専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

精神的苦痛で訴えたい場合、証拠が入りますか?
真面目な投稿です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

分かりやすく解説すれば



私が貴方より精神的苦痛を受けたので、慰謝料を請求したら払わないといけないといけないと思いますか?

証拠がないと言うのは「事実がない、本当かどうかわからない」と言うことです。
    • good
    • 2

相手の行為により、「金銭に見積ることのできる」精神的「損害」を


被ったことを証明する証拠が必要です。
    • good
    • 1

その苦痛の根源となるモノの証拠。


その証拠とされたモノによる、あなたの被害状況の証拠。など、
必要だとおもいます。
ま、依頼するであろう弁護士さんのアドバイスに従う事かもね・・・・。
    • good
    • 0

訴えることは可能でしょうけれども、


証拠がなければ、被告にも裁判所にもまったく相手にされないでしょう。
    • good
    • 0

客観的な証拠がなければ、そりゃ訴え出たところでその先どうしようもないですよね?

    • good
    • 1

いりますね。

他の証言や録音など。でないと、知らない人でも「通りすがりに暴言吐いた」で訴えられます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神的苦痛で訴訟は

お世話になります。

よく、「見知らぬ人から、デブなどと言われて名誉を傷つけられた」と言う内容を聞くのですが、こういったことをどのように訴訟に持っていくのでしょうか。人権の損害、といった内容のことは、どこかに訴えてもいいんですか。それとも相談所なのでしょうか。

よくテレビでも、「名誉を傷つけられた」とかそういったちょっとしたことで訴えると言って、少ないながら慰謝料をもらったりしてますが、そういうのはどこに相談したらいいのでしょうか。家庭内のもめごとというなら、どこに行けばいいのか、など全くわかりません。

たとえば、母親の恋人から、多大なる精神的苦痛を受けて、その結果重い精神疾患にかかってしまった時、訴えることは可能なのでしょうか。まずはどこかに相談に行けばいいのでしょうか

ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

民事裁判で、相手に対する損害賠償の支払いを訴えることになると思います。
相手が住む裁判所に民事裁判の訴えを起こしましょう。
ただ、裁判となると更なる精神的負担がかかること、基本的に当事者に立証責任がある(裁判所は調べない)ので、素人ではなかなか難しいと思います。家族間のもめ事であれば、家裁での調停も可能です。
とりあえずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

損害賠償というのは、財産上の損害と精神上の損害に分けられます。
前者は、例えば実際に被った被害額などがそうです。代表的なものは、相手の行為によって怪我をさせられたときの治療費や休業した場合の損害、つまり仕事が出来なかったことで得られなかった報酬などです。これらは、いずれも客観的に損害額を立証すればいいのです。
一方、後者はいわゆる慰謝料です。精神的苦痛を受けたということ=精神面での損害、と考えられているのです。
これら二つをあわせて、相手に責任を負わせることを損害賠償というのです。

損害賠償責任は、民法で規定されています。いくつかありますが質問者様の場合、民法709条に当てはまるのではないでしょうか。

【民法709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

つまり、相手の行為が不法行為と認定され、その行為によって、あなたの主張する損害が発生したと認定されれば、相手に損害賠償の責任が生じます。

裁判では、つまりこの点が争われることになり、あなたが(1)相手の行為が不法行為である(2)その行為によって損害が生じた、という2点を立証して裁判所に認定して貰うことが必要となります。
今回のケースでは、その母親の恋人の行為が不法行為であること、それにより病気になってしまったこと、不法行為または(不法行為が原因でなった)病気のせいで損害が生じたこと、を立証することになります。

また、通常、裁判では損害賠償というのは金銭での支払いによる方法で行われますから、単に「謝れ」とか「二度とするな」というような訴えは出来ないと思います(但し、結果的にそういう責任を負わせることも出来ます)。
但し、その不法行為があなたの名誉を毀損するようなものであれば、金銭の支払い以外による方法も認められています。

【民法723条】
他人の名誉を毀損した者に対しては、裁判所は、被害者の請求により、損害賠償に代えて、又は損害賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。

一般的なものとしては謝罪広告の掲載などがあります。

民事裁判で、相手に対する損害賠償の支払いを訴えることになると思います。
相手が住む裁判所に民事裁判の訴えを起こしましょう。
ただ、裁判となると更なる精神的負担がかかること、基本的に当事者に立証責任がある(裁判所は調べない)ので、素人ではなかなか難しいと思います。家族間のもめ事であれば、家裁での調停も可能です。
とりあえずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

損害賠償というのは、財産上の損害と精神上の損害に分けられます。
前者は、例えば実際に被った被害額な...続きを読む

Q精神的苦痛でなぜ訴えられるんですか?

精神的苦痛で慰謝料請求ってよくあるじゃないですか。
でも精神的苦痛だけでは法律違反じゃないですよね?
なのになんで民事裁判が可能なのですか?
裁判って法律違反してなくても訴えられるんですか?
だったら嫌がらせで訴えられそうですね。

Aベストアンサー

>でも精神的苦痛だけでは法律違反じゃないですよね?
>なのになんで民事裁判が可能なのですか?

 精神的苦痛を与える方法が違反だと
裁判所が判断したからでしょ?

 例えば「無言電話」「つきまとい」等

>裁判って法律違反してなくても訴えられるんですか?

 訴訟は可能だけど 裁判になるかどうかは
内容によります。

 具体的にどんな「精神的苦痛で訴えられたの?」

>だったら嫌がらせで訴えられそうですね。

 そういうのもありますよ>嫌がらせ
例えば「架空請求での訴訟」

Q精神的苦痛とは?

よく、「精神的苦痛を受けた」ということで訴訟を起こすことがニュースに取り上げられますが、「精神的苦痛」ってどういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

慰謝料などの対象として、大きく肉体的苦痛と精神的苦痛があります。
肉体的なダメージ(物理的に明確なもの)以外の苦痛は、大体全て精神的苦痛ですね。
 例えば、交通事故で入院して会社にいけなかったとしたら、
 会社にいけないことによる収入減(これは損害)
 骨折して、動けない、生活に不便(肉体的、精神的苦痛)
 入院していることで、友達と遊びに行ったり、旅行したりできない(精神的苦痛)
 怪我が完全に元のように戻るか非常に不安で苦痛(精神的苦痛)
 自分が会社を休むことで、自分の出世が遅れるのではないか、皆に苦労をかけているのではないかと悩む(精神的苦痛)

 などなど、精神的苦痛は色々有ります。

Q侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物

侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物として何がありますか?
具体的に言うと傷害罪の二次被害です。精神的苦痛の裏付けを取った医師の診断書は必要でしょうか?
証拠としては、ボイスレコーダーに相手方の声が録音してあります。相手方のうち一人の一回分だけ録音してあります。
侮辱、名誉棄損として訴えたい理由は私に対して、
●「お前は、普通の人じゃない。」
●「精神科で診てもらえ。」
●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と言われたからです。相手方は4人います。二次被害では、「パニック障害」を発症しました。毎日、大変苦しいです。
以上のような事を毎日、起きてから寝つくまで考えてしまっています。
厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この質問文に
>●「お前は、普通の人じゃない。」
>●「精神科で診てもらえ。」
>●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
>●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と書き込みをした「質問者さん自身」であり、発言した本人ではありません。

なので「名誉毀損罪が成立するとしたら、ここに投稿を行う事により、公然と事実を摘示し、自分で自分の名誉を毀損した、質問者さん自身」です。

で、この場合、被害者と加害者が同一人物ですから、犯罪は成立しません。自殺により自分で自分を殺した場合、殺人罪が成立しないのと同じです。

・侮辱罪について

侮辱罪は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、侮辱罪は成立しません。

なお、侮辱罪の場合「言われた時に、第三者が同じ場所に居て、発言を聞いていた」と言う場合には「公然」となりますので「他に、誰か居たかどうか」が重要です。

また、名誉毀損と侮辱の違いは「事実を摘示しているか、事実を摘示していないか」の違い、というのが通説です。

侮辱罪の場合は、事実を摘示している必要は無いので「本人に対して、面と向かって言った」のが「公然」であれば成立します。

そういう訳で、名誉毀損罪は成立しないので、名誉毀損罪での告訴は不可能。

その場に無関係な第三者が居たなら侮辱罪は成立しますが、侮辱罪で告訴しても第三者の証言が得られないと思われるので立件は難しいです。
(たぶん、その場に居たのは「貴方と、相手方の4人」ですよね?で「相手方の4人」のうち「その場で聞いていた発言者以外の3人」は、個々の侮辱行為を「公然」とする為の「第三者」になる訳ですが、お互いがお互いを庇い合い、絶対に証言しないでしょう。なので「貴方でも、相手方の4人でもない、6人目の人物」が「その場」に居る必要があり、その6人目の証言者の証言が必要になります)

有望なのは「精神的な苦痛を負ったとして傷害罪での告訴」です。

「精神的な苦痛を受けた」と明記された診断書と、精神的な苦痛を負った理由となる行為の客観的な証拠(言われた事を日記に書いておいたとか、言われた事を録音してあるとか)があれば、かなり有望です。少なくとも、警察に被害届けを出した上で告訴すれば、立件まではされるでしょう。

なお、録音の無い他の3名は、たぶん「証拠不充分で不起訴」になるでしょう。

>厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

う~ん、傷害罪で立件され、運良く有罪が確定しても、内容が内容ですから、厳重な処罰は無理でしょう。たぶん、不起訴処分か執行猶予か。

もし、刑事での処罰が軽過ぎて不服と言うなら「精神的な苦痛を受け、損害を受けた。損害の賠償として○百万円を払え」と、民事で「損害賠償請求訴訟」を起すしかないですね。

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この...続きを読む

Q訴訟の時に精神的苦痛は医師の診断書が必要なんですか?

よくテレビのドラマなどよく「精神的苦痛」に関する訴訟を見かけているのですがこの「精神的苦痛」に関する訴訟は医師の診断書が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

精神的苦痛に対する損害賠償である慰謝料については診断書は不要です。損害額は、当事者の主張を元に裁判官が社会通念で判断します。

精神的苦痛の有無は、医学的に判断されるわけではなく、法的に判断されるものです。

治療が必要なレベルの精神的ショックを受けたということになると、病気や怪我になった場合と同様、生命・人体に対する損害になり、これは慰謝料とはまったく別の問題です。

Q精神的苦痛による傷害罪で告訴する方法

14階建ての古いマンションの、14階に住んでいる者です。

現在、足音の騒音問題で、階下の住人(仮にAとします)と大揉めに揉めています。
Aはなんと集音機まで買ってうちの足音を録っているそうです(仲裁に入った警官から聞きました)。

どうにも解決の糸口が見つからないので、区の無料法律相談に行ったところ、
「生活音なので具体的行動(例えば襲いにくるとか)がない限り無視していればいい」
と言われたので、その通り無視していました。

ところが、エレベーターホールなどですれ違う時に罵倒が始まりました。
例えば、「うわぁ気持ち悪!おえぇぇぇっ」という感じです。
警察は証人を見つけろといいますが、いつも周りに誰かいるとは限りません。
それに、証拠を積み重ねる前に私がまいってしまいそうです。

実は私は躁うつ病を患っているので、状況を説明すれば診断書は書いてもらえると思います。
その診断書をもとに、精神的苦痛で傷害罪に問うことはできますか?
捕まえてほしい、というのではなく、法的圧力がほしいのです。

ただ、Aは睡眠不足で心筋梗塞になったという診断書を会社に提出していると
主張しているのが気になりますが…

どうかご回答のほど、よろしくお願い致します。

14階建ての古いマンションの、14階に住んでいる者です。

現在、足音の騒音問題で、階下の住人(仮にAとします)と大揉めに揉めています。
Aはなんと集音機まで買ってうちの足音を録っているそうです(仲裁に入った警官から聞きました)。

どうにも解決の糸口が見つからないので、区の無料法律相談に行ったところ、
「生活音なので具体的行動(例えば襲いにくるとか)がない限り無視していればいい」
と言われたので、その通り無視していました。

ところが、エレベーターホールなどですれ違う時に罵倒が始ま...続きを読む

Aベストアンサー

”その診断書をもとに、精神的苦痛で傷害罪に問うことはできますか?”
    ↑
病気にさせるのは傷害罪になりますが、
おそらくですが、警察は動いてくれないと
思います。

診断書は確かに、躁鬱病であることは証明できます。
しかし、Aの行為によって病気になった、という
証明はできますか?

警察が動いて、警察が証明してくれれば良いのですが
警察はそこまでやらないと思います。


”捕まえてほしい、というのではなく、法的圧力がほしいのです”
    ↑
民事の損害賠償というのが考えられますが、やはり
Aの行為との因果関係の立証、という壁が
あります。
それさえ何とかなれば、可能性が出てきます。

一度、弁護士などの専門家に相談したらどうでしょう。
法律相談だけなら、30分 0~5千円ぐらいで
やっていますし、役所ならただの法律相談が
受けられます。

Q医師の診断書が欲しい場合

殴られたり、脅されたりした場合の「心の傷」PTSDやノイローゼになってしまった時のことなのですが、
診断書を書いてもらい警察に提出する場合は、精神科を受診して、どういう理由で診断書が欲しいのか、医師に話したほうがいいのでしょうか?それともただ診断書が欲しい旨だけ伝えればいいのでしょうか?
またこの場合、受診するのは精神科や心療内科で間違っていませんか?あくまでも心に負った傷で訴えたい場合です。
ぶしつけな文章で申し訳ありません。
ご存知の方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

医師には、医師法という法律に診断の交付義務が定められていますから、依頼をすれば、診断書の交付を拒むことは原則としてできません。

通常の疾病の診断は、患者さんの状態のみを医学的に判断して診断書が書けるのですが、PTSDの場合は、精神神経系統に異常をきたしているという現状の観察結果だけではなく、その症状を引き起こした何らかの「アクシデント」との相当因果関係も含めた診断名ですから、どんな医師でも書けるというわけではありません。そういう、良心的な診断ができなければ、医師に書けと強要することはできません。

つまり、例えば骨折などは、骨が折れているという客観的な状況で診断できますが、これを、「○月○日のサッカーの試合で相手選手と接触して骨折した」というように、アクシデントも含めて診断しなければならないからです。

従って、あなたを、初診から観察しておられた主治医の先生でないと、実際には難しいということになります。

また、PTSDは、アメリカなどではWHOが定めた厳しい診断基準に添って、厳格に診断されているのですが、日本の場合には安易にPTSDと診断してしまう傾向にあるということで、診断基準について学会などで論議されています。

そういう実態は、検察庁や裁判所も知っていますから、診断書が出たからといって、簡単にあなたの主張が認められるというわけではありません。

刑事は、検察官が、民事はあなたが、
1.アクシデントが生じた
2.トラウマが残存しており、今後もその状態が継続する
3.アクシデントによってトラウマが生じた
の3点を、立証しなければなりません。診断書は立証のための有力な証拠にはなりますが、絶対的なものではありません。

それに、こういう訴訟では、必ずもめますので、医師も証人に召喚されたりします。そういう意味でも医師は診断をいやがる傾向にあります。

医師には、医師法という法律に診断の交付義務が定められていますから、依頼をすれば、診断書の交付を拒むことは原則としてできません。

通常の疾病の診断は、患者さんの状態のみを医学的に判断して診断書が書けるのですが、PTSDの場合は、精神神経系統に異常をきたしているという現状の観察結果だけではなく、その症状を引き起こした何らかの「アクシデント」との相当因果関係も含めた診断名ですから、どんな医師でも書けるというわけではありません。そういう、良心的な診断ができなければ、医師に書けと...続きを読む

Q恋愛を発端にした 慰謝料の請求について(長文です)

こんにちは、法律には全く素人なのでみなさんの知識をお借りしたいと思っています。

恋人にふられた際、相手があまりにひどく私を傷つけたので、私は鬱状態に陥り、手首を切って一生消えないかも知れない傷跡が残ってしまいました。ショックのあまり働ける状態でもなく、会社も辞めました。また、その後も鬱状態は続き、再び自傷行為に及んだり、その治療や精神科への通院も余儀なくされています。

「あまりにひどく傷つけた」という部分を具体的に書きます。
まず背景からですが、相手(元彼氏)が交際して間もないころに浮気をして、私はショックを受け、激怒し、許してくれとすがられたので振り切れず、かといって許す事もできず、彼を責め続けていました。本気で好きだという言葉を信じて欲しいなら結婚するくらいの覚悟ということを見せて欲しい、と高額のプレゼントを買わせたりもしました。
本題はここからです。彼は徐々に恋愛感情が冷めて行き逆に私は高まり、結果私の方がフられたわけですが、その時に「今までの仕返しだ」みたいなことを言いながら、「俺とまだ会ったり連絡をとりたいというなら、お金を持って来たらセックスフレンドくらいには扱ってやる、それがイヤなら連絡するな」という様な発言を繰返し、私が月~金と勤めてさらに土日にもアルバイトをして必死で貯めたお金だということも知りながら、「貯金があるだろ」ともいい、実際に口座番号まで知らせてきました(結果的にはお金は払っていません)。連絡するなという割に、用もないのに電話をかけてきたり、メールをするといつもすぐに返事をよこしたり思わせぶりな部分も多く、私はノイローゼ気味になりながら彼を信じるしかできなくなっていきました。最終的に、結局はただの嫌がらせだったと分かり、ヒドいと詰り呆然とする私を「マジでウザイ」と数発殴り、彼は私を無理矢理家から追い出しました。

その結果、私は興奮&鬱状態に陥り、手首に傷をつくってしまい通院と退社を余儀なくされたというわけです。

この中で、「お金をもってきたらセックスフレンドくらいには扱ってやる」云々のやりとりは、全て携帯に保存してあります。
彼の家から追い出されてその足で手首を切り、彼をふくめそれを知っている人は大勢いるので、彼の言動が直接の原因であると立証するのは難しくないと思うのですがどうなのでしょうか。

そして、婚姻関係でもなくただの恋愛のもつれである場合、裁判所がとりあってくれないというような話も聞きました。
慰謝料をいくら請求できるか、という以前に、訴訟として成り立つのかどうかがまず分かりません。

素人考えでのこちらの弱みとしては、彼の浮気が発端だとはいえ彼を怒らせたのは私だということ、手首を切ったのは結局は自分であるという事、切った後しばらくは責任を感じて看病するなどの面倒をみてくれていたということ、(一ヶ月もすると、もうイヤだと再び見捨てられました)でしょうか。

医療費や仕事を辞めた事による金銭的損害、鬱状態により自傷行為に及び、今後も傷跡が残ることによって20代の女性が今後受ける精神的苦痛への慰謝料、といった具合で訴えられますか?
(そうだとして、実際どの程度の金額が請求できるかはあまり気になりません)

こんにちは、法律には全く素人なのでみなさんの知識をお借りしたいと思っています。

恋人にふられた際、相手があまりにひどく私を傷つけたので、私は鬱状態に陥り、手首を切って一生消えないかも知れない傷跡が残ってしまいました。ショックのあまり働ける状態でもなく、会社も辞めました。また、その後も鬱状態は続き、再び自傷行為に及んだり、その治療や精神科への通院も余儀なくされています。

「あまりにひどく傷つけた」という部分を具体的に書きます。
まず背景からですが、相手(元彼氏)が交際し...続きを読む

Aベストアンサー

自由恋愛のもつれの結果ですから、基本的に請求が認められることはないでしょう。
手首を切ったのは自分の意思であり、彼に道義的な責任はあったとしても、損害賠償をしなけばいけない責任はありません。
手首を切ることを彼が知っていたのに止めなかったとか、強要したとかであれば話は別ですが。。。

殴られた件については、傷害として告訴し、治療費・慰謝料の請求はできると思います。
おそらく今となっては証拠もないでしょうから難しいでしょうが。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q個人間で行われる正式な契約書の書き方

 個人同士でも契約の際に、正式な契約書の書き方ってありますか?。
 拇印と本人のサインがあればいいんですか?。

Aベストアンサー

「日付・氏名・捺印・契約の内容」

上記の項目が含まれていれば、フォーマットは特にありません。

また、契約の内容がお互いに実現可能な内容であることが必須です。

例えば、年収200万の人と「○○したら、1億払う」という内容の契約を
お互いに実現できっこないと判った上で結んだ場合には、
いくら証書が整っていても、その契約は初めから成立していない
ことになります。


人気Q&Aランキング