プロが教えるわが家の防犯対策術!

キリストが十字架に架けられた時泣き言を言っていたのはどんな感情だったのか?
神と別れるといっても一時的なものでまた復活できる事を知っていたら何故泣き言を言うのか?
(神と別れるという意味も分かりません)
上の二つを自分でもイメージできるように教えてください。
(自分はキリスト教徒ではありませんどうしても理解できない事なので知りたいです)

A 回答 (1件)

1. まづイエス・キリストは ≪ふつうに父ヨセフと母マリアとの


コイトスによって生まれて来た男である人間イエス≫であると同時に
≪父なる神の独り子であり同時にみづからも神であるキリスト≫です。
物語と神学によると そうなっています。

2. イエスは 人間イエスとして 神を伝える活動の中でやがて
自分が木に張りつけにされるさだめにあることを知って 悲しみ大
声を上げて泣きました。

3. そしてこのこと・つまり十字架上の磔刑を受けることについ
ては 神の子キリストが父なる神とともなる存在として 自分〔た
ち〕自身のはかりごととして決めたことである。むろんそう知って
いる。

4. なぜ十字架じょうに去って行くのか? これについては次の
趣旨説明を参照してください。
【Q:闇の中にいた人が光を見たと言えるようになるには? そして
・・・】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9220149.html

5. 上記(1~3)は 次のように記されています。:
≪そのこと≫が近づいて来たとき イエスは 弟子たちとオリーヴ山
に行ってゲッセマネの園で 祈る時を持った。・・・
▲ (マタイによる福音書/ 26章 39節) ~~~~~~~
少し進んで行って、うつ伏せになり、祈って言われた。
「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてくださ
い。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」
~~~~~~~~~~~~

6. あるいは別様に:
▲(ヘブライ人への手紙/ 05章 07節) ~~~~~~
キリストは、肉(=人間イエス)において生きておられたとき、激
しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある
方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れ
られました。
~~~~~~~~~~~~~~~

7. つまり単純に分析すれば 人間イエスは大泣きに泣き 神の
子キリストは その自分自身のはかりごとを行なおうと確認した。
となると思います。

8. さてお尋ねの:
★ キリストが十字架に架けられた時泣き言を言っていたのはどん
な感情だったのか?
☆ 感情と心と意志とは すでに述べました。そうではなく ほん
とうにお尋ねなのは 十字架じょうにあるイエスの次の言葉につい
てなのでしょうね。
▲ (マルコによる福音書/ 15章 34節) ~~~~~~
三時にイエスは大声で叫ばれた。
「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」
これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのです
か」という意味である。
~~~~~~~~~~~~

9. これは かんたんです。次のように旧約聖書『詩編』の一つ
の詩の冒頭の句をイエスは言ったのであり そこでは やがて神へ
の賛美に転調して行くからです。:
▲ (詩編/ 022編 002節;024~026) ~~~~~~~
http://www.bible.or.jp/read/titlechapter.html

2: わたしの神よ、わたしの神よ
なぜわたしをお見捨てになるのか。
なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず
呻きも言葉も聞いてくださらないのか。
・・・
24: 主を畏れる人々よ、主を賛美せよ。
ヤコブの子孫は皆、主に栄光を帰せよ。
イスラエルの子孫は皆、主を恐れよ。
25: 主は貧しい人の苦しみを 決して侮らず、さげすまれません。
御顔を隠すことなく 助けを求める叫びを聞いてくださいます。
26: それゆえ、わたしは大いなる集会で あなたに賛美をささげ
神を畏れる人々の前で満願の献げ物をささげます。
・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~

10. ちなみに そこでは同じく:
▲ (詩編/ 022編 017節~019節) ~~~~~~~~
19: 犬どもがわたしを取り囲み 
さいなむ者が群がってわたしを囲み
獅子のようにわたしの手足を砕く。
18: 骨が数えられる程になったわたしのからだを
彼らはさらしものにして眺め
19: わたしの着物を分け 衣を取ろうとしてくじを引く。
~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ とあるのですが これが磔のときに実際に行なわれたらしく 
そのことが記されています。
▲ (マルコによる福音書/ 15章 24節) ~~~~~~
それから、兵士たちはイエスを十字架につけて、

  その服を分け合った、
  だれが何を取るかをくじ引きで決めてから。(詩編 22:19 )
~~~~~~~~~~~~~~~~~

11. このような事柄をつうじて見るに 人間イエスはともかく
として 神の子キリストとしては すでに――旧約の時代から――
神のはかりごとにあって ≪人の子≫が木に懸けられることは決まっ
ていた。と考えられているようです。

12. イエスなる男は 悲しみおそれ泣いたのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング