仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

最近では宗教もバラバラで 俄かに信じがたいと思う人が多いですが

哲学も相当不人気です。これは何故か?

今こそ哲学が必要な時と思うのに、人々は哲学に眉をひそめる

曰く 難しい。何を言ってるのか分からない。役に立たない。結論が出ない。

こんな人々の哲学嫌いを治す方法はあるでしょうか?

なぜ哲学は嫌われるのでしょうか?哲学は必要ではありませんか?

この正義なき時代に明快な哲学が必要だと思います。

哲学こそが宗教を超えて世界を平和に導くものと考えるのですがどうでしょうか?

尚 私は病状が悪いためどうか短文でお答え頂けるとありがたいです。

A 回答 (23件中1~10件)

なぜ存在しているか分からずに存在している事は、不安ではないか?


何のために生きているか分からずに生きる事は、不安ではないか?
人類は社会生命化し、自己の生の成立が環境に拡張したため、
自己中心的な考えではなく、社会的なニーズに従う必要が生じた。
しかし、そこにおいて、そうした「自己の生の社会的拡張を把握でき
るだけの認識の深まり(自律的社会行動=愛による助け合い)」を怠り、
お金や出世といった“馬車馬の目の前のニンジン”によって他律的に
社会行動をとらせる(お金をもらうためにイヤイヤ働かされる)ように
なってしまったのだ。
自分の目で見て歩かない人間に、地図(世界観=哲学)は必要ない。
(このサイトにあるのも多くは、自己顕示のための言葉の飾りだが)
    • good
    • 0

★(№19お礼欄) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ☆☆ 《哲学嫌いを治す》という発想からまづ自由になる必要があります。
  そうして 普段から哲学しているなら:

その姿を見て人びとは 世界についての自分の問題意識を持つでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ 実現性いかん? も問題です。

ですが もし疑いを持っているのなら そのときにもやはり 《哲学嫌いを
治す》という発想は もう捨てているんでしょう?

だったら このような質問をする必要はないわけです。



★ 人々は問題があっても面倒なこと、難しい事は避けて通るのではないで
しょうか
☆ だから どうしたいのですか? 

★ だから教育からやらなければならないように思います。数学をやるくら
いなら哲学をやるべし。
☆ でも 《人びとは 面倒なこと、難しい事は避けて通る》のでしょう?



つまり・つまり あなたご自身の心の中の根性を入れ替えなければ 世界は
何も始まらない・・・のではないでしょうか?

つまり 冒頭へと還って行きます。
    • good
    • 0

たぶんね、普通にいいこと言ったり、論理的な事言っても、インパクトがないの。



だからTVでは、ゾッとするような事いったり、炎上する人ばかり取り上げられるの。(´;ω;`)

本当の哲学はほとんど知られていなんじゃないかな、、、(´・ω・`)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

本当の哲学というものがどういうものか分かりませんが、TVでは大問題を扱うから

仰るような傾向がありますねえ。

日本人は自由なのでしょうか?建前では自由ということになってますが

それほど自由もないような気も。

お礼日時:2017/06/28 10:41

そのとおりですね。

草の根の活動で、信頼を醸成できれば言うことないですね。
資本主義が修正されたのは恐慌による戦争を経験したからだと思いますが、たしかに共産主義から学ぶものが何もないとはいえないですね。しかし今の中国は非常な言論統制も敷いていますし、国民を圧迫しています。急速な軍拡も進めていますね。一番それに歯止めをかけなければならないのは中国人自身です。ぜひ、草の根の交流を進めて、広く融和した世界が作られることを目指すのが良いと私も思います。
アメリカについても、アメリカの自制はアメリカ人自身が一番の鍵を握っているのですね。日本も同じ。日本がどのような国になりたいか、政治家任せでなく、国民的な議論が必要ですね。そんなときに哲学が役に立つのかもしれません。

あまり長く話すのもあれなので、今回の私からの回答はここらへんにしておきますね。
ありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

そうですね 個人個人やグループで草の根の交流ができるのがいいでしょうね

昨日NHKで火花を書いた又吉?が中国に講演に行って中国だからってそんなに違いはしない

同じようなことを考えてる若者も多いと言っていました。

アグネスチャンも中国で教育の本を売って架け橋になってくれてます。

中国と民間の交流ができて仲良くなれるといいですねえ。ありがとうございます。

お礼日時:2017/06/28 10:34

★ 巷の人が哲学を煙たがるのは何故か?


☆ 問題意識がないからです。

★ 哲学も相当不人気です。これは何故か?
☆ 哲学は 迂回生産です。魚を捕るのに 遠回りしてまづ網をつくろう
という魂胆です。

日本人は 一般にそういうことが 苦手です。網の材質について研究をす
ることは得手ですが その作業の全体像を描くことは 不得手なのかも分
かりません。

議論において交通整理をおこないますし――それは 哲学の仕事です――
生きて何をするかについての指針をもとめる思想も 活発です。

ですが 迂回路を通ってすすむことには あまりなじまないのかも知れま
せん。


★ 人々の哲学嫌いを治す方法はあるでしょうか?
☆ 治すという発想からまづ自由になる必要があります。

そうして 普段から哲学しているなら その姿を見て人びとは 世界につ
いての自分の問題意識を持つようになるかも知れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

その姿を見て人びとは 世界についての自分の問題意識を持つでしょうか?

人々は問題があっても面倒なこと、難しい事は避けて通るのではないでしょうか

だから教育からやらなければならないように思います。数学をやるくらいなら哲学をやるべし。

お礼日時:2017/06/28 10:27

その通りで、日本が米に物申せるようになるためには、自分で自分の身を守れるだけの力を持っている必要があります。

沖縄に米軍基地はいらない。しかしそこには同じだけの強さを持つ軍隊を置かなければならなくなるでしょう。自衛隊ではありません。軍隊を置かなければならなくなるのです。

NATO諸国も同じくアメリカの核の傘の下にあるのでアメリカに強く物言いすることはできないです。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-03/20 …
そしてそれはアメリカの戦略でもあるのです。各国が再び軍備を増強させ、核兵器を持ったなら、不安定な要素がまた増えて、世界が危険になるという理由から、アメリカ一強のほうが世界の安定にかなっているという論理です。しかし、力を持つものが自制するのは難しいのですね。ドイツなどは核兵器を(アメリカと)共有するという言い回しをしています。やってることは日本と同じです。

日本をそっちのけでアメリカと中国が手を結んだこともありましたね。経済の話ですが。
政治の話では、アメリカは民主主義、中国は共産主義、折り合うはずもないですね。折り合うことは中国共産主義の崩壊を意味するのですから、今の中国の政治指導者が頷くはずはないですね。

過去日本が防衛をアメリカに預けて経済を復興したのは吉田茂の方針ですが、アメリカも日本を再軍備させるかどうかは迷ったと思います。日本軍を復興させないのはアメリカの国益でもあるからです。同時にそれはアメリカの損失でもあるのです。日本が味方でいる限りは日本には軍隊を持っていてほしいというのが本音でしょう。
私の見立てが正しいかどうか知りませんが、日本は防衛力をアメリカから買っているのではないか?と疑っています。

力による平和、これは今のアメリカの唱えるところですね。それしか思いつかないという感じです。

私が希望に思っていることは、現代の中国の国民の大半は、別に日本を嫌っているわけではないということ。韓国人もそうですね。市民と市民の間には、そんなに高い壁は立っていないのです。市民一人一人がそのことにしっかりと気がつけば、仲良くやっていけると思うんですがね。
 
40年先に、世界のパワーバランスがどうなっているのか、それですね。
大半の人々は平和を願っている。そのことを忘れないでいる必要がありますね。そうでなければ煽動されてしまうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

仰るように中国人も個人同士では日本人を憎んでる訳ではない人が多いと思います。

個人個人は良い人なのに 戦争が起こると殺し合わなければならなくなるのです

国に任していては何時かは衝突します。利権を争って対立します

そうではなくて日本国民が働きかけて中国とアメリカを取り持つような平和外交をしてはどうかと

考える訳です。言うようには行かないかもしれません。しかしそれは困難でもやる価値なあるものです。

共産主義と資本主義が折り合うはずもないとおっしゃいましたが キリスト教国と仏教国でも

上手くやっているのです。男と女でも上手くやっているのです。共産国も変わったし資本主義も修正されました

お互いに学ぶべき事もあるはずです。共産主義国をバカにしてはいけません。

資本主義を修正できたのも左よりの思想によるのです。そうでなければ貧富の差や労働の過酷は

今以上だったでしょう。

大国を協調させるのはそう簡単ではありません。しかし世界平和、日本の平和にとっては必要なことです。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2017/06/25 22:12

苦々しいことですが現実ですね。

言葉もできないスキルもない、お金もないコネもない。気概があればなんとかなるかもしれないが、道もないので自分で切り開かなければならない。このような過酷なことができないことについて、できないことの言い訳というのは存在しないですね。できなくて当たり前なのです。できた人がすごいのです。
どうですか、貴方はアフリカの子どもたち、たった一人でも救うことができそうですか?できなくても誰も貴方を責めないですね。できることがあるなら逆に教えてほしいです。

 また、多くの人は平和を望んでいますね。それについては疑問の余地が無いです。ただ、暴力のある世界の中で、自分の身は守らなきゃいけない。丸裸では生きていけないですね。これも予断を許さない現実ですね。たらればの世界ではない目の前の脅威に対応せねばならないですから。例えば非暴力非服従で、貴方はやっていけると思いますか?
それをできないことの理由を、言い訳と言うのは、あまりに自虐的ですね。貴方は自らに、○○でなければならない、という枷をはめすぎているのだと思います。アフリカの子供を思いやらなければならない、世界平和を求めなければならない、どうにかしてそれを実現しなければならない。しかし、どれ一つとっても容易なことは何一つなく、できることもない。
等身大になるというのは、それらから自由になることなのですね。まずは心を解放することだと思います。哲学もその役に立つべきですね。そうしてはじめて、七十億分の一の、本当に自分ができることが見つかればいい方なのではないですか?一人分のできることが。
世界を背負った気になって一人で疲弊するのはもう十分なのではないですか?
それは誰のためにもならないですね。自分のためにすらならないと思います。
想いが空回りするだけでしょう?
私はどこか間違った事を言っているでしょうか。
あなたを非難しているわけではないのですが、余計な重荷はおろされたらどうか?という話です。身軽になれば案外いいアイデアも出るかもしれない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

私は病身で非常にお腹が痛いので重荷を背負うこと自体出来はしません。だから書けるのですが。

日本は平和主義を掲げながら、随分長いこと核の傘の中で富んでいました。

本当に平和主義を掲げるのなら、何故アメリカに物申せなかったのか?申せないのか?

中国も軍備増強していますが、アメリカから遠く離れて沖縄の地に大きな米軍の基地がある

中国にしてみれば喉元にある。それにしがみつく日本。本土の人から酷い事を言われる沖縄

いい加減勇気を持ったらどうでしょうか?失うものが多くなった、だから何も言えない

富んだ者が天国に入るのはラクダが針の穴を通るより難しいとイエスは言った。

なぜ日本はアメリカと中国の仲介さえできないのか?風見鶏もいいところだ

私に出来ることは待つ事だけです。ここで質問をしたりしながら待っています。

お礼日時:2017/06/24 21:28

私の見方は少し違いますね。

遠大なことを皆、一度や二度は考えたことがあると思うんです。でも、自分の非力さやそれに対してできることの少なさなどを知って、遠大なことを考えるだけではだめだと理解するんですね。それで、じゃあ自分には何ができるのだろう?と、悩みながらも歩みを進めていくのです。
沖縄のことでさえ、できることはとても小さいですね。沖縄の実情を肌で感じている人が本土にどれくらいいるでしょう?ただでさえ単純さの通じない難しい話です。世界の話になるともっと感性は限定されますね。距離が開くと事を親身に感じれなくなるのです。親身にとは痛切に、身をもってということです。
 世界の問題を当事者として考えられるようになるためには、それを身近な問題に還元して取り組む必要があると思うのです。例えばアフリカでは飢餓がある、じゃあ私は食べ物や水を大切にしよう、それで浮いたお金を募金しようとか。世界には紛争がある、じゃあ私は身近な人との諍いに対しては落ち着いて対処しよう、それでできた心の余裕でボランティアでもしようとか。
 こういったことに、哲学はどう活きてくるのか?ということでもあると思います。等身大の自分の抜けた哲学は、ためにならないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

その様な事が一時期から言われるようになりましたねえ。でも平和主義に対する思いはどうでしょう?

アフリカの子供に対する気持ちはどうでしょう?現実はどうでしょうか?

等身大の身近な事からというのがなにかの言い訳にならなければいいですね。

マザーテレサが言い出したんですよね 先ずは日本の苦しんでる人を救ってくださいと。

お礼日時:2017/06/24 19:35

それにしても驚いた。

回答者の中に「哲学を煙たがる人についての心理」を真剣に考えている人がほとんどいないし、

哲学嫌いを治す方法についてこれもまた考えている人がいない。考えて分からないなら分からないなりの見解を述べる。


相手の気持ちに感化されたり反応してこちらもそれにあった会話をするからその場でしか応じない個性的な会話が応じます。ノリとかも応じます

自分が何をいうかしか考えていない回答者が増えすぎ。

相手の発言の背景を考え、相手の質問に対してちゃんと考える回答者は昔は多かった。そういう人達は知識量も豊富だった。

自分が何をいうかしか考えない陶酔的な人も思考停止をする。


NO14の回答欄の方で質問の方n
    • good
    • 0

NO1の人は「哲学が不人気」という発言の動機や背景を考えず発言している。

相手の発言のみを気にしている人程どうでもいい回答しかしないですねやはり。

嫌われる勇気は哲学的な事が好きな人から人気が出たのでなく、何か引き付けられる題名だから人気出た。本屋で「題名にひかれて手に取りました。」というが圧倒的に多い。

哲学が興味がないという人は巷では実際多いですね。

>巷の人が哲学を煙たがるのは何故か?
哲学に興味を持てないのは、大多数の人間が感情論者(快楽ホルモンで精神満たす事がゴール)だからだと思います。考える事に興味を持てない幸せな感情論者は「集合知」で物事を判断しています。それが哲学に興味を持たせるすきを与えない。

>こんな人々の哲学嫌いを治す方法はあるでしょうか?

集合知による教育をなくしていく事だと思っています。「みんながやっているからいいんだ」「僕が許しても世間が許さないぞ」「そんな事しているのは君が初めて」「そんな事したら怒られるよ」

同調圧力を利用した醜い言葉があふれています。考え方に筋が通っていなくてもみんなが正しいと思えば正しい気に人間はなるようです。

集団に流される習慣が集合知に犯されやすい精神を形成していきます。



斬新さにかける普通の回答ですね・・・すいません。。。。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Thank you

なんか巷では 哲学の知恵よりも、忘れかけられたお笑い芸人の名前の方が大切な知識だったりします。

日本という国はどうしてこうなってしまったのでしょうねえ。

人間関係の方が人権よりも大切という勢いです。

安倍さんが悪いとは思いませんが 自民党の閣僚にも人相の悪い人が多いですねえ

政治家が足の引っ張り合いばかりで大局観を持たない。文科省は何をやっているのでしょう

あれで教育はちゃんとやれているのでしょうか?

小池さんが風を起こしてくれるといいですね。権力は腐敗する。社民党も頑張れ^^

お礼日時:2017/06/24 21:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学では、何が正解なのですか? どうやって、正解を求めるのですか? そもそも、正解はないのですか?

自然科学では、言い分が対立した場合、“実験をやろう”、“予測をしよう”、“論理の精密な積み上げをやろう”ということになり、正解が独りでに決まってしまいます。
哲学では、何が正解なのか分りません。各人が、勝手に言っていうだけ、と感じます。
百家繚乱とは言えず、百家争鳴のような気がします。

以下質問です。
哲学では、何が正解なのですか?
どうやって、正解を求めるのですか?
声が大きい(多い)方が正解なのですか?
そもそも、正解はないのですか?

Aベストアンサー

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
 (4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
   める。
 (5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
 (5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
   のかもしれない。
 ということですが、(0)(1)(2)(3)までで終わればまだ「科学」の
 体をなしていない。
 (0)(1)(2)(3)(4)まででもまだ中途半端。
 (0)(1)(2)(4)(5b)というのは、しばしば勘違いの誤謬を含む。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5a)となれば、これは立派な「科学」で、失敗報
 告という論文が書けます。既にある理論に対立する理論を構築
 し、検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5b)の場合、形而上学的に(1)を認めちゃうという
 短絡をやらかすと「科学」ではなくなるし、哲学としてもお遊
 びレベル。この場合(1)は「一応の仮説」として提言されるべき
 で、何度も(2)~(5b)のサイクルを回った上でようやく「一応最
 もらしい学説」に昇格する。でも反例が一つ出たら瓦解します
 。だから、哲学としては(0)を追加するなり、(1)を精密化するな
 り、(2)のバリエーションを作るなりして一層深い研究を進める
 べきです。
 かくて、(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間と
 コストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築すると
 ころまでは間違いなく哲学で、ことに(5a)(5b)の次のサイクルを
 方向付ける、(0)(1)(2)(3)こそ哲学の仕事です。その指針として(
 検証不可能であるところの)形而上学があったって、それは構わ
 ない。どの仮説から手を付けようかサイコロ振って決めるというの
 よりも、人間の洞察力を信じたいですね。(しかし何度か旨く行
 った形而上学が、だからといって信仰に化けてしまうのは感心いた
 しません。)

まとめ。科学は哲学の一分野である。テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べる。
(0)観察をする。
(1)仮説を立てる。
(2)仮説から演繹される予想を立てる。
(3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
(4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
  める。
(5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
(5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
  のかもしれない。
科学は(0)(1)(2)(3)(4)(5a)と(0)(1)(2)(3)(4)(5b)をたくさん集める。(5a)のとき失敗報告という論文が書ける。既にある理論に対立する理論を構築し検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。(5b)のとき、類似したたくさんの(5a)とあわせて科学。でも反例が一つ出たら瓦解する。
哲学は(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間とコストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築するところまで。次のサイクルを方向付ける。指針として検証不可能である部分を持つ。

リンク先の質問とno.1~no.83を読んでみると、哲学で意見が対立する場合、範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名、現象から推測される予測が異なってくるのだと思う。予測が否定されると、自身の信条が否定されたと強く感じてしまうと、自身の予測に矛盾があるのが自身で認められなかったり、自身の予測の反例となる現象が認められなかったりする。範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名が同意できなくなる。論争になる。正解が見つからない感じになる。

声が大きい(多い)方が正解というのは誤り。リンク先のno.2の説明が良い説明だというのはno.20の直感。どうして良いのかは説明できない。✕百家繚乱〇百花繚乱。

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。...続きを読む

Aベストアンサー

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているとは言えない」ということになります。(もちろん、その例が荒唐無稽なら別ですが。)
逆に、貴方の質問の回答として「賛同した」と言うには、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているという根拠を示す必要がある」のです。もしくは、「賛同していない例は存在しない」ということを示すのでも良いでしょう。

また、あくまでも「可能性」であって、事実とは限らない、というご指摘かと思いますが、何しろ、私は「しかるべき反論や批判を行わなかった人」本人ではありませんので、可能性以外を指摘しようがありません。
「事実」以外不要、とのことでしたら、ご質問文に「私の過去質問に回答をした人、または、回答しないまでも見たことのある人限定で」と書くべきでしたね。

貴方の求める回答は何でしょうか?
互いに意見を戦わせ、議論をしたいのだと受け取りましたが、貴方の態度はそれと正反対に感じられます。
もしも、過去質問においてもそのようなやり取りしかないのであれば、回答者様たちは、それを不毛に感じて「しかるべき反論や批判」をする意欲を失ったのでは・・・と思いました。
まあ、過去質問を拝見してませんので、単なる感想です。

この回答にどのような返信をいただいても、私はもう回答はいたしません。
さすがに少々疲れました。
ご了承ください。

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判...続きを読む

Qひとは心で納得したことを むしろ嫌うのか?

1. こころの琴が おのづから呼応して鳴りだすような言葉には
従いたくないと思うのか?

2. そういう自己の自由な判断をうながすようなものは 信用で
きぬとでも思っているのか。

3. ところが 自分のあたまの上からやって来るありがたい言葉
には うっとりして来るのか。

4. それは 肩書きが ものを言うということか。

5. ということは 肩書きがついていなければ いくら自分の魂
が揺さぶられようが それによって 自分で意志を決めたり まし
てやその決定によって実行をするなどということは ありえないと
いうクセがついてしまったのだろうか。

6. たとえばそのクセによれば 肩書きのない言葉に心がゆさぶ
られるならそれは お上に楯つく大罪だとでも 思っているのか。

7. つまり何事もお墨つきが要るのか。

8. ――いやいや そうではない。という心の言葉を 何が阻み
誰が闇へほうむるのか。

9. ひとは人間的な人間であることを 信用せず 嫌うのか。

10. ひとは ウソにこそひと安心するのか。

1. こころの琴が おのづから呼応して鳴りだすような言葉には
従いたくないと思うのか?

2. そういう自己の自由な判断をうながすようなものは 信用で
きぬとでも思っているのか。

3. ところが 自分のあたまの上からやって来るありがたい言葉
には うっとりして来るのか。

4. それは 肩書きが ものを言うということか。

5. ということは 肩書きがついていなければ いくら自分の魂
が揺さぶられようが それによって 自分で意志を決めたり まし
てやその決定によって実行...続きを読む

Aベストアンサー

1.そういう時もある
2.思えない時もある
3.来る時も結構ある
4.全く関係ない
5.だから、関係ない
6.だから、思ってない
7.つまり、ではないが、お墨つきは重要
8.自力でやるしかないことが多い
9.そういう時もある
10.そういう時もある

Q観覧注意。 怖いの苦手な人は読まないでください。 自己責任でお願いします。すみません。 似たような質

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしまい信じてしまっています。
だって、無になれる保証も天国へ行ける保証もなくないですか...?
苦しみ→機能が止まる→無ってなれるでしょうか、脳がなくなっても、苦しみのところに意識が置いてかれるようなきがしてとても怖いです。
神様は人間に超えられない試練は与えないと言いますが、神様はいると信じたいですが、もしいなかったと仮定した場合、苦しみに歯止めをかけてくれる人がいないじゃないですか?
って考えてるんですけどどう思いますか?


ほんとに怖くて
こんなことばっかり考えて本当に辛いです。
高校生なのになんでこんな事考えてるのかもわかりません。

あと、怖くて何回か質問してるんですけど、
これを見た人に私の死の見解を広めて怖がらせていたら死後罪に問われるかとかも考えていて、今回は上に注意を沢山書きました。
今まで質問したぶん、罪に問われると思いますか?

正直な意見を聞かせてください。お願いします。

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしま...続きを読む

Aベストアンサー

喜怒哀楽

人間の五感は、人間が生きるためにあります。
苦痛や恐怖は、人間が生きている証拠なのですよ。
苦痛は、そこを治療してね。の信号ですし、恐怖は、危ないよ。です。
死んだら、それらは必要なくなくなります。

Q悪人の願い

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われると、素直にうなづけません。
さすがに永遠に生きたいとまでは思いませんが、長く若くいたいくらいには思います。
この、生存の執著は誰しも持っているであろうものですが、これが昂じて悪人の願うところの様になってしまった時、彼は何かを見失っている様にも思えます。生にかじりつくあまり、人として大切な何かを見失ってるのではないか?
逆に言えば、老いや死がもたらす大切なものは何か?
と言う事でもあります。

この悪人の願いとその盲点について、思うところがあればどうぞよろしくお願いします。
お気軽にどうぞ。

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われ...続きを読む

Aベストアンサー

永遠の命をさずかったら
たぶんだれも勉強をしないだろう
恋愛というものもなくなるだろう
食料もいらなくなり、地には木も植えなくなるだろう
貿易もする必要もなくなり、海の外への興味もなくなるだろう
現在のような世界ではなくなるだろう
なにもない世界になるだろう

永遠の命のなかで
人は今、なにかをしようとは思わないだろう
なにかをしなければとは思わないだろう

今日が終わるという感覚もなくなるだろう

Q人びとは 自由を持て余しているのか

1. どういう自由か? ―― 一連の歴史をつうじて明らかになった次の
ような自由である。

2. アダムとエワは 善と悪とを知る木から採って食べた。そうするのは 
ヤマシサ反応があったにもかかわらず。

3. これは 自由意志のおこないでありその自由度は 人間の思いや考え
や想像力の行き着くところまで行き着くらしい。

4. アーリア民族の高貴な血を守るためには 或る異民族の血をことごと
く抹殺するというところまでも。

5. あるいは アダムらの子のカインは 弟のアベルが気に喰わないので 
抹殺した。

6. かれらは楽園を追放されたし 人殺しのシルシを額につけられた。が 
自由意志のハタラキについては神にとっては織り込み済みなのであって 人
間はゆるされている。

7. カインを殺す者は七倍の復讐をしてやろうと神自身が言ったという。

8. アブラハムはこの神を心に どういうわけか 受け容れた。

9. 百歳でやっとさづかった嫡男のイサクをも神にささげるというほどの
《自由意志におけるその意志の神へのゆだね》をよしとした。

10. イサクを屠ろうとしたとき神が止めた。《わたしが望むのは愛であ
って いけにえではない》と。

11. モーセは 社会における人びとの間の秩序のためにこれを《なんぢ 
殺すなかれ》という倫理規範かつ法律とした(罰則がある)。

12. イエスはこのいわゆる律法を・そして民族の神をも揚げて棄てた。

13. 律法はその倫理規範に背いたヤマシサ(罪)をおしえるだけのもの
であるゆえ このオシへ(宗教である)による自己経営を棄てた。

14. 石に書かれた十戒ではなく 心の胸板に書かれているものであるこ
とを指し示した。

15. ヤハヱ―神についてはそれを 民族の外に開くことによって棄て 
じんるいにとっての普遍神へと〔イエスが〕揚げた。

16. 揚棄される前の神についても 《わたし(神)は憐れもうと思う者
を憐れみ 慈しもうと思う者を慈しむ》とか《わたし(神)は双子の兄弟の
兄エサウを――母の胎内にあるときから――憎み 弟のヤコブを愛した》と
言う場合がある。

17. エコヒイキはある。《風は気ままに吹く》。

18. 義人ヨブもが艱難に遭う。神などはオサラバしてしまえと言われる
までに成り得る。因果応報説は 人間の知恵どまりである。

19. 原罪は 人間がウソをつきイツハリをおこなうということだ。ウソ
とはヤマシサ反応に逆らうこと。その自由度が われわれの自由意志にはそ
なわっている。というのみ。

20. 原罪説(オシヘ)が――あるいは 不殺生戒や不邪淫戒が―― 人
びとの意志の自由を抑えて秩序が保たれるという社会と時代は去った。その
自由を 人びとは持て余している。

21. 人びとは オシヘ(つまりシュウキョウ――それは 信じるもので
はなく 考えるためのものである――)を 心の主人としてその奴隷に成り
下がっている時代が過ぎたというのに ただただ慣性の法則に従ったままで
ある。――のだろうか?

22. あたまとたましいが――シュウキョウとつるんだマツリゴトによっ
て――腐ってしまったのだろうか。

1. どういう自由か? ―― 一連の歴史をつうじて明らかになった次の
ような自由である。

2. アダムとエワは 善と悪とを知る木から採って食べた。そうするのは 
ヤマシサ反応があったにもかかわらず。

3. これは 自由意志のおこないでありその自由度は 人間の思いや考え
や想像力の行き着くところまで行き着くらしい。

4. アーリア民族の高貴な血を守るためには 或る異民族の血をことごと
く抹殺するというところまでも。

5. あるいは アダムらの子のカインは 弟のアベルが...続きを読む

Aベストアンサー

自由を恐れている人が多いな。

そこに商人達が目をつけるんやね。

Qアース役はつらいよの合唱で世界は変わる。やろうとしないだけ。

――ではないだろうか?


理論は 次です。
【Q:イヂメに遭ったイエス?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9779027.html

Aベストアンサー

死後のゴータマさんも《除け者の第三項》ということになるのでしょうかね。生前のゴータマさんは《聖者》や《Buddha・覚者》として多くの人々に認められていた、社会から受け入れられていたようですが、実は、この時点で既に、一般社会から乖離した存在、《除け者の第三項》的な存在であったということになるのでしょうかね。そもそもゴータマさんは出家者だし、社会の《はみ出し者》、《アウトサイダー》か。そして、死後、イエスや道真、そしてソクラテスとは違う道をたどる形で、《聖化》、《神格化》されたということになる。人間とまったく異なる、著しく乖離した《除け者》的存在になった。

質問は最初に排除され下げられて、次に聖化されて上にといっていますが、最初から「教団や教勢の拡大のために、イエスやゴータマさんは、人間を超越する存在として祭り上げられた、神格化された」のだと思います。そして、時代を重ねるごとに、神格化が進んだ。タダの人間では、崇拝の対象になりませんので。教勢や組織の拡大のためには、我々とは異なる存在、《カリスマ》として祭り上げられる必要があった、のだと思います。そして、その最たる例が、《生前のヒトラー》ということになる。ヒトラーのカリスマ化には、カトリック(の儀式など)を真似た手法が多数使われていたとか。カトリックは罪が深い存在かもな。その選択は自由意志に基づいているとしても、世の中には、カリスマ的存在の支配を望んでいる人は、意外と多いのかもしれないです。

道真は、藤原摂家の勢力を牽制するために、宇多天皇に利用されたんでしょう。で、権力争いに破れた。道真は《祟り神》の系統ですよ。道真の死後、都や宮中で不思議で不吉な出来事が頻発した。「コラ~、死んだ道真の祟りだ」ということで、その怒りや恨みを鎮めるために神さまとして祭られた。これは、イエスとは、一応、別の系統として考えるべきなのではないですかね。

《第三項》理論ですと、現在社会問題化している《イジメ》はうまく説明がつかないですよね。誰でもイジメの対象になりますし、イジメを知りつつ、それを傍観し続ける子供たちの存在をうまく説明できない。イジメを行う子供たちがもっとも悪いのですが、自らに何らかの火の粉が降りかかることを恐れて、ひたすら《傍観者》を決め込む存在やそこにある《傍観者体質》も問題ですよね。

死後のゴータマさんも《除け者の第三項》ということになるのでしょうかね。生前のゴータマさんは《聖者》や《Buddha・覚者》として多くの人々に認められていた、社会から受け入れられていたようですが、実は、この時点で既に、一般社会から乖離した存在、《除け者の第三項》的な存在であったということになるのでしょうかね。そもそもゴータマさんは出家者だし、社会の《はみ出し者》、《アウトサイダー》か。そして、死後、イエスや道真、そしてソクラテスとは違う道をたどる形で、《聖化》、《神格化》されたと...続きを読む

Q本当に戦争放棄は人類の理想でしょうか?現在の人類が有るのは戦争のおかげとも言えるのではないでしょうか

本当に戦争放棄は人類の理想でしょうか?現在の人類が有るのは戦争のおかげとも言えるのではないでしょうか?

戦争が無ければ、人類は怠惰になり、ゴリラやチンパンジーとさして変わらない生活を送っていたのではないでしょうか?

確かに平和で良いかもしれませんが、それが、人類の理想でしょうか?

Aベストアンサー

確かに、そういう面は否定できません。

次のような言い方をする人もいます。

原始以来、人は常に競い合い、凌ぎ合い、いのちを賭けて戦った。
その闘争本能と生存本能のせめぎあいの中で、人は知能を磨き
力を養い、心と体を鍛え、一面で道徳律を築き上げた。

カントも次のように言っています。

戦争は、国民に数多の困難を与えながらも、それを乗り越えて戦い抜く
ことで、国民を崇高な存在にできる。
平和は、商人気質を旺盛にするが、卑しい利己心、怯儒や臆病の風を
はびこらせ、国民の心意を低劣にする




確かに平和で良いかもしれませんが、それが、人類の理想でしょうか?
   ↑
戦争が無かったら、人類はここまで繁栄しなかった
でしょうね。
ネットだって軍事技術でした。

殺し合いをしながら繁栄の道を選ぶか、
平和に浸って、衰退滅亡の未知を歩むか。

戦争を肯定するなんてタブーになっていますから
まともな議論も行われてきませんでした。

Q結局哲学って役に立つの? 巷の人に何を知ってほしいか?

私は大学を選ぶとき「哲学科」に行きたいと思い 父に言ったら却下されました。

そんなお金にならない所に行かせられないということでした。

哲学をすると死にたくなる とか 難しいばかりで訳が分からないとか

巷では不人気です。

巷の人に知って欲しい哲学の言葉というか知恵とはどんなことでしょう?

これだけはみんなに知ってほしいという哲学の智慧の言葉はなんでしょうか?

あなたは何を知ってほしいですか?書いて教えてください どうか短文で。

Aベストアンサー

科学だけでは解決しないもっと根源的な問はないでしょうか?
  ↑
科学で解明出来ていない部分に、存在価値が
あると思います。
それも時間の問題だと思いますが。




例えば「性質」とは何かを科学は考えません。
科学は測って仮説を立てて実験して証明するだけです
   ↑
性質ってなんですか?
言葉の問題じゃないですか。



人間とは何か?という問いはあまり問いません。
  ↑
そんなことはありません。
脳科学は、魂の問題にまで入り込んでいます。
人間が他の動物とどこが違うのか、という点なども
科学は答えてくれます。



人生の意味は存在することにあります。
   ↑
それは科学と一致します。
生命体はまず存在することを第一義としており
人間もその例外ではありません。
遺伝子研究などもそれを示しています。

何のために存在するのか、という部分に
哲学の意義があるのではないですか。
つまり、人生の指針です。

Qこの世界の行き詰まりを 三点突破だ!

A 国連に代わる――あるいは 並存してもよいはずですが――村際連合(インタ
ムライズム)によって世界を主導するシステムを!

1. 国家のレベルの国民政府による主導方式は もうふるい。
   ムラ(市町村)の市民政府がそれぞれ主役である。

2. ムラムラのネットワークが 世界をあたらしくつくりなおす。

3. 世界のムラどうしでムラ議会議員を互選する。

4. 世界中のムラムラのあいだで市民が互いに互いを知るようにする。
   つまり ひとの交流をすべてのムラビトがというほど推し進める。

5. いくらでも色んなよいアイディアを出し合ってこれを実行して行く。

6. 経済は それぞれのムラがインタナショナルなインタムライズムの場(市
場)へと企業それぞれを巻き込む必要がある。(連携でしょうが)。



B 《普遍神》論によって宗教という宗教の揚棄を!

7. 宗教にかんして オシへは二の次であって 個人の《わが固有の時》とし
ての信仰について それを一般論として知っておく。神は 普遍神だということ
だ。
  
8. すなわち わが固有の時に憩う《わが非思考の庭》なる信仰は類型として
だれにとっても 同じひとつであるということ。

  A. ブラフマニズム:梵我一如
   梵:ブラフマン・・・・・マクロコスモス。神
   我:アートマン・・・・・ミクロコスモス。霊我

  B. ゴータマ・ブッダ:無梵無我一如(=無神論)
   無梵:シューニャター(空)・ゼロ
   無我:アン‐アートマン;ニルワーナ

  C. ブディズム:仏仏一如(=有神論)
   仏:アミターバ・ブッダ(阿弥陀如来)
      / マハーワイローチャナ(大日如来)
   仏:タターガタ・ガルバ(如来蔵)・ブッダター(仏性)

  D. クリスチアニズム:霊霊一如
   霊:神・聖霊
   霊:《神の宮なるわれ》

  E. (プラトン?):霊霊一如
   霊:宇宙霊魂(プシュケー・コスムー) / 世界霊魂(アニマ・ムンディ)
   霊:《われ》

  F. 《もののあはれを知る》
   霊:かみ(超自然および自然)
   霊:われ(自然本性)

  G. ユダヤイズム:霊霊一如
   霊:ヤハヱ―;(エローホ=神)
   霊:われ

  H. イスラーム:霊霊一如
   霊:アッラーフ(イラーハ=神)
   霊:われ

9. このあたかも霊のつるぎによって世界をリセットしよう。




C やっぱし《アース役はつらいよ》の全国的・世界的大合唱で ハラスメント
について本人に自省させるのがよいのでは?

10. 何気なく ♪あぁ アース役はつらいよ♪ とつぶやけばよい。

11. パワハラ・セクハラ・あるいはイヂメに際して みんなで合唱へと持
って行くとよい。

12. 半分は 減るのではないか?
    半分は あたまも気持ちもすっきりするのではないか?
    世界へも広げよう。

13. 無理をせずに 生産性が上がるのでは?
    社会保障費が省けて 財政再建に寄与するのでは?
    つまり 健康年齢(健康寿命)が上がるのでは?

14. その情況にあって いま横になっている人たちの半分は やおら起き
上がって来るのでは?


☆ ご見解をおしえて ぐー。

A 国連に代わる――あるいは 並存してもよいはずですが――村際連合(インタ
ムライズム)によって世界を主導するシステムを!

1. 国家のレベルの国民政府による主導方式は もうふるい。
   ムラ(市町村)の市民政府がそれぞれ主役である。

2. ムラムラのネットワークが 世界をあたらしくつくりなおす。

3. 世界のムラどうしでムラ議会議員を互選する。

4. 世界中のムラムラのあいだで市民が互いに互いを知るようにする。
   つまり ひとの交流をすべてのムラビトがというほど...続きを読む

Aベストアンサー

Aについてです。
国と言うのはいつ頃できたのでしょうね。
現代は、インターネットによる横のつながりによって、新しい共同体や経済の形が現れて来ているように思います。
それがインタムライズムというものの具体的な現れになるのかなと、ふと思いました。一人一人の意見や意思をダイレクトに吸い上げ、ビッグデータとしてそれを人工知能が処理すれば、一人一人が持つ小さな望みを、全体に反映する事も無理ではありません。今まで切り捨てられたり矮小化されたりと不当な扱いを受けて来た市井の人々に、力を復権させられるかもしれません。


人気Q&Aランキング