出産前後の痔にはご注意!

自分法学部の1年生です。レポートの課題が出されたのですが初めてなので書き方が分からず、範囲も漠然としているために(民法と関わっているのならどんなテーマでもいいそうです)どのように書けばいいのかが分からない状態に陥っています。
60年前の新生児取り違え(東京地裁が2013年11月26日に判決を出したものです)についてのレポートを書こうと思い、論文や雑誌の記事はいくつか集めたのですが「これは民法のレポートになり得る題材なのか」という不安でいっぱいです。
本件訴訟における損害賠償請求の根拠条文(民法709で訴えたのか民法415で訴えたのか)や、民法772条の1項(妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する)と絡む事件でもともと興味があったのと、映画「そして父になる」でも話題になったので作りやすいと思ったのですが、題材を変えた方が良いでしょうか?変えるとしたら、どのような話を題材にしたらいいでしょうか?
長くなってしまったのでまとめると

1、赤ちゃん取り違え事件を民法のレポートのテーマにして大丈夫か。テーマにできないならどのようなテーマでレポートを書くべきか
2、良いレポートの書き方、構成
について教えて欲しいです!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法律家です。

かつて学生に教えていました。
「これは民法のレポートになり得る題材なのか」という不安でいっぱいです。とありますが、そうかもしれませんね。
なぜなら、赤ちゃんの取り違えは事件であって親子関係の推定などという法律の効力に関するものではないからです。事実認定の問題ですから事件のレポ-トとしては面白いかもしれませんが、法律問題としては一定量書くための素材になりにくく、それで苦労するかもしれませんね。
 私は学部一年の時、講義のレポ-トではなく論文募集で民法90条の解釈の変遷について書いた記憶があります。「公序良俗」ですが、言葉は民法制定当時から変わっていないものの、与えられる意味が随分変わりましたから、それを書いたと記憶しています。今なら、闇金融とか高金利などは書きやすいかも知れませんね。
 町の金融屋、つまり金貸しは「2時55分の銀行」と言われていて、銀行のシャッターが開いている三時までに当座預金に金を入れないと手形を決済出来なくなる人などが高金利を承知で最後に借りるところです。昔も今も蛇蝎のように嫌われながら必要悪のように生きているのが町の金融業者ですね。最高裁も必要悪みたいなことを言ったことがあるように記憶しています。
 高金利に限らず、どのような行為が公序良俗違反とされたかは簡単に調べられるはずです。民法の判例集にも載っていますね。ところが今は公序良俗とされながら昔は必要悪のように認められ世間に認知されていたことも結構あるのです。それが、なぜ、どういう理由で、必要悪から許してはいけない悪に変わっていき、裁判で無効だとされ、警察沙汰にもなるようになったのか、というようなことを調べて書かれたら面白い気がしますよ。高金利という一つだけでも材料には困りません。ネットで調べるだけでも膨大な資料に出会えるんじゃないかと思います。私たちの時代は図書館に籠もるしかなかったんですから今の学生さんは恵まれていますね。   
 そして沢山ある材料から自分が一番取り付きやすいと思われるものをテ-マに選べば書けないことはないと思いますよ。ある程度の量を書く必要があったら資料の多いものにすればいいわけです。
 公序良俗が何よりも簡単なのは、難しい法理論が殆ど関係ないということです。公序良俗はA説、B説というような法理論ではなく、その時代における社会の常識の反映であることがほとんどなのです。従って難しい法理論を展開する必要が無いですね。私が学部一年で書いたんですから。
 しかし、今思い出すと、確かに書いたのは私ですが、私は「高金利について、明治時代にはこのように受け取られていたが、時代が変わるにつれて大正時代には、昭和に入ると」というように資料を引き写しただけで、最後に自分の考えを若干書いただけだったのではないかと思ったりしています。それで書けた素材というわけです。
 友人は「憲法第九条の解釈」などというとんでもないことを書いていましたが、途中、随分と困っていたように思い出します。理論は書く本人が理解していないと書けないんです。
 頑張ってください。応援しますよ。
    • good
    • 0

無理です。


あなたが一つの見解を持っているのなら別です。
法律の場合、判例の立場、通説の立場、少数説の立場を紹介し、自分はどれにくみするか、そしてその理由を書きます。
だから、自分の考えのない人には無理。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法学のレポート

私は大学生で、最近法学の授業で今まで習ってきた中で興味をもったものを~4000字で書けと課題を出されました。しかし法学のレポートを書く事は初めてなので書き方も分からないし、興味を持ったというテーマが尊属殺重罰規定(刑法200条)違憲判決(最大判昭和48.4.4)1つのみなんです。
そこで法学のレポートの書き方、上記のテーマのことについて書く場合、みなさんならどのように書くか(注意点や注目する点)(なぜこれを選んだか)(ほかの尊属殺の例)などを知りたいんです。
どのようにこのことについてどなたか教えてください。よろしくお願いします。(あと1.選んだ理由。2.結論と書く場合、どのくらいの段落に分けるのが見やすいか、分けた段落のタイトルも教えてくれるとありがたいです)

Aベストアンサー

>尊属殺重罰規定(刑法200条)違憲判決(最大判昭和48.4.4)1つのみなんです。

いいテーマだと思いますよ。
昭和48年4月4日最高裁判決は、
単に尊属を殺すこと自体に特に重い刑を課する事が違憲、という単純な結論ではなく、
・重い刑を課す事自体は違憲ではないが、あまりにも重いので違憲(多数意見)
・重い刑を課す事自体違憲(補足意見)
・違憲ではない(反対意見)
と出ており、学説はまた違う意見が優勢です(補足意見に近い)。

このあたりの整理だけでもかなりの文章がかけると思います。

はっきりとポインタが見つけられませんが、昭和25年には一度合憲判決が出ています。
(確か昭和48年の判決でも引用されていなかったかな)
これとの比較とか…。

そして、あなたの各論点への考えを書けば、いい論文になると思います。

また、この判決自体に着目して書くのであれば、異なった論点として
「違憲立法審査権のあり方」についても考えさせられる判決ですので、
こういう点に着目するのも面白いかもしれません。

んで、論文の書き方については
田島裕「法律情報の検索と論文の書き方」丸善
あたり読んでみてはいかがでしょうか。
古い本ですが、今でも出版されているくらいですから、名著だと思いますよ。

法学部の図書室ならあるんじゃないですか?

>尊属殺重罰規定(刑法200条)違憲判決(最大判昭和48.4.4)1つのみなんです。

いいテーマだと思いますよ。
昭和48年4月4日最高裁判決は、
単に尊属を殺すこと自体に特に重い刑を課する事が違憲、という単純な結論ではなく、
・重い刑を課す事自体は違憲ではないが、あまりにも重いので違憲(多数意見)
・重い刑を課す事自体違憲(補足意見)
・違憲ではない(反対意見)
と出ており、学説はまた違う意見が優勢です(補足意見に近い)。

このあたりの整理だけでもかなりの文章がかけると思います。

はっ...続きを読む

Q法学のレポートテーマ

法学のレポート書かなくてはいけないんですが、
裁判員制度とかって書きにくいですかね?

なんかいいテーマありますか?

法学部じゃないんでがっつり法律の授業をしていないです。
ホームレスとか難民の人のドキュメンタリー見るぐらいの感じです、

で、レポートでは法的側面も書かなくてはいけないのですけど
裁判員裁判の場合、法的側面ってなんでしょうか?

バカで無知な質問ですがお願いします。

Aベストアンサー

> なんかいいテーマありますか?

 私なら、時節柄「選挙制度と一票の格差」について書きますね。

 というより、書きたくてうずうずしているんですが、一介の法学士が論文を書いたって誰も読んでくれないもので。

 A地区で1人当選させるなら、5倍の人が住んでいるB地区なら5人当選させるべきで、B地区でも「1人当選」というのは法の下の平等に反する、というわけです。

 で、5人当選させるべきB地区で訴訟をおこして、違憲無効判決を得て、当選した人の当選を無効にして、5人当選させるべきB地区の当選者をゼロにしてしまう、もっとひどい状態にするというのは私には納得がいきません。

 違憲状態だけど合憲だ、という意味も不可解です。

 A地区で訴訟をおこしても同じです。

 このテーマなら資料は山ほどありますよ。
 

Q民法に関する卒論

こんにちは。そろそろ卒論の時期で、ゼミが民法に関するものなので
それに従った卒論を進めていこうと思っています。

・・・が、何分初めてなもので分からないことだらけです。
自分の興味があるテーマで題材を選ぶ、という段階で躓いてしまっています。
とりあえず民法の中でも親族や家族法が好きではあるので(というかほかの方面が全然分からない)
・熟年離婚の増加傾向と金銭面が与える影響
・夫婦別姓の動き
みたいな感じで進めていこうと思うのですが(というかこれが民法に沿ってるのかすらよく分かってないかも・・・)
私は音楽が好きなので、音楽と民法を絡めた題材があれば書きやすいと思っているのですが
何か題材などはありますでしょうか?経験のある方など、ぜひ宜しくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

下のサイトで興味ある分野、言葉で検索してみて下さい。
入会しなくても、ヒントになる例が見つかるかもしれません。
http://www.happycampus.co.jp/

興味をお持ちなのが、どちらかというと社会学的な要素ですのでゼミの仲間か先生に、(法律をあまり絡めなくても良いか?)ざっくばらんに聞いた方が無難でしょうか。
歴代のゼミ論文を読ませてもらえないですか。

私自身は4年次はゼミ・卒論を取らなかったのですが、自分が興味を持ったものは調べ、書くのが楽しかったです。(刑法、犯罪、著作権、外国人労働者問題、セキュリティー、企業危機管理、医療など)
音楽というと著作権関連が思い浮かびます。

Q判例レポートについて

私は大学の法学部に通う1年です。
この連休中に判例レポートを書いてこいと言う課題が出されました。しかし、私は正直判例レポートと言うのをどういう風に書いていいかわからず、非常に困っています。正直言うと判例レポートと言うものをみた事がありません。もし、判例レポートなどが載っているサイト、または書くコツなどがあれば教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も入りたての時にレポートを書いて来いって言われて何を書いてよいのか困った事があります。

一年生のレポートだから基本的には、
その判例について調べた事を書けばいいと思います。
(まだほとんど法律を学んでいないのに下手に独自の理論を展開すると0点もらいます)

その判例が今までの認識とどう違うのか、条文のどこをどう解釈したのか、これによってよってその後にどういった影響があるのか?

本などを調べてそのことばを引用して書けば良いと思います。(出典・参考文献を明記する事を忘れずに!)

それに少し自分の感想や考えた事などを加えておくと良いと思います。


一年生ならそんなに厳しくは採点しないでしょうから、しっかり調べておけば、多少、文章的におかしくても合格点はもらえるでしょう。多分・・・

何回か書いているうちにだんだんなれまてきます。
とりあえずチャレンジしてみてください。

参考URLはあくまで参考までにです。
いきなりこんなの書けません。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/makina17/r/cccd.html

私も入りたての時にレポートを書いて来いって言われて何を書いてよいのか困った事があります。

一年生のレポートだから基本的には、
その判例について調べた事を書けばいいと思います。
(まだほとんど法律を学んでいないのに下手に独自の理論を展開すると0点もらいます)

その判例が今までの認識とどう違うのか、条文のどこをどう解釈したのか、これによってよってその後にどういった影響があるのか?

本などを調べてそのことばを引用して書けば良いと思います。(出典・参考文献を明記する事を忘れ...続きを読む

Q民法のゼミのテーマで悩んでます。

民法のゼミのテーマで悩んでます。

◎著作権と民法

◎プライバシー権(人格権)と情報開示

というどちらかでゼミの研究テーマにしようと思っています。
民法のゼミなので民法に関係あるようにしたいのですが、実際関係ありますか?

前者の著作権と民法はなにか関係はありますか?

本当に無知で申しわけないです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

追伸

教科書の民法はつまらないものです。
学校では教えられないもの、それは体系化されていないもので、学者の随筆を読むと面白いです。

日本人の法意識、民法風土記、これは学校の授業では教えてくれないことが書かれてます。

民法は、慣習を成文化したものと、悪しき慣習を排除したものと、理想とする状況を成文化したものとに分かれます。
民法における、婚姻の同居義務はどこからきたのでしょうか。
おそらく、明治時代、アシイレ婚で婚姻しても同居しない形態が多かったので立法したのかと考えてます。

婚姻による氏の変更は、婚姻しても嫁さんの実家の影響が強く、夫の威厳がなく、そこで天皇を中心とした国家形成をはかるため家父長制度をしっかりさせるため、嫁さんは氏を変更するという法律にしたのではないかと思います。
以外と今と同じで、婚姻すると嫁さんの方がえばっていて、困ったので氏を変更するという法律を作ったのではないでしょうか。
法律の条文は必要だから立法したので、立法趣旨を勉強すると、面白い展開になります。
中国は一人っ子政策のため、嬰児は殺してはいけないという条文があります。
法律に定めないとどうしようもない実情があるのでしょう。

追伸

教科書の民法はつまらないものです。
学校では教えられないもの、それは体系化されていないもので、学者の随筆を読むと面白いです。

日本人の法意識、民法風土記、これは学校の授業では教えてくれないことが書かれてます。

民法は、慣習を成文化したものと、悪しき慣習を排除したものと、理想とする状況を成文化したものとに分かれます。
民法における、婚姻の同居義務はどこからきたのでしょうか。
おそらく、明治時代、アシイレ婚で婚姻しても同居しない形態が多かったので立法したのかと考えてます。

...続きを読む

Q民法の勉強の仕方を教えて下さい。

民法の勉強の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

まずは教科書を読みましょう。

一回読んだだけでは理解できません。

何度も何度も読み返します。

読むときは、六法を脇に置いておき、必ず
条文を確かめます。
これが重要です。

条文を起点として三段論法で結論を導出し、
その結論が妥当かどうか、考えます。

妥当かどうか、ということは、こういう結論だと、誰の利益に
なり、誰の不利益になるか、それは公平か
ということです。

重要な条文は暗記出来るまで読み込みます。

忘れてはいけないのは、判例です。
重要判例には必ず目を通して覚えておきましょう。
判例百選が最適です。

覚えるのは、結論とその結論を導出する
理論過程、及びその妥当性です。
つまり、教科書の応用が判例です。


教科書、条文、判例、この三つでワンセットです。


人気Q&Aランキング