色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

気体の標準状態を、温度 25℃ (298.15 K) 、圧力 1 bar (100kPa) の状態とすると、
理想気体におけるモル体積は24.8(L/mol)となる。これが、温度0℃の状態では、
モル体積は22.7(L/mol)とみなすことが出来るのでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    空気中の水蒸気の体積濃度を求める場合、25℃では気体1molの体積は、24.8(L/mol)を用いて、
    0℃の時は、22.7(L/mol)を用いして計算すればよろしいでしょうか。文献によって、気体の標準状態ということで、24.8(L/mol)をどの温度でも定数として用いるケースもあります。

    よろしくお願いします。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/07/19 23:16
教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

シャルルの法則・・中学校で学んだ。


 気体の体積は絶対温度に比例する。
>温度0℃
 絶対温度は何度ですか??
    • good
    • 0

気体の状態方程式


PV=nRT を変形する
nR=PV/T
nRは一定なので
P1V1/(298.15K)=P2V2/(273.15K)
となり、最初の標準状態(SATP)の時、圧力P1=100kPaで、容積V1=24.8であった。
圧力が変化しないP1=P2とすると、
V1/(298.15K)=V2/(273.15K)
となる。これにV1の容積を代入して計算すると、
V2=24.8(L/mol)×(273.15K)/(298.15K)=22.7(L/mol)
答えは合っています。

気体の標準状態は幾つか種類があるので注意が必要です。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング