質問させていただきます。
以下の問題を解いています。
「pH12の水酸化ナトリウム水溶液を10倍に薄めると、溶液のpHは13になる。これは正しいか?」
答えには「間違っている」とあり、私も一度は納得しました。
pH12の水酸化ナトリウム水溶液は
[H+]=10^-12 (mol/L)
なので
[OH-]=10^-2 (mol/L)
となります。(かけると10^-14になるように!)
これを10倍に薄めると
[OH-]=10^-3 (mol/L)
となるので
[H+]=10^-11 (mol/L)
従ってpHは11である。

この説明には納得しました。
しかしpH12の水酸化ナトリウム水溶液は
[H+]=10^-12 (mol/L)
のはずですよね?
10倍に薄める時、[H+]に注目してみれば
[H+]=10^-13 (mol/L)
になるんじゃないでしょうか?
そうするとpH13になってしまいます。

もちろん塩基性の水溶液を薄めたのに、もっと塩基性が強くなった!なんて有り得ませんからおかしいのは分かります。
それに[H+]のモル濃度と[OH-]のモル濃度の積は
10^-14 (mol/L)
で一定のはずなのに、水素イオンも水酸化イオンも10倍薄まるとすると
10^-13 × 10^-3 = 10^-16
となってしまいますのでやはり間違いです。

しかし水酸化ナトリウム水溶液を薄める時[H+]のモル濃度に注目して計算してはいけない理由が分かりません。
よろしくお願い致します。

A 回答 (4件)

希釈するのはNaOH水溶液であって、OH-ではないし、H+でもありません。


NaOHは強塩基なので完全に電離すると考えれば、pHが12のNaOHの濃度は、1.0x10^-2 mol/Lです。
これを希釈するとNaOHの濃度は1.0x10^-3 mol/Lになります。
で、1.0x10^-3 mol/LのNaOH水溶液が完全解離と考えるので、そのOH-の濃度は1.0x10^-3mol/Lであり、そのpHは11となる。
これが問題の本質です。
結局、OH-の濃度はNaOHの濃度から導かれるわけであり、それ自身が希釈によって直接変化するとは考えない方が良いです。もちろん、OH-のみに注目するならそれでも良いですけど、H+まで考えると話がややこしくなるからです。
それと、あなたの考えの誤りをもう一つ指摘すれば、「[H+]=10^-12 (mol/L)のはずですよね?10倍に薄める時、[H+]に注目してみれば[H+]=10^-13 (mol/L)になるんじゃないでしょうか?」に関しては、そうなるわけがないです。なぜかと言えば、希釈した水の[H+]が1.0x10^-7 mol/Lだからです。希釈する水自体が電離していることを忘れてはダメです。なので、希釈によってH+の濃度は高くなるはずです。[H+]の大きい水で希釈するわけですから。もちろん、H+の濃度はNaOHの濃度変化に伴って従属的に変化するので、それ自身の定量的な評価はNaOHの濃度変化に基づいて判断することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
他の回答者様からも大変的確でわかりやすい指導を頂いたのですが、私の質問に隠れていた曖昧な疑問まで踏み込んでお答え頂いたNiPdPt様をベストアンサーにさせて頂きました。
1から10まで納得せざるを得ないご回答でもはや読んでいてワクワクしてきました(?)。
有難うございます。

お礼日時:2017/07/13 19:49

>>水酸化ナトリウム水溶液は[H+]=10^-12 (mol/L)



そういう事では無いんだ。
水酸化ナトリウム水溶液の[OH-]が10^-2だと言ってるだけ。

ここから、水溶液(H2O)のイオン積が10^-14で一定になるから、
水酸化ナトリウム水溶液は[H+]=10^-12 。

「水溶液」と言うのが曲者であって、これ等の計算は近似式でおこなってるに過ぎない。

詳しくは大学でやる。

pH8の水溶液を1000倍に希釈したら、これらの近似式は成立しない。
チャント厳密計算が必要になるよ。

pH8=[H+]=10^-8だから[OH-]=10^-6
1000倍希釈すると[OH-]=10^-9 ∴[H+]=10^-5
∴pH=5
って、酸性になってしまう。
アルカリを1000倍希釈しても酸性にはならないからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
高校までの化学では先生も「ホントは違うんだけどねぇ……」と言っていたり、厳密に言うと結構違うのかなあと感じています。(化学を専攻されている方からすれば高校の化学は「嘘も方便」レベルなのかもしれませんが……)
非常に納得しました。有難うございます。

お礼日時:2017/07/13 19:43

薄める、という表現に惑わされているのかと思います



塩基性水溶液を「薄める」ということは、酸性を「濃くする」ということなので
OH- 主体で考えれば、 OH-の濃度は薄まり
H+主体で考えれば、H+の濃度は濃くなる
ということです

逆に酸性水溶液を「薄める」ということは、塩基性を「濃くする」ということなので
OH- 主体で考えれば、 OH-の濃度は濃くなり
H+主体で考えれば、H+の濃度は薄まる
ということです

薄まる=中性に近づくと考えれば問題ないかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
大変わかりやすいご回答で、とても助かりました。
「薄まる」という日本語に惑わされている、という言葉にハットさせられました。
本当に有難うございます。

お礼日時:2017/07/13 19:39

求め方の順番として、


・[OH-](水酸イオンの濃度) を求める。
・イオン積 [H+][OH-]=1.0×10^-14 から[H+]の濃度を求める。
・pH=-log(10)[H+] でpHを求める

[OH-]は、最初 10^-2(mol/L) pH12=-log(10)[H+] → [H+]=10^-12 ①
[H+][OH-]=1.0×10^14 これに ①を代入すると、[OH-]=10^-2(mol/L)が得られる。

この[OH-]=10^-2(mol/Lが10倍に薄まると、[OH-]=10^-3(mol/L)になる。

イオン積 [H+][OH-]=1.0×10^-14 に[OH-]=10^-3(mol/L)を代入して[H+]の濃度を求める。
[H+]×[1.0×10^-3](mol/L)=1.0×10^-14
[H+]=10^-11
pH=-log(10)[1×10^-11]=11

答え pH=11

イオン積は平衡定数の一つと言えるので [H+]や[OH-]の濃度が変化したとき、両方とも倍にならないです。
中学や高校ではここら辺は簡単に教えてしまっているので誤解が生じやすいところだと思います。
ちゃんと教えるとすると大学の知識が必要になるのですが…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早いご回答、たいへん助かりました。
ありがとうございました。
計算方法についても詳しく書いてくださり、「平衡定数」など発展的な学習に繋がるワードも教えてくださって感謝しております。

お礼日時:2017/07/13 19:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光を集積して圧縮すると熱を発するんですか

光を集積して圧縮すると熱を発するんですか

Aベストアンサー

光には熱量の多い赤外線(可視光も含む)もふくみます。なので圧縮ではなくレンズや凹鏡等で集積するだけで熱を集めることが出来ます。光は圧縮できません。

Q【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか? 皮膚に硫酸が付くと

【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか?


皮膚に硫酸が付くと皮膚が溶けるんでしたっけ?火傷するんでしたっけ?

硫酸って飲んだら死にますよね?

硫酸って普段は何に利用しているんですか?

硫酸を使うメリットを教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

硫酸には濃硫酸と希硫酸の二種類がありどちらも化学式はH2SO4です

何が違うかと言いますと文字についてる通り「濃さ」が違うんですよね
濃硫酸は濃度90%以上の硫酸水溶液
それ以下が希硫酸です

皮膚が溶けるか火傷だけで済むかは濃度によりますね、実験した事がないので詳しい濃度はわからないですけど濃度低めな希硫酸ですら一部の金属を溶かしていくのに手なんてまぁお察しですよね…飲んだら…()

濃硫酸は吸湿性があるので乾燥剤等に使われてます
工業用としては広く使われていて洗剤や石油の精製等にも使われているので身の回りの物の元を辿っていけば沢山使われていますよ。

希硫酸は自動車のバッテリーやコンピュータ設備のバックアップ電源の鉛蓄電池という電池に使われてます!

硫酸は同じような性質を持ってる薬品の中で一番安価で比較的入手しやすいからそこがメリットだと思います!

Q亜鉛と希硫酸との反応

Zn + H₂SO₄ → ZnSO₄ + H₂

この反応は酸化還元反応だと思うのですが、還元剤はZn、酸化剤はH₂SO₄ですか?

Aベストアンサー

この反応は希硫酸(=硫酸水溶液)での反応を表したものですね。
すると反応する硫酸や生成する硫酸は水溶液中なので電離しています。
ですから化学反応式は
 Zn + 2H^+ + SO4^2- → Zn^2+ + SO4^2- + H2
と書き表せます。このうち硫酸イオンは変化していませんので、これを消去すると
 Zn + 2H^+ → Zn^2+ + H2
硫酸のなかの水素イオンが酸化剤として働いたと言うことが明確になりますね。

さて、この反応はべつに硫酸でなくても酸の水溶液なら何でもいいですよね。水素イオンさえあれば良いのですから。
事実、酢酸や塩酸だって亜鉛と反応し水素を発生させます。
つまりうすい硫酸には、水素イオンというほかの酸でも持っているような酸化力はあるということになります。

「熱濃硫酸は酸化力が強い」というのは上記の内容を否定するものではありません。
熱濃硫酸が酸化力が強いというのは、たとえば塩酸や酢酸では反応しない銅や銀などとも反応する、ということを意味しています。
このときの化学反応は
 Cu + 2H2SO4 → CuSO4 + 2H2O +SO2
と表されます。水素の発生はありません。
つまり言い換えると、この反応は
 Cu + 2H^+ → Cu^2+ + H2
ではないということです。
酸であれば必ず持っている水素イオンに由来する酸化力での反応ではなく、
熱濃硫酸特有の強い酸化力があると言うことなのです。

この反応は希硫酸(=硫酸水溶液)での反応を表したものですね。
すると反応する硫酸や生成する硫酸は水溶液中なので電離しています。
ですから化学反応式は
 Zn + 2H^+ + SO4^2- → Zn^2+ + SO4^2- + H2
と書き表せます。このうち硫酸イオンは変化していませんので、これを消去すると
 Zn + 2H^+ → Zn^2+ + H2
硫酸のなかの水素イオンが酸化剤として働いたと言うことが明確になりますね。

さて、この反応はべつに硫酸でなくても酸の水溶液なら何でもいいですよね。水素イオンさえあれば良いのですから。
事実、...続きを読む

Q高1の化学の問題です 水を燃焼させると以下の反応が起こる。 2H2+O2→2H2O 4.0gの水素を

高1の化学の問題です

水を燃焼させると以下の反応が起こる。
2H2+O2→2H2O
4.0gの水素を燃焼させるのに必要な酸素と生成する
水の質量をそれぞれ求めなさい。です。
わかる方いたら係数の比を使ったやり方でお願いします( ˃ ⌑ ˂ഃ )

Aベストアンサー

H=1.0
O=16.0 で計算します

1molについて
水素H2の1mol=2.0g

問題は、4.0gの水素H2なので、2.0molになります。

水素H2の完全燃焼は、水素2:酸素1なので、
2.0molの水素H2を完全燃焼させるのに必要な酸素O2は1.0molです。

つまり、4.0gの水素H2を完全燃焼させるのに必要な酸素O2は…

O2:1mol=16.0×2=32.0g

生成する水H2Oは、4.0g+32.0g=36.0g
となります。

Q燃料電池の問題で 反応に使われる水素と酸素の標準状態における体積は等しい。 と見たのですが何故ですか

燃料電池の問題で
反応に使われる水素と酸素の標準状態における体積は等しい。
と見たのですが何故ですか?

Aベストアンサー

結局出来上がるのは水(H2O)です。
生成物中の原子数比で「2:1」
水素も酸素も分子を作るためには2原子必要です。
分子数比でも「2:1」になるのは自明です。
よって、
>反応に使われる水素と酸素の標準状態における体積は等しい。
は間違いであるとわかります。
正誤問題(「間違っている部分を修正せよ」的な)ですか?

※知っていると思いますので、詳細な化学反応式は書いていません。

Q「器壁」の呼び方は、「うつわかべ」と「きかべ」のどちらですか?

「器壁」の呼び方は、「うつわかべ」と「きかべ」のどちらですか?

Aベストアンサー

きへき
です。

Q【化学】気体の計算問題の答えの正誤

(問題)0℃、1.013×10^5Paで1molの理想気体の体積が22.4Lであることから、気体定数Rの値を有効数字三桁で求めよ。

(自分の答え)
1.013×10^5×22.4/1×273
=1.01×10^5×22.4/273 <有効数字三桁だから1.013を1.01に>
=22.6×10^5/273 <有効数字三桁だから22.624(1.01×22.4の答え)を22.6に>
=0.8278…×10^5
=0.828×10^5 <有効数字三桁にする>
=8.28×10^3……R

解答解説の方では8.31×10^5となっていました。普段気体定数を使う時には8.31×10^5を使っていますが、自分の求めた答えは間違えではないのではないか、と思います。この答えでは不正解とされてしまうでしょうか。また、計算過程でおかしな部分があればご指摘をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

とりあえず忠告。
計算の途中で丸めてはいけません。
有効数字3桁必要であれば、その計算過程では4桁必要です。
そこに注意して、やり直してみては?

Q異何異性体の名称で、なんで最後がブテンになるのかわかりません。

異何異性体の名称で、なんで最後がブテンになるのかわかりません。

Aベストアンサー

二重結合を1個持ったC4H8をブテンとかブチレンとか呼ぶから、良いのでは?

Q1℃または1Kの定義について

1気圧における水の凝固点を0℃、沸点を100℃として、その間を100等分したのが1℃と言うことなのですが、何を以て100等分しているのでしょうか?

たとえば、水銀温度計の0℃と100℃の間を100等分して1目盛りを1℃とするならば、数千度、数万度あるいはマイナス100℃、200℃などは水銀温度計では測れないので、どのようにその温度を規定しているのでしょうか。

Aベストアンサー

たぶん, 初期の「温度計」は純粋に液体の体積変化の度合いを「温度」にしたんじゃないかと思います. ものとしては今の水銀温度計と同じようなもので, 「水の凝固点における水銀表面」の位置と「水の沸点における水銀表面」の位置の間を等分したとか, そんな感じではないかと. もちろんこれは「温度を等分した」わけではありませんけど.

で温度範囲については, 低温へ広げる分には使う液体を変えるだけでいけるんじゃないでしょうか. 高温へはどうしましょうかねぇ. 原理的には気体の体積を測ることでいけるはいけるんだけど, 現実的には難しいですし.

Q理科のことで質問なんですけど、 答えの本に変態って言葉が乗っていました。 問題は、おたまじゃくしが成

理科のことで質問なんですけど、
答えの本に変態って言葉が乗っていました。
問題は、おたまじゃくしが成体になるような大きな体の変化を何というか。という問題です。
教科書にも説明が載ってなかったので意味がわかりません。何が変態なのですが?

Aベストアンサー

成長過程で大きく形態が変わることを変態と言います。

カエルなどの両生類は形態も変わりますが、孵化した時(幼生)はえら呼吸、成体になると肺呼吸になります。

また昆虫類の変態には完全変態と不完全変態があります。

蝶やカブトムシなどは幼虫からさなぎを経て成虫になり、これを完全変態と言います。

蝉やトンボは幼生からさなぎを経ずに成虫になるので不完全変態です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング