払えば、1ドルを購入することができます。

逆にいえば円ドルだと、「1円を何ドルで買えるか」なので、概ね0.97ですね。

「レアルドルを円換算」は「レアルをドルに換算を円換算」という意味になってしまうので、不自然な用法です。(厳密に言えば「レアル円」ですが。)

ご回答になれば幸いです。

Qドル/円とドル/ユーロとユーロ/円をどう組み合わせればいいの?

 こんにちわ。今為替FXを勉強中です。あるブログでドル・ユーロ・円の組み合わせ次第でリスクをほとんど0にできると書いてあったのですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?実際そんなことが可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うと不可能です。

あるブログというのはT先生のブログだと思いますが、彼の見通しは「円安」。

その見通しを前提にすればNo.1の方のポジションで、ほぼノーリスクでスワップを享受できることになります。
10万通貨ずつのポジションであれば、毎日1000+700+600=2300円がもらえます。
10日で23000円
100日で230000円
300日で690000円です。

しかし、その理屈の前提である「円安」が間違いであればどうなるでしょうか?
No1の方のポジションではドルとユーロの変動リスクはたしかに吸収されることになりますが、
円の変動リスクはモロに受けることになります。

20万通貨で円の変動を受ける訳ですから、
1円で20万円
2円で40万円
3円で60万円
4円で80万円
のリスクにさらされることになります。

ノーリスクとは到底言えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報