【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

自衛官の方に質問したいです。
陸上自衛隊自衛隊の一般曹候補生に合格したのですが、教育隊ではどういう内容の勉強があるのですか?
お聞かせ願いたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現職の自衛隊隊員の方の回答は無いと思います、


回答者倅が防衛大学卒業後現在一尉で任官してます、
幾らかの知識は有ります、

質問者さんの立ち位置が不明なんですが、高卒業後にダイレクトに曹候補に合格されたんでしょうか?、
一応この形で、
勉強と言う言葉は当てはまりません、曹として必要なありとあらゆる知識を叩き込まれます(当然一般的な学力の向上も)、それに何よりも体力つくり、
この中には野戦服を着たまま泥田の中を這いずりまくるなどは当然です、渡河も、
高い壁をロープを使っての上り下り、
更には、銃器・無線・車両に関わる全て、
夜間の30km歩行訓練、夜間には歩哨もあります、

防衛大学の学生が経験する事は一通り、規模は少し違うようですが、

夜間には起床ラッパが鳴り響き何分か以内には整列点呼の完了、
遅れた班にはペナルティーがあるそうです、

寝具の片付け・畳みつけは常に直角・平行が要求されます、乱れが有ると、適時巡回する教官から床へ投げ捨てられます、

原則24時間が教育です、
一般の学校では有りませんので、

脱落者もそれなりに、

無事に課程が終了すると3曹として任官の道が開かれます、
曹候補も給料が支払われるのではなかったですかね?、

以上大雑把に、

是非とも頑張って任官を果たしていただきたいと思います。
    • good
    • 0

上官には絶態服従です。

それが総て最後まで頑張れ!
    • good
    • 0

現役自衛官の奥さんが旦那さんから「昔のことならかいていい」と言われて描いたコミックエッセイがあります。

本人にとっても昔の話な上に奥さんの理解度というフィルターがかかってるしマンガとしての演出もあるでしょうが、ひどい違いはないはず。一話だけ試し読み可能。
『旦那さんは幹部候補生』
http://comic.mag-garden.co.jp/dannakanbu/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自衛隊の昇進(選抜)について

自衛隊の昇進方法として、1選抜・2選抜があると聞いたのですが、
0選抜というものもあるのでしょうか?
知人から0選抜の存在を聞いたのですが、調べてみても分からなかったので。。

また、○選抜というのは、どの位からどの位に昇進する事を言うのでしょうか。
どこからどこ、ではなく、昇進すべてに関わる試験(選抜)なのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも「選抜」と言うくらいですから、全員が一斉に昇任する場合には使用されません。
昇任の資格者が、試験などの選考によって何回かに分けて昇任する場合に使用されます。

自衛官の昇任は、一部の「候補生」「2士、1士、士長」や「VIP」の階級を除き基本的に「7月1日、1月1日」と決まっています。
昇任というのは「年度(4月から翌年3月まで)」で管理されます。

一般的に昇任は、その階級で2年間勤務すると、次の階級への昇任資格が発生します(必要年数は階級によって異なってきます)。
その時、2年を満たした直後の年度で昇任すると「1選抜で昇任した」と言います。
3年目の年度で昇任すると「2選抜」となりますが、通常は「2選抜で昇任した!」などという言い方はしません。
「1選抜」であるから自慢にもなるのであって、それ以降はわざわざ口に出して言うほどの成績では無いのです。

1.「1回目の年度で昇任した」ので「1選抜」・・・ですから「0選抜」などと言う言葉は存在しません。
2.階級(位)は先ほど書きましたが、3曹以上の階級から概ね2佐まで程度の階級で使用します。
3.防大卒の幹部などは、特定の階級までは「一斉昇任」します。
  ですから、「選抜」ではありません。
4.通常の昇任は全て「定期昇任」です。
  定期昇任と一斉昇任とは全く異なる言葉です。
  「定期昇任←→特別昇任」、「一斉昇任←→選考昇任」
  定期昇任の反対は「特別昇任」と言われ「退職時」「死亡時」にそれまでの勤務実績を考慮して昇任させることを言います。

自衛官の昇任に関しては・・・
「自衛隊法施行規則 第28条~、別表第7(リンクの最後の方)」を参照して下さい。

http://www.mod.go.jp/j/defense/mod-sdf/class/index.html
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29F03101000040.html

そもそも「選抜」と言うくらいですから、全員が一斉に昇任する場合には使用されません。
昇任の資格者が、試験などの選考によって何回かに分けて昇任する場合に使用されます。

自衛官の昇任は、一部の「候補生」「2士、1士、士長」や「VIP」の階級を除き基本的に「7月1日、1月1日」と決まっています。
昇任というのは「年度(4月から翌年3月まで)」で管理されます。

一般的に昇任は、その階級で2年間勤務すると、次の階級への昇任資格が発生します(必要年数は階級によって異なってきます)。
...続きを読む


人気Q&Aランキング