郵便ポストの設置料と電柱の敷地料は、土地を貸してお金をもらってるだけなので、非課税売上になるようです。

しかしなぜ、自動販売機設置手数料は課税売上になるのですか?
自動販売機だって郵便ポストや電柱と同じく、土地を貸しているだけではありませんか。
ならば非課税売上ではないのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。
    No.2さんの回答を見ていただけませんか。
    販売手数料であると言われていますが、どう思われますか?

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/20 20:05

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>自動販売機の管理者などがいるから課税売上ということでしょうか?


いえ、土地の貸付ではないので非課税取引ではなく、資産の譲渡等があるので課税取引だということです。

>土地の上に自販機を設置するだけなら、土地貸しなので非課税売上ですよね。管理者も何もない青空駐車場が非課税売上なのと同じですよね。
管理をしない自販機はあり得ませんから、土地の貸付にはなりません。

>また、このURLにある自動販売機手数料支払明細を見てどう思われますか?この明細を見ますと、手数料=販売数×単価×リベート率となっているようですが。
既に「手数料の算出方法が販売額に応じているかどうかに関わらず」と回答しておりますが、どのような点を疑問にお思いでしょうか。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

No.3です。



土が露出する土地であろうと、土がアスファルト舗装された土地であろうと、土地は土地です。私は、アスファルト舗装されているから土地ではなく施設である、とは思いませんけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
興味深い内容です。土がアスファルト舗装された土地であろうと、土地は土地と考えるのですね。
郵便ポストや電柱はアスファルトではなく、土地の上に立ってると考えるのですか?
確かに下記のURLの写真を見ても、アスファルトの上に立っているというより、土地の上に立っていますね。
http://kobataka1965.cocolog-nifty.com/blog/2010/ …

hinode11さんが言われる、「アスファルト舗装されているから土地ではなく施設である、とは思いません」という意味をもう少しお聞かせいただけたらと思います。
郵便ポストや電柱はアスファルト舗装の上に立っているのではなく、もっと奥深くまで打ち込んであるから、土地の上に立っていると考えるということなのでしょうか?

お礼日時:2015/08/14 21:39

No.3です。



>郵便ポストや電柱が地面むき出しの所に建てられていたら、非課税売上になると思うのですが、アスファルトなどで舗装してある場所に建てられた場合には施設の貸付として課税売上になりませんか?

その場合、課税売上なのか非課税売上なのかは、税務当局は、両者が交わした契約書を注意深く読んで判定するはずです。土地の貸付と判断すれば非課税、施設の貸付と判断すれば課税になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
契約書を読んで判断するのですね。それもそうですよね。

お礼日時:2015/08/14 21:28

自動販売機設置手数料の法的性質は、自動販売機を設置させることに対する対価であり、駐車場と同様の場所貸し代に相当するものです。

販売に対する対価ではないため、手数料の算出方法が販売額に応じているかどうかに関わらず、販売手数料ではありません。

土地の貸付ではないため、課税売上となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ATGtjafbaさんは土地の貸付ではなく、駐車場と同様の場所貸しだから課税売上と言われています。
ということは自動販売機の管理者などがいるから課税売上ということでしょうか?
土地の上に自販機を設置するだけなら、土地貸しなので非課税売上ですよね。管理者も何もない青空駐車場が非課税売上なのと同じですよね。

また、このURLにある自動販売機手数料支払明細を見てどう思われますか?この明細を見ますと、手数料=販売数×単価×リベート率となっているようですが。
http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www …

お礼日時:2015/08/14 13:02

No.2です。




>他の方の解答に郵便ポストと電柱は公共物だから非課税との意見がありますが、hinode11さんはいかが思われますか?

「公共物だから非課税」という考えはおかしいですね。その考えを支持する法的根拠が見当たりません。

郵便ポストと電柱の設置料は、土地所有者との間で土地の貸付けの対価という意味の契約があるはずであり、「土地の貸付けの対価」ならば税務当局は、郵便ポストと電柱の設置料は非課税売上だと認めます。法的根拠がありますから。

【根拠法令等】消費税法別表第一の第一号で、
「 土地(土地の上に存する権利を含む。)の譲渡及び貸付け(一時的に使用させる場合その他の政令で定める場合を除く。)」は非課税であると規定されている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。hinode11さんの回答はとても分かりやすく、勉強になります。

もう一つ疑問に思うことがあるのですが、
郵便ポストや電柱が地面むき出しの所に建てられていたら、非課税売上になると思うのですが、アスファルトなどで舗装してある場所に建てられた場合には施設の貸付として課税売上になりませんか?

これは別スレで聞いた方がいいでしょうか?
よろしければご回答宜しくお願い致します。

お礼日時:2015/08/14 13:06

例えば缶ジュースなど飲料の販売業者が、商店の軒先などに自動販売機を置かせてもらって商店に支払う報酬の金額は、一般的には、販売した缶ジュースの代金の10%とか20%という決め方をします。

毎月、1万円の定額、という決め方もあります。こういう性格の報酬を、商業の世界では販売手数料と呼びます。

「自動販売機設置手数料」というと、郵便ポストの設置料、つまり借地代をイメージするかもしれませんが、自動販売機の設置手数料は、借地代ではなく販売手数料なのです。

だから、自動販売機設置手数料は課税売上になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になるご回答です。
ポストや電柱は地代を受け取っているのであり、自販機は地代ではなく販売した手数料を受け取っているのですね。
確かに郵便ポストや電柱の敷地料は、毎回同じ金額が入金されますが、自販機の設置手数料は毎月違う金額が入金されていますね。地代ではなく販売料金に応じて手数料を受け取っているから、毎月違う金額なんでしょうね。

他の方の解答に郵便ポストと電柱は公共物だから非課税との意見がありますが、hinode11さんはいかが思われますか?

お礼日時:2015/08/12 16:37

郵便ポストや電柱は、公共物だからです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
他の方の解答を見ると、ポストや電柱の場合は地代として受け取っており、自販機は販売手数料として受け取っているから課税売上との事です。
Nissonさんはそれでも公共物だから非課税と言われますか?

お礼日時:2015/08/12 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古の自動販売機

中古の自動販売機を入手する方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

缶飲料用の自販機でしたら、(有)アサワサービスというところで入手できます。ホームページアドレスはhttp://www.asawa.co.jp/index_001.htmです。ホームページには中古機販売に関しては触れていませんが、私は去年ここで中古の自販機を買いましたので、尋ねてみてはいかがでしょう。
タバコの自販機でしたら、グリーンサービスという会社で扱っていました。連絡先は忘れてしまいましたがここもアサワサービスさんの紹介だったので、メールか電話で問い合わせをすれば親切に教えてくれると思いますよ。
自販機の操作や商品についてもいろいろ親切に対応してくれました。

参考URL:http://www.asawa.co.jp/index_001.htm

Q電柱敷地料  課税区分

お世話になります。
月末の締め処理中です。(9月分)
東京●力(株)より電柱敷地料の入金がありました。
詳細が「伐採」とあったのですが多分、土地の中の木を伐採したのかなと思います。
この場合の入金分は課税区分は何になるんですか?
普通に敷地を貸してる場合非課税だったんですが・・。
よろしくお願いします。

(仕事ですぐに返事できない場合があります。
申し訳ありません。)

Aベストアンサー

もう答えが出てるようなので、蒸し返しになりますが、敷地利用料は地代ですから消費税非課税ですよね。その上に電気会社の所有物である電柱を建てているわけですが、その電柱の状態を維持するのに必要とみなして敷地内の木か草などを伐採してしまったのでその損料としていくばくかの金銭を支払ったのではないでしょうか。対価取引で課税売上でいいんじゃないでしょうか。

Q格安中古タバコ自動販売機求む!!

背丈が、150cmほど、タバコの見本が6箱ほど入る、小型のタバコの自動販売機を至急探しています。
ですが、私は大学生の身でお金に余裕がなく、出せても5万円ほどしか出せない状態です。だいぶ探したのですが、なかなか見当たらず・・・。
現在美術大学に通っていて、卒業制作に自動販売機を使用したいと考えています。もちろん中古で十分ですのです。
どうか、情報をいただけたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お探しの自販機はよくファミレスなどの入り口に置いてあるようなタイプだと思います。
まず、結論から申し上げますと、素人の方ではほとんど無理です。何故かと言いますと、基本的にタバコの販売は免許制で、煙草販売の免許がある所、もしくは、免許人が申請をして許可を受けた所での場所でしか(出張販売と言います)煙草の自販機は置けない規定になっています。
ですから、煙草の自販機を販売している業者も限られていますし、タバコ販売の免許を持たない人には、中古といえども、業者も販売できません。
ただ使用意図が卒業製作ということなのですから、
直接自販機メーカーにアタックしてみてはいかがでしょうか。「グローリー」が大手ですが、「富士電機」「サンヨー」なども作っていたと思います。詳しい会社はネット検索でもしてみて下さい。
あと、もし幸運にも手に入れられたとしても、自販機そのものは大層重いですし、正式な販売用と違えば、配送料金も請求されることもあるかもしれませんし、不用になった時も普通の廃棄処分は出来ませんので(有料、メーカーに引き取ってもらう。粗大ゴミには出せません)
その点も考慮にいれておいたほうが良いと思います。

お探しの自販機はよくファミレスなどの入り口に置いてあるようなタイプだと思います。
まず、結論から申し上げますと、素人の方ではほとんど無理です。何故かと言いますと、基本的にタバコの販売は免許制で、煙草販売の免許がある所、もしくは、免許人が申請をして許可を受けた所での場所でしか(出張販売と言います)煙草の自販機は置けない規定になっています。
ですから、煙草の自販機を販売している業者も限られていますし、タバコ販売の免許を持たない人には、中古といえども、業者も販売できません。
た...続きを読む

Q消費税で課税売上か非課税売上か

中国から商品を仕入れて国内で販売している法人です。
中国の業者との契約で、ある商品について、販売すればその3%を紹介料として頂けます。この場合、当社としてはこの売上(紹介料)は、課税売上になるのでしょうか?非課税売上になるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

これって、委託販売手数料になるのかな。
消費税法7条の輸出免税等で非居住者に対する役務の提供
国内に支店を持たない非居住者に対する役務の提供で、国内において直接便益を受けないものは、輸出免税等に該当する。
たとえば、国内に支店を持たない非居住者(質問の場合、中国の会社)の依頼により、その会社の新商品の市場調査(委託販売)を行ったことに
受け取った手数料(紹介料)は、免税売上になります。
ご質問者の方の場合も、上に当たるのではないでしょうか。
専門家ではないので、断言はできませんが。

Q中古のタバコの自販機で雑貨やお菓子、を売りたい。 たばこの自動販売機 タバコサイズの商品

タバコは、人々に悪影響するので、販売を推進するかのように自動販売機で利便性を高める事は、社会の流れに逆行しています。
確かに、タバコ販売機を禁止する流れに世論がなってきました。
しかし、一旦、造った自販機を壊れてないのに潰すのも、製造に使ったエネルギーを無駄にする事にもなります。冷却機がなければ、消費電力も少ないので別の商品を入れて活用するのが良いと思います。

しかし、たばこサイズの商品がなかなか見つかりません。
タバコサイズの箱を1種類作れば、何でも入れられると考えたのですが、これが、結構高くつくようで、なかなか計画が進みません。

タバコサイズの商品を探しています。

他のアイディア求めます。

Aベストアンサー

また#2です。
僕の知っている福祉授産所や障害者職業訓練センターで厚紙を使って箱作成しているところには
厚紙をカットする自動機械もありましたよ。
地域によって事情は違うと思いますのでネットで検索してお住まいの地域で問い合わせしてみてはいかがでしょう。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q自動販売機の、缶コーヒー、お茶等の値段が、設置場所によって違うのはなぜですか

自動販売機では、普通は、缶コーヒーは120円で、ペットボトルのお茶(500mL)は150円となっていますが、
建物の中などにある自動販売機で、缶コーヒー110円とか、お茶(500mL)が130円とか、普通より安い自動販売機があります。
また一方、別の建物の中などの自動販売機では、缶コーヒー130円とか、お茶(500mL)が160円とか、逆に普通より高い自動販売機もあります。
どうして、自動販売機の、缶コーヒー、お茶等の値段が、設置場所によって違う場合があるのでしょうか。

Aベストアンサー

大家してます

うちのマンションでは
・玄関前の販売機は120円設定
・オートロック内は100円設定

その販売機の事業者(建物の所有者等)が勝手に設定できます

ちなみに
120円だと20円のお返し(電気代+もうけ)
100円だと電気代も出ません...(笑)。

自分で自動販売機を購入して設置している事業者のお返し(もうけ)はもっと多くなります

うちの販売機は借りています

極端な話50円で売っても言いわけです(販売店が許してくれませんが...)

ついでにも一つ裏話...

ルーレット付きの販売機の当選確率も変更できます

以前導入していた機種は0-50%まで変更できました

永久に当たらない...2回に1本当たる...(笑)。

Q会社事務所の礼金・更新料・仲介手数料の消費税の課税について

敷金の支払は、当然、消費税の課税対象外だとおもいますが、
上記の名目の費用は、すべて課税でよいでしょうか。それとも、
その中には、非課税になるものもありますでしょうか。

Aベストアンサー

会社事務所の場合は礼金・更新料・仲介手数料の消費税は全て課税仕入れとなります。
こういった賃貸契約において消費税が非課税で考えられるのは契約解除の際に返還される部分(ここでいわれている敷金=預け金)のみでしょう。
もし契約書上、領収書上、消費税が記載されていなくても消費税込みと理解してよろしいでしょう。

QEdy対応の自動販売機ってどこにあるの?

Suica対応の自動販売機は見かけたことがあるのですが、Edy対応の自動販売機は見たことありません。
田舎なんで、Edyが使えるコンビニチェーン店すら、出ていないのが現状ですけどね。
主に使うのは、ネットサービスの支払い程度です。

自動販売機をEdy対応の物に切り替える、計画ってあるのでしょうか?
タバコの自動販売機は何か、ICカードが使えそうな変な端末がついているのですが、なんでしょうか?

Aベストアンサー

誤った解答がありますがCmode対応の自動販売機でEdyを使うことはできません。独自の電子マネーを用いています。
NTTドコモの携帯で使えるクレジットiDには対応が始まっていますが。
ただ少数ながらEdy対応の自動販売機が存在することは確かです。
既出のつくばエクスプレス駅構内のほか京都市寺町のタニヤマムセンで見たことがあります。
その施設全体でEdyが使えるようになっているビルとかショッピングセンター、地下街などでは自動販売機のEdy対応が進んでいくかも知れませんが、現時点では街中の自動販売機でEdyが使えるようになるような計画はありません。

Q自動販売機販売手数料の申告漏れについて

資本金1億未満の法人で販売手数料として年間5万以下です、敷地内設置にて福利厚生目的の為電気代等を考えると実質トントン又は赤字になります。雑収入としての申告は必要でしょうか?また会計上処理は必要でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。


A.税務

過年度の決算と申告について収益の計上漏れを発見した場合は、原則として、法人税の修正申告をすることになります。

ですが、その収益の金額が些少である場合は、当期の収益として計上し、申告しても構いません。

ご質問のケースは、計上漏れの販売手数料が5万円以下であり、少額ですから、当期の収益として経理し、申告しましょう(←修正申告をしない)。

消費税についても同じ考え方です。


B.会計

◇比較財務諸表を表示している会社の場合:

当期の収益として計上しません。
過年度の財務諸表を訂正して表示します。


◇比較財務諸表を表示していない会社の場合:

計上漏れ収益が多額の場合は、過年度の財務諸表を訂正するほかありません。そして、それに基づいて法人税の修正申告を行います。
少額の場合は、当期の収益として計上します。勘定科目は「前期損益修正益」または「雑収入」とし、営業外収益の部に計上します。

ご質問のケースは、計上漏れの販売手数料が5万円以下であり、少額ですから、当期の収益として計上しましょう。修正申告は不要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング