固定資産税等の課税標準である固定資産評価額は原則として公示価格の70%とのことですが、その値自体は実態のある何かを表しているんでしょうか?
税額をそのようにしたいのであれば、あくまで公示価格を課税標準にして、「70%」のところは税率に反映させればシンプルだと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

[固定資産税等の課税標準である固定資産評価額は原則として公示価格の70%]という記述が誤りです。



まったく別の機関が発表する価格です。
ただ不動産の評価をする際の目安として「公示価格の70%程度が固定資産税評価額って感じ」という話です。
だいたい固定資産税のかかる建物に公示価格の発表はないです。原則も例外もないんです。
    • good
    • 0

固定資産は固定資産です。



公示価格はあくまで都市計画区域内で公示される価格です。
国土交通省が整備計画にもとづいて出すものなのです。

ですから、その区域外には公示価格は存在しないのです。

固定資産税評価額は市町村が算定する評価額であり、
実は基準地価というのを参考にしているのです。
こちらは都道府県がやっていて対象範囲も広いです。

じゃあ、基準地価で固定資産税を算定すりゃいいじゃん
って感じですが、土地と建物一体となって固定資産税と
いうことになるので、個別の評価額が算定できるように
してあるってことでしょう。

実際にそこにどれだけ個別要素があるのかは分かりません。
ごみがうまっていて、1/8の評価になるのかもしれませんね。A^^;)

いかがでしょうか?
    • good
    • 0

「原則として」だからですね。


全ての土地に公示価格があるのではなくごく一部の土地でしか有りません。
固定資産評価額は近隣の同じような条件の公示価格を基に利便性(道路に面している、傾斜地)などを考慮して決められます。
これを公示価格にすれば当然土地の違いによって不公平になります。また税率をそれによって変更するには全ての土地の課税率を法律で定めることになり事実上不可能です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「価格」と「固定資産税課税標準額」の違い。

土地の値段(?)のことです。

「価格」と「固定資産税課税標準額」って、何が違うのですか?
超・ドシロウトの質問ですみません(汗)。

Aベストアンサー

単純な話で、

どうやら、ここで言う価格(X)というのは実際に売買された価格のことの様です。極端な話100年前なら10円だったかも知れません。

その価格の他に時価(Y)がありますね。
たとえば、今売買したら2000万円だ、と言う場合です。これは相場で決まります。たとえば不動産屋さんで鑑定してもらえば出る価格です。バブル期なら3000万円だったかも知れません。デフレが進めば1500万円になるかも知れませんが、その時々の価格です。
その価格で実際に売買されたらX=Yになります。

固定資産税課税標準額(Z)はお役所が付けた価格です。この価格に対して何%と言う形で税金が決まります。
一般に固定資産税課税標準額は時価より低いです。80%くらいかと思います。
ずっとそのあたりの土地が売られることがなければXは10円のままです。これでは税金を取れませんのでZを定めてあります。
Z=Yならいいのですが、そうすると高すぎると言うクレームが付きますのでZはYより低くしてあります。

Z<Yなので現金を相続するより土地を相続した方が相続税が安く済むとか色々なひずみがありますので今後はZ=Yに近くなっていくと思います。現在は移行中のようです。

なお、固定資産税課税標準額(Z)は毎年(2~3年毎だったかも)更新されます。この価格は公表されます。主なところは新聞で発表されていますが、全ての土地について役場で閲覧できます。いつでもみられるのか、発表直後だけなのかは知りません。時々銀座??丁目の何とかの前の土地はいくら、とかやってますね。あれです。

単純な話で、

どうやら、ここで言う価格(X)というのは実際に売買された価格のことの様です。極端な話100年前なら10円だったかも知れません。

その価格の他に時価(Y)がありますね。
たとえば、今売買したら2000万円だ、と言う場合です。これは相場で決まります。たとえば不動産屋さんで鑑定してもらえば出る価格です。バブル期なら3000万円だったかも知れません。デフレが進めば1500万円になるかも知れませんが、その時々の価格です。
その価格で実際に売買されたらX=Yになりま...続きを読む

Q固定資産税課税標準額について

家を購入し始めて固定資産税の納税通知書が届きましたが、2000万円以上で購入したのに、課税標準額は750万円でした。
評価額は購入価格とは関係ないとは知っていますが、あまりにも安いので驚きでした。
まあ、税金が安くなって良いのですが、こんなもんなのでしょうか。

Aベストアンサー

>私の質問の本質、『普通、こんなものでしょうか』に対してはどうでしょうか。

こんなものだと思います。値引きが大きいなど建築費に特殊要因があれば違ってきますが、普通の戸建住宅であれば建築費の5割前後の評価ではないでしょうか。

これには評価基準の仕組みも関係しています。建築資材の種類の違いで評価に差がつくようになっていて、同じ資材だと値段が高くても安くても評価に差がつかないという仕組みです。目視での評価が基本になるため、誰が見てもわかる部分で差をつけて、程度の差など見る人によって判断が分かれるような要素は基準から除かれているのです。

例えば、外壁でサイディングとタイルとではタイルの方が点数が高く評価に差がつくのですが、値段の高いサイディングと安いサイディングとでは同じ評価です。その結果、安い材料を多く使った場合は建築費に対する評価の割合が高くなり、高級品を多く使った場合は評価の割合が低くなるという一面があります。

Q固定資産税の課税標準について

固定資産税の課税標準は3年に1回変わると聞いたことがあります。
しかし、市町村から送られる固定資産課税明細書の課税標準額が毎年全く同じではなく、
何十万かの単位で変わっています。
面積自体は全く変わっていません。
これはどういうことでしょうか?
地目は雑種地、宅地です。

また課税標準額が3年に1回変わるタイミングですが、全国同じでしょうか?
それとも市町村によって違うのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3年に1回変わるのは、課税標準額ではなく評価額です。
これを評価替えと言って全国同じタイミングです。
次回の評価替えは来年です。

課税標準額は評価額を基に、地域性や用途や前年度の課税標準額を考慮して毎年計算されます。

例えば、評価替えで評価額が倍になったとしても、課税標準額は一気に倍になるわけではなく、3年で倍になるように毎年徐々に上昇していくようになっています。

Q固定資産税課税標準額の計算

土地の固定資産税と都市計画税を計算するための「課税標準額」の算出方法を教えて下さい。
敷地面積(住宅のみ)約432m2内に家屋が2戸あり、H18年度評価額が23177362円。
この場合「住宅用地に対する特例」が該当してくるかと思うのですが、どのように計算したらよいのかよく分かりません。具体的に計算方法の分かる方、又参考になるサイト等をご存知の方がおみえでしたら教えてください!

Aベストアンサー

住宅用地の特例は、

●固定資産税課税標準額
(1) 住宅戸数×200m2までの面積が、評価額×6分の1
(2) 住宅戸数×200m2を超える面積が、評価額×3分の1

●都市計画税課税標準額
(3) 住宅戸数×200m2までの面積が、評価額×3分の1
(4) 住宅戸数×200m2を超える面積が、評価額×3分の2

ご質問のケースでは、住宅戸数2戸×200m2=400m2なので、

(1) 23,177,362円×400m2/432m2×6分の1=3,576,753円
(2) 23,177,362円×32m2/432m2×3分の1=572,280円
固定資産税課税標準額=(1)+(2)=4,149,033円

(3) 23,177,362円×400m2/432m2×3分の1=7,153,506円
(4) 23,177,362円×32m2/432m2×3分の2=1,144,561円
都市計画税課税標準額=(3)+(4)=8,298,067円

ただし、税負担の調整措置によって、これよりも低い課税標準額になる場合もあります。

住宅用地の特例は、

●固定資産税課税標準額
(1) 住宅戸数×200m2までの面積が、評価額×6分の1
(2) 住宅戸数×200m2を超える面積が、評価額×3分の1

●都市計画税課税標準額
(3) 住宅戸数×200m2までの面積が、評価額×3分の1
(4) 住宅戸数×200m2を超える面積が、評価額×3分の2

ご質問のケースでは、住宅戸数2戸×200m2=400m2なので、

(1) 23,177,362円×400m2/432m2×6分の1=3,576,753円
(2) 23,177,362円×32m2/432m2×3分の1=572,280円
固定資産税課税標準額=(1)+(2)=4,149,033円
...続きを読む

Q『固定資産税課税標準額』について。雑種地?宅地?

現在、登記地目:畑、現況地目:雑種地の土地です。

土地面積:322平方メートル
購入金額:18,000,000円
現在新築戸建を建築中です。

周辺の路線価は、90,000円/m2くらいですが、一部、傾斜地・通路などの変形地につき、実売価格はかなり安くなっています。

H17年度の明細書では、
評価額:20,855,296円(土地面積×65,000円くらい)
課税標準額:14,598,707円(評価額×70%ちょうど)
固定資産税:204,381円(課税標準×1.4%) となっています。

現時点でおそらく雑種地(宅地比準土地)として評価されているのではないかと思うのですが、どう思われますでしょうか?
それとも現況地目は雑種地ですが、既に宅地として評価されているのでしょうか?

またもし雑種地評価ならば、地目を宅地に変更した場合、住宅用地特例の評価額×1/3、×1/6を適用すると、
課税標準額:4,792,832円となり、
固定資産税:67,100円と、大幅に安くなります。

逆に、すでに特例が適用されているとすれば、逆算すると、
評価額:64,000,000円近くなってしまい、現実的ではありません。

何か計算方法が間違っているでしょうか?

固定資産税があまりに高額なので、地目変更で節税できるならば、なんとかしたいと考えています。
よろしくお願いいたします。

現在、登記地目:畑、現況地目:雑種地の土地です。

土地面積:322平方メートル
購入金額:18,000,000円
現在新築戸建を建築中です。

周辺の路線価は、90,000円/m2くらいですが、一部、傾斜地・通路などの変形地につき、実売価格はかなり安くなっています。

H17年度の明細書では、
評価額:20,855,296円(土地面積×65,000円くらい)
課税標準額:14,598,707円(評価額×70%ちょうど)
固定資産税:204,381円(課税標準×1.4%) となっています。

現時点でおそらく雑種地(宅地比準土地)として...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。課税明細書の内容をご自分で理解されようとする姿勢は、とても意義あることだと思います。

固定資産税は毎年、賦課期日である1月1日の現況により評価されます。平成17年度の固定資産税は平成17年1月1日の現況で評価されたものです。登記簿上の地目は畑で、賦課期日における現況地目は雑種地としての評価ということですね。

ただし、宅地比準土地というのは、「評価がその土地と状況が類似している宅地の評価額に比準して決定される土地」、つまり、雑種地であっても宅地と同じように評価されているといえます。

住宅用地の特例についてですが、これは地目で判定されるものではありません。賦課期日において、現実に住宅が建っているかどうかによります。建築予定とか建築中ではだめです。

なので現在建築中ということであれば、17年度はもちろん18年度も住宅用地の特例には該当しません。今年中に住宅が完成すれば、平成19年度から特例に該当することになります。

【評価額】
固定資産税路線価(地価公示・鑑定評価価格等のおおむね7割)をもとに、それぞれの土地の形状や立地条件などにより補正した単価(1平米あたり)に、地積を乗じて求めます。

【課税標準額】
負担水準による税負担の調整措置というしくみによって算出されます。評価額と一致する場合もあるし下回る場合もあります。詳しくは書ききれないので、参考URL中の(3) 宅地の税負担について、などを参考にしてください。わかりにくいしくみなので、すぐには理解できないかもしれません。

例えば、商業地等の宅地で負担水準が0.7を超える土地の課税標準額は、評価額×0.7になるので、ご質問のケースに当てはまります。それ以外でも0.7になるケースはあるでしょうし、おそらく適正に課税されているものと思います。

参考URL:http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/shisanzei/tochi.html

こんばんは。課税明細書の内容をご自分で理解されようとする姿勢は、とても意義あることだと思います。

固定資産税は毎年、賦課期日である1月1日の現況により評価されます。平成17年度の固定資産税は平成17年1月1日の現況で評価されたものです。登記簿上の地目は畑で、賦課期日における現況地目は雑種地としての評価ということですね。

ただし、宅地比準土地というのは、「評価がその土地と状況が類似している宅地の評価額に比準して決定される土地」、つまり、雑種地であっても宅地と同じように評...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報