アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

我が家の玄関を工事をする期間
我が家の裏の空き地から出入りをしたいので
土地の持ち主に許可を取りたいのですが、
 その場合 弁護士、行政書士等に
お願いしたら、私に変わって交渉をしてくれるでしょうか?

 自身で交渉すればいいのですが、
持ち主も、誰だかわからなく、
 仕事で帰りが遅く休みも不定期なので
出来れば、代理の方に頼みたいのですが、

 どういった方に頼んだらいいのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • >大家に云えばいいことです、

     大家?
    大家とは?

     賃貸でないのですが・・・・

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/06/13 22:53

A 回答 (2件)

「土地一時使用の契約締結」を斡旋する、と考えると不動産業者の業務になりそうです。

不動産業者は土地所有者を法務局の調査で調べることまではできます。ただ、その所有者が亡くなっていた場合にはそれ以上は判らないでしょうね。

今のところ、隣地所有者が特定できない状況なので、その特定の為にどれだけの費用が掛かるのかが判りません。登記名義人が亡くなっていた場合や居所不明の場合で、戸籍の追跡まで行った場合にはちょっとした費用が掛かります。

ご質問の弁護士や行政書士等ならばそういった場合でも、戸籍から法定相続人へアプローチすることは出来そうです。不動産業務に抵触しないようなアプローチ方法で相手方に質問者様側の意向を伝えることもできるでしょう。「工事期間中の無償土地利用を認める」趣旨の一筆を取れば良いのですからね。

その裏手の土地の状況が判らないのですが、未利用なのは想像できますが誰も管理していない状況ではないのではないか?と想像しています。年1回は草刈しませんと草ボーボーになりますよね?誰かがそういった手入れをしているのではないか?いるのであればその人を通じて土地の管理者に辿りつけないか考えました。
今回はご自宅の工事という時間的制約もあるでしょうから、あまり悠長なことは言っていられないかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

私の代わりに交渉もしてくれますかね?

お礼日時:2017/06/14 20:39

大家に云えばいいことです、勿論費ですが。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二人兄弟での相続

遺産相続について、相談させていただきます。

先月、父が他界しました。
母は既に他界しているので、相続人は私と兄の二人です。
遺産は不動産(200㎡)と現金貯金が約600万円です。
遺言書はありませんが、生前、父は「遺産は二人が公平になるように分けなさい」と常々言っておりました。

不動産(200㎡)は下図の通りです。

|     |
|     |-----------------------------------------------------
|  道  ||........................ ........................... |
|     || : : : : |
|  路  || : 築20年 : :   築50年 : |
|     || : 住居可能 : : 住居不可能 : |
|     || : : : : |
|     ||........................ ........................... |
|     +ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|         路   地
|     +ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー     
|     |

兄は、 自分が道路側(築20年の建物と)土地100㎡・現金預金300万円
    私が奥の(築50年の建物と)土地100㎡・現金預金300万円 の相続と言いますが、

土地の面積はそれぞれ1/2の100㎡ですが、
道路側と奥まった土地では土地の価値が違うのではないのでしょうか。
建物も築年数や住居可能かどうかで、価値が違うのではないでしょうか。

※父は築20年の建物を兄に譲ると生前言っておりました。
※土地を売る事は考えておりません。相続後、私と兄で分筆する予定です。

兄の言い分で、公平な相続なのでしょうか。

相続に関する知識をお持ちの方、ご教示いただけますでしょうか。
宜しくお願い致します。

遺産相続について、相談させていただきます。

先月、父が他界しました。
母は既に他界しているので、相続人は私と兄の二人です。
遺産は不動産(200㎡)と現金貯金が約600万円です。
遺言書はありませんが、生前、父は「遺産は二人が公平になるように分けなさい」と常々言っておりました。

不動産(200㎡)は下図の通りです。

|     |
|     |-----------------------------------------------------
|  道  ||........................ ..............................続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容は、相続の知識では無く、不動産の知識ですよね。

等分に分ける
OK 資産価値として等分に分ける。
NG 土地面積で等分に分ける。    ことですよね。

不動産鑑定士に依頼をしてみてはいかがでしょうか?
過不足分を現金で調整するのが、一番良いやり方です。
もしかしたら、兄の現金が無くなってしまうかもしれませんよ。
 (土地面積で等分  現金:兄0円 質問者さん600万円とか)

Q土地の時効取得 買ってくれと言われたら

夫が子供の頃より40年以上住んでいる家の隣地が売買されることになりました。
隣地の売買に伴い公図・測量図等で境界を確認すると、我が家と隣地の共有ブロック塀が隣地側へ1坪分ほどはみ出ていることがわかりました。
(40年以上、自分の土地ではないことに気づかず使用していたことになります。

この1坪分について、ブロック塀が隣地側にはみでているということを隣地の所有者も今まで気が付かなかったようです。
現在、隣地の所有者により分筆手続きが行われているところです。

隣地所有者と話をしているわけでなく、売買を仲介する不動産屋と話をしています。
不動産屋からは、土地を買ってほしいというようなことをいわれております。

40年以上使用しておりますので、時効取得ということで所有権を主張できると思っておりますが、土地を買ってほしいと言われたら、それに応じなければならないのでしょうか?
裁判等で時効取得を主張しないと行けなくなるのでしょうか?

(分筆等にかかった費用は、こちらで負担すべきかと考えておりますが、土地を買うほど経済的な余裕がありません。)

夫が子供の頃より40年以上住んでいる家の隣地が売買されることになりました。
隣地の売買に伴い公図・測量図等で境界を確認すると、我が家と隣地の共有ブロック塀が隣地側へ1坪分ほどはみ出ていることがわかりました。
(40年以上、自分の土地ではないことに気づかず使用していたことになります。

この1坪分について、ブロック塀が隣地側にはみでているということを隣地の所有者も今まで気が付かなかったようです。
現在、隣地の所有者により分筆手続きが行われているところです。

隣地所有者と話...続きを読む

Aベストアンサー

時効取得の主張をしてその登記をするのは難しいと思います。

取得時効の要件は,「所有の意思をもって」「平穏に」「かつ公然と」「他人の物を占有する」ことが必要であり,その占有期間については,その物が他人のものだと知っていれば20年間,自分のものだと信じていれば10年間必要です(民法162条)。

「自分の土地ではないことに気づかずにいた」ということですから「所有の意思をもって」はOK,隣地所有者も気がついておらず,そこに塀があったということですから「平穏かつ公然と占有する」もOKです。あとは期間の問題ですが,自分のものだと信じていたようなので10年の占有で時効は完成することになるでしょう。

ただここからが問題です。日本において不動産の得喪を第三者に対抗するには登記が必要です(民法177条)。時効完成時の所有者(=第三者ではない)に対しては登記なくして取得時効を対抗できますが,時効完成後の土地取得者(=第三者です)に対しては,登記がないと所有権の取得を対抗できません。
旦那さん側が土地の占有を開始して40年以上経つということは,土地所有権を時効取得したのは30年以上前のことです。その30年前から隣地所有者が変わっていないのなら,隣地所有者に取得時効を対抗できるでしょう。ところがそれ以降現在に至るまでの間に売買等がされていると,その取得者との間での対抗問題となり,登記を先にしたほうが勝ちということになります。その人には取得時効を主張することができないのです。なのでその辺りについては,隣地登記簿により確認するしかありません。
ちなみに時効の起算点である占有開始の時期を任意に変えることはできませんので,占有開始を今から10年前にするということもできません(しかも登記の際にはその占有開始の日が登記原因日となるため,それを明らかにする必要があります)。

その辺りがクリアできるなら今度は手続きの問題です。この所有権移転登記は取得者と現登記名義人(隣地所有者)との共同申請になります。現登記名義人が時効を認め,登記に協力してくれるというならいいのですが,現登記名義人には何の利益もないので,というか損するだけなので,応じてくれないのが普通です。それでも登記したいなら裁判を起こして,「時効による所有権移転登記をせよ」という給付判決を得なければなりません。

裁判になれば訴訟費用がかかります。本人訴訟であるならば訴訟物の評価額に応じた印紙と郵券,それに裁判所に出頭する際の交通費程度ですが,それは取得時効の法的要件を満たしていることを裁判で主張し,登記ができるようなかたちの判決を受けられるだけの知識があればの話です(判決があれば登記ができるわけじゃありません。登記の要件を満たさない判決というのも存在します)。それができないなら弁護士に頼まざるをえません。それなりの報酬を払ってです。
そしてなにより,時間がかかります。

売買のほうが安くて早くて簡単なのかもしれません。ちなみに土地の売買の場合の登録免許税は租税特別措置法により税率15/1000,時効所得の場合は登録免許税法により税率20/1000で,若干ではありますは時効のほうが高くなります。

時効取得の主張をしてその登記をするのは難しいと思います。

取得時効の要件は,「所有の意思をもって」「平穏に」「かつ公然と」「他人の物を占有する」ことが必要であり,その占有期間については,その物が他人のものだと知っていれば20年間,自分のものだと信じていれば10年間必要です(民法162条)。

「自分の土地ではないことに気づかずにいた」ということですから「所有の意思をもって」はOK,隣地所有者も気がついておらず,そこに塀があったということですから「平穏かつ公然と占有する」もOKです。...続きを読む

Q取締役会議事録や定時株主総会議事録作成に関して

お世話になります。

従業員10名ほどの零細企業です。
取締役会議事録や定時株主総会議事録作成を10年に一回更新する必要がかるかと思います。

前回は司法書士に依頼し作成しました。

知り合いの会社では司法書士代がもったいないため、自社で作成しているとの事です。
そこで下記お教えください。

〇 取締役会議事録や定時株主総会議事録作成に関して 10年まえの文章をまるまる 作成し、
  日付や 結婚し苗字が変更になった役員の名前の訂正、など変更点のみを変更し、
  議事録を作成しようと思います。


上記の方法で 取締役会議事録や定時株主総会議事録作成は問題ないでしょうか?


〇ネットを見ると テンプレートなどがありますが、 10年前に司法書士に作成してもらったものを
参考に変更点だけ変えようと思いますが、 何か法律(記載すべき法律)など
10年前と比べ変わったりしているのでしょうか?


取り留めない質問で申し訳ありません。

お詳しい方お教えください。

よろしく願いいたします。

Aベストアンサー

登記用の議事録を作るということですよね? 10年前のものなら,ほぼだいじょうぶだと思います。

平成18年5月1日に現在の会社法が施行され,議事録の記載事項も会社法施行規則72条により商法の時代と変わったところがありますが,それ以降は基本的に変わっていません。10年前のものを参考にするのであれば,だいじょうぶでしょう。

ただ現在,株主総会議事録を添付して会社の登記申請を行うには,いわゆる株主リストというものが必要になりました。これは10年前にはなかったものなので,登記をするなら,これを新たに作成する必要があります。

「株主リスト」が登記の添付書面となりました@法務省民事局
 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

書式の問題ではなく気になるのは,役員の任期ですね。株式の譲渡制限のある株式会社であれば定款の規定により取締役等の任期を最長10年まで伸張できるようになっていますが,平成18年5月1日以降に定款をそのように変えていなければ,役員の任期は10年になっていません。登記懈怠や選任懈怠があると代表取締役が過料に処せられますので,その点はちゃんと確認しておくべきでしょう。

登記用の議事録を作るということですよね? 10年前のものなら,ほぼだいじょうぶだと思います。

平成18年5月1日に現在の会社法が施行され,議事録の記載事項も会社法施行規則72条により商法の時代と変わったところがありますが,それ以降は基本的に変わっていません。10年前のものを参考にするのであれば,だいじょうぶでしょう。

ただ現在,株主総会議事録を添付して会社の登記申請を行うには,いわゆる株主リストというものが必要になりました。これは10年前にはなかったものなので,登記をするなら,これを...続きを読む

QNHKの訪問員について 昨日間違って出てしまってトラウマになりました。男の人だし、本当に無理です。

NHKの訪問員について
昨日間違って出てしまってトラウマになりました。男の人だし、本当に無理です。
私は普通の人とは違い、今精神的に不安定な状況です。(本当の話です)イライラしやすくて、次アイツが来たらなにかしてしまうかもしれません。余計なこと言うかも。
最近やっと仕事も決まって安定してきたのに
凄く迷惑です。私は人と関わるとストレスがかかるタイプです。これからまた来ると思うと吐き気がするし、最近やっと精神が安定してきたのに迷惑です。健康被害も出てきます。冗談ぬきで今些細なことでストレスが溜まりやすい状態なので危ないです。
昨日個人情報なども勝手に聞かれて強引に契約されそうになったし、態度も気にくわないしNHKにクレームいれようと思うのですが、逆効果ですか?逆にマークされますか?
めんどくさい奴と思わせると来ないって見たんですが…。
警察に相談しても意味ないでしょうか?すごく昨日恐怖を感じました。
不動産屋のサービスで、無料で弁護士に相談できるのですが、弁護士に相談したら多分払わなくていい って言われますよね?

色々調べたんですが簡潔に言うと、法律で決まっているというもの契約するのは自由みたいな感じだし、私は契約するつもりは一切ないので、訪問員が来ても無駄だと思います。
こうしたら来なくなった っていうの教えて下さい

NHKの訪問員について
昨日間違って出てしまってトラウマになりました。男の人だし、本当に無理です。
私は普通の人とは違い、今精神的に不安定な状況です。(本当の話です)イライラしやすくて、次アイツが来たらなにかしてしまうかもしれません。余計なこと言うかも。
最近やっと仕事も決まって安定してきたのに
凄く迷惑です。私は人と関わるとストレスがかかるタイプです。これからまた来ると思うと吐き気がするし、最近やっと精神が安定してきたのに迷惑です。健康被害も出てきます。冗談ぬきで今些細なこと...続きを読む

Aベストアンサー

NHKと、契約するのは、任意です。
1.2度、訪問社員に会ったからと言って、契約する必要は、有りません。
もし、訪問社員は、NHKの社員では、有りません。
単なる下請け業者です。
契約を一つ取るたび、親会社から、報奨金を、受け取る仕組みです。
新聞勧誘員と似て居ます。
読売新聞の勧誘員が、読売の社員で無いのと、同じです。
(NHKは、見ないから)なんて言っては、いけません。
あまり、勧誘員とは、言い争わないこと。
彼らは、NHK加入を断われ無い様に、マニュアルの、教育を受けて居ます。
(NHKとは、契約しません)または、
黙ってドアを閉めること。
もし、NHKの勧誘員が帰らない時は、110番し、警察を呼ぶことです。
勧誘員は、住宅浸入で、即逮捕。
あなたの勝ちです。
因みに、NHKに、加入しなくて、罪に問われることは、有りません。
勇気を持って断りましょう。

Q内容証明・私の息子が留年したのはあなたの子供のいじめが原因。損害賠償300請求する!

はじめまして、質問させていただきます、ヤスハナと申します。よろしくお願いいたします。
今年の二月、いきなり相手から電話があり、あなたの子供にいじめられたことが原因で留年。すぐに大坂◯△のガストまで来てほしい!と言われました。その場所まで約150キロありましたが、礼服に着替えその場所に向かいました。
いじめの内容とそれについての息子の回答を以下項目で記します。

1)デブ、服がダサいといわれた。
息子:女の子にモテたいと相談をされたので、痩せたほうが良いことと服装についても
毎日同じジャージとかでは駄目とアドバイスをした。
2)ツイッターに女装の写真をアップされた。
息子:学園祭での一コマをアップしたけど、消去を求められたので消去した。
3)上記のようないじめで成績が落ち落第して留年が決まった。もう一度やり直す気もない。
すべてはあなたの息子の責任。この子の人生の責任をとれ!
息子:これらの出来事は下期の話し。上期から授業中スマホでゲームをしていて落第していた。
勉強して合格しなければ看護実習を受けられないため頑張れと友達として忠告した。

色々と調べてみると、留年が決定的になったときに相手は今回の行動を起こしました。
ここからは聞いた話からの私の推測になります。
彼らが奨学金を借りていた団体の返済条件が厳しかった。
その厳しい条件とは、留年した場合一括返済とのこと。
このようなことから、留年=返済義務=損害賠償請求で返済する。
このように考え行動を起こしたように思えてなりません。

私の回答=今回急にこのような話を一歩的に言われても困ります。本当にうちの子が罪を犯しているのであれば息子は罰せられるべきです。しかし言った言わない等水掛け論では解決できないので誠意を見せろと強く言うのでしたら、証拠・証拠と息子の関連性、落第との関連性等、第三者が見ても納得できる客観性のある資料が必要と考えます。
このように伝えました。また誠意誠意誠意と強く言ってきたことに対してそれは強要に当たるのでないですか?とも忠告しました。(思い切りキレられました)

また私の連絡先を聞いておきながら、私が訪ねたら教えない!と誠意のない返答。
その後すぐに電話で金銭を要求してきたので。上記した、証拠・証拠と息子の関連性、落第との関連 性等の資料の提出を求めたら、おぼえていろ!弁護士に言うからな!と言われて電話は切れました。

そしてしばらく経った4/8日、300万の内容証明が届けられました。
私は示談や調停での解決をする気はありません。お金の問題ではなく、このような脅しに負けることが認められないからです。

知りたいことは、相手が調停や起訴に踏み切るか否かです。(弁護士が受けるのか?)
調停や裁判には時間がかかるので、お金よりも時間的な問題が心配で今回質問いたしました。

皆様のアドバイスをお待ちしています。

はじめまして、質問させていただきます、ヤスハナと申します。よろしくお願いいたします。
今年の二月、いきなり相手から電話があり、あなたの子供にいじめられたことが原因で留年。すぐに大坂◯△のガストまで来てほしい!と言われました。その場所まで約150キロありましたが、礼服に着替えその場所に向かいました。
いじめの内容とそれについての息子の回答を以下項目で記します。

1)デブ、服がダサいといわれた。
息子:女の子にモテたいと相談をされたので、痩せたほうが良いことと服装についても
...続きを読む

Aベストアンサー

例え息子が原因だとしても、親に支払う義務はありません。

なので無視で良いです。

もし無視できそうもないなら、警察へ恐喝されてると相談してください。

Q土地の名義

他人名義の土地に私名義の家が建っています。その土地は亡き父が購入したが名義(登記)変更まで至らないまま現在に至っています。名義の方の親族はいないとのことです。固定資産税は当方が35年以上支払っています。以前公告とかの手続きで名義を変えることができると聞いたことが有りますが。方法がよくわかりません。詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

不動産登記法第70条第1項は、権利に関する登記の「抹消」の話ですから、ご相談者の事例には当てはまりません。
 ところで、お父様は相続人はご相談者だけですか。ご相談者に土地を相続させる旨の遺言がない限り、他にも相続人がいる場合は、相続人との遺産分割協議でその土地はご相談者が取得する旨の合意をし、遺産分割協議書、印鑑証明書も用意しておいて下さい。なぜなら、現在の登記名義人からお父様名義(亡くなった人の名義でも登記できます)に売買を原因として所有権移転登記をすることになり、さらにお父様からご相談者へ相続を原因として所有権移転登記をするからです。
 

不動産登記法
(登記義務者の所在が知れない場合の登記の抹消)
第七十条  登記権利者は、登記義務者の所在が知れないため登記義務者と共同して権利に関する登記の抹消を申請することができないときは、非訟事件手続法 (平成二十三年法律第五十一号)第九十九条 に規定する公示催告の申立てをすることができる。
2  前項の場合において、非訟事件手続法第百六条第一項 に規定する除権決定があったときは、第六十条の規定にかかわらず、当該登記権利者は、単独で前項の登記の抹消を申請することができる。
3  第一項に規定する場合において、登記権利者が先取特権、質権又は抵当権の被担保債権が消滅したことを証する情報として政令で定めるものを提供したときは、第六十条の規定にかかわらず、当該登記権利者は、単独でそれらの権利に関する登記の抹消を申請することができる。同項に規定する場合において、被担保債権の弁済期から二十年を経過し、かつ、その期間を経過した後に当該被担保債権、その利息及び債務不履行により生じた損害の全額に相当する金銭が供託されたときも、同様とする。

不動産登記法第70条第1項は、権利に関する登記の「抹消」の話ですから、ご相談者の事例には当てはまりません。
 ところで、お父様は相続人はご相談者だけですか。ご相談者に土地を相続させる旨の遺言がない限り、他にも相続人がいる場合は、相続人との遺産分割協議でその土地はご相談者が取得する旨の合意をし、遺産分割協議書、印鑑証明書も用意しておいて下さい。なぜなら、現在の登記名義人からお父様名義(亡くなった人の名義でも登記できます)に売買を原因として所有権移転登記をすることになり、さらに...続きを読む

Q相続に必要な被相続人の戸籍について

父が亡くなりました。
相続にあたっての、戸籍についての質問です。
父(被相続人)の出生から死亡までの戸籍をとるように言われています。

父の婚姻から死亡までの除籍全部事項証明書(謄本)と、
出生から婚姻までの改製原戸籍謄本の2種類が手元にあります。

改製原戸籍をみると、
祖父(父の父親)はB県B市で暮らしていましたが、本籍地はA県A市にありました。 
父がB県B市で出生し、祖父のA県A市の戸籍に入籍しました。
その後、父が母と結婚し、結婚の届出により、夫婦の戸籍(父が筆頭者の戸籍)を
編成したと記載があります。(住所は祖父の戸籍のA県A市と同じですが、新たに夫婦の戸籍を
編成したようです)
その後、子(私や兄弟姉妹)が出生し、父は亡くなりました。

この場合、必要な戸籍関係の書類は、
上記の
・出生から婚姻までの改製原戸籍謄本
・婚姻から死亡までの除籍全部事項証明書(謄本)

以上の2点で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

お父さんが亡くなられての相続ですので、お父さんの父親(祖父)の戸籍(原戸籍・除籍簿)。それから、お父さんが結婚されて新たに編成された戸籍謄本。(これは、現戸籍の前になる。いわゆる「平成改製前原戸籍」です。)及び「現戸籍」を取ればOKです。お父さんの原戸籍(平成改製前原戸籍)は重要です。(現戸籍の前の戸籍です。)

お父さんの兄弟の現住所を確認する必要があるのなら、又、あなたの兄弟の現住所を確認する必要があるのなら、それぞれの戸籍の付票を取っておいた方が良いでしょう。

祖父の代(それ以前からですが)から転籍がない、安定したご家系の様ですのでひとつの役所で取れますので労力は少なく済みますね。分からなければ父親が亡くなったので相続に必要な公簿全部出して下さい。と、いえばいいです。

Q賃貸の入居審査後のキャンセル

先日実家から引越しをする事になり、慌てて家を探して決めて、1週間後に入居という形にして申込書にサインをし頭金を決めた日の内に欲しいと言われたので、少しだけ入れました。

2日後一人暮らしではなく、親戚の家に急遽引越しになり、不動産に慌ててキャンセルをさせてもらいたいと連絡をしたところ、
急ぎの入居だったので、既に保証会社(加入強制)と大家さんの審査が通っており、既に他の不動産からも手を引かせた物件だし、土日で(キャンセルをお願いした当日)鍵交換をしていてもうキャンセルはできない。キャンセルではなく、解約という形になるので、初期費用全額貰わないとダメだと言う事を伝えられ、保留にしております。

私としても、全く払う意志が無いという訳では無いのですが、
契約書も書いて無い捺印もしてない、重要事項の説明も受けてないのにそれはどうなのだろう、と思い知人に相談し、自分でも調べたところ法的な効力は無いと分かったのですが、絶対に解約で払わないといけないと言う言い方をされたので悩んでいます。

鍵が本当に交換されていたら、では鍵代位は出してもいいと思いますが、さすがに全額は疑問が残ります。
自治体のそういった相談窓口に電話をしたのですが休日なのでやっておらず、どうしていいか分かりません。当初予定では明日契約金を払いに行く予定だったので今日答えないと不動産からは恐らくとてつもなく連絡が来ると思います。

キャンセルで!と押し切るよう知人にアドバイスされたのですが、私はまだ歳もいっておらず押されまくったので、怖くて強く言うことができません。

大勢の人に迷惑を掛けてしまったので、やはり相手の言い張る通り払うことが正当なのでしょうか。
自分がどう動けばいいか混乱して分からないので、何かアドバイスを頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

先日実家から引越しをする事になり、慌てて家を探して決めて、1週間後に入居という形にして申込書にサインをし頭金を決めた日の内に欲しいと言われたので、少しだけ入れました。

2日後一人暮らしではなく、親戚の家に急遽引越しになり、不動産に慌ててキャンセルをさせてもらいたいと連絡をしたところ、
急ぎの入居だったので、既に保証会社(加入強制)と大家さんの審査が通っており、既に他の不動産からも手を引かせた物件だし、土日で(キャンセルをお願いした当日)鍵交換をしていてもうキャンセルはできな...続きを読む

Aベストアンサー

>自分がどう動けばいいか混乱して分からない
内容をきちんと把握できて、あなたに代わって相手方と交渉できる人に相談する、と言うのが手っ取り早いでしょうね。先の回答にもあるように親御さんでも良いのですが、内容をきちんと把握できないと、妙な方向性になりそうですから、その点を解説しておきます。

まず、今回のケースでは『賃貸借契約は成立していたかどうか?』という点を見ます。契約成立後にキャンセルしたという事であれば、契約の解除ですから、所定のペナルティは課せられます。
契約の成立は双方の合意があれば良いのですが、その合意を客観的に証明するためには契約書の取り交わしは必要です。
更に契約が不動産業者の仲介による賃貸借契約ですから、宅建業法により不動産の賃貸借契約に関わる重要事項の説明義務が不動産業者に課せられています。

質問者様の調べた結果で間違いはないので、不動産業者に直接話すよりも、その不動産業者が属する地域の宅建協会や都道府県の宅建業を管轄する部署に相談する方が良いでしょうね。
『(不動産業者のある市町村) 不動産 苦情』とか『(不動産業者のある市町村) 宅建協会 相談』で検索して見てください。
『賃貸借契約締結前のキャンセルに関わる預り金の返金トラブル』と言えば、この手の相談は多いのでアドバイスしてくれるハズです。

申込後のキャンセルは不動産業をやっていれば避けては通れないですね。キャンセルを撤回させて成約につなげるのも営業マンの手腕かも知れませんが、私の経験で言えばそういった努力をするよりも新規の契約に向けて気持ちを切り替える方が成果を出せますね。

>自分がどう動けばいいか混乱して分からない
内容をきちんと把握できて、あなたに代わって相手方と交渉できる人に相談する、と言うのが手っ取り早いでしょうね。先の回答にもあるように親御さんでも良いのですが、内容をきちんと把握できないと、妙な方向性になりそうですから、その点を解説しておきます。

まず、今回のケースでは『賃貸借契約は成立していたかどうか?』という点を見ます。契約成立後にキャンセルしたという事であれば、契約の解除ですから、所定のペナルティは課せられます。
契約の成立は双...続きを読む

Q裁判所の許可が出ないと居住できない。

よろしくお願いします。

現在、認知症で施設に入っている祖母に代わり後見人(第三者)が財産管理しています。この度私が祖母名義の家を含む財産を継ぐことになり来週移る予定です。ですが、後見人いわく「裁判所の許可が下りないと家には居住できない」とのこと。手続きは今月初めに終わり今は許可待ち状態なのですが、どういう審査(調査?)を裁判所はするのでしょうか?後見人の方は「たぶん大丈夫だと思いますが」と言っていたそうですが許可が下りないこともあるのですか?ご存じの方がいたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

どういったことにより存命中の祖母(成年被後見人)の「家を含む財産を継ぐ」のでしょうか?

成年後見人の権限は成年被後見人の財産管理ですが,それは基本的に財産の維持管理をすることが目的ですから,管理の範囲を超えて財産が減少する行為に関しては,家庭裁判所の許可(権限外行為の許可)が必要です。中でも成年被後見人の居住用不動産(施設入所の場合は,それ以前に住んでいた自己所有の不動産)の処分については民法859条の2により,許可を受けることを明確に求めています。

もしもあなたが財産の贈与を受けるのであれば,それは単に成年被後見人の財産を減少させる行為になります。成年被後見人の生計の維持に差しさわりが生じるので,許可されないように思われます。

そうではなく対価を支払うものである場合(売買等)には,その対価が引き継がれる財産と比較して相当な額であることがわかれば,許可されるのではないでしょうか。家庭裁判所の審査は,その点にあるはずです。

もしも「祖母名義の家」が居住用不動産であった場合には,現在の施設を出たときに住むことになる場所の確保を考慮する必要があるので,その点についても審査の対象になると思います。あなたが「祖母が施設を退所することになった際には同居看護します。そのための祖母の居室も確保した状態で,祖母名義の家に居住します」といった上申書がないと難しいかもしれないな,なんて思いました。

どういったことにより存命中の祖母(成年被後見人)の「家を含む財産を継ぐ」のでしょうか?

成年後見人の権限は成年被後見人の財産管理ですが,それは基本的に財産の維持管理をすることが目的ですから,管理の範囲を超えて財産が減少する行為に関しては,家庭裁判所の許可(権限外行為の許可)が必要です。中でも成年被後見人の居住用不動産(施設入所の場合は,それ以前に住んでいた自己所有の不動産)の処分については民法859条の2により,許可を受けることを明確に求めています。

もしもあなたが財産の贈与...続きを読む

Q新築のお風呂

何年後かの家の新築に向けて、主人と間取り等の話をしていたところ、お風呂の窓をすりガラスではない透明な、上から下まで(?)の大きな窓にして、外にデッキをかまえて、目隠しは約2メートル以上のデッキの囲いのみにしたい。と言い出しました。せめてガラスはすりガラスにしたいと言うと、それでは大きな窓にする意味がない。と意味不明です。
万が一誰かが覗いていたら、と思うとそんなお風呂は入りたくないし、主人は自分がこうと決めたらなかなか譲らない人なので、困っています。
私が気にしすぎなのでしょうか?

Aベストアンサー

透明ガラスの上から貼れるプライバシー防止用のシートもありますし、浴室用のブラインドもあります。
お互いに『イメージ』で話をしているのですから、真向否定するのは難しいですね。

浴室の窓の外にデッキを備える予定とのことですが、そのデッキへの出入りをどうするのか等具体的な設計に移行する段階で修正はいくらでも可能でしょう。ご主人が設計図面を引けるのであればハナシは別ですが、質問者様と同じ意見を設計士が言った場合には対応が変わる可能性はあるのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報