住人によるビラ撒きについて

マンションに住んでいます。ある住民の方が、管理会社や管理組合を批判するような感情的な内容のビラを1000戸以上に頻繁に撒いています。

私の目には揚げ足取りにしか見えず、それにより決議が遅れたり、まともな議論ができなくなっています。また、一日置きに入ることもあるビラに迷惑していますが、視点が斬新だとか頑張っていると評価する人も
います。

規約上、ビラは禁止ですが、管理組合は今のところ口頭注意と掲示での注意のみです。

調べたところ、外部の人によるビラ撒きは不法進入になるようですが、住人によるビラは単なる規約違反でしかないのでしょうか。

次回の総会で住人によるビラについて取り上げてもらうよう申請しようと思いますが、ビラの主は規約に詳しく規約に違反しているのは承知の上のようです。だから注意ではききませんし、すでに注意されています。議事にあげていただく際、どのような対応を提案すべきでしょうか。

A 回答 (3件)

> それにより決議が遅れたり、まともな議論ができなくなっています。



因果関係がハッキリしてる、議事録なんかで確認できる、その結果の損害額が算定できるなら業務妨害とか。


> 管理組合は今のところ口頭注意と掲示での注意のみです。

繰り返し注意した記録はしっかり残して、段階的に対応するのが真っ当です。
・口頭注意
・書面注意
の後だと、
・管理組合の顧問弁護士決め、弁護士を間に挟んでの口頭注意
・弁護士事務所名義での書面注意
というか、管理組合として本気で困ってる、迷惑してるなら、弁護士に相談するのがベストだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
記録を残すことが大切なようで、参考になりました。

お礼日時:2017/05/14 19:15

1000戸以上のマンションというと対象はかなり限られた所でしょうか。



ビラの配布によって「決議が遅れたり」「まともな議論が出来なくなっている」ということは、その記事内容は単なる揚げ足取りではなく、ある事実に基づく指摘であろうと推察されます。

むしろ、現在の管理会社または管理組合の状況を冷静に判断し、その認識を組合員全員で共有できる場を設ける事の方が最優先課題のように思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その方法が規約違反のビラ配りではいけないと思うのですが、きちんとしたプロセスがわかりません。
私の認識では管理組合に個人から文書で質問すべきであり、規約違反の全戸へのビラ配りは内容以前に迷惑なのです。

お礼日時:2017/05/14 18:44

組合ではなく管理会社に連絡してはどうですか?


管理会社にビラを全て持って行くか、証拠を消されないように現物は持参せずに撮影した画像を持って行き迷惑行為で相談してはどうでしょう?
あまりに酷いと強制退去も視野に入りますから、まずは気長に辛抱強く相談の履歴を管理会社へ積み重ねてはいかがでしょうか?
警察に迷惑行為で相談する事も出来ますが、そう言う人は逆撫でしない方がいい思いますし、自分が反対しているとバレないようにした方がいいと思います。
組合へも言わない方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
相談の履歴という点と、ビラ主を逆撫でしないようにという点は、非常に参考になりました。
管理会社も住人がお客様なので難しいようですが、相談してみます。

お礼日時:2017/05/14 18:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q管理組合の善管注意義務違反を確認する事件名はどのようになりますか?

理事長が規約違反行為をして,それを咎めたところ,何の反省もなく逆切れしてしまい,自宅に怒鳴り込んできたので,損害賠償請求の訴訟を起こしました(本人訴訟)。2回の口頭弁論で結審し,請求は棄却されましたが,規約違反であったことは裁判所の判断に盛り込まれました。この裁判で理事長は,区分所有法26条4項に則って訴訟を追行する権限を得ることはしませんでした。また,弁護士費用についても総会に諮りませんでした。弁護士費用の着手金約25万円,報酬金約55万円は,理事長の指示で,管理会社のフロント担当が支払ました。訴訟追行も弁護士費用の支払も規約違反に当たるので,善管注意義務違反を問う訴訟を提起したいのですが,この場合請求事件名はどのような名目になりますか?善管注意義務違反確認請求事件ではダメですか?損害賠償を請求するつもりではなく,管理組合集会が承認していないこのような支出が二度と起こらないように,再発防止策を講じて欲しいと思っています。ご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

回答になるか、あいまいですが、
善管注意義務違反であることの確認を求める訴訟は提起できないのではないでしょうか。(再発防止策を講じさせることを求める訴訟は、多分、裁判所が受理しないでしょうし。再発防止策を講ぜよとの判決は、裁判所はできないでしょう)。
善管注意義務違反の確認が裁判所によってされても、何にも法律紛争の解決になりませんから。
すでに本人訴訟をご経験ならご存知かと思いますが、これこれこういう訴訟を起こしたいと裁判所に行けば、裁判所書記官だか事務官が相談に乗ってくれるはず。そこで善管注意義務違反確認の訴訟を起こせるということなら、善管注意義務違反確認請求事件とかでよいでしょうが。
要は、善管注意義務違反を確認するとの判決を求める訴訟を提起できるか否かにかかっていると思います。(私的には無理だと思います)

規約違反の支出をとがめる訴訟の方が端的でしょう。
事を荒立てすぎるということなら、訴訟ではなく、調停など裁判外紛争解決手続きがよろしいかと。

Qマンション管理規約 役員の任期について

マンションの管理規約についてご教授願います。
「役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし2期以内とする。」という規定があります。

再任ですから役員として2年の任期を務めたら、1年以上の間をおいてまた2年の任期を
務めることができ、その任期は2期(4年)を限度とする、と私は認識していました。
他の方は4年連続(2年+2年)で役員を務めることができる、と解釈されています。
つまりその気になれば4年務め1年休み、4年務め1年休みをずっと続けることができると
いうこととお考えです。

2年の任期満了後に継続してその任に就くのは重任だと私は理解しています。
会社の登記では再任という言葉はないと思いますが、マンションの管理規約では一般的
なのでしょうか?
マンション管理規約における任期の正しい解釈を教えて頂きたくお願い致します。

Aベストアンサー

>役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし2期以内とする。

任期は2年ですから、平成25年1月1日から平成26年12月31日までが1期となります。

再任を妨げないということですから、平成27年1月1日から平成28年12月31日まで2期目の役員になることが出来ます。

但し2期以内とするということですから、平成29年には役員にはなれないということです。


再任と重任の意味に違いはありません。


同じ人物が選ばれる事を再任と言い、登記上は重任になります。

同様に新たに選ばれた役員を新任と言いますが、登記上は就任になります。
また、役員を辞める事を辞任と言いますが、登記上は退任です。

Qマンション管理規約と使用細則どう違う

マンション管理組合理事をしています。
最近の脱法シェアハウス問題をうけて、当マンションも管理規約の改正を検討しています。
しかし、規約改正までしなくても使用細則の改正でもいいようにも思っています。
使用細則に
1.一住戸の世帯数・居住人数の制限
2.改築時の理事長の承認
3.違反者には行為中止請求、居住中止請求
など書きこめばいいと考えています。
管理規約改正なら特別決議ですが、使用細則なら普通決議でいいと思うのですが、違うのでしょうか。
使用細則でも特別決議必要でしょうか。
当マンションは組合員の意識が低く、委任状を出してくれる組合員数が少ないので、特別決議が難しいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使用細則、普通決議でokです。例えば、これを拒否されますとね、長期修繕計画案の採択決議そのものも「特別決議」になって、財源不足による「一時金」(大規模修繕に際してのもの)の徴収措置を避けるための修繕積立金の値上げさえ不可能になる。特別決議になったら、積立金の値上げできないと思う。値上げできなければ、大規模修繕の度に「一時金徴収」が発生して、そして、そういうものが払えない人が出てくる。大問題になる。

だからね、「管理規約本則」に「管理費など(修繕積立金を含む)は各専有部の持ち分(比率)に応ずる」とだけ明記しておいて、「本則」の変更ではないので、具体的な「使用細則」での各室徴収額添付表を変更することにして、普通決議で良しとするのが世間の常識。特別決議を主張する人は、総会出席率の実態さえ知らない人。そういう無知な手合いの言い分を聞いていると管理組合は空中分解する。

「専有部修繕工事申請書」の許諾は、理事会審議を要するとされるが、そういう申請書が来るたびに臨時の理事会を急遽開くというのには無理がある。だから、近隣住居者の「同意書」とか、「工事設計図」などの書類が揃っていれば、即、理事長承認として、理事会では事後報告というのが通常の形。だが、おそらく、大方の理事会では、管理会社丸投げだから、「工事申請書」の提出さえも求めていないというのが実態。

多分、貴方のマンションの「管理規約」を読めば解決します。国交省モデルが下敷きの「規約」であれば、賃貸入居者(シェアハウスとかマンスリーを含む)に対して、そのオーナー(区分所有者、組合員)は、「管理規約」を熟読させて、そこに書かれているマンション内ルールを遵守するという「誓約書」を提出させよということになっている。そして、賃貸者から、そういう「誓約書」を受け取ったら、それを管理組合(理事長)に提出して、承認を求めるという項目があるはず。許諾を求めよということになっていなくても、「誓約書」の書式は明示されているはず。

そういう文言が入っていれば、それだけで、シェアハウスは排除できる。無ければ、「使用細則」の制定だが、たいていのマンションの管理規約は、誰でも入って良いということにはなっていない。美観問題、道徳マナー問題など、必ず、通常の生活者以外、入っちゃ駄目だよという項目がある。駐車場だって、社名入りの車駄目だしね。

一番の問題は、この種の問題に毅然たる態度を示せない管理会社。管理会社は、シェアハウスにしようと画策している不動産会社から、何らかのリベートを受け取って、そういう違法を黙認しようとしているということ。私なら、即、管理会社を変更する。

使用細則、普通決議でokです。例えば、これを拒否されますとね、長期修繕計画案の採択決議そのものも「特別決議」になって、財源不足による「一時金」(大規模修繕に際してのもの)の徴収措置を避けるための修繕積立金の値上げさえ不可能になる。特別決議になったら、積立金の値上げできないと思う。値上げできなければ、大規模修繕の度に「一時金徴収」が発生して、そして、そういうものが払えない人が出てくる。大問題になる。

だからね、「管理規約本則」に「管理費など(修繕積立金を含む)は各専有部の持ち分(比...続きを読む

Q管理規約と使用細則が異なる場合

ご指導、お願いします。
管理規約と使用細則が異なる場合についてですが、
管理規約には、次の行為は行ってはならない事項の中に「本マンション内において、小鳥又は観賞魚以外の動物を飼育すること」と犬猫の飼育を認めていませんが、使用細則には禁止事項として「理事会で認められた犬及び猫以外の動物の飼育(盲導犬、介助犬は除く)」と、理事会さえ認められば犬猫の飼育は良いともとれる内容になっています。
正しい見解を教えて頂けないでしょうか?

また、議事録と使用細則が異なる場合、どちらが優先されるのでしょうか?
以上、二点のご指導を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本は規約ですが、細則は後からできたものですから、単に規約に反映されていないだけでしょう。
細則にペットの飼育が認めらているのですから、早急に規約もそのように直すように総会の議案にあげてもらいましょう。現在の状況として、犬猫などのペットを飼育禁止にしているマンションは非常に少ないです。
規約は現状に合ったものに改めていかないと、資産価値が下がってしまいますよ。

Qマンションの専用庭の芝を張り替えたいのですが、管理組合に申請は必要ですか? 規約には明記されてなかっ

マンションの専用庭の芝を張り替えたいのですが、管理組合に申請は必要ですか?
規約には明記されてなかったので、一般的なご意見を。

Aベストアンサー

一般的なお話ですと共用部分の専用使用部分であるバルコニーや専用庭の管理に関して

標準管理規約第21条1項には
「敷地及び共用部分等の管理については、管理組合がその責任と負担においてこれを行うものとする。
ただし、バルコニー等の管理のうち、通常の用法に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と
負担においてこれを行わなければならない。」

中高層共同住宅使用細則モデル 専用庭使用細則 には
「第5条 専用庭の専用使用権者は、その責任と負担において専用庭の清掃、除草及 びごみ処理その他の専用庭の
通常の使用に伴う管理を行わなければならない。た だし、専用庭の外周にあるフェンス等の管理については、管理組合が
その責任と 負担においてこれを行うものとする。」

とあり、入居時から専用庭にあった芝を補修目的で張り替えられることは問題ないかと思われますが、別項に
「第9条 この細則に定めのない事項については、規約又は他の使用細則の定めるところによる。」
というような文言がある場合は、何か他の規約・細則に抵触する可能性もあるので、やはり管理組合へ申請される方が
無難だと思います。

また、反対に専用庭が経年変化や人為的原因によらず部分的に陥没したり使用に耐えない損傷が認められた場合は、
管理会社もしくは販売会社での対応も考えられるので、どちらにしてもまず管理組合への相談をお勧めします。

一般的なお話ですと共用部分の専用使用部分であるバルコニーや専用庭の管理に関して

標準管理規約第21条1項には
「敷地及び共用部分等の管理については、管理組合がその責任と負担においてこれを行うものとする。
ただし、バルコニー等の管理のうち、通常の用法に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と
負担においてこれを行わなければならない。」

中高層共同住宅使用細則モデル 専用庭使用細則 には
「第5条 専用庭の専用使用権者は、その責任と負担において専用庭の清掃、除草及 びご...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報