アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

He's always so lazy. He doesn't do anything to help.
この後者の文のanything to helpは、「役立つこと」か「手伝い」かどちらですか?

A 回答 (2件)

彼はナマケモノなんです。

私の助けになることは何にもしてくれない。
上手く訳に組み込めば、どちらも可です。
    • good
    • 1

彼は何時も極端に動かない。

 彼は人を助けようとはしない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和訳お願いします!微妙なニュアンスが難しいのでグレーな含みの部分がわかる方限定でお願いしますm(_

和訳お願いします!微妙なニュアンスが難しいのでグレーな含みの部分がわかる方限定でお願いしますm(_ _)m

⑴「My body is loving dreaming and surviving life without all these awful drinks that will kill you.」

⑵「Our see.Is the most important. We are too special to be uneducated on what we put into ourselves is doing to us」

⑶「Especially when the companies selling them won't. Please just love yourself more inside out.」

⑷「God bless this boys soul. Unaware and could of been easily prevented.」

Aベストアンサー

追悼でしょうか…?

ところどろこ文法ミスや文章の繋がりがおかしいところが見られますが大体このような感じです。とりあえず直訳です。

1)人を殺すような酷いお酒なんかなしに私の体は人生を愛して夢みて生き延びている

2)私たちの見るものが一番大事。体内に取り込むものが私たちにどのような影響を及ぼすかを知らないとするには私たちは特別すぎる。

3)特にそれらを販売している会社などが教えてくれないのであれば。お願いだからきちんと中から自分を大事にしてあげて。

4)この少年の魂を神が祝福してくれるように。無知で、そしていとも簡単に避けることができたのに。


意訳

1)人殺しの酒なんていらない。そんなものがなくても私は人生を慈しんで楽しみ、そして辛い時期だって乗り越えることができる。

2)何を理解しているかが大事。体に取り入れるものが毒か薬か私たちは知る権利がある。

3)毒を売っているような会社はそれを教えることはない。もっと気をつけて自分を大事にしてあげて。

4)神の祝福がこの少年にありますように。お酒が毒であることを知らずにいた。彼の死をふせぐことはこんなにも簡単であった筈なのに。

追悼でしょうか…?

ところどろこ文法ミスや文章の繋がりがおかしいところが見られますが大体このような感じです。とりあえず直訳です。

1)人を殺すような酷いお酒なんかなしに私の体は人生を愛して夢みて生き延びている

2)私たちの見るものが一番大事。体内に取り込むものが私たちにどのような影響を及ぼすかを知らないとするには私たちは特別すぎる。

3)特にそれらを販売している会社などが教えてくれないのであれば。お願いだからきちんと中から自分を大事にしてあげて。

4)この少年の魂を神が祝福...続きを読む

Q英文の訳

Please don't make so much noise. I'm trying to work.

上記は英語のテキストに載っていた例文なのですが、
後者の文は「これから働くところなんだ」ってことで間違い無いですか?
「仕事中なんだ」だったら、"I'm working" で十分ですよね?
英語で書かれた英語教材で、日本語訳はありません。
適切な訳し方を教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

I am trying to work.

これだけなら「働こうとしているのに」でも違和感なしですが、前の分が明らかに「静かにしてくれるか」と訳せる。そういう状況で「働く」は違和感がある。勉強かもしれないし、何か気が散っては出来ない事と考えるのが自然。

Q英文解釈の手伝いをお願いします

"If we can't pull out you, Pooh, we might push you back." said Rabbit.
Rabbit scratched his whiskers thoughtfully, and pointed out that, when once Pooh was pushed back, he was back, and of course nobody was more glad to see Pooh than he was, still there it was, some lived in trees and some lived underground, and ー

クマのプーさんからの一部で、プーさんがウサギの家の入口の穴に挟まってしまいました。when once Pooh was pushed back, he was back, and of course nobody was more glad to see Pooh than he was, still there it was, some lived in trees and some lived underground, and ーの部分がよく分からないのですが、これはwouldのない仮定法過去ですか? when once Pooh was pushed back, he was backが仮定法でなければ、一度プーは穴から抜け出たことになり、その後の展開(プーが穴に挟まった状態のままであること)と矛盾するのですが。

"If we can't pull out you, Pooh, we might push you back." said Rabbit.
Rabbit scratched his whiskers thoughtfully, and pointed out that, when once Pooh was pushed back, he was back, and of course nobody was more glad to see Pooh than he was, still there it was, some lived in trees and some lived underground, and ー

クマのプーさんからの一部で、プーさんがウサギの家の入口の穴に挟まってしまいました。when once Pooh was pushed back, he was back, and of course nobody was more...続きを読む

Aベストアンサー

ストーリー的に(引用符の中を除いて)過去形で書かれています。
一種の時制の一致です。
今目の前で繰り広げられているとすると、現在形で
when once Pooh is pushed back
once の「ひとたび~したら」にしても、
when の「~したら」にしても、これからすることです。
現在形なので。

これからすることでも(未来のことでも)when 節(副詞節)では現在形。
when he comes here tomorrow
「彼が明日きたら」と同じ。

ここの「ひとたび戻されたとしたら、戻された時」というのは
その過去の場面から、先のことです。

実際にひとたび戻された、
という実際に起きた過去ではありません。

あと、push back は pull out に比べて
結果より「押し戻す」という行為にすぎないという一面もあります。

Q君たちまだここにいるの? are you guys still here? で通じますか?

君たちまだここにいるの?
are you guys still here? で通じますか?

Aベストアンサー

これも状況によって違いますよね。

「まだここにいるの?」と驚きの文でしたら、質問者様が作られた文(Are you guys still here? )でOKですが、
「まだ(これから・ここしばらく)ここにいるの?」と相手の意向を聞く場合でしたら、
marbleshitさまが作られた文(Are you still going to be here?)が適切ですよね。

同じ日本語でも、状況によって違いますので、やはりもっと詳しい状況説明をつけて頂くと、適切なアドヴァイスが得られると思います。

Q英文和訳

'What do you suggest I do?' 'I suggest that you...'

和訳お願いします。

Aベストアンサー

'What do you suggest I do?'
→あなたは私が何をしたら良いと提案しますか?
⇒あなたは私が何をしたら良いと思う?


'I suggest that you...'
→私はあなたに…と提案します
⇒私はあなたは…したら良いと思う

Q和訳お願いします

Terms like ‘performance’ and ‘theatricality’ are brandished and disavowed, press- ganged into service both as the embodiment of an authentic, but fleeting and necessarily subjective, communication, and equally, as a form of deceptive synchronism that detracts from more objective and universalizing judgments.

演劇の翻訳に関する本なのですが、抽象的でさっぱりです。
前後がなくてわかりづらいかもしれませんが、
可能な範囲で和訳していただけますとありがたいです。

Aベストアンサー

直訳:
「演出」や「演技の性質」と言う単語は真正であるけれど一瞬の必然的に主観的なコミュニケーションの体現としてそして同時により客観的で普遍化な判断を損なう偽りの同調性の形として使われ、振りかざされると共に否定されている。


頑張って意訳:
「演出」や「演技の性質」と言う単語は素晴らしいと謳われるのと同時に良くないことだと否定もされている。一方では真正かつ刹那的なそして必然的に主観的な伝達の体現として使われ、もう一方では客観的で普遍化な判断を損なうシンクロニズムの形のように使われている。

Qノンフィクションの洋書と日本語の本、読みやすいのは英語原文の洋書でしょうか?

私や、私の周りの人は、なんだかんだ言って結局「英語の方が読みやすい。」と感じています。理由は、だいたい以下の通りです。

・英語の場合は、同じ単語や言い回しを繰り返さないという暗黙のルールがあるため、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があっても読み続けていれば、別の単語、言い回しで、言い直される為に、分かんなくても分かるように書かれています。

・日本語の本は、言葉や言い回しが統一されている事が多いので、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があると、一旦読むのを止めて考えたり、前後を何回か読み直したり、しながら読み進める必要がある為、疲れます。(英語が原作の本でも日本語訳だと結局統一されるので、読みにくいです。)

・やっぱり、英語の本に慣れると漢字って読みにくくないですか?

そういうわけで、私や私の周りの人は、日本語が母語で日本語の方が得意でも、結局読書となると英語の方が楽に感じています。 これって、英語で読書ができる人たちの間では常識みたいなものでしょうか? それとも、私の周りのグループが変わっていますか?

ご意見をお聞かせください、よろしくお願い致します。

私や、私の周りの人は、なんだかんだ言って結局「英語の方が読みやすい。」と感じています。理由は、だいたい以下の通りです。

・英語の場合は、同じ単語や言い回しを繰り返さないという暗黙のルールがあるため、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があっても読み続けていれば、別の単語、言い回しで、言い直される為に、分かんなくても分かるように書かれています。

・日本語の本は、言葉や言い回しが統一されている事が多いので、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があると、一旦読むのを止め...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

日本語より英語?

まさか、そんなことはと思って、ふと思い出したことがあります。
ただ、ジャンルが多少異なります。

鈴木大拙先生の『禅仏教入門』と"Introduction of Zen Buddhism(1934)"
日本語のほうは、ひろさちや(増原良彦)さんの翻訳(1975)、といっても、下訳は別の人がしているような気がします。

この英語版が当時のアメリカの若者に受けに受けたそうです。日本語翻訳版は、さっぱりというか、一般人が読むような本ではありませんでした。英語で読んだら、まるで違うという印象です。英語版は、比べ物にならないぐらい、読みやすいのはどうしてなのかと思いました。日本語には守るべきもの、それは権威とか伝統とかですが、英語にはそういうものはありません。

では、日本で、この人何言っているの?と思ったものには、吉本隆明の『共同幻想』と同じ趣旨の柳田國男の『遠野物語』批判があります。クレヨンしんちゃんなら、「そうともいうね」というところですが、他人の趣旨の違うものを、自分の味付けで料理しようとするのは本来無理な相談なのだと思うのです。それをしてしまうのは、味覚音痴ではないかと思うのです。

柳田と同じ色調のラフカディオ・ハーンにしても、これを深読みすれば、かなり面白いものだと思うのです。ハーンの英語の方は決して読みやすいものではありませんが。しかし、それは、お伽噺とかいうものとは違うわけです。『新約聖書』が、なぜ読み物として成り立つかというと、ところどころに、リアリズムが混じりこんでいるからです。当時の人間の有様が含まれているわけで、柳田の遠野にしても、ハーンの怪談にしても、まったく絵空事と解釈したら、つまらないものになってしまうものです。フィクションで読むことは構わないにしても、リアリティを織り込んでいるから面白いわけです。

これは私たち自身の問題ですが、現代は、どうも始まりと終わりがはっきりしないものには敬遠されがちだと思うのです。辻褄が合うというのでしょうか、完結したものが好まれることが多いのです。

>英語の本に慣れると漢字って読みにくくないですか?
私はそう感じたことはありませんが、朝日新聞の天声人語の批判が、英語関係者から聞こえます。論旨があやふやだというそうです。脱線ではなく、本線に入る前に、関係のあるようなないような書き方をしています。随筆ならともかく、新聞の1面などに飾るものではないと言われています。日本人の文章というのは、核心に触れるのをわざと避けて語るという方法が好まれるようです。そういうことを、粋(いき)とか粋(すい)と呼ばれるわけです。
なお、漢字は英語なんかをしていれば、だんだんと疎かになることは間違いなさそうです。これではいけないと思うのですが……。

昨今の翻訳は、ミスがなくよく出来ているようですが、例えば、おなじみのMicrosoft の一連の翻訳は、日本語も英語もどっちもどっちというか、たぶん英語ネイティブでも同様に感じるのだと思いますが、とにかく読みにくいのです。では、同じような題材を取り扱った英文が読みづらいかというかというと、決してそんなことはないのです。

私が学生時代、自分の能力に絶望したことがあって、ソシュールの『一般言語学講義』(小林英雄訳)の翻訳本がさっぱり分からなかったのが原因ですが、その時、自分のゼミ担当する教授が、学生時代には原文(フランス語)で読んでいた、とおっしやっていたのです。それから何十年も経ち、言語学学者の町田健氏が、その本は誰も理解した人はいないと聞いて、未だに悔しい思いが残っています。

話の趣旨が違ってくるとは思いますが、日本語というか、翻訳の中には、うまくないものも多いのです。同じくフランスのミシェル・フーコーの『性の歴史』の数ページで躓いてしまいました。原語だったらきっと読みやすいだろうなって思います。女性学の上野千鶴子さんは、ボーヴォワールの『第二の性』の英語版をアメリカで読んだというようなことをおっしゃっていました。フランス語から英語版に直すと多少の誤訳はあるとは聞きますが、日本語との差ほどはありません。

とにかく、自分で勉強しようとすると、本当のことを知らないまま躓いてしまうものの多いことです。今更になって、つまり人生時計の23時30分を過ぎてから、それはなになにだったと、知らされるものが多いような気がしてならないのです。

こんばんは。

日本語より英語?

まさか、そんなことはと思って、ふと思い出したことがあります。
ただ、ジャンルが多少異なります。

鈴木大拙先生の『禅仏教入門』と"Introduction of Zen Buddhism(1934)"
日本語のほうは、ひろさちや(増原良彦)さんの翻訳(1975)、といっても、下訳は別の人がしているような気がします。

この英語版が当時のアメリカの若者に受けに受けたそうです。日本語翻訳版は、さっぱりというか、一般人が読むような本ではありませんでした。英語で読んだら、まるで違うという印象です...続きを読む

QThis is we i'm bigger than life とはどうゆう意味ですか? よろしくお

This is we i'm bigger than life
とはどうゆう意味ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『これが自分達、俺もすごいだろう』

bigger than life とは「堂々としている、すごい」を意味するイディオムです。
http://eowf.alc.co.jp/search?q=bigger+than+life

Q状況が分からない中で、翻訳するという行為は、人助けだろうか? それとも知らずに罰ゲームをさせてる?

いつも、このカテゴリーで気になっている事があります。

タイトルが示す通りなにも状況を知らない人が、勝手に状況を想像して訳すという行為は人助けになるのでしょうか?

たとえば、「人見知り」の訳を教えてください、という質問に対して、fear of strangersという訳がついたとします。

これが、高校生留学生がホストファミリーに「人見知りしますけど、よろしくお願いします。」みたいな感じで使おうとしていたのなら、アウトですよね?

赤ちゃんがや、幼児が「知らない人が怖い」なら「人見知り」ですが、

高校生や大人が「知らない人が怖い」なら「心の病を抱えている」としか思えない表現だからです。

他にも例を出せば切りがないです、皆さんはどう思われますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No5です。

昔、私は英語圏の言語質問自由掲示板に回答していたことがありました。

使用言語は英語で、私は日本語の質問のみ回答していました。 そこに、質問者様が提議されているのと同じ質問ばかりでした。

日本人からこう言われた、日本人からこんなメールが来た。 日本語がわからないので意味を教えて欲しい。 こんなものばかりで、その場所は外国語を教える場所ではないので、前後関係を聞くか、それが無理なら複数の場面を想定して回答していました。

中には手書きや、書き物の写真を添付したものもありました。

初心者の多くが勘違いしているのは、言語は「読み書きからは出発しない点」です。 きいて真似て、眺めて意味を覚えていくものです。 ある意味、風景を思い、それを日本語で言うか英語で言うかの違いです。

もちろん、言葉習得の臨界期を過ぎた10代から外国語を学ぶには、絶えず苦労して時間もかかります。 しかし、それは不可能ではありません。

紹介したビデオでも、日本人は文法ミスばかり気にして、会話に重点を置いていないとか、お茶やお花など、趣味の一環か教養としか考えていない。 本当のスキルは、そんな生半可な姿勢では無理不可能と、ハワイ出身のジャーマンさんは言っています。

No5です。

昔、私は英語圏の言語質問自由掲示板に回答していたことがありました。

使用言語は英語で、私は日本語の質問のみ回答していました。 そこに、質問者様が提議されているのと同じ質問ばかりでした。

日本人からこう言われた、日本人からこんなメールが来た。 日本語がわからないので意味を教えて欲しい。 こんなものばかりで、その場所は外国語を教える場所ではないので、前後関係を聞くか、それが無理なら複数の場面を想定して回答していました。

中には手書きや、書き物の写真を添付したものもあり...続きを読む

QMore People Have Cell Phones Than Toilets, U.N.

More People Have Cell Phones Than Toilets, U.N. Study Shows
Out of the world’s estimated 7 billion people, 6 billion have access to mobile phones. Only 4.5 billion have access to working toilets
http://newsfeed.time.com/2013/03/25/more-people-have-cell-phones-than-toilets-u-n-study-shows/

この英文が言わんとしていることは、

・70億人中60億人が携帯電話を持っている。
・70億人中45億人がトイレを利用できる環境にいる。

でしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

access というのはそういう観点もありますが、
ここは所有者的理解でいいと思いますよ。
health care は所有できないので。

ネット環境と携帯は違いますし、
携帯は各キャリアで受信可能地帯が違いますので、
計算なんてできません。
どれか最低一つでも受信できれば、というのも変です。

まあ、信じる信じないは自由ですが、
この英文に書いていることは携帯受信可能人口
(そう、受信可能地帯と人口はまた別)
などでなく、利用者、つまり所有者と考えていいかと。

まあ、それだけの数が所有しているはずはない、
とお思いならお任せします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報