あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

東京の弁護士事務所はなぜ四ツ谷と銀座に多いのでしょうか?
このように質問すると
「新橋や虎の門や霞が関にも弁護士事務所はたくさんあるぞ!」
と言われそうですが、新橋や虎の門や霞が関にたくさんあることは知っています。
また、この三か所に弁護士事務所が多いのは
東京地裁のJR最寄駅であるJR新橋駅と、東京地裁のある霞が関に挟まれた地域であり
東京地裁へ徒歩で行ける距離なので弁護士業には都合がいい、
という至極当然な理由です。


しかし銀座からは東京地裁まで歩いていくのは少々時間がかかります
(ま、地下鉄を使えば霞ヶ関駅までは近いですが)
それに「銀座に店を出す」というのは商業人なら最高級のステータスなのはわかりますが、
別に弁護士が銀座に店(事務所)を構えなくても別にいいのではないか、と・・・
弁護士事務所は路面店を開くわけではなく、みな雑居ビルにテナント入居していますが、それにしたって
銀座の事務所賃料はそれなりに高いでしょうし、そこに弁護士事務所を開いたからといって皆が皆
三越デパートや銀座松屋デパートや、ティファニーやシャネルの顧問弁護士に成れるわけでもないでしょう。
女性弁護士の場合、通勤時に華やかなブランドのお店の前を毎日行ったり来たりするのが楽しくて
銀座に事務所を出すのかもしれませんが、そんなのひと月もすれば飽きるでしょう。(女性の場合は飽きないのかも知れないが)


四ツ谷に弁護士事務所が多いのはなぜでしょうか?
四ツ谷消防署の角から神宮方面に100mほど行くと「弁護士ビル」という弁護士事務所ばかりが入居している
テナントビルがありますが、そのせいで四ツ谷の弁護士事務所が多いわけではないと思いますが。

四ツ谷に弁護士事務所を構えるのは何らかのステータスなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たまたま空きがあり、集まったのかもしれませんね。


新宿区内の四谷もあれば、千代田区内の四谷もある。
中央線、総武線、山の手線への出やすいし、そこからいろいろなところに行けます。地下鉄もあり、どこにでも行けるような機動力があるからでしょうか?
ということは、夜遅くまで仕事をする
また、比較的家賃も、山手線内では坪単価が10万以上なので、ステイタスにもなるのかもしれません。
最も信用力は、場所や顔や学歴では決められませんけど(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
たまたまなんですね

お礼日時:2016/02/27 23:05

はい、ただのステータスです (^_^;



○○に事務所が有る=儲けてる=案件を沢山こなしている=経験が豊富である=信頼できる

という三段構成になっています。

家賃が安いからと中野に事務所を構えたとして、そんな場所の弁護士さんを信用できますか?  (°O゜)☆\(^^;) バキ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
弁護士にとっても「銀座に事務所を構える」はステータスなんですね。

四ツ谷に弁護士事務所が多いのはなぜ?

お礼日時:2016/02/27 06:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士さんの多忙さについてご存知の方教えてください

独身女性会社員です。

最近、20代後半若手弁護士さん(新司法試験合格、イソ弁)と知り合いました。
穏やかで性格もよく、少しづつ距離を縮めていけるといいなと思っているのですが、非常に忙しそうです。デートを1度しました。

自分の周りに弁護士さんがいないので、どのくらい多忙なのかがわからず、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、どのくらい忙しいのか、デートやメールの頻度、距離を縮めていきたいと思ったら、どのようなことに注意すればよいかなど、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

主人が30代前半の勤務弁護士です。
イソ弁は忙しいですよ~。面倒な案件を上の先生からガンガン振られますから(^^;
私も交際してた頃、メールの返信は遅いし、土日もゆっくり会えないしで寂しい思いしました…。
基本的に用事のないときはメールしなかったし、デートも月二回位でしたね~。
弁護士といっても一人一人好みは違うので、お近づきになる方法はなんとも言えませんが、私の知る限り、弁護士の奥さんはしっかりしたタイプが多く、家庭的というよりは外でバリバリ働いている人が意外と多いかも。
彼らは現実的だし、自分が努力家な分、女性にも同じものを求めがちなので、一般的にもてそうなふわふわした天然系の女性とかにはあまり惹かれない傾向がある気がします(^^;

Q法学部以外の学部からの法科大学院への進学。

こんにちは。初めての投稿です。
弟が高校3年生で進路について悩んでいるので、そのことについて相談させて頂きます。

弟は、大学卒業後、法科大学院への進学を希望しています。大学も法学部へ進みたいのですが、この間のセンター試験で思うような結果が出ず、志望大学である名古屋大学の法学部への合格は難しいようです。
法科大学院について調べた結果、法学部以外から入学することも可能なようですので、弟は同大学の経済学部の受験も考えているようです。
経済学部を卒業し、法科大学院に進学した場合、法学部を卒業されている学生さんに比べて、他学部からですとどの程度大変なのでしょうか?

出来るだけ早く、どちらの学部を受験するか決めなければならないようです。
申し訳ありませんが、早急にご回答お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。私は名古屋在住阪大法学部卒で現在司法試験浪人中という身分の者です。
端的に現状を言いますと、法学部は法科大学院2年コースに入るには「多かれ少なかれ」効率的ですが、入るための内容を期待するのは無理です。外部からだと、法学部=弁護士になるための内容と思いがちですが、司法試験合格者の90%ほどが予備校とのダブルスクール出身者です。それは現在の制度になってからも(むしろ以前より)かわりません。要するに、法学部へ行ってもほとんどの人が予備校で勉強しないと合格できていないというのが現状であり、逆に他学部でも予備校に行って合格する人が結構います。
どんな点についての回答をしたら御希望に添えるかわかりませんが、ロースクールについて申しますと、センター試験のような形で論理力等の試験(就職試験で企業が課す試験みたいなものと思ってください)があり、2年コースは専門科目が必要となります。この前者の試験を突破するために、今法学部生が予備校へ行って必死で勉強しています。法律でないものをです。また、法学部であるにもかかわらず、ロースクール既習者試験の専門科目に対応できないために未修者試験でいった人もたくさんいます。
要するに、日本のこれまでの法学部はその程度のこと(というと批判的ですが実務でなく法学という学問を教えてきた)しかやってこなかったのです。それでロースクールで一括して実務家を養成しようとしているだけで、およそこの法学部の性格は今後もさほどかわらない(私立でない限り)と思われます。
私の立場から結論を申しますと、どの学部でも予備校へいくなら同じ。法学部なら2年コースに有利というだけだと思います。

こんにちは。私は名古屋在住阪大法学部卒で現在司法試験浪人中という身分の者です。
端的に現状を言いますと、法学部は法科大学院2年コースに入るには「多かれ少なかれ」効率的ですが、入るための内容を期待するのは無理です。外部からだと、法学部=弁護士になるための内容と思いがちですが、司法試験合格者の90%ほどが予備校とのダブルスクール出身者です。それは現在の制度になってからも(むしろ以前より)かわりません。要するに、法学部へ行ってもほとんどの人が予備校で勉強しないと合格できていない...続きを読む

Q弁護士と結婚することのメリットデメリット

弁護士さんと結婚すると、どんなメリット・デメリットがありますか?
特殊なお仕事なので、結婚するには勇気がいるのですが。。
今はデメリットばかり気になってしまって、前に進む気が薄くなってしまいます。

性格が合えばいいじゃない、とかそういうご返答ではなく、客観的なご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

★デメリット
(1)依頼者・相手方から逆恨みされる場合があります。
やはり基本的には紛争・もめごとに関わるお仕事ですし、
人によっては一生の問題であったり、
またその問題を抱えているせいで当事者が精神的に不安定になっている場合もありますので、
ある程度は不可避ではないかと思います。
けれどよっぽどのことがない限り、
それで結婚しない決定打にはならないのではないでしょうか。
逆恨みされやすいのは医師等他の職業も同じですし。
女性で本人が弁護士という場合も多いですから、
そこまで危険とは思えません。
(2)それよりも多忙な点が一番ネックではないかと思います。
仕事も忙しいのに加えて付き合いも多いですし、
若いうちは特に夜は帰宅が遅くて寂しい思いをすることもあるでしょう。
特に彼が渉外弁護士である場合は、あなたご自身が耐えられるかどうかを少し考えたほうがいいかもしれません。

★メリット
(1)自由業なので退職金はないですが、その分収入は多いほうです。
自分で起業するよりは少ないでしょうが、
中流の生活を望むのであれば問題ないと思います。
(2)弁護士という肩書きは、世界中どこでもそれなりの人物としてみてもらえます。
だから何?との話でもありますが(^-^;)
信用はしてもらいやすいでしょうね。
(3)若い頃は多忙ですが、
自由業なので自分で時間をコントロールできます。
ある程度の年齢になればサラリーマンと違って長期休暇も取りやすいです。
(4)法律に詳しいというのは、それだけでも心強いものです。
身内や友人に離婚・相続など問題が起きた時もすぐ相談できますし。
意外とこれは一番大きなメリットかもしれません。
(5)頼りになります。
社会的に責任のあるお仕事ですから、
自然と人を見る目も養われますし、
人間としてつまらないということはあまりないでしょう。人によりけりですが・・・

★デメリット
(1)依頼者・相手方から逆恨みされる場合があります。
やはり基本的には紛争・もめごとに関わるお仕事ですし、
人によっては一生の問題であったり、
またその問題を抱えているせいで当事者が精神的に不安定になっている場合もありますので、
ある程度は不可避ではないかと思います。
けれどよっぽどのことがない限り、
それで結婚しない決定打にはならないのではないでしょうか。
逆恨みされやすいのは医師等他の職業も同じですし。
女性で本人が弁護士という場合も多いですから、
そこまで...続きを読む

Q住民票、身元証明書を取る際に必要なもの

住民票と身元証明書を市役所に取りに行きます。印鑑などいるのでしょうか?必要なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

H20.5から窓口での本人確認が法律で義務化されています。
つまり、本人確認のため、
運転免許証、パスポート、
住基カード、健康保険証などが必要です。
ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。
あとは、ハンコと手数料ですね。


人気Q&Aランキング