あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

去年、ゴムの木を買ってきて、初めて育てているのですが、これって根腐れっていうやつですか??

日当たりの良い場所に置き、土が乾いたら水やりをしています。

5月になったら、一回り大きな鉢に植え替えるように教えてもらったのですが、早めに植え替えるべきですか?


というか、この根っこを元気にさせる方法はありますか?

葉っぱの部分は生き生きしてます。

「去年、ゴムの木を買ってきて、初めて育てて」の質問画像

A 回答 (2件)

ネット上では根腐れを心配する人も多いが、これは根腐れしてはいないと思うよ。


そもそも、何を根拠に根腐れを心配しているのか。
で、植え替えだが。
あなたには植え替えより「鉢増し」の方がいいと思うよ。
幹を持って鉢の縁をポンと叩くときれいに抜けるはずなので、それをそのままひとまわり大きな鉢に入れ、後は隙間に土を入れるだけ。
これなら植え痛みもないし、いつでもできるので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お店で購入するときに、店員さんに水をやりすぎると根腐れするので気をつけるように言われました。最近根っこに近い部分が変色していたので心配になった次第です。
でも、根腐れではなさそうとのことで安心しました。
鉢増しについてもご説明助かりました。そのようにやってみます。

お礼日時:2017/04/04 20:33

色的には似てるね。


オカモト株式会社さんが詳しいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花の名前 こちらのお花の名前を、確認せずに購入し、持ち帰ってしまいました。 どのような手入れをすれば

花の名前

こちらのお花の名前を、確認せずに購入し、持ち帰ってしまいました。
どのような手入れをすればよいか分からないので、名前だけでも知りたいと思っています。
開花時期は、秋~春と書かれていたと思います。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

西洋サクラソウ(プリムラ)で、「ジュリアン」か「ポリアンサ」のようです。
基本的には寒さに強い種類だが、今出回っているのは温室育ちなので、屋外に出す多花が枯れることがあります。
なので、屋内の日当たりの良いところに置いてください。
で、少し心配なことが。
花は見事に咲いているが、肝心な葉がほとんど見えない。
典型的な「温室育ち」なので、この後どうなるか少し心配です。 
一応「多年草」なのだが、夏の高温多湿を嫌うので、多くの人は夏越しで失敗をしています。
それにしても、葉が見えないのが気になります。

Qガーデニング用品で 写真のようなものを探しています。 外はワイヤー中は石で、縁石のような感じになるも

ガーデニング用品で
写真のようなものを探しています。
外はワイヤー中は石で、縁石のような感じになるものです。
どこで売っている何という商品なのか、どなたかご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めの回答者も書いているように、これは「蛇籠」と言って、園芸用品ではありません。
川の護岸などに使う物なので、市販はされていないと思うよ。
川の改修工事などで使われるので、工事を請け負った企業がその都度製造メーカーに発注します。
「特注品」に近いかも。

Qこの葉っぱの名前を教えて下さい

越した先の植木鉢でよくわからないものがあります。手前の葉は椿のような肉厚の葉で縁がフリルのようになっていました。奥の小さい紫の花が付いているものはミントの葉に似ています。育てようか減らそうか悩んでいるのでご存知の方が居ましたお教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

手前の肉厚の葉っぱの植物は「マンリョウ」で、
奥のミント見たいな葉っぱの植物は「ヒメオドリコソウ」ですね。写真を見る限りですが…
マンリョウは秋から冬にかけて赤い実をたくさん付けます。
お正月の飾りとしてセンリョウと一緒に用いられます。なので縁起の良い植物なのですが、ただ植えておくなら鳥や虫の餌になるだけです。

ヒメオドリコソウは植えておいても何の役にもたちませんし、食用にも向きません。ただの雑草です。

どちらも 大きくならないうちに引っこ抜く事をオススメします。

Q果樹苗購入後、枝は切って植えるのですか

宅地造成で、畑の一部が無くなりミカン柿の木が無くなり苗木を植えようと購入しました。柿の主幹のトップは切断されております。切ったあたりを中心にして、主幹からから枝が4,5本出ております。このまま植えてよいのでしょうか。
 あと、ついでに教えてください。柿の苗と違い、ミカンの苗木は立ち木のように緑の葉っぱも付いております。この2つの状態は何が違うのが要因でしょうか。
稲作だけで精いっぱいの不勉強兼業農家です。野菜・果樹の育て方苦手です。なにとぞ。

Aベストアンサー

枝を切るかどうかは苗木の状態によって違います。
で、「主幹から枝が4,5本」。
時期的なことを考えると、「去年の売れ残りの苗」の可能性が大です。
であれば、そのまま植えることだね。
次にミカンだが、ミカンは「常緑樹」だよ。
柿は「落葉樹」なので。
「稲作だけで精いっぱい」と言うが、それにしても物事を知らなすぎると思うよ。

Q観葉植物

葉が黄色くなり枯れそうです。
原因わかる方いますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

根腐れの心配はありません。
が、日光不足なのと、湿度も不足しているかも。
育ちとしては悪くないんだがね。
常緑樹とは言っても、葉は古くなれば黄色くなって終わりです。

Q進級祝いに頂いたのですが、なんと言う花か分かりません。 これからお世話のやり方など、教えて下さい。

進級祝いに頂いたのですが、なんと言う花か分かりません。
これからお世話のやり方など、教えて下さい。
プラスチック鉢にラッピングされています。

葉っぱが一部黒いです。とった方がいいですか?

Aベストアンサー

サイネリアでしょうね。 http://happamisaki.jp-o.net/sp/flower/s/cineraria.htm
一部、黒い葉は取った方がいいでしょうね。
ラッピングも。

Qロドレイアの木

ネット通販でロドレイア(シャクナゲモドキ)の木(1.5メートル)を買いました。
送られてきたのは、虫食いだらけで、葉色が黄色っぽく、おまけに葉に大小様々のしみそばかすみたいな黒点がたくさん入った、とても汚いものでした。

販売元の業者は、冬の寒さで一時的にそうなっているだけで心配要らないと言うのですが、ご近所のロドレイアは濃い緑の葉が艶々と美しくしています。業者のところより、こちらの方が冬は確実に寒い地域です。言い訳だと思いますが、枯れているわけではないので、返品もできず・・・

実際に見ていたら絶対に買わないと思うような苗木でした。(;.;)

葉が黄色っぽい原因、黒点は病気ではないか、また防虫はどうしたらいいかなど園芸に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず初めに、ネット通販では時折起きる問題です。
で、ひどい状態の苗だが、販売元の業者は「販売」だけで、苗はどこかの生産農家から仕入れます。
なので、本当に冬の寒さでやられた可能性もあるがね。
で、黄色くなったり黒点が入った葉だが、今年新しい葉が出来上がった後の落葉するので、それまで少しの辛抱です。
防虫に関してはよくわかりません。
少なくとも、私の所では虫による被害はないので。
最後に、ネット通販では現物を確認できないため、ある程度のリスクは覚悟しないとダメだがね。

Qゴムノキ 元気なく 葉っぱがポロポロ落ちる

1週間以上、暗室に放置してしまいました。
葉全体がぐったりと垂れてしまい、
下の葉を中心にポロポロ落ちていきます。
手で少し力を加えただけでもポリっと取れてしまう感じです。

葉や茎の色は特に変化はないのですが、
とにかく元気がなく、夜間は幽霊でも見るかのようです。
180センチ以上はあるので。

土は湿ったままで、水を吸っていない感じです。
水は渇き気味にあげていましたが、
それまではとても元気でした。

症状と対処法を教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

情報を確認いたしました。先に結論から申しますと、ゴムノキは最悪な
環境下で最悪な管理の元で栽培をされていると感じました。あなたが悪
いと言っているのではありませんから、気を悪くしないでアドバイスを
見られて下さい。

まず置き場所ですが、ゴムノキは熱帯から温帯地域に分布して自生して
いますから、年間を通して十分に光線に当てる事が元気にする秘訣にな
ります。最低でも半日陰(午前中に光線が当たり、午後からは日陰にな
るような場所)になる場所に置き、明るい日陰では生育しません。
カーテンで仕切っても冷気からは防げますが、暖かさを確保する事は出
来ません。カーテンが折角の光線を遮ってしまうので、無駄な事をされ
た事になります。どんな植物にも共通していますが、植物には生長期と
休眠期の2種類があります。生長期は活動を活発にして生育する時期で
すが、休眠期には活動を鈍くさせて仮眠している状態になります。
これはクマなどが冬場に冬眠すると同じです。
ちなみにゴムノキの生長期は4月から9月で、10月は休眠をするため
の準備期間で、3月は休眠から覚めて活動する準備期間になります。
11月から2月は休眠状態ですから、水遣りを頻繁にしたり肥料を与え
たり、植替えなどの作業は一切出来ないと言う事です。
冬場の天気が良い時に屋外に出して光線に当てると言われますが、人間
と植物では暖かさや寒さの感じ方が違うので、人間には暖かいと感じて
も植物には耐えられない寒さと言う事もあります。スヤスヤと眠ってい
る赤ちゃんを叩き起こすと同じですから、生長期に入るまでは5℃以上
を維持出来る室内で越冬させる事が大切になります。
越冬させるために必要な温度は5℃以上ですから、室内外でも5℃以下
にならないように管理をする事です。

水遣り方法は前回に書いた通りですが、元気が無い時には何らかの原因
がありますから、その原因を調べる事が必要になります。
土が常に湿っていないかとか、病害虫が発生していないかとか、置き場
に問題は無いかとか、温度は大丈夫だろうかとか考えるべきです。
元気が無い時に水遣りを多くしても、必要もない水分を与えられるので
すから、根が弱ってしまい根腐れを起こしてしまいます。
休眠期には活動を鈍くしているので、生長期と比べると元気が無いよう
に感じてしまいます。その事を理解して覚えないと、何の観葉植物を育
ても根腐れを起こさせて枯れてしまいます。水遣りをすれば元気になる
と言う考えは、今日限りに捨てましょう。

肥料ですが、あなたの場合は与え過ぎです。水遣りと同様に肥料も与え
れば良いと言う事ではありません。必要とする時期に必要な量を与える
ようにして、与える必要が無い時期は絶対に与えない事です。
肥料は生長期の間だけ施し、緩効性化成肥料(マグァンプK等)を隔月
に置き肥で施します。与えれば与えた分だけ元気になると言う事にはな
りません。与える必要も無い時期に与えると、肥料負けを起こして根を
痛めてしまいます。人間が腹一杯になっている時に、新たに先程に食べ
た物と同じ食事を食べろと言うのと同じと考えて下さい。

4月まで天候が良くても、絶対に屋外に出さない事です。
水遣りも前回に書いた事を守って下さい。

情報を確認いたしました。先に結論から申しますと、ゴムノキは最悪な
環境下で最悪な管理の元で栽培をされていると感じました。あなたが悪
いと言っているのではありませんから、気を悪くしないでアドバイスを
見られて下さい。

まず置き場所ですが、ゴムノキは熱帯から温帯地域に分布して自生して
いますから、年間を通して十分に光線に当てる事が元気にする秘訣にな
ります。最低でも半日陰(午前中に光線が当たり、午後からは日陰にな
るような場所)になる場所に置き、明るい日陰では生育しません。
...続きを読む

Q金のなる木 について。です。 ベランダで 育てておりましたー つい先日 すべてのえだがうなだれてしま

金のなる木 について。です。
ベランダで 育てておりましたー
つい先日 すべてのえだがうなだれてしまいましたー 対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

雪が降ったり氷点下になってないですか?うなだれてるところが透明だったりぶよぶよでしたら手遅れです。。茎が硬いところで切ってしまって室内に入れましょう!春になったらまた外に出すと切ったところや枝のところから新しい芽が出て来ますよ!

Q剪定しなかった薔薇はどうなるのか

薔薇を庭に植えて育てていますが、全くの初心者です。

うちにある立派なミモザの木を父がツンツルテンにしてしまい、
いちじくの木は母が、ありえないくらい短くしてしまいました。
昨年は満開で綺麗だったミモザも、今年は咲いていませんし、
いちじくも、今年は実もならないんじゃないでしょうか。

それがトラウマになってしまい、薔薇の剪定をしませんでした。
ただ、春になり冷静になると、剪定をしなかった事により、花が咲かない
のではないかと心配です。
満開の花を咲かせる良い方法はありますか?
ちなみに肥料は、一ヶ月程まえに、ケイフン、化成肥料などをやりました。

Aベストアンサー

お答えします。
【剪定】
今年の夏の8月中旬~9月上旬の剪定からやって下さい。
そのすぐ後に、その適量の施肥もして下さい。
      ↓
次は花が開花して、鑑賞を満喫して花がしおれて来たら花をとって下さい。      
      ↓
そして次は冬の剪定です。

【施肥】
樹木の施肥は原則不要なんですよ。
でも、例外としては・・・
●バラ
●苗木
●美しい花を咲かせたい花木とか
●おいしい実を食べたい果樹とかは施肥をしなければなりません。

山にある樹木は誰も施肥をしてません。
でも山の植物はいつまでも元気イッパイです。
なぜかといいますと、
山にある植物は、落葉、動物の死がいや糞・・・を土壌中の細かい微生物(細菌・糸状菌)がイオン・分子レベルに分解してくれます。
そのの肉眼では見えないイオン・分子レベルのもの(腐植)を吸収しています。
ですからいつまで経っても元気イッパイで長生きできるんですよね(^◇^)
でも普通の家庭の土壌は、そんな土壌ではないです。

バラは剪定と施肥は必須です。
でも夏の剪定は、好みでやらなくてもいいんですよ。
でも、いっせいに秋花を開花させたいならやるべきです。
やらないでいても開花はしますけど、バラバラの開花なんですよね。
でもその方が好きな人もいます。
多くはいっせいに開花が好きですね(^_-)-☆そっちがいいなら剪定をして下さい。
それは人それぞれだと思います。

でも、冬の剪定は必ずして下さいね。
本当は切れば切るほど力強い開花ができますけど、茎の半分は残しておいてください。
それは守るようにお願いします。
色いろ苦労して育てるバラに鑑賞の意味があるんですよね(^。^)y-.。o○

お答えします。
【剪定】
今年の夏の8月中旬~9月上旬の剪定からやって下さい。
そのすぐ後に、その適量の施肥もして下さい。
      ↓
次は花が開花して、鑑賞を満喫して花がしおれて来たら花をとって下さい。      
      ↓
そして次は冬の剪定です。

【施肥】
樹木の施肥は原則不要なんですよ。
でも、例外としては・・・
●バラ
●苗木
●美しい花を咲かせたい花木とか
●おいしい実を食べたい果樹とかは施肥をしなければなりません。

山にある樹木は誰も施肥をしてません。
でも山の植物はい...続きを読む


人気Q&Aランキング