新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

隣との境界線部分にU字溝がある土地を買いました。契約する前にはU字溝まで自分の土地で、管理もしなければならない(そうじなど)という説明はまったく受けていません。それを知らされたのは前金を払い、図面ができてからです。
しかもフェンスは溝の内側に設置されると説明が詳しくあったのは、土地のローン契約が終了してから。図面にはその通り書いてあるようですが、素人ではわかりません。
それにフェンスが溝の内側にあるとすると、隣の土地へ入らなければ、溝の掃除ができない状態。しかし溝の向こうには隣の家の生垣があり、木が生い茂っていて、何メートルも続く溝の掃除をすることは困難。木の葉も溝に落ちる。溝のふたは「法律上つけられない」という。
溝の分の面積も購入していますが、フェンスの向こう側のため、まったく使えない部分。溝の向こう側にフェンスを作るスペースはないとのこと。
このような場合、本当にふたをつけることは違法になるんでしょうか?フェンスが溝の向こう側に設置した上、溝にふたがつけば一番納得できるのですが…

長文申し訳ないです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

U字溝の目的(もちろん排水のためでしょうけど)、他との関係などが不明なので、状況がよくわからない店がありますが、基本的にご質問者の土地内に建てるフェンスについては、ご質問者の所有になりますので、自由に出来ます。

つまり出入り口を作る、フェンスそのものをなくすということは出来ます。

ただU字溝の向こう側にフェンスをつける場合は、当然フェンスのスペースを確保するため、その分U字溝をずらさなければなりません。

ここで問題になるのがU字溝の目的です。ずらすことが可能な物なのか。

あるいは開発行為による土地分譲又は建売分譲などであれば、そのU字溝は開発申請により認可されたものである可能性が高く、この場合は今更位置の変更は出来ません。(役所が認めない)
しかし、ご質問の契約後に図面が出来たという説明だと開発分譲とは考えられませんので(開発をかける場合は図面を揃えて申請して認可が下りないと契約できないので)、変更できない物ではないように思われます。

状況が見えませんので、なんとも言い難い物があります。

この回答への補足

不動産屋と協議の結果、解決しました。ありがとうございました。

補足日時:2004/07/25 21:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

「図面ができた」というのは家の図面でした。失礼しました。元は畑で、不動産会社が買い取って、自社で開発した土地だそうです。契約前の説明では、溝のことはまったく説明がありませんでした。
土地を見に行った時に案内してくれた営業の人は、U字溝があったことは知っていたが、説明はしていなかったと認めていますし、その上、フェンスが溝の向こう側に作られるということは知らず、私が説明をして初めて知ったという話でした。

溝の掃除については、フェンスにドアをつける等したとしても、一番奥まで行って掃除するスペースはなさそうです。

フェンスをなくすことも考えていますが、溝に「ふたをつけられない」となると、幼児が落ちる危険もありえます。

お礼日時:2004/07/25 00:04

不動産の仕事をしています。


大変分かりやすいご説明で、自分なりにこのU字溝が何の為にあるか考えてみたのですが、お隣の家以外の土地の為の排水に使われているのかな?としか思いつきません。
購入された時の『重要事項説明書』に『地役権設定』というような文言は入ってないでしょうか?

この回答への補足

不動産屋との協議の結果、U字溝は埋められることになりました。埋めた後、その上に塀が建てられることに。そのため、溝の掃除をする必要がなく、隣地に入って掃除をすることもなくなりました。

いろいろとありがとうございました。

補足日時:2004/07/25 21:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

重要事項説明書を読み返しましたが、『地役権設定』という文言はありません。

U字溝がなぜ作られているのかを現場監督に聞くと「法律上、溝を作らないと申請が受け入れられないんですよ。実際は溝がある意味はほとんどないですけどね」と言われました。完全に密封のふたをするわけではなく、グレーチングでも良いと言ったのですが「それもダメ」と。ちなみに溝の深さは40cmくらいです。今は、すでに隣の敷地の木の葉が溝に埋まってしまっています。

お礼日時:2004/07/25 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の境界にU字溝は必要?

約20年ほど前に購入した家付土地を現在取り壊して建て替えています。
外構は、コンクリートを土地全部に打つだけです。

先日現場監督に、境界線部分にU字溝を入れますか?

と聞かれました。5000円/mくらいとのことでしたのでとりあえず家の周り全部に設置した場合の見積もりを依頼しました。

それで質問なんですが、一般的に土地全部にコンクリを打つ場合、周りにU字溝は設置するものなんでしょうか?それとも不要?

気になるのが、前のオーナーが花壇を作っていたせいか、周りより1段(10cm~20cm?)くらい高くなっています。

あとU字溝というのは結局どこに水を排水するものなんでしょうか?下水?道路?

Aベストアンサー

雨水の排水については、その地域の下水道が合流方式か分流方式かによって決まります。

合流方式であれば、そのまま汚水桝に繋げて放流できます。
分流方式では、別途雨水として放流する必要がありますが、地域によっては雨水の放流先が無い所もあります。
この場合は、浸透式とする必要がありU字溝・桝を浸透型とします。

地域により別途雨水系統の下水道を入れているところもあります。

位置指定道路(私道)では、下水道は私設になり当初は雨水系統の下水道を入れず、道路上のL型溝にながし、公道部分で雨水桝で受けているところもあります。
U字溝を入れると、表層での排水が出来なくなるので、この場合には、新たに雨水系統の下水道を入れる必要が出てきます。


詳しくは、地元の下水道局に聞いてください。

Q溝のトラブルについて教えてください。

家のお隣さんが数年前から自宅前にあった二本の溝に砂を入れて花を植わり、溝を埋めてしまいました。同じ頃から山から降りてくる山水の量が異常に増え、山からの土砂が我が家の溝にたまり雨が降るたびに土砂を通いだすのが一苦労になりました。ほっておくと道に溢れ出す程です。
お隣が溝を埋めたことに早く気づいていればよかったのですが、今は亡き近所の方からの忠告で初めて気がつきました。我が家はすぐ裏が山で山水が降りてくると我が家の溝一本とお隣の溝二本の三叉路に分かれて下に流れて行く構造になっていました。そのうちの二本をお隣が埋めてしまっていたので必然的に我が家の溝が溢れるようになりました。
それであまりにも土砂が貯まり、水の量が多いのでお隣にお話をしに行ったところ、おじいさんは素直に以前溝があったことを認めて「そうです。確かにありました。ええように直します。」と言ってくれたのですが、一旦家に帰ったらおばあさんと息子が大反対をしたようで、おじいさんまで「そんな溝はなかった」と言い直しに来ました。
さらに我が家抜きで知らない間に役場の人を呼び、近所の人を間に立てて、新しく別の溝を我が家の前の道を寸断して作ることになりました。
私はただ、「埋めてしまった溝を元に戻してください」を言っているだけなのに、なぜ役場が公的な資金を使って溝を作ることになったのか、またどうして我が家を抜きに話をすすめることができたのか、何もかもがきつねにつままれたようでした。
そこで母が近所に住む役場の関係者に電話で昔溝があった話など今までのいきさつを話しましたが信じてもらえず「おたくばかりよくなっても・・・」と逆に嫌味を言われてしまいました。一体我が家抜きでどんな話にすり替えられたのでしょうか。
我が家は昔からお人好しの騙されやすい家系で何代も前からお隣に色々騙されてきました。土地を騙し取られた時は裁判まで行ってやっと返してもらえました。
そういった出来事があったため隣との境界線や溝に関わる古くからの契約書などの書物が家にたくさん保管されており、探していたらお隣の溝があった事が書いてある昔の地図が出てきました。
これがあればお隣は認めざるを得ないだろう!!と願いを込めて、母が地図を持ってお隣に行きました。
ところがおばあさんが「おたくら、そ~んな事ばっかり毎日考えよんか!」と地図を見ようともせず、おじいさんが「こんな物がありましたか・・」と言いかけると長男が「じいさんはもういいから奥で休んでいなさい」と言って「決まったことだからこれでいいんです!」と机をバンバンと叩き話になりませんでした。

あれから数ヶ月経ちますが役場の工事は全く始まっておらず雨の度に土砂で溝が埋まっています。おじいさんの話によるとおばあさんが家の前に溝があるのは不格好だから作らせてもらえない、それだけは元に戻せない、と母に愚痴をこぼしたそうです。
我が家はただ溝を元に戻してもらいたい、役場に工事してもらう必要は全く無いと考えています。
また誰に何を伝えたら真実が分かってもらえるのでしょうか。

長文になって申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

家のお隣さんが数年前から自宅前にあった二本の溝に砂を入れて花を植わり、溝を埋めてしまいました。同じ頃から山から降りてくる山水の量が異常に増え、山からの土砂が我が家の溝にたまり雨が降るたびに土砂を通いだすのが一苦労になりました。ほっておくと道に溢れ出す程です。
お隣が溝を埋めたことに早く気づいていればよかったのですが、今は亡き近所の方からの忠告で初めて気がつきました。我が家はすぐ裏が山で山水が降りてくると我が家の溝一本とお隣の溝二本の三叉路に分かれて下に流れて行く構造になって...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

このご質問だけではわからないところがあるので、一部主観が入ります。
以下、長文で失礼します。

まず「溝」のある土地について、所有者や登記地目を確認してください。
確認する先は役場ではありません。
法務局というところです。
あなたのお住まいの場所がわからないので、これでググってください。
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu_index.html
あなたのお住まいの地域を管轄する支局で、まず公図を手に入れてください。
公図とは、土地の地番がおおまかな位置関係で表わされている地図です。
公図を請求するには、目的地の地番(住居表示ではない)を記入しなければなりませんが、あなたの土地のお隣でしょうから、とりあえずあなたの土地の地番で請求してください。
1通500円です。

調べたい土地の地番がわかったら、その土地の登記事項証明書(登記簿謄本の全部事項)を請求してください。
1通1000円です。
あわせて昔の謄本がコンピュータ化などで閉鎖されていたら、登記事項証明書(閉鎖謄本)も請求してください。
これも1通1000円です。
少々出費してしまいますが。

これらを見ると、現在の所有者、土地の地目、それまでの所有者と地目の変遷が記載されています。
要は、土地の戸籍謄本です。

公図と登記事項証明書の読み方は、法務局の窓口で尋ねてください。

水路の場合は、地番の数字は書かれておらず、ただ「水」とだけ書かれています。
認定外道路(里道)の場合は、「道」です。
ここで、溝の土地の地目が「水路」(用悪水路を含む)であれば、「水路」は日本国民の財産であり市町村が維持管理を任されています。
よって、溝の所有者は市町村と考えてください。

もし水路の場合、補修を含めた維持管理は市町村が行います。
一般ピープルが水路管理者の承諾無しに水路をいじることはできません。
そもそも水路は水の流れを阻害しないようにするので、埋め立てたり塞いだりすることはできません。
上部を通行可能にするには、「水路占用許可」を受け、水路を埋設管にするか橋を架けて、一定期間ごとに許可を更新して使用料を管理者に支払います。

仮に水路だったとして、役場の人間があなた方に話をしなかったのは、水路に接する関係者ではなかったのかもしれません。
埋めた溝(水路)を元に戻すか別に経路を作るかは、関係者の承諾を得たうえで管理者が決定するんですよ。
あなたに同意を求める必要は無いと思います。

で、もうひとつの可能性。
「溝」がお隣の土地の一部だった場合(たとえば宅地など)。
これはあなたに土地をいじることについて文句を言う権利は無いでしょう。

民法という法律があります。
条文自体は短いので、関係する条文を貼ります。
---------------------------------↓
(自然水流に対する妨害の禁止)
第二百十四条  土地の所有者は、隣地から水が自然に流れて来るのを妨げてはならない。

(水流の障害の除去)
第二百十五条  水流が天災その他避けることのできない事変により低地において閉塞したときは、高地の所有者は、自己の費用で、水流の障害を除去するため必要な工事をすることができる。

(費用の負担についての慣習)
第二百十七条  前二条の場合において、費用の負担について別段の慣習があるときは、その慣習に従う。

(水流の変更)
第二百十九条  溝、堀その他の水流地の所有者は、対岸の土地が他人の所有に属するときは、その水路又は幅員を変更してはならない。
2  両岸の土地が水流地の所有者に属するときは、その所有者は、水路及び幅員を変更することができる。ただし、水流が隣地と交わる地点において、自然の水路に戻さなければならない。
3  前二項の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。
---------------------------------
と、こんな感じですが、要は、
・自然水流を妨げてはいけない
・やむを得ない理由で水流が妨げられた場合は、自己費用で障害を取り除ける
・費用負担はその地域の慣習で良い
・溝の両側の土地の所有者の同意が得られれば、溝の位置を変えても良い

です。
民法、つまり民事には役場(行政)は介入しないんですよ。
ところが今回は役場が介入していますね。
なので、「水路」である可能性を考えたのですが、一向に工事が始まらないのを見ると、「?」と思います。
もしかしたら、お隣さんが役場の人間と知り合いで、事無かれに抑え込んでいるのかもしれません。

ただし第214条にあるとおり、水流を妨げ、それを放置し、あなたに被害を与えることは許されません。
たとえ少額訴訟の裁判でもあなたが勝つでしょう。

で、大変失礼ですが、お人よしの騙されやすい家系、とのことで、以下の方法が考えられます。
選択は質問者様にお任せします。

1.バカ役人には、対抗馬を立てる。
具体的には、都道府県や市町村議会の議員(秘書でもOK。できれば共産党がベター)さんへ相談し役場での説明に同行を願う。
いままでのいきさつを役場側から丁寧に説明させる。
できれば将来言った言わない、になりかねないので、日付と担当者名入りの名刺とメモをもらう。

2.役場へ質問と今後の改善の手法を確認する手紙を出す。
今は市町村長への市政への手紙というものがあります。
様式を定めていなければ、市役所(直接市町村長)あてに直接手紙を書いてください。
一部局(治水課など)の対応では、上層部に話が届いていない可能性があります。
ことを公(おおやけ)にするのも手。
口先だけではなく、市町印という公印を押した正式文書で回答させること。
部課長宛てではダメですよ。

3.市有地を公費(税金)で手直しするのなら、それについても理由を確認するのも手。
監査委員やマスコミに通報するよ、と脅す(笑)。

4.今どきは、市町村あるいは都道府県で無料の法律相談会を開催しています。
事実が判明し、どこかおかしな手順がわかったら、弁護士に相談するのも手です。
民法という法律は、役所では不介入という理由で門前払いにすることは前述しました。
民法の専門家は弁護士です。

いずれにしても、状況を短時間に先方に伝えられるよう、情報を仕入れ、説明ができるよう資料なども揃えておいてください。
最低限整理(準備)するのは、以下。
・公図
・登記簿謄本(全部事項と閉鎖)
・昔の状況
・いつ頃どういう状況で誰を溝が埋め立てたか
・その時の隣人の対応(できれば日付入り)
・その後の隣人の対応(できれば日付入り)
・役場の対応(できれば日付と担当課と担当者名も)
・今の状況
・そして、あなたのお手元の資料

大変失礼ですが、あなたの要望通りにはならない可能性も考えられます。
役場という組織は、過去の復元ではなく、現状で支障が無ければそれで良し、と考えがちです。
たとえそれが「血税」をつぎ込むことであっても。
住民1家族の考えよりも、自分の組織と自分自身の身を守ることを天秤にかけますしね。
お隣さんが役場の人間と強力なコネを持っていればよけいに不利です。

最悪は少額訴訟も念頭に考え、誰か助っ人を探してください。
それと、ここはカテ違いです。
一応私も建築士ですが、住まいのカテで質問すれば、もっと有益な回答がたくさん付いたでしょう。

もし私の回答で不明な点がありましたら、どうぞ補足で尋ねてください。

こんにちは。

このご質問だけではわからないところがあるので、一部主観が入ります。
以下、長文で失礼します。

まず「溝」のある土地について、所有者や登記地目を確認してください。
確認する先は役場ではありません。
法務局というところです。
あなたのお住まいの場所がわからないので、これでググってください。
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu_index.html
あなたのお住まいの地域を管轄する支局で、まず公図を手に入れてください。
公図とは、土地の地番がおおまかな位置関係で表わさ...続きを読む

Q上下水道 引き込み工事の相場は

公道(市)から、2mで宅内に上下水道を同時に引き込む工事で、見積もり50万円は高くないですか?水道局納付金は含まれていません。
口径20mm、市道は4m幅の砂利敷きで、細かい見積もりを見ると申請手数料、材料費、ガードマン代など30項目もあり、市中の大工事の有様。施工費もカット代、接続代など細かく分かれていて、半日で終わる作業が計30万円位になってます。
材料代もホームセンターなどの小売価格の5倍くらいに書かれてます。
材料費も人件費も何人が何日とリーゾナブルに見積もれば20万円くらいと思われますが、指定業者さんは皆こんな感じでしょうか?
隣町の業者は出来ない工事で、競争が全くないためこうなのでしょう。
危険と責任を伴う工事とはいえ異常ではないでしょうか?

ホームページで各地に支店をもって安くやっているなんて会社ありましたら教えて下さい。

上記は千葉県千葉市の例ですが、安くやった方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

4,6です。

確かに、ここまで諸経費を取って商売をしているのは日本くらいでしょ
うね。私も確かにそこの部分に関しては思うところがあります。

商品を買うにしても、メーカーから直接購入する事が出来ず、商社,
販売代理店を経由して、工事業者へとやってくる流れなのでしょう。
2~3社が間にかんでいる分値段も高くなってしまいます。

しかし、工事は専門家に任せなければいけないのが現実です。
金額、施工業者に納得がいくまで検討、協議して下さい。
各地に支社を持っているような会社であれば、安く材料費を調達
しているでしょう。でも考えてみてください、大手HMでも
大量に資材を調達しているのは間違いないと思われますが、坪単価
は高いですよね。会社が大きくなれば資材とは逆に人件費がかさんで
来てその分を工事に上乗せせざるを得ないのです。
(私は中小の建設会社ですので、経費は少ないですが材料費は
それほど安くは入りません)

難しいですね・・・

Q購入希望土地を横切るU字溝

今購入を考えている土地を横切る形で幅40cmほどのU字溝があります。溝は現在使用されていません。溝の所有者は個人ではなく、自治会のようで昔用水路?として使用されていたようです。現在の所有者が同溝を購入しようと試みたようですが、今はできないようです。溝は道路(土地の一方だけに道路あり)と平行でほぼ2等分する形で横断しています。片方に建物を建てることは可能です。土地は溝をはさんで両側を一括して売りに出されています。建物は溝の上には建てられないようです。場所は気に入っているのですが、こんな土地を買った場合将来その上をまたいで通ると不法侵入とか言われないか?不安です。やめておいたほうがいい、こんな覚書をとりかわしておくべきなどアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

建築の計画において予定敷地を調査するとよく、そのような物件があります。
排水路というのは大きなものは「川」から小さなものは「用水路」「側溝」「どぶ」はてはお尋ねのような「U字溝」まで、その所有者はたいてい「財務省」つまり「国有財産」なのです。
このことは役所に行って「公図」をみれば即わかります。
一番良いことはやはり、この敷地を買い取ってしまうことなのですが、相手が国なだけに手続き等がとても面倒かもしれません。前の方もそれで挫折してしまわれたのでは・・・。
この部分は前述のように「川」と同じですから、おっしゃるように建物を建てることはできません。
しかし、現実的にはその部分に蓋をするという程度のことは許されるでしょうし、もちろん跨いだくらいで「不法侵入」ということはありません。

Q屋根勾配と軒の出について意見を下さい。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建材は優秀だから
問題無い」と言われました。

(1)ネットで調べると、外壁が"木造の場合"は耐久性の観点から
「最低でも60cmが望ましい」と書かれておりましたが建築会社の
言う通りサイディングの場合は25cmでも大丈夫という事なのでしょうか?

(2)知人の大工も「最低でも60cm。意匠なんかどーでも良いから軒を出せ」と
言われましたが「意匠はどーでも良い」とも思えないため悩んでおります。
機能性だけでなく意匠も考慮した場合、何cm位の軒の出がバランス良いと思われますか?

『屋根勾配について』
(3)スレート(コロニアル)のメーカー推奨が3.5寸以上となっており、建築会社も
3.5寸が良いと言っていますが、3.5寸「以上」と言う事は、以前に別の方が
仰っていた通り4寸勾配にしておいた方が良いものなのでしょうか?

大変お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建...続きを読む

Aベストアンサー

軒は長いほど良いと思います。
私が以前建てた家はコロニアルで1尺でした。
日当たりが良く南面は全て大きな掃き出しでした。
夏は地獄のような家でした。
夏は家に入ると温室のように暑かったです。
紫外線により10年で床板は傷みました。
今は瓦屋根の古い中古住宅で2尺です。
夏も涼しく外から入ると締め切っていてもひんやりしています。
冬の日差しを確保するより、夏の日差しをさえぎる事の方が重要だと思います。
日本の家は夏向きが良いと言います。
理想の軒の長さは、軒から窓の下端までの高さの1/3が良いだったと思います。
夏の日差しをさえぎり、冬の日の入る長さです。
冬の日を入れることより、夏の日を遮るちょうど良い長さだと思います。
私の家は2尺ですが、庇が低いため1/3になっています。
当然家の中は少し暗いです。
屋根の勾配もきついほど良いと思います。
天井裏も大きくなります。
汚れも雨で流れますし、良い事はあっても悪い事は無いのでは。
安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。

Q20年以上無断で隣家に排水溝を使用されていた

20年以上無断で使用されている排水溝について使用禁止するにはどうすればいいですか?
(現在排水溝はとっています)

この度、家を新築することになり、解体しました。
隣と家の間は4~50センチしかなくて、その間を確認することもなかったのがまずかったのですが、隣が家を建てる際に雨水の排水をうちの排水溝に無断で流していたのが判明しました。
解体の際、隣が壁を塗り替えたいと言ったので、その際うちの側溝をとってしまうので(反対側に作るので)排水を自分の敷地内に流すように申し入れました。
そのときは隣の仲介(現在隣は貸し店舗にしている)不動産に確認し、壁の塗り替え時に雨水の樋の付け替えもすると言われ、施工業者にもその工程を聞き足場等の許可を出しました。
その後家を解体し、側溝も取り外しました。
が、終わってみると壁の塗り替えだけで樋の付け替えはしておらず、確認したら隣の持ち主から業者にそれがストップされたと言いました。
その後、隣の人と会って話しをすると、家が古くて樋を壁に這わして付け替えると(その予定でした)壁が崩れてしまう危険性があるので出来ないといい、今まで通りうちの排水溝を使いたい、使う権利がある、使用権があると主張しだしました。
もう20年以上使っているし、もともとあった排水溝で共通のものだ、うちも使う権利がある、と言います。あれはうちのものだ、と。
もちろん排水溝はうちの敷地内で境界内です。それはわかっているはずですが、長年使用しているので権利主張してきました。
話が通らない相手で、最後には罵声もあびせられ、勝手に家を建てろ、裏の排水(隣の家の裏の雨水排水もありますが、違法建築をし、境界ぎりぎりに建てて隙間がなく雨水を流すところを作っていない)するところを作らなければ雨水で洪水みたいになればいいんだ、訴えたいなら訴えろ、と言い放ちました。
で、相談したいのは使用権をとめさせるのと、その場合の対処方法です。
越境している排水パイプをどうすればいいか、です。
家は解体し更地状態で隣の排水は現在うちの敷地内に流れ込んでいます。
隣の雨水の樋の口が境界を越境しています。これをとらないと家を建てるときに邪魔になります。
もう無断で何でも好きなようにして、家があったころにはうちの排水溝をj勝手に使っていて、うちが排水溝を汚しているから何とかしろ、とも言われました。 なのでもう使わせたくありません。トラブルの元は断ち切りたいんです。
打つ手立て等、アドバイス宜しくお願いします。

20年以上無断で使用されている排水溝について使用禁止するにはどうすればいいですか?
(現在排水溝はとっています)

この度、家を新築することになり、解体しました。
隣と家の間は4~50センチしかなくて、その間を確認することもなかったのがまずかったのですが、隣が家を建てる際に雨水の排水をうちの排水溝に無断で流していたのが判明しました。
解体の際、隣が壁を塗り替えたいと言ったので、その際うちの側溝をとってしまうので(反対側に作るので)排水を自分の敷地内に流すように申し入れました。
...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
たびたび失礼します。
ちょうど手元の図面を見ていたら、道路側への雨水の排水が取れないので、敷地内へ浸透処理をしている物件がありました。
いわゆる浸透桝です。
東京都のサンプル。↓
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/onega/in0007.htm
当然豪雨では処理しきれないかもしれませんが、そのようなときは敷地も道路もどこも一時的には水浸しでしょうしね。
お隣には宅内での雨水処理を検討させたらいかがでしょうか。
桝だけで容量が足りなければ、有孔管(浸透管)でのトレンチ(溝)も考えられます。
設備担当に尋ねたところ、トレンチは滞留するボリュームが大きいのでかなり効果があると聞きました。
初期費用はかかりますが、自治体によっては補助金を出しています。
いずれにしても、あなたの敷地へ流す前に自己努力がいくらでもできると思います。
あなたの敷地側は狭くて入ることもないのなら、そこだけ樋を外して屋根の軒先から雨水を垂れ流しにしても実害が無ければいいんじゃないですか?
軒先までは越境していないでしょうから。
無理無理にあなたの敷地内へ排水する理由が考えられません。
まぁ、こういう論法は通じない相手なのでしょうかね…。
余談でしたらスルーしてください。

No.4です。
たびたび失礼します。
ちょうど手元の図面を見ていたら、道路側への雨水の排水が取れないので、敷地内へ浸透処理をしている物件がありました。
いわゆる浸透桝です。
東京都のサンプル。↓
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/onega/in0007.htm
当然豪雨では処理しきれないかもしれませんが、そのようなときは敷地も道路もどこも一時的には水浸しでしょうしね。
お隣には宅内での雨水処理を検討させたらいかがでしょうか。
桝だけで容量が足りなければ、有孔管(浸透管)でのトレンチ(溝)も考えられま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング