アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

9ヵ月半の子供を持つ母親です。
先日、保育園に申し込みをしに行ったところ子供の発達について簡単に聞かれました。
その際、9ヶ月でズリバイやハイハイができず、自力で座れない、寝返りを好まず(5ヶ月にやっていましたがやらなくなった)少し足を押すと自分で寝返りをできるが、寝返り返りできないということを伝えたところ、入園を考えさせてほしいと言われました。

保育士さんは「9ヶ月で、ズリバイができるけれどハイハイができない子はいるが、ズリバイもできない子というのは、発達が遅れてますね。寝返りも、9ヶ月だと仰向けにしたらすぐに寝返りをするのが正常です、仰向けのままでいるというのはちょっとおかしいですね。うちは障害のあるお子さんへの加配がないんです。なので、お預かりすることができないかもしれません。それに、うちのような普通の保育園でなくて、療育園のようなところのほうがお子さんのためによいかと思いますが」と言い、申込書を保留とされてしまいました。

確かに、ズリバイもハイハイもできず、うつぶせで後ろに下がるか回転するかのどちらかで、おもちゃに手を伸ばして届かなければあきらめてしまう子です。
やはり、9ヶ月で、ズリバイもできず自力で座れない子は障害や病気があるのでしょうか。インターネットで調べても、イマイチ病名などが出てこず困っています。あるとしたら、知的障害や脳性まひなどでしょうか?

9ヶ月で同じようなお子さんがいらっしゃったかた、どんな障害・病気でしたか?

ちなみに、8ヶ月検診では異常なしでしたが、(引き起こし、お座り、ものを持たせる、ものを目で追わせる、医者と目を合わせるの診断項目でした。人見知りもあり、お座りも安定している、引き起こし、追視あり、物は泣いていてつかみませんでしたが、家での様子からOKとのことでした)その時点では、ズリバイやハイハイができないことを伝えずにいました。(特に母子手帳に項目としてなかったため)ですので、検診の異常なしも、信用できないのかなと思っております。
これまでの検診も異常なしで、ハンカチテスト(仰向けでタオルを顔にかけるテスト)も以前OKでした。ハンカチテストは知的障害が分かるテストだと聞いていたので、OKを貰えてその辺は安心していましたが・・・。

以下に、現在の様子を書いておきます。よろしくお願いします。
*ズリバイできない、ハイハイできない、自力でおすわりできない
・寝返りは、5ヶ月後半にしていましたが、嫌いな様子で仰向けからあまり自分でうつぶせにはなりません。背中を少し押すと寝返りして、うつぶせでニコニコと遊んでいます。
・うつぶせで、引き出しを開けたり、ものをつかんで遊んだりできます。
・お座りは長時間一人でできます。後ろや横にあるおもちゃも取ります。倒れそうになると、手で支えます。
・おもちゃを両手に持ってカチカチと打ち合わせます。おもちゃは、指でつかめます。紐のようなものももてます。おもちゃを両手に持ったままでタオルを頭にかぶせると、すぐにひとつだけおもちゃを落としてタオルを取ります。
・落ちたおもちゃを探せます。しかし、遠い場所にあると諦めます。
・人と目はあいます。アイコンタクトで笑います。イナイナイバーが好きで声を出して笑います。
・拍手を時々ですが真似します。おもちゃを持っていて「ちょうだい」と言うとおもちゃから手を離します。「どうぞ」とおもちゃを差し出すと取ります。

脳性まひや知的障害だと、ハンカチテストができない、おもちゃを探す、おもちゃに手を伸ばすなどがないと書かれているサイトもあり、「じゃあ、知的障害、麻痺じゃないのかなあ」と悩んでいます。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    ありがとうございます。

    一応、8ヶ月検診では、小児神経科の先生を探して見ていただきました。
    また、8ヶ月の後半(1週間前)には、総合病院の小児科の先生にも診ていただき異常なしでした。脳波検査もし、脳波も異常がありませんでした。

    専門の先生というのは、何科の先生がよいのでしょうか?

    ちなみに、書き忘れましたが、ひざに座らせていると目の前の机に手をついて自力で立ち上がります。その後、机の上にあるおもちゃを持って立ったまま遊んでいます。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/17 20:28
  • つらい・・・

    2番目の回答者様がシャフリングベビーのことを教えていただいたので補足させていただきます。

    シャフリングのことは知っていたため、医師に相談したのですが、脇を持って立たせるとしっかりと足をつけて立つので違うとのことでした。

    よろしくお願いいたします。

      補足日時:2015/12/17 20:54
  • どう思う?

    遠城寺式発達検査表というのを回答者様から教えていただき、ざっとですがやりました。

    対人関係と言語理解は10ヶ月、そのほか運動などは9ヶ月でした。ただ、この検査表にはハイハイの項目がありませんでした。

      補足日時:2015/12/17 21:12

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

支援学校教員です。

お子さんを実際に見ていないので、一般論として書きます。

>うつぶせで後ろに下がるか回転するかのどちらか
>人見知りもあり、お座りも安定している、引き起こし、追視あり、
>仰向けでタオルを顔にかけるテスト)も以前OKでした
>お座りは長時間一人でできます。後ろや横にあるおもちゃも取ります。倒れそうになると、手で支えます。
>おもちゃを両手に持ってカチカチと打ち合わせます。おもちゃは、指でつかめます。紐のようなものももてます。
>おもちゃを持っていて「ちょうだい」と言うとおもちゃから手を離します。「どうぞ」とおもちゃを差し出すと取ります。
>ひざに座らせていると目の前の机に手をついて自力で立ち上がります。その後、机の上にあるおもちゃを持って立ったまま遊んでいます。

以上から、「体幹保持ができる」「腕の筋力も十分ある」「視機能に問題はない」「目と手の競合も出来る」「指の巧緻性も十分ある」「言語理解も出来ている」「足の筋力も十分にある」と読めます。

小児科医が言うように「異常なし」と思えますが。ただ、少し「賢くてあきらめの早い子」のようには思います。

しかし、あなたが不安ならば「保育園」に預けるのをもう少し待たれてはいかがでしょう? 親は「わが子」しか見ませんが、保育士は「数人の子」を見ます。「目のかけ方」が違えば、発達も違ってきます。

「どうしても働かなければいけない」のであれば、保育園に「小児科医の診断書」(=「異常なし」の所見)を持って行き、交渉されるしかないかと。
    • good
    • 0

よくわからんところがあったのですけど、自力でつかまり立ちするんですよね?



ハイハイで前進するのとつかまり立ちがほぼ同時で9か月でした。
自力で立って歩いたのは10か月です。
寝返りは行ったきり返れない状態が長かったです。
かなりおデブちゃんだったので、重かったのでしょう。

できるけど、やろうとしないだけではないでしょうか。
保育園にはつかまり立ちはできると伝えれば良いのでは?
医師の診断も問題ないことも併せて伝えれば大丈夫だと思います。

ハイハイしないでいきなり立って歩く子もいます。

現時点でキチンと医師の診察を受けていて
それで問題ないなら、それ以上でも以下でもありません。
この先、何か病気が判明するとしても、それはその時にならなければわからない物です。
今はとにかく、問題ないということです。
    • good
    • 2

医師からも問題ない、ここで回答をもらってもああ言えばこう言うなら障害でも麻痺でもなんでもないでいいのでは?


違うとハッキリ言ってもらいたいのかあなたにはどの様に回答が素直に飲み込んでくれるのでしょうか。
障害でも麻痺でもないようなので引越しされて新しい所見つけてください

同じレスをもう1度見る事はないので回答返しレスは結構です。
    • good
    • 6

何度もすみません


専門家が問題なし、経過観察なし
お住まいの地域は診断がないと療育はできない、つまり
今は受け入れの対象にない。

ということで保育園にはそのことを話されましたか?
「すでに専門家には現時点で異常なしといわれており
療育などの機関は対象外です」と。
そのうえで、たとえば先々問題が出たらすぐ対応する意志があると見せても
反応がイマイチなら、保育園の志望先を変更した方がいいと思います。
どのみち良い関係がなければ安心して預けられないのではと。
激戦区でほかに入れそうもないなら一度、役所の保育課に相談してみてください。

あとはお子さんのことはあれこれチェックするよりは
気になったらまたすぐ相談するつもりで
次の健診までは、普通に接しながら見守ってあげるといいと思います。

保育園の遊びの会や支援センターの保育士さんの中にも
寝返りや、ずりばいを促す遊びとか教えてくれる人も時にはいますから
遊びに行った時にちょっと話したり相談しながら
日常の接し方を工夫していくといいかと思います。

とりあえず今わかる範囲では問題ない。
ほかの今気になることがないお子さんでも、この先障害が判明するかどうかは
わからない年齢です。
だからまったくない、とは言えません。
妊娠検査でも陽性はでたらすぐ陽性は確実ですが、陰性が確定するまでは時間がかかりますよね。
なので「そうでない」と決まったわけではないというのは頭に入れておくといいと思います

そのうえで、当面の問題はやはり、保育園入園、が最優先だと思いますから
それに合わせて動いていくのが大事だと思います
お子さんの障害の有無は今これ以上調べてもわからないですよ
    • good
    • 1

専門というのは、小児神経科ならそこでいいと思います。



ただ現時点で異常なしであっても「まだわからない」部分もあるので
まったく今後も問題ない、とは言い切れないのでは、と思います。

細かく書いていただいても、これができたらこう、ともいいきれないかと思います
ましてネットで箇条書き的に、点数化してどうこうできるものでもないですし。
程度、ということも考えると素人がどうこうわかるものでなく
あらゆる検査をしても現時点でわかることは限られている、と思いますから。

小児神経科の先生にはどういわれてますか
今後の経過によっては再診、とか追いつけばそのまま診察終了とか。

今知りたいことは障害があるのかないのか、大丈夫なんじゃないか、ということでしょうが
結局発達を見ていかないとはっきりとはしない、っていう部分があるのです。
辛くて知りたくてはっきりしたくてたまらないとは存じます。

最近の検査で異常がわからなかった、ということですから
それを踏まえてとりあえず保育園と相談して
それでも保留なら、同時進行でほかの園をあたらなければいけません。
気になってそれどころじゃないかもしれませんが、時間はすぎていきますし
お子さんによりよい環境を与えるには、情報や面談やいろいろな行動が必要になります。

先に述べた保健センターや療育センターも
「障害かどうかはまだわからないけど、経過を一緒に持てもらう」とか
「ゆっくりめの運動を促したり、やる気を出させる工夫」を教えてもらう場所でもあります。
なので、できれば利用したほうがいいと思いますよ
利用したから障害のレッテルを貼られるとか
わが子を障害児扱いしている、という抵抗を持つ方もいますが
ちょっと損してるなぁと思います。
単純に不安や困ってることがあれば具体的に対応する、ってだけのことです。

今一番しりたい、そのこと、については答えは当分でないかな、って思います。

現段階で診断基準を満たしているかいないか、ってのは判明しても
ほかの部分が発達の中で追いついたり、問題ないのか
差が開いたり、何か原因があるのかっていうのは後からわかるものもあるので。

9カ月でずりばいもまったくしない、寝返りだけで移動って子で普通に育ってる子もいるし
うちは低緊張で運動の発達は早かったけどお座りやハイハイはかなり遅れていて
ずりばいからいきなりつかまり立ち、歩くより先に走り出したりして
小さいころは多動やこだわりもありましたが
学校の成績もよく、元気で明るい娘はいます。
ただやっぱり姿勢の悪さや、忘れ物の多さ、過敏さは残っていたりします。
今は普通の子だけど思春期の問題を予防するために定期通院はしています。
一方で大丈夫、そのうち追いつく、あれもできるからと素人診断をして
大事な時期を逃したり、後から大変になっている人もいます。

しかし今できることは、とりあえず明らかな異常がなければ見守っていくしかなく
当面の大きな問題は保育園ですよね。
入園をしぶっても、親が相談やいざという時に移動の覚悟もあり
相談機関と連携をとっている、ということで逆に安心しんて受け入れてもらえる場合もあります。
とりあえず受け入れ先は探すしかないですよね
役所の保育課、保健センター、療育相談、いろいろなところに聞いてみると
いろいろな情報や案が出るかもしれません。

最後に現時点をチェックしてもどっちか、というのはわからないかもという前提で
参考にする程度でしたら遠城寺式発達検査表というのがあります
こちらの下のほうのリンクに出ています
http://www.gotoushounika.com/kenshin.html

ただ素人診断はやめてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

小児神経科の先生からは、まったく問題なし、経過観察もいらないとのことでした。

医師の診断なく、療育はスタートできないようで困っています。
障害なら早めに療育してあげたいのですが、療育センターに問い合わせても、医師の薦めなく療育は受けられないとのことでした。今のところ異常なしならば、異常なしなのだから療育はいらないとのことでした。

お礼日時:2015/12/17 21:09

「シャフリングベビー」で検索してみてください。



ウチの、シャフリングベビーだった息子も、全く同じでした。
寝返りは5ヶ月になってできるようになりましたが、あまり好まず、できるようになってからもほとんどしませんでした。
腰は6ヶ月半頃にはしっかりし、座らせれば1人で長時間座れましたが、自力で座る事はできませんでした。
9ヶ月になってもズリバイもしませんでした。
ハイハイも、つかまり立ちもしないまま、11ヶ月になる頃、シャフリングベビー特有のお尻での移動が始まりました。

私自身、幼稚園で働いていた時に、園児の弟妹などでシャフリングベビーの赤ちゃんを何人も見てきたこと、
ある程度の知識は持っていた事から、特に焦る気持ちもなければ、この子の個性だと思いのんびり構えていましたが、
1歳半検診で専門医の受診を勧められ、受診の結果、理学療法士によるリハビリに通う事になりました。

1歳7ヶ月でハイハイ(ズリバイはしないまま突然)、1歳8ヶ月でつかまり立ち。
1歳9ヶ月で伝い歩きを始め、1歳10ヶ月で1人で歩けるようになりました。
リハビリの効果だったのか、ウチの子の成長期がちょうどその頃と重なったのかはわかりません。

今4歳ですが、毎日元気に幼稚園に通っています。

息子(末っ子)が入園してから、私はパートですが保育園で働いています。
私が働いている保育園でも、シャフリングベビーのお子さんはいて、先生方もみんな理解した上で接しています。
シャフリングベビーは、下肢の運動能力のみに遅れ?が見られますが、その他の機能や精神発育には問題がないので、
移動時などに多少の配慮は必要でも、特別な補助や援助は不要なので、加配がつかなくても全く問題はありません。
実際にお子さんを見たわけではないので名言はできませんが、
質問者さまのお子さんも、下肢のみの遅れで、表情や手の指先の動きなどには全く問題がなさそうなので、
シャフリングベビーである可能性が高いのかなと思います。

シャフリングベビーだった場合は、前述の通り、特別な補助は不要なので、
統合保育(障碍児を積極的に受け入れる)の園でなくても問題ないと思いますが、
申し込みに行った園の保育士の知識では、か~な~り~!!!不安を感じます。。。
一度、シャフリングベビーについて調べてみて、心配なら専門医にも相談してみて、
理解のある保育園を紹介してもらった方が良いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

シャフリングのことは、調べていたのですが、脇をかかえて立たせるとしっかりと足をつけて立つことから、違うだろうと言われました。
また、お座りでの移動もないので、違うとのことでした。

やっぱり障害が濃厚なんですかね…。

今は、お座りからテーブルに手をついてつかまり立ち?、おしりを上げて立っておもちゃをテーブルに打ち付けて遊ぶのが好きみたいです。

お礼日時:2015/12/17 20:51

現時点で、保育士さんの見立てだけでは、また文字情報では何とも言えないと思います。



心配なら一度、専門的な病院で見てもらうといいと思います。

たとえば今調べてもわからなくても
発達障害由来の低緊張ということもあるかもしれませんし
単なる個性の範疇で、これから伸びるのかもしれません。
軽度の精神運動発達遅滞や脳性麻痺なら小さいうちははっきりわからないかもしれません

保育園という特性上、一度お預かりしたら、カンタンに転園も難しいですよね
親御さんがお仕事也、なんらかの事情で預けるわけですから
手が足りなくてお世話できない日はお休み、とか次も見つけずに退園とかもしづらい。

もし例えば今後1歳、2歳、3歳と過ごす中で障害が顕著になってきたら
ということを保育園側は考えているのだと思います。

だから、今の様子だけで障害だ、というわけでもないし
今病院に行ってもすぐに結論が出るとは限りません。
あくまでも可能性で
もしも、の時に親子も園もお互いに困るということなのでしょう。

ただ、それにしてもまだ0歳児のお母さんにかなりストレートな言いかただと思います。
さぞかしショックだったと思います。

そのことを踏まえて園選びはできれば、障害児枠や加配枠があるほうがいいのかもしれません。
運動発達が遅れているお子さんを1歳下のクラスに入れて対応していた園もありましたね。

できればやはり、保健センターか
療育センターで一度相談してみて
受け入れ態勢のありそうな保育園を探ってみたり
今急いで診察する必要があるのかどうかとか
0歳時対応している療育センターなら、運動を促したりするかかわりを教えてくれたり
そういう親子教室がある場合もあります。
うちの自治体だと1歳からのクラスがあります。

やる気がないだけ、って子もいるにはいますが
もし何か問題があるなら早くからいろいろやってあげたほうがいいので
一度相談に行ってみるのは無駄ではないと思いますし
職場復帰予定があるなら急いで保育園を探さないといけないでしょうし。
手探りや一人でモヤモヤしているよりは、行動を起こしたほうがいいですよ。

なんでもなかったね、なら後からなんとでもなります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

間違って補足に書いてしまったのですが、8ヶ月検診では寝返りの件もあったので小児神経科の先生に診ていただき異常なしでした。
低緊張のことも気になったのですが、脇をかかえて立たせるとしっかり立ったりするので大丈夫なのかなとも思ってしまっていました。
今は、机の前でお座りさせると、手をテーブルについてゆっくりとですが、立ちます。その後、テーブルの上の物も持って机に打ち付けたり、ふりまわしたりします。
なので、むしろ緊張が強すぎなのかなとも心配しています。

実は、この近辺では保育園は申し込み先の一つしかなく、そこに入れないとなると引越しをしなければなりません。
やはり引越しをするしかないんですかね・・・。

保健センターでは、8ヶ月検診で異常ないなら大丈夫でしょう、心配なら10ヶ月検診受けたら?とのことでした。もちろん10ヶ月検診も受けるつもりでいます。

お礼日時:2015/12/17 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳性麻痺のまとめページ

    脳性麻痺とはどんな病気か  胎児がおなかのなかにいる時から出生直後(4週まで)の間に起きた、脳の何らかの障害による「運動の異常」を指します。年齢とともに進行する麻痺や一時的な麻痺、あるいは単に発達が遅れているだけのものは脳性麻痺とは呼びません。間違えやすいものに「小児麻痺」がありますが、これはポリオウイルス感染によって発生する麻痺(急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん))のことを指し、脳性麻痺...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q9ヶ月検診で発達遅延と診断されました。

初めて質問させて頂きます。
9ヶ月の女の子ですが、先日9ヶ月と15日目に9ヶ月検診を受けました。
その際に「パラシュート反射がない」「バイバイ等の模倣ができない」との点から「発達遅延」と診断されました。
理解力・運動能力共に7ヶ月児程度、2ヶ月の遅れということです。

今度は月に2回程度、理学療法士と小児科医立ち会いの下でリハビリと、血液検査・MRI等の精密検査を受ける予定です。

この子は第3子で、確かに上の2人に比べると発達が遅いなぁ、とは感じていましたが、個人差・個性の範囲と思っておりましたので、このように診断され非常にショックを受け動揺しています。
3人の子供達の母親なんだから、笑顔で・・・しっかりとしなきゃ・・・とは分かっているのですが、心配で心配で夜も眠れず食欲もありません。

かかりつけの小児科は、族に「ヤブ医者」と言われるような所ではなく、小児科の中でもさらに細分化してアレルギー科・腎臓疾患科・小児精神科等、高度な専門知識と実績を持つドクターのいらっしゃる病院です。

ちなみに首座りは4ヶ月、寝返り4ヶ月末、ずりばい7ヶ月末~現在、お座り9ヶ月初でした。お座りは座らせると背筋を伸ばして座れますが、自力でその格好になることはできません。つかまり立ちも同様で、何かにつかまらせれば立っていられますが、自ら立ち上がることはありません。

同じような経験をされた方、話を聞いたことがあるような方、経験やアドバイスを聞かせて下さい。お願い致します。

初めて質問させて頂きます。
9ヶ月の女の子ですが、先日9ヶ月と15日目に9ヶ月検診を受けました。
その際に「パラシュート反射がない」「バイバイ等の模倣ができない」との点から「発達遅延」と診断されました。
理解力・運動能力共に7ヶ月児程度、2ヶ月の遅れということです。

今度は月に2回程度、理学療法士と小児科医立ち会いの下でリハビリと、血液検査・MRI等の精密検査を受ける予定です。

この子は第3子で、確かに上の2人に比べると発達が遅いなぁ、とは感じていましたが、個人差・個...続きを読む

Aベストアンサー

不思議ですねー。
2歳ごろまでは成長に個人差があるので、はっきりした原因(脳性まひやダウン症)がないと、発達遅延と言う診断はしないと思いますよ。

パラシュート反応については気になりますが、模倣については個人差が大きいですね。
うちの子はバリバリの重度の自閉症と重度の知的障害児でしたが、そんな子でも「発達に少し心配なところがある。よかったら発達相談にきてみてはどうか?」といわれたのは1歳半でした。

まだ小さいからあまり深く考えず、育児教室に行くような気持ちでリハビリに通ってみてはいかがですか?

私のママ友で、ふたごの子どものうちどちらも発達遅延と診断されて、1歳から療育施設に通っていたけれど、3歳くらいのときに二人のうち一人は普通の発達になったというケースを知っています。
他にも言語の発達で「問題あり」と見られていたのに、その後普通の子になった子をたくさん知っています。
それだけ子どもの成長には個人差があるんです。

どちらにせよ、くわしく専門の医者にみてもらって損はないでしょう。もしなんらかの障害があっても、早いうちから訓練を受けたり、子育てに気をつければ、よくなっていくこともあります。

私も昔、子供の障害を知り、ショックを受けましたが、こういう言葉を知り、気持ちが代わりました。

「わが子の障害は背負うものではなく、抱きしめるものだ」

子どもを愛して、可愛がってあげてください。
お母さんの笑顔も大切です。 まだ希望はたくさんあります。
前向きな気持ちで笑顔で子育てがんばってくださいね。

不思議ですねー。
2歳ごろまでは成長に個人差があるので、はっきりした原因(脳性まひやダウン症)がないと、発達遅延と言う診断はしないと思いますよ。

パラシュート反応については気になりますが、模倣については個人差が大きいですね。
うちの子はバリバリの重度の自閉症と重度の知的障害児でしたが、そんな子でも「発達に少し心配なところがある。よかったら発達相談にきてみてはどうか?」といわれたのは1歳半でした。

まだ小さいからあまり深く考えず、育児教室に行くような気持ちでリハビリに通っ...続きを読む

Q自閉症の手をひらひらさせる動きについて

自閉症の方が手をひらひらさせる行動とは具体的にどのような動きですか??

現在、9ヶ月の男の子がいますが、オモチャやものをもつと、ものを持った手の手首を、くぃっくぃっとスナップを効かせるような動きをよくするのです。
あと、何ももっていなくてもミルクを飲むときにもたまにします。
これがヒラヒラの動きなのでしょうか??

Aベストアンサー

no.4のtainao7です。
こんな早朝のお返事、すみません。 
うちの自閉児むすこが、朝1時に目覚めちゃうもんだから・・・。

ご質問の、子供に関して、違和感を感じた時期についてです。

まず、生後5~6ヶ月で。 あまり笑わないことに気づきました。
下の娘は、目を合わせればにっこりしていたものですが、息子は目を合わせても、話しかけても笑いませんでした。
うちわで顔に風をあてたり、高い高いしたり、感覚的な刺激は、喜びました。

あと、7~8ヶ月くらいから・・
おんぶをすごくいやがり、おんぶ紐で背負うと、体を後ろにそらせてしまいました。

1歳ごろでは、他の同じくらいの赤ちゃんが家に2人遊びに来たことがあるんですが、しまじろうのビデオをつけると、20分ほどあるのに、ずっと画面を見続けていました。 他の子は飽きて途中でチョロチョロします。
興味をひかれたおもちゃ、物に対する集中力はすさまじいです。 
おもちゃの遊び方も普通の子と違います。 積み木は2つ持って、ひたすらくっつけて合わせ目をじっと見たり、さいころ形の積み木を横一列にえんえんと並べたり。 ほっておくと、これを何十分でも続けます。 

それと、同じ自閉症児ママさんからの話ですが、母乳が飲めない、なれない場所や人の多いところ(電車など)に行くと吐いてしまう(うちの子は目をつぶって固まってしまう)。

赤ちゃん時代では、こんな感じで・・・普通の子よりも泣かない、親を求めない、動かない・・・どちらかといえば楽な子でした。

まあ、大変になってくるのは2歳くらいからですが。 多動が出てくる、こだわりが強くなる、パニック(不安と混乱と怒りによる感情の爆発)になるなど。

参考に書きましたが、質問主さんのお子さんは、まだまだ心配ないと思いますよ。
他の人に何か言われても気にしないで。
自閉症を診断できるのは医者だけです。 そして、2歳前後にならないとわからないんです。
心配なことがありましたら、病院で相談してみてください。  それだけで、心配が解消されると思いますよ。

育児がんばってくださいね。

no.4のtainao7です。
こんな早朝のお返事、すみません。 
うちの自閉児むすこが、朝1時に目覚めちゃうもんだから・・・。

ご質問の、子供に関して、違和感を感じた時期についてです。

まず、生後5~6ヶ月で。 あまり笑わないことに気づきました。
下の娘は、目を合わせればにっこりしていたものですが、息子は目を合わせても、話しかけても笑いませんでした。
うちわで顔に風をあてたり、高い高いしたり、感覚的な刺激は、喜びました。

あと、7~8ヶ月くらいから・・
おんぶをすごくいやがり、おんぶ紐...続きを読む

Q7ヶ月でまだお座りができないのですが、どうなのでしょうか?

7ヶ月になったばかりの男の子なのですが、まだお座りができません。雑誌を見ると、6ヶ月の女の子がしっかりお座りしていたり、7ヶ月検診に行った時に「8ヶ月までにお座りができなかったら、もう一度来て下さい」と言われたり、ちょっと心配になってしまいました。

首のすわりも遅かったので、身体的な発達が少し遅いのかなと思うのですが(身長、体重は平均より大きい)、これって、将来の運動神経とか、そういうものにも影響するのでしょうか?、「(首のすわりなど)発達が遅いのでオリンピック選手にはなれないね」と小児科の先生に言われ、ちょっと気になっています。先生は冗談ぽくおっしゃっていましたが...。

おすわりができるようになったのは遅かったけど、その後、運動が得意な子に育ったとか、参考になるようなご意見をお願い致します。

※決してオリンピック選手にしたいわけではないのですが、何か障害があったり、運動が苦手な子になってしまったら...と思うと、心配です。

Aベストアンサー

下の子が7ヶ月♀ですが、
しっかりおすわりできません。
確かに上の子は6ヵ月半ぐらいで
しっかり手をつかずにお座りできたと
思ったのですが・・・
やはり、7ヶ月でお座りができないと
心配ですね。。。

6ヶ月健診では、手を付いて少しの間、
お座りができましたか???
それが出来ればまずは安心だと思いますよ。

うちも少し心配ですが、負担にならない程度、
お座りの練習をさせています。

育児書を読むと、乳幼児期の発育は、
将来の運動神経には影響がないらしいですよ^^

あと、うちの子と質問者様のお子様と共通するのは、
やはり身長・体重が平均より大きいところです。
これも原因の1つなのでしょうか・・・

マイペースなのだと楽天的に考えていますが・・・
お互い、子育てがんばりましょうね^^

Qもうすぐ11カ月。おすわりができない

あと10日程で、11カ月になる息子がいます。
おすわりができません。
手をついて数秒は保っていられますが
すぐに倒れてしまいます。
もちろん、はいはいもする気配はありません。
首すわりは5カ月。寝返りも5カ月でしたが、
ほとんど寝返りしません。
子宮内胎児発育遅延で管理入院し陣痛促進剤で誘導。
37週0日で2100グラムで経膣分娩しました。
現在、体重7、5キロの身長72センチです。
元気はあり、機嫌もよく親の目からも精神に何か問題があるようにも見えません。
体重自体は2000グラムあったので
それほど気にしていないのですが、何度もお腹の中で成長が
止まったのが心配です。
妊娠経過は順調ではなかったし、マイペースな子なのだと思うようにしてきましたが、目に見える成長が見えずに焦りがでてきました。
周りの子と比べてはいけないと自分に言い聞かせても
息子よりも後に生まれた子に、どんどん置いていかれそうで
鬱になってしまいます。
同じ月例に生まれたママ友との交流も避けてしまいます。
なんだか愚痴ばかりで自分でも嫌になります。
後になれば、何でもないことなんだろうけど
もともと心配性なこともあって、ひきこもっています。
同じく、成長がゆっくりのお子さんをお持ちの方の
経験談とその後を教えてください。
まとまりのない文面ですみません。

あと10日程で、11カ月になる息子がいます。
おすわりができません。
手をついて数秒は保っていられますが
すぐに倒れてしまいます。
もちろん、はいはいもする気配はありません。
首すわりは5カ月。寝返りも5カ月でしたが、
ほとんど寝返りしません。
子宮内胎児発育遅延で管理入院し陣痛促進剤で誘導。
37週0日で2100グラムで経膣分娩しました。
現在、体重7、5キロの身長72センチです。
元気はあり、機嫌もよく親の目からも精神に何か問題があるようにも見えません。
体重自体は2...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
2歳3ヶ月の息子がいます。

うちの息子も運動面の発達が遅めだったので、お気持ちはとてもよくわかります。
マイペースで、怖がりで慎重派な息子の発達に、イライラしてしまい、息子に怒鳴ってしまうこともありました。
ママ友との交流がつらくて、避けていた時期もありました。

うちは11ヶ月半ばで、
ずり這いが前に進まない、
寝返りは打てるのに殆ど打とうとしない、
という状態でした。

余りに心配になり、保健婦さんに相談してみたところ、
「寝返りを打とうとしないのは、その必要がないのかも。お母さん、かまいすぎなのかもね」
と言われました。

そういわれてみれば、息子が何か訴えかけると、私が体勢を変えてあげたりしていました。
息子が自分で寝返りを打ったり、起き上がって自分で座る体勢になったりする必要がなかったようです。

必要以上に構うのを改めるようにして、1週間後ぐらいに、息子はずり這いで前へ進むようになり、寝返りを打ってお座りの姿勢になることもやり始めました。
それからさらに2週間ぐらいで、高這いもできるようになりました。
たっちは1歳3ヶ月、歩き始めは1歳4ヶ月でした。
歩き始めても、その後の発達はゆっくりでした。

同じぐらいの月齢の子が、滑り台や、おもちゃの車に乗って遊んでいても見向きもせず、じっと座って小さなおもちゃでこまごまと遊んでいるだけ。
「男の子だからもっとやんちゃに遊んでほしいのに・・・」
と思っていても、何の興味も示さずでした。
「○○くんは男の子なのにおとなしいね~」といわれるのが、とても嫌でした。
体が小さいうえに、あまり体を動かさないので、月齢よりもかなり小さく見られるのも辛かったです。

逞しくなって欲しかったので、どこへ行くのもできるだけ歩いて連れていきました。
階段や坂道でも、あまり抱っこしないで、自分の足で上り下りさせました。

2歳を過ぎてから、近所の公園に連れて行った時のことです。
最初は怖がっていた滑り台を、お友達が楽しそうに滑っているのを見て、初めて自分もやってみようと思ったようでした。
はしごを上るのも最初は時間がかかりましたが、一度すべるとその楽しさにすっかりハマってしまいました。
一つの事ができて、自信がつくと、他の遊具にも挑戦し、今では公園で遊ぶのが大好きになりました。
少々転んだり落ちたりしても平気で遊んでいます。
大人しくてマイペースで慎重派なのは、もともとの性格なので相変わらずです。
でも、ここ数ヶ月で、見違えるほど逞しく成長したように思えます。
今まで滑り台に見向きもしなかったのは、自信がなかったからかもしれません。
体は小さめですが、よく喋っているし、よく動いて遊ぶので、月齢より小さく見られることはなくなりました。

何が言いたいのか分かりづらくなってしまいましたね(^_^;)
要するに、マイペースでゆっくりな子でも、その子なりに逞しく成長しているということを言いたかったんです。

信用できる保健婦さんやお医者さんに相談されるというのは、いいことだと思います。
客観的にお母さんとお子さんを診ていただけます。
私は「かまいすぎじゃないの?」と言われるまで、自分ではそんなこと気づきもしませんでした。
初めての育児、どこまでがかまいすぎでどこまではほったらかしなのか、そんなこと、自分では分かりません。

私も今までさんざん焦ったり、心配したりしました。
なので、えらそうなことは言えません。
これからも、焦って自分を見失ってしまうことがあるかもしれません。
でも、これまでのたった2年3ヶ月ですが、焦って得られるものは何もありませんでした。
子育ては焦るとうまくいきません。
毎日少しずつ成長しているわが子を褒めてあげましょう。

長文失礼いたしました。
頑張ってください!!

こんにちは。
2歳3ヶ月の息子がいます。

うちの息子も運動面の発達が遅めだったので、お気持ちはとてもよくわかります。
マイペースで、怖がりで慎重派な息子の発達に、イライラしてしまい、息子に怒鳴ってしまうこともありました。
ママ友との交流がつらくて、避けていた時期もありました。

うちは11ヶ月半ばで、
ずり這いが前に進まない、
寝返りは打てるのに殆ど打とうとしない、
という状態でした。

余りに心配になり、保健婦さんに相談してみたところ、
「寝返りを打とうとしないのは、その...続きを読む

Qハイハイ、いつまでにできないと病気を疑った方がいいのでしょうか?

10ヶ月半の娘がいます。

まだ腹ばいの状態でハイハイしません。

9ヶ月ちょうどの頃、検診で、シャッフリング(身体が柔らかい)と、腹筋が弱いというようなことは言われましたが個人差の範囲だということでした。

そこで少し前までは、個人差だろうと気楽に考えていたのですが、最近になって、あまりに遅いような気がして気になってきました。

首すわり、寝返り、お座りは一般的な早さできて、9ヶ月でずりバイを始めました。

いつ頃まで様子をみていて大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

息子は9ヶ月の検診の時に体が柔らかすぎると言われ、専門の先生に診てもらうように言われました。ただ、息子は首座りも遅く、当時、寝返りも出来ず、お座りもまだでした(お座りさせると前にそのまま倒れていた)。

yuka_kichiさんのお子さんは、首すわり、寝返り、お座りは一般低な早さということですし、検診の時にも個人差の範囲と言われたそうですから、もうしばらく様子をみても大丈夫なんじゃないかと思います。

小児科の先生によっても、とても気にして専門家に診てもらうよう勧める人もいれば、個人差はあるんだから気にしないという人もいたりと、いろいろなようです。

ある小児科の先生に言われたことです。
小さい頃は、個人差が大きくて、子供によって成長のカーブが立ち上がりの早い子もいれば、緩やかな子もいる。それでも、小学校に行く頃には、ほとんど同じくらいになっているから(足が速い遅いなどの運動能力の差はあるけど)、心配しなくて大丈夫。
先に書いたように、発達が遅めで訓練に通っている息子をみて、こんな風に言っていただけて、とても嬉しかったです。
息子は、訓練には通っていますが、特に病名が付いているわけではありません。将来的に、特に心配はないと言われています。もうすぐ4歳になる今は、元気に走り回っています。

息子は、とってものんびりやでマイペースだと思って、訓練に通いながらもあまり気にせずにきました。
きっと、yuka_kichiさんのお子さんも、マイペースに次のことをやる準備をしているんだと思いますよ。お母さんがあまり気にすると、それがお子さんにも伝わってしまうといいますから、お母さんもマイペースでのんびり行きましょう。どうしても、心配であれば、一度、発達専門の先生に診て頂くというのもいいかもしれませんね。私の住んでいるところでは、保健所に月に1回、専門の先生が来られていますが、yuka_kichiさんの所でもそういうことがないか、保健所で相談してみるのも良いですね。

息子は9ヶ月の検診の時に体が柔らかすぎると言われ、専門の先生に診てもらうように言われました。ただ、息子は首座りも遅く、当時、寝返りも出来ず、お座りもまだでした(お座りさせると前にそのまま倒れていた)。

yuka_kichiさんのお子さんは、首すわり、寝返り、お座りは一般低な早さということですし、検診の時にも個人差の範囲と言われたそうですから、もうしばらく様子をみても大丈夫なんじゃないかと思います。

小児科の先生によっても、とても気にして専門家に診てもらうよう勧める人もいれば、個人...続きを読む

Q6ヶ月児、脚をクロスさせることが多く心配です。

6ヶ月児、脚をクロスさせることが多く心配です。

4歳の息子と、6ヶ月の娘の母親です。
6ヶ月の娘が、いつからか覚えていませんが、頻繁に足をクロスさせます。
変な癖だなぁと思っていたのですが、本当にただの癖なのだろうかと心配になっていたところ、義母に脳に異常があると足をクロスするということがあるから要注意だと言われました。
義母も詳しくはわからないらしいですが、そういうふうに言われてますます不安になってしまいました。

特に気になるのが、眠い時です。
眠くなると、片方の足のかかとをもう片方の足の甲に乗せるような形で、膝を伸ばしてピーンと突っ張るのです。
だいたいが体は左横向きになり、左手はピーンと伸ばして何かをつかみたそうに手を広げ、右手は以前は髪の毛をひっぱっていましたが、最近は服の胸のあたりを握って引っ張っています。
息を詰めるような感じで、口は「お」の字に近い感じで力が入っていて、なんだか苦しそうなのです。
足に力を入れてピーンとしているので、クロスさせた足がはずれてしまい、そうなるとぐずってまた足をクロスさせてを繰り返し、眠りにつけず、最後には大泣きする感じです。
そのせいで眠りにつけないようなので、股に丸めたバスタオルなどを挟んで、脚をクロスできないようにすると、できないことに怒って泣いたりしますが、その時のほうが割とすんなり寝付きます。

眠い時に目立ちますが、気がつくと普段から結構足をクロスしています。
オムツを交換する時もそんな感じでなかなか交換できず、クロスしているのをほどくと、またクロスしようとします。
うつぶせで遊んでいるときも、クロスしていることがあります。
いつでもというわけではありませんが・・・。
ハイローチェアに座らせていて、眠くてぐずりだしたと思うと、座った状態でも足をクロスさせていたりします。
寝着いた時は赤ちゃん特有のM字になっています。
M字というより、足の付け根が直角になるくらい両足が開いていたりします。

ネット検索をしてみても、あまりひっかかりません。
自慰行為というのは見つけたのですが・・・。
脳に異常があると言われると気になってしまいます。

首すわりは3ヶ月頃、寝返りは4ヶ月頃初めましたが、未だ反対側には寝返れません。
寝返り返りもたまにしますがあまりうまくできず、ゆっくり戻ろうとしているものの、今日もゴツンと頭を床にぶつけていました・・・。
泣くほどではないのですが。
足をクロスし始めたのは、4ヶ月頃からではないかと思います。
それまでは夜寝かしつけるときは、一緒に横になるとすんなり寝てくれていたのですが、このポーズをするようになってから泣いて寝着いてくれなくなってしまいました。
私以外の人に慣れておらず、他の人に抱っこされるとすぐに泣きだします。
でも私が抱っこしていればご機嫌で、他の人にも笑顔を振りまきます。
よく笑うほうだと思います。

足をクロスしている写真を載せました。
この写真は、比較的力は入っていない状態ですが、ひざがもっとピーンと伸びていて力が入っているときもよくあります。

足をクロスすることについて何かご存知の方、経験がある方いらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

6ヶ月児、脚をクロスさせることが多く心配です。

4歳の息子と、6ヶ月の娘の母親です。
6ヶ月の娘が、いつからか覚えていませんが、頻繁に足をクロスさせます。
変な癖だなぁと思っていたのですが、本当にただの癖なのだろうかと心配になっていたところ、義母に脳に異常があると足をクロスするということがあるから要注意だと言われました。
義母も詳しくはわからないらしいですが、そういうふうに言われてますます不安になってしまいました。

特に気になるのが、眠い時です。
眠くなると、片方の足のかかとをも...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
もしかしたら、状態が違うかもしれませんがお困りのようだったので参考までに。

うちの娘は、6ヶ月くらいの頃から、足をクロスさせてそのまま力を入れて動いたりするクセが始まりました。
主におっぱいが欲しいときや眠いときだったと思います。
そして体力がついてくるとクロスさせたまま腹筋を使って上下運動するようになりました。
息も荒くなるし汗もかくので心配になり1歳半検診で相談もしましたがよくわからない、ただのクセでは?とのことでした。(自慰行為でもないとのこと)
そして2歳前に全くしなくなったので、安心していたのですが2歳半になってから
また再開。現在もしていて3歳検診で相談しましたが明確な回答はなかったです。
見ていると、ストレスがたまったときや、つまらない時にしているようです。

質問者さんが心配なさっている脳機能での心配は無いのですが、もしかして常同行動かもしれないと思い近々こどもクリニックを受診する予定です。

なんの解決にもならない回答で申し訳ありませんが、おそらくネットで検索しても経験談がないと思ったので回答させて頂きました。

Qやわらかい赤ちゃん?

 3歳と11ヶ月の2児の母です。
今回は11ヶ月の男の子の事について教えていただきたく、よろしくお願いします。

 未だに寝返りせず、うつ伏せにするといやがって大泣きします。そのためか、ハイハイでなく、ずりバイになってしまってます。ひざに股がらせると足をつっぱり少し立ちますが、すぐに崩れてしまいます。体重は11キロ弱あり、体全体がブヨブヨふにゃふにゃです。

 先日の10ヶ月検診で、筋肉がやわらかい、いわゆる「やわらかい赤ちゃん」だから、ハイハイしたり立ったりするのは遅くなるかも知れないよ、と言われました。また、股関節のはまりがゆるいかも知れないから、レントゲンを取って調べてもらうようにと紹介状をもらい、総合病院で診てもらいましたが、異状はありませんでした。

 この「やわらかい赤ちゃん」というのは、というのは、このまま気長に成長を見守るしかないのでしょうか。何か対策を考えなくても、近いうちに立ったり、ハイハイ出来るようになるものでしょうか。ちなみに、いつもニコニコしている子で、どこへでもずりバイして行っては機嫌良く遊んでいます。

 また、筋肉がやわらかくなってしまったのは、母乳の影響もあるでしょうか?出産してからというもの、甘いものがとても好きになり、暇さえあれば口にしているという状態でした。こんな糖分たっぷりの母乳を飲んでいれば、赤ちゃんだって太るし、悪影響ですよね?

 3歳と11ヶ月の2児の母です。
今回は11ヶ月の男の子の事について教えていただきたく、よろしくお願いします。

 未だに寝返りせず、うつ伏せにするといやがって大泣きします。そのためか、ハイハイでなく、ずりバイになってしまってます。ひざに股がらせると足をつっぱり少し立ちますが、すぐに崩れてしまいます。体重は11キロ弱あり、体全体がブヨブヨふにゃふにゃです。

 先日の10ヶ月検診で、筋肉がやわらかい、いわゆる「やわらかい赤ちゃん」だから、ハイハイしたり立ったりするのは遅く...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。専門的なことはわかりませんが、経験談を。
私の娘もいわゆる筋力の弱い赤ちゃんでした。
ハイハイなどは普通と言われる時期にはしましたが、動きが緩慢で、よその子が目がまわるほどに動きまわるような時期にもゆっくりとしか歩いたり走ったりしませんでした。
たしかに「やわらかい赤ちゃん」というのはタイプとしてあるようです。
しかし異常と言うことではないまでも、体の発達と心の発達はリンクしているものなので、放っておいてはいけない、と保育園の園長先生から言われました。
どうしたかというと「赤ちゃん体操」というのをすすめられました。
いろいろとあるのですが、たとえばハイハイの格好をさせて後ろから足と下半身、上体までを支えて手だけでハイハイさせる運動をしました。
運動の前には必ず全身の筋肉をほぐしてあげる準備体操もします。
これは支えている私の方がかなりきつい運動でしたが、最初は大泣きしながらも、慣れてくると手を交互に前に出すようになり、徐々に自分で上体を支えられるようになり、と変化して行きました。
最初は肩のところで支えていなければならなかったのが、だんだんにウエストあたりに降りてきて、腰だけ支えればできるようになり、歩けるようになってからも続けるとひざを支えればできるように、最後は足首を持ってやれば進めるようになりました。
3才くらいでも毎朝続けました。するとその状態で手だけで階段を上れるようにまでなりました。
そのまま今度は倒立の練習に入りました。すると一人でスッと倒立ができるようになり、終いには側転もできるように。

なぜそんなに上半身を鍛える必要があるのか、園長先生が説明してくれました。
足はたいして鍛えなくてもある程度の時期がくれば健常児なら皆歩けるし、走れるようになる。
けれども筋肉が柔らかく筋力の弱い子は自然に楽をしよう楽をしようと体をかばう発達を遂げる。
そうすると上半身の筋肉はほとんど鍛えられないまま育つことになる。
すると全身のバランスが悪く転びやすかったり、大けがをしやすい体になるばかりか、上体の弱い子はまず固い物が噛めない子になる、のだそうです。
たしかに娘は食べるのが非常に遅く、物を噛んだり呑み込むのがヘタな子でした。
手を使って歩くという普通はしない運動をすることで脳への刺激も活発になり、心身共に丈夫な子供に育つというわけです。

今は小学校に上がった時点で、野菜がいっさい食べられない子、鉄棒ができない子、跳び箱の踏み切りのタイミングがとれない子、転んだ時に手が出ずに顔に大けがをする子、等々、昔の子供では考えられないくらい体が未発達な子が多いです。
現代生活においては「やわらかい赤ちゃん」に限らずどんな子も努力するべき事なんだと教えられました。

娘は生まれつきの筋力の弱さから運動能力の限界はあるものの、今は本当に丈夫で偏食もなく、体力もあります。
スポーツが得意とは言えないけど、6才からバレエをずっと続けています。
もう中学生なんですが、ほとんど風邪もひかず、親が感心するくらい体力がつきましたよ。
あの時の努力の結果なのかも知れないなあ、と思います。

やはり、何もしないよりは、できる努力をしてあげるのがお子さんのためだと思います。
それから甘い物が筋肉の発達を妨げるのは事実です。
離乳食の段階から気を付けて、甘いお菓子などは極力避けてあげてください。
一度覚えてしまうと取り上げるのは大変ですから。
筋肉だけじゃなく、情緒面にも本当に甘いものは弊害を及ぼしますのでお気をつけください。
大きくなるまでは、じっと我慢、が愛情だと思いますよ。

こんばんは。専門的なことはわかりませんが、経験談を。
私の娘もいわゆる筋力の弱い赤ちゃんでした。
ハイハイなどは普通と言われる時期にはしましたが、動きが緩慢で、よその子が目がまわるほどに動きまわるような時期にもゆっくりとしか歩いたり走ったりしませんでした。
たしかに「やわらかい赤ちゃん」というのはタイプとしてあるようです。
しかし異常と言うことではないまでも、体の発達と心の発達はリンクしているものなので、放っておいてはいけない、と保育園の園長先生から言われました。
どうし...続きを読む

Q生後10ヶ月、バイバイ、ハーイ、バンザイ、パチパチいつからし始めました

生後10ヶ月、バイバイ、ハーイ、バンザイ、パチパチいつからし始めましたか?

10ヶ月の子のママです。

息子は、バイバイ、ハーイ、バンザイはしますが、パチパチをしません。
名前を呼ぶとハーイと片手を挙げますが、自分の名前を呼ばれた!返事しよーという思考回路かどうかはとても怪しいです。
バンザイも成功率30%ぐらい・・・。
ハーイとバンザイは半日で覚えたのですが、パチパチはもう5ヶ月程度していますが未だ覚えずです。

あと、手差しもまだです。
児童館の同月齢のお友達がキリンの絵を「指差し」した時にはすっごく驚きました。

成長がゆっくり目の子なので、「いつかはするんだろうなぁ」と思ってはいますが、身内に知的障害の成人、子供、が数名いるのでやっぱりちょっと心配になっちゃいます。。。

Aベストアンサー

3歳5ヶ月、0歳10ヶ月の姉妹の母親です。
10ヶ月の次女は、バイバイとパチパチはします。
ハーイとバンザイはしません。
ついでに、ヨシヨシでお姉ちゃんの頭を撫で
ブーで、自分のほっぺに両手を当てます。
どれも教えていないんですけどね(笑)

ちなみに長女は、バイバイが出来るようになったのが1歳直前。
バンザイは1歳を過ぎてからでした。
ですが1歳半で、90語の言葉を喋ったり聞き分けられ
今では、幼稚園プレでは誰よりも活発に発言し
おゆうぎも完璧に踊り、元気いっぱいですよ。

ところで、私の地域では10ヶ月健診があるのですが
(実は、次女の10ヶ月健診は明日です)
質問者様の地域にはありますか?
心配であれば、そこで質問してみるのもよいかと思います。
でもおそらく「問題ありません」と言われると思いますよ。

親が必要以上に心配したり不安になると
不思議とその気持ちが子供にも伝わってしまうので
もう少しのんびりと成長を見守ってあげてみてはどうでしょうか。
我が家の姉妹に比べると、質問者様の息子さんは凄いですよ!

Q筋肉の柔らかい赤ちゃんのその後について

2歳半になる息子がいますが、赤ちゃんの時から筋肉が柔らかく、お座り11か月、歩行1歳半と遅いです。二歳半になる今も、ジャンプができず、運動面はやはり遅いようです。
言葉も単語がぱらぱら出るぐらいで、二語文はまだです。
発達相談の心理士さん保育士さんによると、よだれが多く唾をうまくのみこめないのもあるし、体の発達が遅い(筋肉が柔らかい)のも関係しているのかもと言われています。
筋肉の柔らかい赤ちゃんは、発達が遅れがちになると、何かで読んだのですが、具体的にかかれているものがあまりありません。情報をお持ちの方、またここに情報がのっている等、教えて下さい。

また、同じように筋肉の柔らかいお子さんをお持ちの方で、その後について教えていただけるのであればご回答いただけないでしょうか。このまま発達の遅れが顕著になってくるのか、または将来筋肉関係の病気になりやすいんじゃないか、など心配になってきました。
アドバイスや今の時期、意識してやっておいたほうがいい事などがあれば教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

筋肉が柔らかいというのを「低緊張」だと解釈してよろしいでしょうか。現在小学一年生のうちの子は低緊張です。
やはりお座りが安定して背筋を伸ばして出来るようになったのが10ヶ月ころ、ひとりでつかまらずに立ったのは1歳10ヶ月、自力歩行1歳11ヶ月と平均より遅かったです。
自治体の1歳半健診の時に(つかまり歩きは出来たけど)自力で歩けなかったので、発達相談をしてリハビリを受けるようになりました。リハビリはその後、幼稚園卒園まで受け続けました。

ジャンプもそうだし、運動面ではなにもかも遅いです。ただし、まわりより数年遅くても必ず出来るようになってます。ジャンプも平均台もスキップも。現在もまわりと比べれば運動能力はまだまだですが、7歳ですからまだ伸びる余地がいくらでもあります。
リハビリの時に作業療法士さんからは「この子は今、他のお子さんと比べて7~8割の運動能力があります。今後もこの子のペースで発達していくと思います。でも他のお子さんも伸びていくので、相対的には常に人の7~8割のところで伸びていくと思います。」と言われたことがあります。これはあくまでわが子のケースですけども。

筋肉は問題ないけど運動経験の圧倒的に足りないお子さんと、少しくらい低緊張でも(←残念ながら程度問題はあります。個人差はありです)運動経験をたくさん持って適切なリハビリをしているお子さんでは・・・。最終的にはどっちがどうなるんだろう?今、わが子で実験中…というと言葉は悪いですが、案外、経験やリハビリである程度カバー出来るものなんだと実感し始めているところです。

お子さんが低緊張だけで他に病気がないなら、筋肉関係の病気とは関係ないのでは?少なくとも私は関係があるという情報は持っていません。医師からも理学療法士・作業療法士からも聞いたことはありません。

言葉のほうですが…うちも遅かったです。低緊張と関係があるかどうかは不明です。原因とか、関係性とか…とても難しいし、それが分かったところで他のこと比べて遅れている事実に変わりはないので私はあまりそのあたり追求しない方です。
3歳半の時点で幼稚園から言葉(コミュニケーション)の問題点について指摘を受けました。(指摘しない園もあります。私は気づいたことがあればぜひ教えて欲しいと頼んでおいたので、すぐに教えてもらえたと思います)言語療法士さんに相談しましたが、その時点では個人差の範囲なので様子見と言われ、4歳半の時に今度は私自身が気になりまた相談しました。すると今度は言葉の発達が遅れているということで、言語指導を受けるようになりました。これは幼稚園卒園までみてもらい、小学校に入ってからは教育委員会の通級教室(ことばの教室)でみてもらってます。
わが子のケースで言えば、ここ1年の言語的な伸びはものすごくて…正直驚くほどです。

個人差あることなのは当然ご承知とは思いますが、やっぱりなんでもやればやっただけのことはあります。わが子の場合ですが、幼稚園年中の頃は半年以上遅れていると言われた言語的な能力ですが、現在平均になりました。むしろ言語的な面以外ではかなり高い能力があると言われたほどです。運動能力・言語能力をあげたくていろいろやってきたことが、不得意面はもちろんのこと、得意な面も結果的に伸ばして全体の力を底上げしてくれたように思っています。

我が子も、運動面ではリハビリ、言語面では言葉の教室など、自治体のサービスにたくさんお世話になってきました。また自分でもなるべくアンテナを張って、ネットや本や同じようなお母さん方などから情報収集してきました。このような場所ももちろん有効活用してどうぞ頑張ってみてください。

「感覚統合」という理論があります。私は知ったのが最近なのですが、もっと子どもが小さいうちから知っておきたかったと思いました。でも今、すごく参考にしています。具体的な内容まではここに書ききれませんので、よかったらご自分で調べてみてください。理論の本も出てますし、具体的に子どもとどうすればいいかの本なども出ています。

筋肉が柔らかいというのを「低緊張」だと解釈してよろしいでしょうか。現在小学一年生のうちの子は低緊張です。
やはりお座りが安定して背筋を伸ばして出来るようになったのが10ヶ月ころ、ひとりでつかまらずに立ったのは1歳10ヶ月、自力歩行1歳11ヶ月と平均より遅かったです。
自治体の1歳半健診の時に(つかまり歩きは出来たけど)自力で歩けなかったので、発達相談をしてリハビリを受けるようになりました。リハビリはその後、幼稚園卒園まで受け続けました。

ジャンプもそうだし、運動面ではなにも...続きを読む

Q娘の頭が異常に大きい・・気が狂いそうです。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
母子手帳で見ると標準よりも大きいくらいかもしれませんが、見た目は小学校の中学年くらいはあります。
実際に、小学生よりも大きいことはざらで、娘よりも大きい頭の年長児を見たことが無いです。
頭の形も見たことが無いような感じで、とにかく頭の天辺が平らで物を置いてもなかなか落ちないい平らです。両親にも形は全く似ていなくてそれも不安です。どこまで大きくなるのでしょうか・・
本当に不安で怖くて夜中にうなされます。
全身が毛深くて、二の腕は男性のすね毛程濃くて、ホルモン異常かと思い病院には何度も連れて行きましたが、特別おかしな数値では無いと言われました。
肌も両親とも白いほうですが、娘はなぜか色素沈着をおこしたような黒さで病気が隠れていないか不安です。
今は通園の時にいぶかしげに見られるのが堪らないです。悲しいです。
年少にあがるのが怖いです。
どんなことでも構いませんのでご意見ください。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
...続きを読む

Aベストアンサー

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症 頭囲” で検索するとかなりの数でヒットしますから、頭囲の大きさで発達の仕方の傾向を見極めるというのは以前からあったし、根拠あってのことだと思います。

トゥレット障害も頭囲が大きめであることも、体毛が濃いのも、広汎性発達障害の特徴の一部である、そうとらえたとき、それらが独立した特徴ではなくて、一つの連続体に属する特徴なんだと理解できると思います。
娘さんには複数の障害があると考えるよりも、全ては広汎性発達障害というカテゴリー内に収まる特徴であり、発達のバランスとは、そういう風に一見 無関係に思えるようなことにも影響が出るものと受け入れると、心に掛かる負担が軽減できると思います。そして、水頭症でない以上は、心配なさっているほどにアンバランスにはならないと思いますし、成長すればレーザー脱毛という手段もあります。

ともかく、親が気にしなければ子供はあまり気にしないし、親がいつでも平気だという顔をしていると子供も安心します。
だから、お母さんは例え演技であってもお子さんの前では平気だと振舞っていて下さい。トゥレット障害も、親があまり気にすると、それがお子さんにはストレスになって症状が重くなることがありますので、これに関しても、お母さんが止めようにも止められないことですから、それはお子さんの特徴なんだと、それ以上は考えず受け入れてあげてください。無理に症状を抑えようとか、自分が悪いと思わない、その方が子供の症状は軽減するものだそうです。
______

下記の1は、個人のブログなので直リンクを避けるため “h” を外しての紹介になります。タイトルはアスペルガー症候群になっていますが、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)について書かれたもので、文章の真ん中あたりに、ちょうど ご質問者が疑問に思っていた娘さんの特徴と符合することが書かれています。
2と3は主に行動上の特徴について書かれていて、3ではトゥレット障害(トゥーレット症候群)が広汎性発達障害に分類される症状であると書かれています。
発達障害全般が未だ研究途上ですが、1~3のどれも参考になると思います。

1)【アスペルガー症候群】ttp://igagami-takeshi.net/document/2011.12.26.html

2)【手をつないで・・・ 自閉症親子のノンビリ成長記録/高機能自閉症とアスペルガー症候群】    
            http://www7a.biglobe.ne.jp/~poyosuke/1koukinou.html

3)【広汎性発達障害とは】http://dditoguchi.jp/b01what-pdd.html
    

障害と考えると辛くなると思いますが、概念に縛られずに生まれつき発達の仕方が定型発達とは違うということ、発達の仕方が違っていても伸びしろもちゃんと存在しているということ、そのことを受け入れ、早期から療育することで当人が社会に適応できる力や可能性がぐっと高まること、このことを信じて娘さんたちに温かく接し、親子の信頼関係を深めて行ってください。

今は下の娘さんのことが気掛かりだと思いますが、上の娘さんも悩んでいるお母さんのことを心配したり不安になったりしていると思います。
同じ経験のない者が言っても心に響かないかもしれませんが、ご質問者が下のお子さんのことで悲しめば、上の娘さんも悲しむし、お母さんの気持ちが解っていても、上のお子さんは愛情が下のお子さんにばかり向かっているような寂しさを持つものなのです。親が、どんなに愛していても。
子供って親が悲しんでいると直ぐに察してしまうもので、辛いけれど、いま出来ることを考えて、気持ちを切り替えて行くことだと思います。
______

発達障害という響きは重い十字架のようで辛いですが、脳を含めた身体上の設計図は親には書き換えは出来ません。設計図の書き換えはできなくても、子供の心の中を豊かにしたり、周りの偏見を取り除けるように働き掛けたりは親にも出来ます。
先の回答では発達障害にまつわる暗く重たいことばかり書いて申し訳なかったと思いますが、当事者の家族である以上、綺麗ごとばかりは書けませんでした。
けれども、出来る努力をすることで報われたこともたくさんあります。
完璧を目指せば辛いことばかりですが、出来ることを一つ一つやっていくことで得られることは必ずあります。

私は息子の幼稚園でも、小・中学校、高校と、どの担任にも必ず息子が過去に髄膜脳炎に罹ったこと、その影響で脳波に乱れが生じ抗てんかん薬を飲まなければならなくなったこと、ADHDとLDを合併するに至ったこと、全てを話しました。今は脳波が正常になり、抗てんかん薬のお世話になっていませんが、小学生の頃は抗てんかん薬の影響で眠気が強く、動作も緩慢になりやすいということを先生に説明して、理解を得るようにしました。

一般の子からみたら どんくさくて、虐めに遭うこともありましたが、ちゃんと仲の良い友達も出来て、「○○君て、面白いね」と慕ってくれる子もいました。
学校を休みがちだった息子を心配して「○○君が、学校に来ないと寂しいねと生徒が言っていましたよ。私も調子が出なくて寂しいです」と言ってくださる先生もいました。「それって、本当のことでしょうか? 気を遣って言ってくださっているのでは…」と、こちらから尋ねましたら「いえ、本当なんです。○○君はムードメーカーなんで、その場が明るくなるんです」と、息子のことをそんな風に温かな思いで見てくださっていたのです。

息子は人生のスタートを切って直ぐに大病をし障害も負いましたから、だからこそ人に優しくできる子なんです。一度友達になった子はずっと友達でいてくれるし、虐めに遭えば助けてもくれるし、虐めをした子もちゃんと謝ってくれました。
手が掛かるし、馬鹿な子ほど可愛いに近い感覚なのかもしれませんが、「先生、お疲れ様ですと言ってくれるのは○○君だけです。○○君にはいつも癒されています」と息子を褒めてくださる先生もいらっしゃって、転校の時は寂しがって別れを惜しんでくださいました。

そんな風に、障害のことをこちらからきちんと話すと、どの先生も理解を示してくださって協力的でした。障害があるからこそ、良いところを見つけよう、伸ばそうとしてくださる先生方がたくさんいて、息子が周りに溶け込めるよう、仲間外れにならないように心配りしてくださいました。

だから、ご質問者も娘さんのことで心配なこと、気掛かりなことは先生たちにどんどん仰って、心を開いて行ってください。応対に疑問があれば、そのこともちゃんと伝えてください。
医療の場でも教育の場でもです。
こちらが真剣であれば、先生たちは熱意をもって応えてくださりますよ。

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報