最新閲覧日:

最近の話題で例を挙げれば、スカイツリーを東京晴空塔と中国語訳する、などです。
日中の国同士?の取決めで、漢字はお互いに自国の発音で読むことになっていると、聞きました。

しかし、中国の人が日本にやってきて、そこらの日本人に「トンジンチンコンター?」と聞いても、知っている人しか解りません。
中国以外の国の人はそれぞれのお国訛りの発音で「スカイツリー?」と言うでしょう。そして、たいていの日本人はそれを理解するでしょう。

山手線のどっかのホームで「shibya, shibya!」と叫ぶ外国人がいれば、「渋谷はコッチのホームだよ」と指さす人がいるでしょう。
しかし「セグゥ、セグゥ!」と言っても、「渋谷」と気づく人は少ないと思います。
国レベルの取決めはともかく、民間人レベルでは、お互いに不幸なことだなと思います。

中国語を学習すると、初めにたいてい、自分の名前の中国語読みを教えてもらいます。
私も、自分の名前を、我叫Tiánzhōng、と言えた時は嬉しかったです。
しかし考えてみれば、実のところ私は「ティェンジョン」ではありません。「田中」です。世界中どこへ行っても、私は「tanaka」です。
自分の名前を中国語読みで名乗るとか、逆に中国人名を日本語読みするとか、そういうのも、もうやめた方がいいんじゃないかという気がします。

漢字を使っているからと言っても、現代では、日本語の漢字、簡体字、繁体字と違ってしまっています。すでに「漢王朝の文字」のままではありません。
その国の読み方を尊重する方が、グローバル時代に適しています。
その方が、日本に来た中国の人も、通りすがりの日本人もお互いに楽なのに、と思います。
皆さんは、どうお考えになりますか?

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (3件)

よく言われることで、私もそう思います。

名前の本体は文字ではなくて音声ですからね。

中国は表音文字がないので現実的な解決策がないんだと思います。日本は中国人の名前を原音に近い発音のカタカナ表記にすることができます。できるのにしていないだけです。その本当の理由は、日本のマスメディアがカタカナ表記を避けているからです。理由は2個あります。ひとつは字数が増えるのを新聞社などが嫌うから。もうひとつは読者(高齢者と保守派)が漢字表記をありがたがるからです。

一般人はマスメディアの方法論なんか関係ありません。もっと国際的で合理的なやりかたをすればいいと思います。ただ、外国の固有名詞は発音に「ゆれ」がつきもので、それをマスメディアが収束させている面もあります。一般人がばらばらの発音で呼んでいたら収束しないおそれがあります。
    • good
    • 0

よく中国語を学び始めた方が良く言うことですね。


これは漢字を使う国同士の特殊性と呼ぶべきでしょう。
まず日本の漢字の発音(音読み)は日本人が勝手に考え出したものではなく
昔の中国に学んだ僧や学生が大切に日本に持ち帰った音であるということです。
つまり非常に由緒ある音であるとも言えます。

日本語に現代中国語の発音標記を入れてしまうと多くの日本人には元の漢字がイメージできなくなってしまいます。
日本語としてのリズムが狂ってしまうと思うのは私だけでしょうか?

>実のところ私は「ティェンジョン」ではありません。「田中」です。世界中どこへ行っても、私は「tanaka」です。

この論理には2つの誤りがあります。tianzhong は音読みです。一方 tanaka は訓読みです。
音読みと訓読みを混同して「違う」というのはおかしな論理ではないですか?
最初に戻りますが、日中間には他にない特殊性があることをよく理解してください。
全ての日本人に習近平と書いてシーチンピンと読めと強要できるでしょうか?
習近平はともかく、じゃあ少し前の郭沫若はどうでしょう。もう少し古い方孝孺、もっと古い司馬遷はどうでしょう。
それよりうんと古い殷の紂王は大丈夫でしょうか?
これらをすべての日本人、中国語を知らない日本人に普通話音で読めというのでしょうか?

日本人名は欧米へ行っても音をローマ字化する以外読む方法がないため日本語音に近い発音で呼ばれますが
それは当然のことです。それ以外読みようがありません。
しかし文化的に近い欧米人同士では同じ人の発音や表記の異なることをご存知ですか?
例えばアメリカ大陸を発見したと言われるコロンブスですが、これはラテン語だと思います。(本当はコルンブスの方が近いです)
イタリア語、ポルトガル語ではコロンボ、スペイン語ではコロン、英語ではカランバスと呼んでいます。
地名で言えば、イタリアのベネチアは英語でベニス、同じくフィレンツェはフローレンス、ローマはロウムと呼ぶことを知りませんか?
この様に昔から交流のあった地域同士では同じものの発音の違うのが普通なくらいです。

中国内においてもです。
香港や広東省で生まれ育った方でも普通話では広東語の発音ではなく普通話の発音で呼びます。
広東語の地域では北京生まれ、北京育ちの方でも広東語の発音で呼びます。
広東人は北京のことをバッケンと呼びますし、ベトナムでは同じくバッキン、タイではバッキンと発音します。

以上のように、今の日本に於ける中国の固有名詞の発音は特に現代の普通話の音に無理やり合わせるものではないと思います。
日本でも近年になって交流した上海や青島は普通話音で呼ぶ習慣がついていますが、それはそれで良いのではないですか。
北京はなぜかペキンと発音しますが。これは英語読みでしょうか。
    • good
    • 0

わかります。

できるだけ、その人がいる国の発音で読むべきではないでしょうかね。
どう読むかは、本人が決めるべきで、国をまたいでもそれは同じと思います。

例えば、私はバスケットボールが好きなのですが、以前NBAでスター選手となった姚明という中国の選手がいました。
中国ではもちろん、アメリカでも読みはヤオ・ミンだったのに、NHKではようめいと発音していました。
非常に違和感があったのを覚えています。日本で普段見ない姚という字を、なんで無理にようと読むのか不思議でしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私もフィギュアスケートの中継を見ていて、同じことを感じました。
金 博洋という選手を、会場のアナウンス、インタビューの羽生選手も「ボーヤンジン」と言っているのに、TVのアナウンサーだけが「キンハクヨウ」と言っていて、違和感とともに金選手に失礼じゃないか、とさえ思いました。

国レベルで、漢字を現地読みするとの取決めがあるそうですが、街中で中国人観光客を見かけることも多くなった今、時代遅れな取決めだと思います。

お礼日時:2017/03/21 14:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報