五年前に右乳がん全摘手術をした患者です。質問していいですか? タモキシフェンを5年間服用しました。今は、飲み終えて、なんの薬も飲んでませんが、飲み終えて半年になるのですが、最近、足の甲 また、少し前から右手首も、痛みを感じるようになってきました。薬の副作用が続いてるのでしょうか?
それとも、薬とは、関係ない痛みでしょうか? 意見をお聞かせくださいね〜

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

丁寧なお礼、恐縮です。


同じ年、偶然ですね!
会ったことが無いあなた様と、ずっと治療で同じ時間を共有していたんですね。
乳がんの発見で命拾いした者同士、これからも頑張って行きましょう~!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二回も、投稿して頂いて、誠にありがとうございました。福岡県のなっ君です。病気に関してまた、質問するかもしれませんが、また、ご回答をよろしくお願いします。お待ちしております。

お礼日時:2016/11/30 22:03

乳がん同じ年ですね。

5年修了、お疲れ様でした。
タモキシフェンは飲んでいませんが、フェマーラでひどい関節痛に悩んでます。
全身の関節が痛み、足の甲、手の指、腰が特に辛いです。

タモキシフェンには同様の副作用が書かれていませんよね?
あくまでも個人の意見ですが、更年期症状の関節痛ではないでしょうか?

ちなみに私は5年終了後、10年まで続けることにしました。
ホルモン剤を終わりにしても、年齢からして関節痛は治らないとの判断です。
止めて清々したかったのですが。

次の診察はありますか?
主治医に質問するのが良いと思います。
薬を処方してくれるかもしれないです。
お互い、再発無しを祈りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ずっと、回答が、なかったので、あきらめてました。本当にお会いして御礼を言いたいほど、ありがとうございました。大変嬉しく思っております。貴方様のお優しいお顔を拝見したいです。今、すぐにでも、頑張りましょうね〜

お礼日時:2016/11/28 23:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 乳がん<女性の病気と妊娠・出産>の症状や原因・診断と治療方法

    乳がんとはどんな病気か  乳汁を分泌する乳腺小葉上皮(しょうようじょうひ)、あるいは乳管までの通り道である乳管の上皮が悪性化したものであり、近年の日本人女性の悪性腫瘍のなかでは最も頻度の高いものとなっています。  乳がんは、小葉由来の小葉がんと乳管由来の乳管がんとに大別されます。乳管内、あるいは小葉内にとどまっていて血管やリンパ管に浸潤していないものを、非浸潤がんといいます。非浸潤性(ひしんじゅんせ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がん治療のタモキシフェン服用中止について

54歳の母が去年乳がんを患い、無事治療は終了したのですが乳がん細胞を増殖しやすいエストロゲンを受容する鍵穴が多い体質であることが分かり、現在母はタモキシフェンを服用しております。

しかし副作用によるホットフラッシュや喉の痛み、血が逆流するような状態に毎日悩まされ、抵抗力がないため風邪を引くと肺炎を引き起こすまで悪化するというあまりに辛い状況が続くので今後数年間服用する不安に本人も精神的に参ってきているようです。

私自身もこのタモキシフェンが乳がん再発防止に効果的であることは理解できているのですが、その分子宮ガンになるリスクが高まることが心配です。

母としては服用を中止し、健康食品でカバーしたいとのことですが、そのことによって楽になる分乳がん再発への不安があり、このまま子宮ガンのリスクには目をつぶり、服用を続けたほうがよいのか家族で非常に悩んでいます。

どちらの方がよいかアドバイスをいただけませんでしょうか?

そしてこのタモキシフェンに癌が他部位(骨や肺など)に転移するのを防ぐ効能はあるのでしょうか?

宜しければそちらもあわせてご解答頂けたらと思います。
何卒宜しくお願いします。

54歳の母が去年乳がんを患い、無事治療は終了したのですが乳がん細胞を増殖しやすいエストロゲンを受容する鍵穴が多い体質であることが分かり、現在母はタモキシフェンを服用しております。

しかし副作用によるホットフラッシュや喉の痛み、血が逆流するような状態に毎日悩まされ、抵抗力がないため風邪を引くと肺炎を引き起こすまで悪化するというあまりに辛い状況が続くので今後数年間服用する不安に本人も精神的に参ってきているようです。

私自身もこのタモキシフェンが乳がん再発防止に効果的であるこ...続きを読む

Aベストアンサー

米国で栄養士をしています。タモキシフェンの使用は米国でも賛否両論です。確かに乳がん自体の再発(特に右乳房から左乳房、その逆といった再発)は防ぐ率が高い(保証はどこにもない)のは確かのようですが、反対に子宮がん、卵巣癌の発病を誘発するという統計もあります。

タモキシフェン使用の是非は個人の選択ですから、もう少し薬自体の探索をなさるといいかと思います。

健康食品は薬ではありませんが、医学に携わる研究者が栄養学と医学を統合して治療に利用するための研究は米国でも、日本でも盛んに行われています。2001年にJournal of Oncology 誌に掲載された研究ではQuercetin というフラボノイドの一種が乳がんのガン細胞成長を抑制するのにかなり有効(タモキシフェンより)であるという結果が出ています。Quercetin (クエセティン)は癌治療に利用する場合、米国では一日に1500 - 4500 mg という多量摂取が通常は勧められます。

薬やサプリメントの他に、食事(単糖類、精製食品、腐敗した油の食物らを避け、新鮮な魚、緑黄色野菜ー特に青葉野菜を多く摂取、便秘を無くす努力は必要ですが、下剤使用は避けてください、腸を荒らすだけでなく、すべての栄養吸収を妨害します)に気をくばり、有酸素運動をすること。運動が無理な場合でも、吸って,吐いてをそれぞれ6秒ずつかけて行う深呼吸、歩行から始めて、運動へ結びつけること。「美白」などと言わずに、適度な日光浴をする(日光浴は逆に抗がん作用があるという逆説が最近、認められました)こと。

最後に医師との連携した治療は大切です。ただし、自分の体は自分で守る、と心から信じることが重要な鍵を握っています。来年の今頃は「あんなこともあったわね、でもよい経験だった」と笑っているんだ、と強くイメージすることなども非常に大切です。冗談みたいなことを言っている、とおっしゃるかもしれませんが、これは大切です。

お母さん思いのあなたのようなお子さんがいるのですから、必ず大丈夫だ、よい方向に向かえるのではないでしょうか。頑張ってください。

参考URL:http://www.naturalrearing.com/J_In_Learning/NutritionSupplements/QUERCETIN.html

米国で栄養士をしています。タモキシフェンの使用は米国でも賛否両論です。確かに乳がん自体の再発(特に右乳房から左乳房、その逆といった再発)は防ぐ率が高い(保証はどこにもない)のは確かのようですが、反対に子宮がん、卵巣癌の発病を誘発するという統計もあります。

タモキシフェン使用の是非は個人の選択ですから、もう少し薬自体の探索をなさるといいかと思います。

健康食品は薬ではありませんが、医学に携わる研究者が栄養学と医学を統合して治療に利用するための研究は米国でも、日本でも盛ん...続きを読む

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む

Q乳がんのしこりの大きさと悪性度に関係がありますか?

54歳になる母が乳がんになりました。
初診(画像・触診・穿刺)ではステージ2だという話でした。
しこりの大きさは約2.5センチで自覚症状は乳首のへこみとしこりです。
しかし、今日主治医に詳しい話を聞いたところ、しこりの大きさは約3.8センチでその横にもう一つ1.5センチのしこりがあり、その2つがエコー画像で見る限りつながっているので、ステージ3だといわれました。
CTなどのくわしい画像検査はまだ結果がでていないのに、どうして初診とこんなに所見が変わってしまうのでしょうか?
しこりが大きいということは、深刻度も数倍になると思うのですが、大きさと悪性度の関係について教えてください。
あとリンパ節への転移ですが、最初は感じられないと言われたのに、今日は少し脇のリンパに触れるので転移の可能性が大きいといわれました。転移していたら、全身に遠隔転移している可能性が大だと思うのですが・・・
もうどうしてよいのかわからないです。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するというのは、乳腺に腫瘍ができやすいのかもしれませんが、乳腺の腫瘍ができやすいからといって、別の部位に癌ができやすい、あるいは転移を起こしやすいということはありません。乳癌とほかの癌は、とりあえず別のものと考えていいでしょう。もう一方の側で再発しても、やはり手術によって完治します。実際、乳癌を多く手術している病院では、両側乳房摘出などはめずらしいことではなく、経過も良好な人が多いです。また、腋の下のリンパ節に転移しているからといって、全身に転移しているかはわかりません。一般に、腋の下にはリンパ節が20個近くあります。そのリンパ節を一つ一つ輪切りにして顕微鏡で見て、転移しているリンパ節の数で全身転移を予想します。一概にはいえませんが、転移しているリンパ節10個以下の転移なら、全身転移の可能性は少ないと思います。もちろん、ゼロとは言い切れませんが。全身への転移というのは、もしあったとしてもわからないことが多く、あとになってからわかる、というのが現状です。もし将来全身への遠隔転移があった場合、もうすでに小さな癌の赤ちゃんともいうべきものが転移巣では存在しています。(現在の医学では、それを見つけることはできません)その将来を予想するものとして腋の下のリンパ節を切り取って調べるのです。

乳癌の場合、生命に危険が及ぶ場合はどういう時かといいますと、stage4、つまり全身に転移している場合です。この場合どうするかというと、まず癌細胞に女性ホルモンレセプターというものがあるかどうかを調べます。女性ホルモンレセプターというものが存在すれば、ホルモン療法という効果が高く副作用の少ない治療法が選択できます。また、そのほかに、タキソテール、CEFなどという薬を使った治療法があり、これも副作用があるものの治療成績はよいです。

というように、乳癌は、簡単にいって8割もの人が治っている病気です。手術ができれば多くの人が助かっています。確かに、乳房全摘は女性にとってデリケートで深刻な問題です。私のように文章が拙いものでは「乳房を切れ切れ」と書いていて、少し無神経ではないかとお感じになるかと思うのですが、いいたいことは
・悪性度は生命予後に直結しないということ
・乳腺に腫瘍ができやすいだけであって、ほかの部位にできやすいとは限らないということ
・従って乳腺さえとってしまえば再発は起こらないということ
・反対側に腫瘍ができる可能性はあっても手術の回数は増えますが同じように治すことができるということ
・手術ができるということは予後のよい部類であること
(手術によって治すことができる!)
・手術ができなくても、全身に転移していても、打つ手はまだあるということ
・実際に手術をしてリンパ節をとるまでは全身への遠隔転移について確実なことは言い切れないこと

以上です。悪性度と転移について、わかっていただけたでしょうか?不安を和らげる内容とは言い難いかもしれませんが、知識、理性が支えになってくれることをお祈りいたします。

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するという...続きを読む

Q乳がん手術後のムダ毛処理

始めまして。
来週、乳がんの手術をすることになりました。
リンパへの転移はないようで、
部分切除の手術になりそうです。

実は私はかなりムダ毛が濃いのですが、
術後はかみそりでのムダ毛処理は可能なのでしょうか?
普段はT字のかみそりで顔や腕や足などのムダ毛を処理しているのですが、
術後はそのような処理をしても大丈夫ですか?
webで検索してみたところ、
電気シェーバーを使っている人が意外に多いようなのです。

ぜひ経験者の方のご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

医療従事者です。

「術後の日常生活」に関する指導では”リンパ節”を取るか取らないか=郭清するか否か=で大別されています。
リンパ節郭清をすると腕が浮腫みやすくなったり、些細な傷でも感染しやすくなるといった影響が懸念されるからです。
例えば「手術した方の腕では採血をしない・血圧を測らない」「重たい荷物を担がない・持たない」「腕時計など締め付けるモノはしない」といった事です。

リンパ郭清をしないのであれば「手術創も小さい」だろうし「術後経過も早い」と思われますが、私個人としましては術後1年程度は「カミソリでの剃毛」や「ワックス・除毛剤の使用」は避けた方が良いと考えています。

大抵の病院であれば【退院後の生活】に関する指導なりパンフレットの提示なりをしてくれるかと思いますが、足りない点や解らない点は曖昧にせず、担当看護師に確認してみても良いかと思われます。

まずは無事に手術を終えられますよう・・・。
そして、”解決しない悩みがある時””第三者に相談したい時”はgooに投稿してください。気付いた時にレスポンスさせて頂きます。

参考URL:https://www.nyugan.jp/after/dairy.html,http://www.akebono-net.org/index.htm

医療従事者です。

「術後の日常生活」に関する指導では”リンパ節”を取るか取らないか=郭清するか否か=で大別されています。
リンパ節郭清をすると腕が浮腫みやすくなったり、些細な傷でも感染しやすくなるといった影響が懸念されるからです。
例えば「手術した方の腕では採血をしない・血圧を測らない」「重たい荷物を担がない・持たない」「腕時計など締め付けるモノはしない」といった事です。

リンパ郭清をしないのであれば「手術創も小さい」だろうし「術後経過も早い」と思われますが、私個人とし...続きを読む

Q乳ガン 全摘後の痛み

今年の1月に右胸全摘と、リンパ節の摘出手術をしました。はじめの冬を迎え、寒さのせいか、傷が痛みます。術後はロキソニンの痛み止を服用しましたが、そういう痛みとかではなく、どちらかというと古傷が痛いような・・
足を骨折した所の痛みはサポーターなどですみますが、胸なので。ホッカイロだと火傷しそうだし・・胸にパット入れてます。
右ききなので右側にどうしても負担がかかり、背中や腕も痛みます。
どなたか良い対処方をご存知ないでしょうか・・よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

最初に、対処法は知らないのですが、仲間がここにいるよ、ということで、読んで頂ければ・・・・。

今年5月に右胸全摘、リンパ節はセンチネルの1個のみ摘出しました。
今、常夏の国に住んでいるため、クーラーをかけて、半袖短パンの生活なのですが、傷は時々傷みます。
痛むというかひきつるような感じです。胸の一直線の上の方、つまり脇の下のほうが特にひきつります。
傷は赤くなっていて、11月に乳腺外科の診察を受けた時は、「ケロイド体質ですか?」と先生にきかれたので、多分他の人より赤く、傷跡が残ってしまうタイプなのだと思います。
「赤いのは全く気にしていない」というと、赤くなるタイプの人は傷跡が痛みやすい傾向にある、というようなことをおっしゃっていました。
20年以上前に、けがで膝の靭帯を再建しているため、胸以上に派手な傷を持っていますが、そちらの時も随分長く痛みましたので、手術をすればこんなもんだ、と諦めています。

私も右利きです。バランスが悪くなったせいか、ホルモン治療のせいか、肩のあたりの痛みが残っています。
寝返りをうって右が下になったとき、肩からポキッという音がしたりします。

術後、色々なことを医者に訴えましたが、いつも「そのうち治るよ」「手術してるから少しくらい痛いのは仕方ないんだよ、我慢して!」「今が一番痛いときだから・・・」と言われ、訴えても無駄であることを悟りました。
上半身裸で寝ると、傷が痛くないということに気づきました。でもそれは常夏の国だからできることですよね。仰向けで寝ると、Tシャツが上から触れるだけでその重みが鬱陶しいです。
時間が解決してくれると信じています。
お互いに再発しないように頑張りましょうね。

最初に、対処法は知らないのですが、仲間がここにいるよ、ということで、読んで頂ければ・・・・。

今年5月に右胸全摘、リンパ節はセンチネルの1個のみ摘出しました。
今、常夏の国に住んでいるため、クーラーをかけて、半袖短パンの生活なのですが、傷は時々傷みます。
痛むというかひきつるような感じです。胸の一直線の上の方、つまり脇の下のほうが特にひきつります。
傷は赤くなっていて、11月に乳腺外科の診察を受けた時は、「ケロイド体質ですか?」と先生にきかれたので、多分他の人より赤く、傷跡が...続きを読む

QCTやMRIで乳がんはわかりますか?

お世話になります。40代前半女性です。

5年前に腎臓癌になり片方をまるごと摘出しました。その後は

・半年ごとに胸部・腹部のCT(MRIのこともある)
・1年ごとに骨シンチ
・1年に1度くらい子宮がん検診
・2年に1度くらい脳のMRI
・2年に1度くらい胃と大腸の内視鏡

を受けています。
乳がんについては何も検査をしたことがありません。
私はアトピーがひどく、特にブラジャーをする部分は本当にひどいのです。お医者さんに胸を見られたくなくて乳がん健診だけは躊躇してしまっています。
以前に婦人科健診で触診してもらったときに「うわーひどいねぇ」と言われて本当に恥ずかしく悲しくて、それ以来どうしても乳がん健診だけは行く気になれないのです。
でも、癌のできる体質だから若くして癌になったのだろうし、転移や再発が怖いです。

1.胸のCTやMRIで乳がんは発見できますか?
2.発見できるとしたら何センチくらいになったら発見できますか?
3.乳がんの発見にはマンモグラフィーに勝るものはありませんか?
4.PETを受けたことはありませんが、関心があります。PETは肌を見せなくてはなりませんか?(特に胸部)。CTを受けるときのような検査着みたいのはありますか?

お世話になります。40代前半女性です。

5年前に腎臓癌になり片方をまるごと摘出しました。その後は

・半年ごとに胸部・腹部のCT(MRIのこともある)
・1年ごとに骨シンチ
・1年に1度くらい子宮がん検診
・2年に1度くらい脳のMRI
・2年に1度くらい胃と大腸の内視鏡

を受けています。
乳がんについては何も検査をしたことがありません。
私はアトピーがひどく、特にブラジャーをする部分は本当にひどいのです。お医者さんに胸を見られたくなくて乳がん健診だけは躊躇してしまってい...続きを読む

Aベストアンサー

エコーやCTやMRIでも当然乳癌の診断は出来ますが状況に於いてケースバイケースなのかもしれません。
乳癌検診でマンモグラフィ超音波(エコー)が使われている最たる理由大人数に対してのスクリーニングでの経緯とコスト面だと思います。
PETは確かに微小癌に対しての発見率で優れている事は有りますが、導入施設は限りが有りますし過信は出来ない事も事実だと思います。

女性として肌を見られる事に抵抗されているお気持ちは理解できますが、過去の大病の経緯も有ることですし、恥ずかしさに重きを置き過ぎないようにしていただければと思います。
大病された方の日々の不安は大変なものだと思いますが、今後も定期的に信頼置ける医師の下で診察受けてください。
アトピーに対しては、本格的に治療された経緯が無いようでしたら積極的に専門医でケアーされてみてはいかがでしょうか?
過去に診察された医師の発言は思いやりの無い心ない発言で、さぞや心を痛めたことでしょう。でも、それを原因として乳癌の検診を先送りにしたり過剰な検査に心を傾けないようにして頂きたいです。
誰でも年齢の増加によって癌のリスクは増えるのですから、早期発見早期治療有るのみです。

信頼性の有る乳癌に関してのURLをのせて置きますのでご参考に・・・

参考URL:http://minds.jcqhc.or.jp/0006_ContentsTop.html#G0000115_GL

エコーやCTやMRIでも当然乳癌の診断は出来ますが状況に於いてケースバイケースなのかもしれません。
乳癌検診でマンモグラフィ超音波(エコー)が使われている最たる理由大人数に対してのスクリーニングでの経緯とコスト面だと思います。
PETは確かに微小癌に対しての発見率で優れている事は有りますが、導入施設は限りが有りますし過信は出来ない事も事実だと思います。

女性として肌を見られる事に抵抗されているお気持ちは理解できますが、過去の大病の経緯も有ることですし、恥ずかしさに重きを置き過ぎな...続きを読む

Q乳癌手術後の傷の引きつりの緩和薬について

昨年片胸を全摘してから傷痕、首筋、肩の締め付けと引きつりが辛いです。デパスを服用するとだいぶ楽になっていましたが、寒くなってきてから締め付けが急に酷くなりデパスがあまり効きません。
いつも首を絞められているようです。傷の痛みはほとんどありません。この症状を緩和するいい薬をどなたか知っている方、教えて下さい。

Aベストアンサー

昨年5月に乳癌のため右乳房全摘出しました。
私は主に癌による鬱のために、腫瘍精神科の先生からデパス(エチカーム)を処方されていましたが、今はどうしても夜間眠りたい時以外は、もう飲んでいません。

傷の痛みについてですが、私も乳腺外科の定期検診の度に、術後1ヶ月くらいから乳腺外科の医師に訴え続けました。
私の場合は、傷の痛み(特に寒い時)と術側の腕、脇や肩などの痛みです。
今年2月に、乳腺外科から「ペインクリニック科」の受診を勧められ、紹介状を頂いて医大のペインクリニック科の診察を受けました。

薬はリリカ、カロナールを処方されました。乳腺外科の先生は、当帰芍薬散という漢方薬を処方してくれました。
リリカは夜間の痛みにはデパス以上に、非常に効果がありました。他は気休め程度・・・・。
当帰芍薬散は、ホルモン治療(タモキシフェン+リュープリン注射)の副作用対策にもなると言われましたが、効果があるのかよくわかりません。お茶がわりに寒いこの時期はいいかも・・・・という感じで、お湯にとかして飲んでいます。まずいです(笑)。

ペインクリニックでは、肩などよくストレッチなど動かした方が痛みがよくなると言われました。
継続して通うようにと言われましたが、なんだかきりがないような気がして、通うのはやめて、自分でストレッチをするように心がけています。
あとは、水分が足りない、脱水状態が肩の痛みに繋がっているかもしれない、と言われ、水分を多く摂るようにしています。

よくなったような、よくなっていないような、はっきりしない感じで、寒いと傷に痛みが走りますが、まあ、こんなもんだと諦めるというか、できるだけ考えないようにしています。
いざとなれば、どっさり頂いてきた、リリカとカロナールを飲めばよいと考えていますが、今のところ、飲むほどではありません。

痛みが「乳房切除後症候群」だとしたら、ペインクリニック科に紹介状を書いてもらって受診されるとよいかと思います。
有名なところでは慈恵医大のペインクリニック科らしいですが、五反田のNTT病院のペインクリニック科が私は非常によいと思いました。
関東地方の方でなかったらごめんなさい。多分、地方でも大学病院ならあると思います。
乳腺外科の主治医の先生に相談してみてください。

昨年5月に乳癌のため右乳房全摘出しました。
私は主に癌による鬱のために、腫瘍精神科の先生からデパス(エチカーム)を処方されていましたが、今はどうしても夜間眠りたい時以外は、もう飲んでいません。

傷の痛みについてですが、私も乳腺外科の定期検診の度に、術後1ヶ月くらいから乳腺外科の医師に訴え続けました。
私の場合は、傷の痛み(特に寒い時)と術側の腕、脇や肩などの痛みです。
今年2月に、乳腺外科から「ペインクリニック科」の受診を勧められ、紹介状を頂いて医大のペインクリニック科の診察...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報