プロが教えるわが家の防犯対策術!

月平均85000円を4カ月も超えてしまいました。配偶者控除で年103万円の月で約85000円超えないようにと言われていましたが、職場が忙しくて私自身も忘れていました。
4月からパートで働き始めましたが、夫は国家公務員で共済組合です
夫から1か月でも超えると配偶者控除から外されるかもその上、お金の返還をしなければならないかもと言われていました
今更気がついてももう遅いでしょうかどうしたらいいのか悩んでいます
パソコンも不慣れで質問も的を得てないかもしれませんが何か良い知恵を教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

扶養の条件は3つあります。


1.税金の扶養(配偶者控除等)
2.社会保険の扶養条件
3.扶養手当の条件

1.税金の扶養
年間103万以下の収入の条件は
税金ですね。

今年1~12月のあなたの収入が
103万以下ならば、配偶者控除が
適用できますが、超えても配偶者
特別控除が141万まであります。
●配偶者控除は月額は関係なく、
年間103万ならよいのです。
月9万円になったとしても
4月からでまだ45万?です。
あと4ヶ月36万としても、
81万で103万以下におさまります。

参考 夫婦と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto301. …
収入から65万の給与所得控除を
引いた金額で控除額が決まります。

2.社会保険の扶養条件
社会保険の扶養条件は130万以下と
言われていますが、
下記の収入要件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
●年間収入とは、過去における収入の
ことではなく、被扶養者に該当する時点
及び認定された日以降の年間の見込み
収入額のことをいいます。
(給与所得等の収入がある場合、
月額108,333円以下。)

つまり、
むこう1年間で130万以下
の収入ならば、OKです。

※共済組合は規定が厳しいと聞いた
ことはありますが、このペースなら
問題ないと思いますが….

参考
http://www.chikyosai.or.jp/division/short/02.html

3.扶養手当の条件
公務員の扶養手当の条件は、
2の条件と連動していると思われます。

ですので、月108,333円ぐらいまでは
条件を満たしていると思われます。

扶養手当は条件を超えたまま、受給
していると、後で発覚すると返還と
いうことになると思います。

ご主人は安全をみて85,000円と
言っているのかなと思います。

まとめると、
①税金は年間103万なのでセーフ
②社会保険も月108,333円以内なら
 セーフ。
③も②と同様と思われます。
もしかして、108,333円も超えて
しまいましたか?
それならば、ご主人に相談した方が
よいと思います。

地域によっては規定が違うかも
しれません。その場合はご了承
ください。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養控除は年間103万?一月に85000円を超えてもOK?

こんにちは。いまいちよく分からず、質問させてください。

今年から、主人の扶養枠内で働こうと思っています。
その場合、年間103万以内だったと思うのですが、もし、一月に
103÷12=85833円を超えてしまっても、問題ないのでしょうか?
私としては、年金も健康保険も主人のに入りたいと思っています。

派遣会社は年間103万だから、年末に調整すれば大丈夫と言っていました。
しかし、ネットで調べてみると、旦那の健康保険に入るには
「この先、月85833円で働く見込みのある者」とのっていました。
つまり、一月でも越えてしまうと、保険を出ないといけないという事だと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

>扶養控除は年間103万…
>今年から、主人の扶養枠内で…

税法上、夫婦間に「扶養控除」は適用されません。
「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>もし、一月に103÷12=85833円を超えてしまっても…

税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、月々の変動は関係しません。

>保険を出ないといけないという事だと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか…

両方とも正解です。
税金と社保とは、まったく別物ですので。

とはいえ、社保は税金のように全国共通したルールがあるわけではありません。
細かいことはそれぞれの会社・健保組合によって違います。
夫の会社で、

>この先、月85833円で働く見込みのある者…

かどうかは、夫に聞いてみなければ、正確なことは分かりません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養控除は年間103万…
>今年から、主人の扶養枠内で…

税法上、夫婦間に「扶養控除」は適用されません。
「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.ht...続きを読む

Q妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました

妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました。
妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的な解釈です。
ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。

>年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。

前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。
ですから年間トータルと言うことではありません。

>また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。

そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。

>あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。

その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む

Q扶養内で10万を超える月がある場合

現在、フルタイムのパート勤務・健康保険加入しています。
来年4月より、子供の小学校入学にあたり、旦那の扶養内でのパート勤務になることになりました。
収入が不定期になる予定で、
1月から3月までは月に10万程度
4月5月は、子供の帰宅が早いため、週末のみの勤務で月に4万程度
その後6月から年間103万もしくは130万までを計算しつつ働く予定です。
その旨を旦那の会社に伝えたところ、月に10万を超えないようにしてくださいと言われました。
しかし、わたしの会社で上司から、「4月5月はあまり働かないのだから、1月から3月はもっと働いてくれないか。旦那の会社には、ばれないと思う」と言われました。
そこで質問です。
私の月の収入は、どのような経緯で旦那の会社に伝わるのでしょうか?
扶養に加入した途端、10万を超えてしまい「扶養を抜けてください」と言われることがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私(公務員)の所は、月10万円以上があると、年間所得がオ-バ-すると見なされ、扶養がカットされます。
また、毎年10月頃扶養家族の収入調査が行われ、所得証明書(市役所税務課発行)と収入証明書(雇用主からの毎月の給与)を提出させられます。これは、学生のアルバイトも同じです。

年ごとにだんだん厳しくなってきたようですが・・・。

Q扶養控除103万円について、公務員の息子だと厳しいんですか??

以前にも沢山の方が質問されていたようなの
ですが不要の控除に関することを質問したいと
思います。

僕は学生で最近、3ヶ月は夏休みだったこともあり、
10万を超えるか超えないかの額を稼いでいたのですが
年間で稼いだ額では100万円には届かない60~70万円で
行きそうな推移で問題と思っていたのですが、おととい
父親から

『お前は扶養に入っているからあまり稼ぎすぎるな!』

といわれました。ウチの父親は自衛官で公務員なの
ですが、公務員だと扶養控除に関する規定が厳しいと
聞いております。下手すると年間103万円の規定だけ
ではなくて3ヶ月でどれくらい稼いだかも見られると
父が言っておりました。これは本当なのでしょうか?
問題が生じてくる可能性はありますか?

Aベストアンサー

#3です。再び失礼いたします。

>社会保険に関して、税金に関して一度でも10万8000円を超えるとまずいものですか??何か障害がおきますか?

社会保険については、くどいようで申し訳ないのですが、通常は年額ではなく「向こう1年間の収入見込み」で考えます。
扶養家族について収入等の申告書の提出を求められたり、年額で扶養家族になるかどうか決まるのは、税金上の扶養なので、切り離して考えます。
(申告書の提出が年2回というのは、自分の氏名や扶養予定の家族の名前を書いて「これに基づいて、源泉徴収の手続きをしてください」というのと、年末近くになって年末調整のために「家族の収入は、この見込みです」と報告するのと、あります)

で、本題ですけど、私の#3の回答の真ん中へんにも書きましたが
>1ヶ月あたりのバイト代に、大きく差がある場合は、だいたい3ヶ月分くらいの平均で考えるようです。
つまり、1回でも超えるとまずい物では無いようです。
会社によっては、あまりチェックが厳しくなくて、頻繁に扶養の出入りの手続きをする煩雑さの方が、間違いを招きやすく(事務処理者の方も面倒?)、うるさい事を言われないケースもあるようです。

質問者さんの場合、お父様が「あまり稼ぎすぎるな」「3ヶ月でどれくらい稼いだかも見られる」とおっしゃっているようなので、1回くらいなら大丈夫だけど、3ヶ月の平均は気にした方が良いかもしれませんね。

#3です。再び失礼いたします。

>社会保険に関して、税金に関して一度でも10万8000円を超えるとまずいものですか??何か障害がおきますか?

社会保険については、くどいようで申し訳ないのですが、通常は年額ではなく「向こう1年間の収入見込み」で考えます。
扶養家族について収入等の申告書の提出を求められたり、年額で扶養家族になるかどうか決まるのは、税金上の扶養なので、切り離して考えます。
(申告書の提出が年2回というのは、自分の氏名や扶養予定の家族の名前を書いて「これに基...続きを読む

Qパート収入が月々で一定しない場合(扶養)

いつもお世話になります。現在103万以内で働いております。
来年のことですが、4月に出産のため、3~6月まで無収入となるのですが、その分、他の月にたくさん働いて、最終的に年収103万以内に収めればいいのでしょうか。
たとえば・・・ですが、1月に15万、2月5万、7月~11月に15万、12月5万とかでもいいのでしょうか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税金上の扶養になりたい場合は、1月1日から12月31日までの所得合計が38万円以内なら、そのペース配分は全く関係ありません。
パートを含む給与所得のみの場合は、給与所得38万円+給与所得控除65万円で、給与収入は103万円まで。
極端な話ですが、1月と2月だけで103万円の給与収入があり、3月以降は無収入なんて言うのも、アリです。

ただ、社会保険上の扶養は、税金上の扶養とは全く別の計算方法で考えます。
こちらの方は、向こう1年間の収入見込みが130万円までならOKなんですが、税金上の扶養になるかどうかの計算には入れない、交通費とか出産手当金や失業給付なども、計算に入れます。
そして、こちらの方はペース配分が必要というか、「3月から6月は無収入になるから、この期間の収入は0円と数える」という計算ではなく「この月額を12回もらったら、どうなるか(未来の予定は、確実なものであっても考えない)が問題なんです。

社会保険上の扶養になるには、月額でいうと10万8000円(1000円未満の端数切捨て)まで。
3月~6月の4ヶ月間が無収入なら、8ヶ月間の収入ということで、1ヶ月が10万8000円を上限にしておけば、来年に限って考えると「税金上も、社会保険上も、扶養に入れる」ことになります。

税金上の扶養になりたい場合は、1月1日から12月31日までの所得合計が38万円以内なら、そのペース配分は全く関係ありません。
パートを含む給与所得のみの場合は、給与所得38万円+給与所得控除65万円で、給与収入は103万円まで。
極端な話ですが、1月と2月だけで103万円の給与収入があり、3月以降は無収入なんて言うのも、アリです。

ただ、社会保険上の扶養は、税金上の扶養とは全く別の計算方法で考えます。
こちらの方は、向こう1年間の収入見込みが130万円までならOKなんで...続きを読む

Q「3ヵ月連続月収10.8万円の壁」は、12月と1月で年をまたいでも3か月連続すれば適用されてしまう?

年収130万円以上になると扶養から外される制度で、月収に換算した10.83万円を3か月連続で超えても適用されてしまうとのことですが、
年をまたいで(例えば今年の11月、12月と来年の1月)で連続3か月間という場合は適用対象外になるのか適用かどちらになりますか?

(対象外の場合、年をまたげば11, 12, 1, 2月で最大4か月10.8万円のオーバーが可能ということでしょうか?)

Aベストアンサー

>月収に換算した10.83万円を
>3か月連続で超えても適用
>されてしまうとのことですが、
どこで聞いたのですか?

>年をまたいで
>連続3か月間
>は適用対象外
それはないでしょう。

①通勤手当込で108,333円を超えて
 しまった場合。
②むこう1年間の収入が130万以上
 となりそうな場合。
で、後は健康保険組合の判断基準
となります。

①1ヶ月でもだめという所もあります。
②むこう3ヶ月11万でも9ヶ月10万
 ならOKの所もあります。

少なくとも年またぎは関係ありませんが、
妙な情報に惑わされず、加入している
健康保険組合にきちんと確認してください。

Qあなたの会社の「家族手当」支給基準を教えてください。

タイトルのとおりですが、会社によっていろいろな考え方があるでしょうから、正解も不正解もありません。
実は自分の会社の給与体系の見直しを検討中のため、各社の実態を知りたいんです。
人事系の仕事をしている方、ご自分の会社の就業規則(給与規程)に詳しい方、ぜひ実例を教えてください。
よろしくお願いします。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?

3.子供の家族手当はいくらですか?

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?

最後に、できれば会社の規模として社員数を教えていただけると、比較がしやすいので助かります。

わかるところだけでもいいので、たくさんの回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

こんばんは。現在事業所の総務課に勤務している者です。
私の勤務先の場合をお話しますね。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?
月8000円です。

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?
支給していません。
基準は税法上の被扶養者になれるかどうか(=年収103万円未満かどうか)です。

3.子供の家族手当はいくらですか?
月3000円です。

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?
人数制限はありませんが、年齢は18歳までと決められています。
特に在学証明書のようなものは求めていませんが、5の質問にある「フリーター」状態のお子さんの場合は、月収を聞き、かなり稼いでいるようなら、支給は止めます。

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?
18歳未満で、税法上の被扶養者であれば支給しています。

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?
税法上の被扶養者である場合に限り、一人1000円支給しています。
例えば、被扶養者奥様のご両親とお住まいの場合は月2000円です。

最後に、できれば会社の規模として社員数を教えていただけると、比較がしやすいので助かります。
約60人です。

以上、ご参考になれば幸いです。

こんばんは。現在事業所の総務課に勤務している者です。
私の勤務先の場合をお話しますね。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?
月8000円です。

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?
支給していません。
基準は税法上の被扶養者になれるかどうか(=年収103万円未満かどうか)です。

3.子供の家族手当はいくらですか?
月3000円です。

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?
人数制限はありませんが、年齢は18歳までと決めら...続きを読む

Q3カ月10万以上稼いでいると親の扶養をはずされますか?

20歳の学生です。私はアルバイトをしてるのですが、年間に130万円以上稼ぐ以外にも3ヶ月連続で10万円以上稼いだら親の扶養をはずされてしまうと聞きました。もうすでに3ヶ月連続で10万以上稼いでいるのですがこれは本当なのですか?

Aベストアンサー

扶養には、「税金上」「社会保険上」の2種類があります。

税金上は、1ヶ月の収入は関係なく、あくまでも12月末の時点で所得が38万円(収入から、必要経費または給与所得控除をマイナスした金額のこと。給与収入の場合103万円)以内であれば、扶養になれます。
これは、質問者さんの場合、親御さんが質問者さんを扶養控除の対象にできる、という意味です。
ですから、3ヶ月連続で10万円以上を稼いでいても、それ以前または今後の給与収入が103万円以内になれば、税金上の扶養になれます。

社会保険の方ですが、これは、年間130万円ではなく、向こう1年間の収入見込みが130万円以上だと、扶養から抜けるんです。
これは、親御さんが会社の組合健保に入っていて、扶養家族欄に名前が掲載されるという事で、扶養家族欄に名前が書かれたことで、保険料の増額はありません。

社保の扶養の場合、「この収入を12ヶ月分もらったら、130万円を超えるか」という計算で考えます。
期間限定のアルバイト・派遣・契約社員などで、数ヶ月後までしか収入が無い場合も、その予定額で考えるのではなく、くどいようですが「この金額を12回もらったら」の計算なので、金額によっては、その収入がある間だけ扶養から抜けることもあります。

逆に言うと、1月からの収入累計が、すでに130万円を超えていても、アルバイトを辞めて無収入になったら、向こう1年間の収入見込みは0円になるので、社会保険上の扶養になれます。

正解には、1ヶ月あたり10万8333円を超えると、向こう1年間の収入見込みが130万円以上になります。
3ヶ月連続でって言うのは、アルバイトした日数(時間数)の関係で、1ヶ月だけ多いって事もありますよね。こういう場合、3ヶ月くらいの平均で考えるようです。

扶養には、「税金上」「社会保険上」の2種類があります。

税金上は、1ヶ月の収入は関係なく、あくまでも12月末の時点で所得が38万円(収入から、必要経費または給与所得控除をマイナスした金額のこと。給与収入の場合103万円)以内であれば、扶養になれます。
これは、質問者さんの場合、親御さんが質問者さんを扶養控除の対象にできる、という意味です。
ですから、3ヶ月連続で10万円以上を稼いでいても、それ以前または今後の給与収入が103万円以内になれば、税金上の扶養になれます。

...続きを読む


人気Q&Aランキング