プロが教えるわが家の防犯対策術!

年金手帳が、会社保管から個人保管になりました。なんでそうなったのか?教えて下さい。

A 回答 (3件)

>年金手帳が、会社保管から個人保管になりました


最近、その傾向があります。

これだけ、マイナンバーについて騒がれているのに、
個人情報を会社で抱えているのはいかがなものか?
という発想だと思います。

マイナンバーに比べたら、
扶養控除申告書、年金手帳、雇用保険被保険者証
など、個人情報そのものずばりの書類で、
危険がいっぱいです。
マイナンバーなど比較にならないほどの
個人情報のかたまりを会社の総務は昔から
保管しているわけです。

お国の制度上の義務として抱えているものも
あるわけですが、年金手帳は関係ないですね。

こうした個人情報が集約されて厳重保管が
必要となっていて、かつかさばるものは
保管にもコストがかかります。

ですから、従業員を多数かかえている会社では
個人保管に変えて、少しでも負担を減らそうと
しているんだろうと思います。

いかがでしょうか。
    • good
    • 7

法的に年金手帳の交付対象が被保険者であるからです。


加入者の持ち物を勝手に預かるなと。。。
というよりは「保管・管理責任は交付を受けた本人にあるから」と言った方が正確ですね。
    • good
    • 1

> なんでそうなったのか?


制度としては個人で保管するべきものです。
ただ、住所変更や改姓手続等の申請を会社で行うため、すぐに手続きできるよう会社で保管しているケースもそれなりに有るというだけです。

個人情報の管理等で誰か会社の上の人が問題にしたのでしょうね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す