ずっと以前から気になっていたのですが魚料理用のナイフ、フォークは肉用に比べ厚くさらに装飾されているのはなぜなのでしょうか?また、くびれがあるのはなぜなのでしょうか?ずっと気になっています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

魚料理用のナイフは魚のみではなくエビなどの甲良をもった物を食べるときにも使います。


そのときに垂直方向に主に力を入れる肉に比べて
斜め方向からナイフを入れたりします。

このときに滑ったりしないように厚く握りやすくなっています。
装飾をつけるのも滑りにくくするための一つの工夫です。

くびれは持つ位置や持ち方の違いのためです。
魚用は親指と人差し指の付け根で、ペンを持つのと同じやり方で柄を挟み込むように軽く持って使います。
力を入れるときは少し握るようにします。


肉用は柄の部分を右手の手のひらで包み込むようにして、親指と人差し指で支えるように持ちます。

このためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。納得しすっきりしました。

お礼日時:2001/06/17 07:08

まず、あのナイフのくびれは魚の骨を押さえつけて折ったりするものだったはずです。

あの厚みですが魚は肉に比べてやわらかいので薄くして切りやすくする必要がないからです。装飾の理由はわかりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング