日本語を勉強してる外国人です。
今読んでいる本に理解できない文章が出て、質問します。

「何で撃たれたところだけ本格的なんだよ」

撃たれたところ?
「撃つ」に「銃を撃つ」以外のどういう意味がありますか?
辞書を見ても分からない・・・。
なんか、いやらしい状況(?)とかにも使える表現ですか?
この文章だけでは難しいかもしれませんが、どうかお願いします。

A 回答 (8件)

これは、笑うところだと思います。

マンガか何かですか?

銃で撃たれたシーンだけがものすごく丁寧に再現してあり、他は省略されたり、雑だからそこをツッコんで怒って見せているんじゃないですか?

他の部分が本格的ではないのに、そこだけが本格的なのはおかしいだろ、という指摘というか、笑いだと思います。
    • good
    • 2

出典は、リンクフリーの小説のこれですね 「夕陽犬」の一節


http://ncode.syosetu.com/n6649co/56/


とても難しいものをこなしておられ、感服しました。

要するに、闘いで、あの世に逝き、その後、輪廻転生で、他の世界に生まれ変わろうとしている最中の話のようですね。

そこで、何故、銃で撃たれた箇所だけが、生々しい傷跡として遺っている(本格的)というの意味だと思います。

つまり、生まれ変わる内に、他の状態に変わっていないという、衝撃的な感情となまなましい痛々しさを、未だに、既にあの世に逝き、さらに、そこから、転生しようとしているにも関わらず、未だに、この世の血なまぐささを感覚的に、表現しようとしているという感じなのではないでしょうか。
    • good
    • 0

すごく達者な文面に感じられます。


むしろ外国の方とは、思えない位、質問文が上手ですね。

すでに分かりやすい説明をされてる方がいらっしゃるので、解決されたとは思いますが、日本語は難しいので、これからも頑張って下さいね。

すでに、立派に会話されているのでしょうね。

素晴らしい(^^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!おかげ様で勇気をもらいました。

お礼日時:2017/05/16 16:08

銃で撃たれた場面。


他の場面の描写は平凡なのに、そこの描写だけは、どうして本格的なんだろう、という自問自答。
その本の登場人物か作者が、つまらないハードボイルド小説でも読んでいての感想ではありませんか。

なお、その他のご質問は他の方の回答通りです。
    • good
    • 1

>この文章だけでは難しいかもしれませんが


まさにその通り、前後の文章が無いので解りません。

さて
>「何で撃たれたところだけ本格的なんだよ」
の文章から予想できることとしては
"何らかの模型を作った。
銃撃のあったであろう場所だけリアルに作られていて、他の部分はあまりリアルではなかった。"
という状況が予想できます。

「撃つ」という言葉は、「矢」「弾」を発車するという意味です。
>なんか、いやらしい状況(?)とかにも使える表現ですか?
人によっては性交における射精を「撃つ」と表現する人もいますが、あまり一般的では無いでしょう。
    • good
    • 0

ただ単に日本語がおかしいです。



前後の文脈が無い為予測ですが

⚫️撃たれたは基本「銃撃」のものです。

⚫️何でと言っているので本人は疑問に思っています。

⚫️撃たれた所すなわち「銃痕」です。

⚫️その銃痕と本格的は結びつきません。

文を作るなら
彼は床に広がる自分の血を見て撃たれた事に気付いた。
銃痕をみて、流れる血の量をみて彼は「本格的に死ぬかも」と思った。

って感じです。
本格的の使い方に多少の違和感がありますが、こんな感じになります。
    • good
    • 0

この文章の前の文がわからないので回答が難しいですが、


性交を「撃つ」という表現をする場合もあります。
    • good
    • 0

前後の文章がないのでハッキリとはわかりませんが、


撃たれた「場面」という意味じゃないかな?と思います。
例えば、夢を見ていて、それまではあいまいなイメージしかなかったのに
銃や弓で撃たれた「場面」だけ鮮明に記憶していたとするとこんな
表現を使います。
「撃つ」は銃や弓で撃つという以外はほとんど使わないと思いますよ。
参考:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/19681/meaning/m0u/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「無理なんだ」「そうなんだ」などの「なんだ」は、正しくは「なのだ」?

「宿題はちゃんとするけど、今は無理なんだ」や、「そうなんだ、昨日さぁ・・・」
という文の、「なんだ」は、正しくは「なのだ」なのでしょうか?
「無理なんだ」ではなく、「無理なのだ」が正しい日本語なのでしょうか?
もしそうだとしたら、「なんだ」も、最近は正しい日本語として認められてきているとか、
そういうことはないでしょうか?

Aベストアンサー

 「なんだ」の元々の形が「なのだ」であるということです。しかし「なのだ」自体「~である」くらいの軽い意味でしかなく(重要なのは「~」に何が入るかですよね)、話し言葉においてはそんなに丁寧に発音されず、「なんだ」が使われる、というだけです。
 どちらが日本語として正しい・誤りということはありません。書き言葉らしい・話し言葉らしいという差があるのみです。すなわち「なんだ」を文章に使うのは「誤り」ではなく、よりくだけたスタイルなので場合によっては避けられるべきだ、というくらいのものです。

Q文章を漢字に変換できる辞書やサイトはありますか?

文章を漢字に変換できる辞書やサイトはありますか?
例えば『非常に残念』⇒遺憾というふうに。
教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。逆引きということですね。

ネット辞書を用います。
Yahoo!辞書
http://dic.yahoo.co.jp/

検索窓の右側にあるドロップダウンリストを「で始まる」から「を解説に含む」に変えます。
それだけです。

ちなみに、「非常に残念」ではなく「残念」で検索したら55件引っかかって、
その中に「遺憾」がありました。

Q次の文章のおかしいところはどこでしょうか?

国語の教師歴10年のシズ子先生は、家庭科の野原先生に鰊漬作りを教わり、鰊漬作りに挑戦しました。しかし、初めて作った鰊漬は、3週間後にはすべて腐っていました。 そこで、シズ子先生は、野原先生に詰め寄りました。

以下、「雪の街のシズ子さん」(本間昭南・著)より (12ページ)

> 「先生、私は教わった通り、言われた通り完全に、全部やりました」
> シズ子先生の表情は、今でははっきり、憮然としている。
> 野原先生は思わず宙を仰いだ。その眼が途方に暮れたように頼りな気にさ迷った。
> 聞くとも無く聞いていた周囲の先生達の眼が一斉に二人に注がれた。しばしの沈黙の後その中の年輩の男の先生が、机越しに大きな声で諮(たず)ねた。
> 「塩はどれくらい入れましたか?」
> シズ子先生の唯でさえ大きくて丸い眼が、特大の大皿になった。彼女は叫んだ。
> 「塩なんて、言われませんでした」
> 職員室中が水を打ったようにしんとなった。
> 次の瞬間、どっと笑いが爆発した。
> 野原先生だけが呆然として口を開け、シズ子先生の顔を見ていた。
> この後、シズ子先生の漬物塩事件は先生達はおろか、生徒達の間にまで広まることに成った。

質問1 ここに引用した「雪の街のシズ子さん」の文章におかしなところ(誤記脱字、不適切な句読点など)はありますか。

質問2 「シズ子先生の表情は、今でははっきり、憮然としている」の「今では」というのは、何に対して言っているのでしょうか。

質問3 シズ子先生の漬物塩事件は、シズ子先生に漬物の漬け方を教えた野原先生のミスとして伝わったのでしょうか。それとも、漬物の常識をシズ子先生が知っていなかったとして伝わったのでしょうか。著者は、どういうふうにして広まったのかということを一言も書いていません。皆さんはどう解釈されますか。

国語の教師歴10年のシズ子先生は、家庭科の野原先生に鰊漬作りを教わり、鰊漬作りに挑戦しました。しかし、初めて作った鰊漬は、3週間後にはすべて腐っていました。 そこで、シズ子先生は、野原先生に詰め寄りました。

以下、「雪の街のシズ子さん」(本間昭南・著)より (12ページ)

> 「先生、私は教わった通り、言われた通り完全に、全部やりました」
> シズ子先生の表情は、今でははっきり、憮然としている。
> 野原先生は思わず宙を仰いだ。その眼が途方に暮れたように頼りな気にさ迷っ...続きを読む

Aベストアンサー

#1/3です。
ちょっとしつこいですが、繰り返します。

表現というのは美意識の問題で、正しいか誤りかを問うのはナンセンスです。
あくまで、好きか嫌いか、です。
derwqq1122 さんには合わなかっただけです。

「おいしくてほっぺたが落ちそう」、というのは確かに無駄です。
「まだ未完成」「まず第一に」というのも、重複表現としてよくやり玉に挙げられます。
しかし、強調表現でもあります。
くどいと感じる人もいれば、グイグイ来ると思う人もいるわけです。


昔の筒井康隆の一部の作品などは、言葉が奔流のように過剰で、読者はおぼれそうになります。
好きな人は好きだし、嫌いな人は本当に嫌いです。

一般的に言えば、省略の美学を奉ずる人が多いので、文学賞の選考には残りにくいでしょう。
しかし省略ばかりしていてもダメで、ここぞと言うときには、「強く激しく」というような冗長な表現も必要でしょう。
この作者も、表現はくどいが、「シズ子先生の漬物塩事件は、(…)どういうふうにして広まったのかということ」は省略したわけです。


要は省略と冗長のバランスですが、どのあたりのバランスがいいかはやっぱり、好みの問題ですね。



くどいようですが、

>「途方に暮れたように頼りな気に」

これを無駄ととるか、「~に~に」の繰り返しを心地よいと感じるか、好きか嫌いかだけの問題で、正誤問題ではありません。
嫌いな人が多ければ売れない。
ただそれだけです。

#1/3です。
ちょっとしつこいですが、繰り返します。

表現というのは美意識の問題で、正しいか誤りかを問うのはナンセンスです。
あくまで、好きか嫌いか、です。
derwqq1122 さんには合わなかっただけです。

「おいしくてほっぺたが落ちそう」、というのは確かに無駄です。
「まだ未完成」「まず第一に」というのも、重複表現としてよくやり玉に挙げられます。
しかし、強調表現でもあります。
くどいと感じる人もいれば、グイグイ来ると思う人もいるわけです。


昔の筒井康隆の一部の作品などは、言葉が...続きを読む

Q「結局のところ」「実際のところ」の「ところ」を教えてください。

「結局のところ」「実際のところ」などの、この「のところ」は文法的にどういう役割をしているのでしょうか?
「結局」「実際」と言うときとどういった違いがありますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下を比べてみてください。

結局(/実際)、私はあなたが好きだとわかった。
結局(/実際)のところ、私にはあなたを好きなのかどうかわからない。

×結局(/実際)、私はあなたが好きではない/嫌いだ。
○結局(/実際)、「私はあなたが好きではない/嫌いだ」と思った。

×結局(/実際)のところ、私はあなたを好きだ。
○結局(/実際)のところ、私はあなたを好きだとは言えない。

「結局・実際」:後ろに客観的で判断を示す表現が続くと予想されます。
「結局・実際のところ」:後ろに主観的で否定的な(あいまいな)表現 が続くと予想されます。
 日本語に多い婉曲的な言い方ですね。

以下のように使います。
 結局、事態はそのような結果になったが、結局のところ、私は遺憾に 思わざるを得ない。

ご参考までに…

Q辞書を買いたい、おすすめの辞書教えてください

40代前半会社員です。2児の母でもあります。最近読んだ本で、7歳から辞書を引かせて学ぶという内容のものがありました。とても興味深く読みました。自身はもっぱらわからないことはネットで調べていますが、何十年ぶりに辞書をつかってみようかなという気持ちになりました。学生のころ使ったきりで家にあるものは古くて、使えそうもないので、新しい辞書を買いたいと思っています。日常生活にそくしたもので、引きやすいという読みやすいおすすめの辞書があればぜひ、紹介してください。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)新明解
有名な辞書です。語釈はややくどくて、とぎどきびっくりするような記載があります。
一例として「いのち」の項は、
(一)生物が生きている限り持続している肉体や精神の活動を支える根源の包括的な呼称。〔一瞬一瞬生きることの繰返しとして とらえられる緊張の持続であり、客観的には有限であるものが、主体的には無限の連続として受け取られる所に、その特徴が有る〕(以下略)
〔〕のなかは記載はほかの辞書では考えられないですね。こういうところを踏み込んだ語釈で良いと見るか、くどいと見るかは好みの問題です。

(2)三省堂国語辞典
↑と同じ三省堂でもこちらは新しい言葉の収載に熱心です。語釈は新明解とは対照的に、よく言えば簡潔、わるくいえば淡白です。


(3)岩波国語辞典
簡潔で要領の良い語釈が特徴です。どの言葉を見てもスマートに定義してすっきりした辞書です。
同じ岩波書店でも広辞苑がそっけない記載で意味が良くわからないということがしばしばですが、こちらのほうはそんなことはありません。

小型辞書の代表選手3冊は版を重ねてどれも歴史もありますので書店で比べてお好きなのを選んでください。個人的には岩波が一番好きです。

(4)大辞林
少し大型の辞書です。上で書いたように大き目の辞書ではこれが一番です。私はcdrom版を使っています。まあ、これはネットで引けますね。

(1)新明解
有名な辞書です。語釈はややくどくて、とぎどきびっくりするような記載があります。
一例として「いのち」の項は、
(一)生物が生きている限り持続している肉体や精神の活動を支える根源の包括的な呼称。〔一瞬一瞬生きることの繰返しとして とらえられる緊張の持続であり、客観的には有限であるものが、主体的には無限の連続として受け取られる所に、その特徴が有る〕(以下略)
〔〕のなかは記載はほかの辞書では考えられないですね。こういうところを踏み込んだ語釈で良いと見るか、くどいと見るかは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報