質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

こんにちは。
私は、魚が食べれません。それでやはりおかずとなると肉(大好きなので)になってしまいますが、豚、牛、鳥の中でならどれが一番いいのでしょうか?多くとっても大丈夫な物、取り過ぎないほうがいいものなどあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#1さんの参考URLにも出ていますが、豚、牛、鳥の中では、豚肉が栄養素的には一番バランスが良いと思われます。

ただし、脂身の多い豚肉ばかりというのもNGですよね。
また、鶏肉ならササミとかが脂肪分が少ないですし。
色々な方がご回答なさっている様に、
>多くとっても大丈夫な物、取り過ぎないほうがいいものなどあったら教えてください。
というのは、あまりにも偏りすぎていると思われます。動物性たんぱく質だけでなく、植物性たんぱく質を摂る事で、栄養のバランスは保たれますし、健康上にも良い摂り方だと思われます。
あまり参考にならないアドバイスで申し訳ありませんが、すこしでもお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 1

私は牛が一番好きです。

おいしいからです。おいしいということは自分にあった栄養素が含まれると思います。ミネラル的にも牛は最高です。
 
 日本人が長生きなのは、魚を食べ、肉も食べ、植物性蛋白も摂り、豊富な伝統的な食文化の中に、肉食を上手に取り入れたからでしょう。

 外国は豊かになってくると肉中心になってしまうから、ある程度の寿命まで延びても、頭打ちになってしまうのだと思います。
 ですから何でもなるべく食べましょうね。
    • good
    • 1

どれがいいのかなんて、決められません。


まんべんなく、色んなお肉を適量食べるのが1番いいのです。

色んな食材を、数多く食べた人ほど、頭がよくなり
運動能力も上がるといいます。
    • good
    • 2

動物性のものは少々、普段は野菜や穀物をおすすめします。

たんぱく質では、豆腐(できるだけ国内産大豆使用のもの)やグルテンバーガーがよいと思います。

肌もきれいになり、太りにくくなり、健康になりますよ。
    • good
    • 1

どんな食べ物でお取り過ぎは身体によくありませんが、


適量を食べるのであれば鶏肉がもっとも低脂肪でヘルシーだと思われます。ただ、鶏肉のカワの部分は脂分が多いそうです。
    • good
    • 2

長寿の県は豚肉をよく食べますよね・・・。



豚肉の栄養素
http://www.ex.comcarry.net/~yakibuta/eiyouso.htm

参考URL:http://www.ex.comcarry.net/~yakibuta/eiyouso.htm
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鶏肉って健康に良い

鶏肉はヘルシー、とよく言われますが、本当に健康に良いんですか?
時々メディアでは単に低カロリーのことをヘルシーと言っていると感じますが、これもそうでしょうか。
(私は必要カロリーは人によって違うのと、低カロリーであっても偏った食材ばかり摂取するのは不健康であること、また糖質などの食品成分の関係という理由から低カロリー=健康に良い、とは到底思えませんが)
もし真実ならその理由も教えてください。

Aベストアンサー

食品関係の仕事をしています
メディアでは「低カロリー=ヘルシー」と言っている事が多いという点には同意します。
ヘルシーというだけで鶏肉のみを好んで食するというのは間違っていると思います。

鶏肉がヘルシーだといわれるのは、
・高タンパク質低脂肪の代表的な食材
・肉部分にコレステロールの量を改善するナイアシンが豊富に含まれている
・必須アミノ酸のメチオニンを多く含む(肝機能を向上させ血中脂質の沈着を防ぐ)
・肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ
等の理由が挙げられるからだと思います。

また鶏肉は肉の中に脂肪層がなく、皮部分に脂肪があるために取り除きやすい。
脂肪を食べるとしても、鶏肉の脂肪には不飽和脂肪酸のオイレン酸などが多く含まれ、
血中脂肪を下げる=動脈硬化の予防という作用があります。


鶏肉の良い点ばかりが上がってきますが、身体に必要な栄養としては他の肉類…牛・豚なども
摂取した方が良いと思います。


豚肉は脂肪が多いと敬遠されがちですが、実は牛肉よりも脂質は少ないです。
豚肉の脂肪は、オレイン酸やステアリン酸を多く含み、鶏肉と同じくコレステロールを低下する作用があり動脈硬化を予防します。
他に良質のタンパク質も豊富に含まれ、これらの栄養素から作られるポークペプチドにもコレステロールを下げる働きがあるそうです。
ポークペプチドは肝機能を活発にしアルコールを分解する作用を促します。
また豚肉にはビタミンB1が牛肉の約10倍ほど含まれています。
ビタミンB1は糖質の代謝を促進しエネルギーに変換、体内に疲労が溜まるのを防いでくれます。
夏バテ予防に豚肉が良いとされるのはこのためです。
疲労時の他にストレスでいらいらする時にもビタミンB1は多く消費されるので、この場合も豚肉を食べると良いとされています。



動物性脂肪が気になる牛肉ですが、鉄分・亜鉛・葉酸・ビタミン・アミノ酸などの重要な栄養素を含む食品です。
牛肉のたんぱく質は必須アミノ酸がバランス良く含まれている良質なたんぱく質であり、
消化吸収も良く、身体に不足しがちなリジンが多く含まれていますので、
体力の増強に繋がります。
他にはユビデカレノンという物質も含まれていますので、貧血や低血圧の体質改善に効果的です。
心拍を高める効果もあるので血流を良くする効果も期待できます。


低カロリー食品ばかりを摂取すると、身体に必要な栄養素が足りなくなり、
基礎代謝量以下のカロリー摂取を延々と続けると、身体を構成する筋肉や骨などから栄養を排出し始め、
骨粗しょう症等の病気になってしまう恐れもあります。


以上の理由から食品の偏った摂取は避けるべきだと思います。
またメディアは一部の利点だけを抜き出してヘルシーだと言っていると考えています。
嘘じゃないけど、全部正しいわけじゃないって感じでしょうか。

長文でごめんなさい

食品関係の仕事をしています
メディアでは「低カロリー=ヘルシー」と言っている事が多いという点には同意します。
ヘルシーというだけで鶏肉のみを好んで食するというのは間違っていると思います。

鶏肉がヘルシーだといわれるのは、
・高タンパク質低脂肪の代表的な食材
・肉部分にコレステロールの量を改善するナイアシンが豊富に含まれている
・必須アミノ酸のメチオニンを多く含む(肝機能を向上させ血中脂質の沈着を防ぐ)
・肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ
等の理由が挙げられるからだ...続きを読む

Q豚肉の脂肪って体にいいの?悪いの?

最近、自炊に目覚め、豚肉使って生姜焼きなど頻繁に作るようになった
40代独身男です。
一般的に、豚肉の脂肪は
『ビタミンB1が含まれていて良質のたんぱく質なので疲労回復や風邪の時の体力回復にも役に立つ食材である』ことは承知しております。
が、イメージ的に、その『あぶら』が、そのままお腹につきそうで、
体にいいから摂取した方がいいのか、
摂取した余分が、脂肪として体についちゃうのか
悩むところです。

ーーーー運動らしい運動はやってません。
また、角煮みたいな油ギッシュなものは
大嫌いでたべません。
カツ丼などのロースのあぶら部分も嫌いで
食べません。ーーーー
そういう前提条件として、
体にいいという以前に、
摂取しない方が
太らなくていいような気もしますが
どうなんでしょうか?
エキスパートの方
アドバイス御願いします。

運動しなさい、というような
アドバイスじゃなくて、
あくまでも、
日常生活で、
通勤、そこそこ歩く(脂肪燃焼系の歩きではない)、
たまにはコンピューターの前に
ずっと座ってる、みたいな生活を
変えない、大食漢ではない
男としては小食なほう、
という条件での、脂肪についての
質問です。
よろしく御願いします。

補足
167cm、体重65kg、腹回りは85cmくらいです。

最近、自炊に目覚め、豚肉使って生姜焼きなど頻繁に作るようになった
40代独身男です。
一般的に、豚肉の脂肪は
『ビタミンB1が含まれていて良質のたんぱく質なので疲労回復や風邪の時の体力回復にも役に立つ食材である』ことは承知しております。
が、イメージ的に、その『あぶら』が、そのままお腹につきそうで、
体にいいから摂取した方がいいのか、
摂取した余分が、脂肪として体についちゃうのか
悩むところです。

ーーーー運動らしい運動はやってません。
また、角煮みたいな油ギッシュなもの...続きを読む

Aベストアンサー

BMIは23程度なのに、腹回りは85cmですか~。悩みどころですね(苦笑)

本当ならもう少し運動量を増やすのが早道のような気もしますが、今回は敢えて食餌療法に限って説明しますね。

質問者さんもご存知のことと思いますが、人間の体につく脂肪というのは、特に脂肪を多く摂取したからつくというものではなく、摂取した総カロリーのうち、消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるものです。
つまり、「何を食べたとしても、消費量よりたくさん食べたら太る」ということです。
そういう意味では、肉の赤身の部分を食べようと、脂身の部分を食べようと、消費カロリーに見合った分量であれば同じことです。
ただし、同じ1gでも炭水化物やたんぱく質なら4kcalなのに対し、脂肪は9kcalに相当します。
ですから同じ見た目、重さの食品なら、脂肪を食べるよりはたんぱく質を食べたほうがダイエット的には有利、ということになります。

豚肉は質問者さんのおっしゃるとおり、栄養的に優れた食品ですので、ダイエット中はむしろ積極的に摂取して欲しいくらいです。
たとえば、衣を着けて脂で揚げるとんかつよりは、しょうが焼きなどフライパンで焼くとか、さらに食べるときは脂身部分をはずすとか、いっそしゃぶしゃぶにして余分な脂はおとすとか。
脂身のおいしさを楽しみたいときは、肉の量自体を減らし気味にして、一緒に野菜を食べて満足感を出す方法もいいですよ。
野菜炒めに豚肉を使い、キムチやカレー粉で風味付けするとか。
にんじんやアスパラガスなどの野菜を薄切りの豚肉で巻いて、炭火焼やフライパンで焼いて食べるとか、たくさんのキャベツやもやしなどの野菜と一緒に鍋物やセイロ蒸しにして、ポン酢などであっさり食べるなどの方法なら、暑い夏でも食欲をそそります。

このように調理法や食べ方を工夫して余分な脂減らすことで、カロリーを落とすことができます。

脂を減らすことにあまり神経質になる必要はありません。
体に必要な各種栄養素には脂溶性のものも多いし、体の調子を整える各種ホルモンの原料は脂質なので、ある程度の脂肪はむしろ摂取しなくてはなりません。
たまに極端な油抜きダイエットがありますが、疲労や視力低下、疲労の増強などがおこりやすく、健康的なダイエット方法とはいえません。

詳しくは食品成分表や、厚生労働省HPなどで何をどれだけ食べたらいいか確認してもらえばわかりやすいと思います。

参考URL「厚生労働省 食事バランスガイド」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/yobou/syokuji/index.html

それから、できたらこちらにも目を通して、現在の自分の運動量がどの程度か確認しておいてくださいね
「厚生労働省 エクササイズガイド」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/yobou/undo/index.html

BMIは23程度なのに、腹回りは85cmですか~。悩みどころですね(苦笑)

本当ならもう少し運動量を増やすのが早道のような気もしますが、今回は敢えて食餌療法に限って説明しますね。

質問者さんもご存知のことと思いますが、人間の体につく脂肪というのは、特に脂肪を多く摂取したからつくというものではなく、摂取した総カロリーのうち、消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるものです。
つまり、「何を食べたとしても、消費量よりたくさん食べたら太る」ということです。
そういう意味では、肉の赤...続きを読む

Q毎日豚肉・・

すごく乾燥肌で豚肉を食べると肌の調子がいいのでここ2週間ほど毎日1食は豚肉10切、牛肉5切れぐらい食べているのですが
食後のかたずけの時のあの固まった肉の脂を見ると『洗剤でやっと油が落ちるのに、血管油でつまるんじゃ??』と
疑問に思い質問させていただきました。
この食生活を続けても健康上は問題ないものでしょうか??

Aベストアンサー

毎日豚肉・・牛肉・・むしろお勧めしたい食事です。

>食後のかたずけの時のあの固まった肉の脂を見ると『洗剤でやっと油が落ちるのに、血管油でつまるんじゃ??』
<動物性脂肪は常温で固形化しますが、体温で透明な液体脂になります。ラードを手で握っていると、溶けて透明になるでしょ?

ヒトは動物ですから、体内の脂は動物性脂(アラキドン酸)なのです。植物油のリノール酸だって、食べればγ-リノレン酸→ジホモ-γ-リノレン酸→アラキドン酸(動物性脂)に代謝されます。
リノール酸は必須脂肪酸ですから、代謝過程で生きる為に必要な働きもしていますが、20年ほど前までは勧めに従って摂り過ぎたために、過酸化脂質を増やしてガンや糖尿病を増やしたことはコンセンサスを得ています。
なので、今は植物油をたくさん取りましょう、とは騒がなくなりました。
植物油の摂り過ぎは良くありません。

それから、食べた油・脂がそのまま体内に入り込まれることは絶対にありません。
脂肪分解酵素の働きを得て、細かく分解されます。
そして、一分子のグリセリンと三分子の脂肪酸が結合して、一分子の中性脂肪が出来上がり、それに肝臓で作られたタンパク質が結合して初めて、血管内を流れることができます。
そうして体内運搬されて、再び分解されると一部はエネルギーとなり、別のものは細胞膜に取り込まれます。

ただ魚油は大切な働きもします。数拾年前までのイヌイット(エスキモー)は海洋動物が主な食糧源となり、心筋梗塞を起こさない民族として有名でした。
海洋動物の餌は魚ですから、クジラやアザラシの肉も動物性脂肪が豊富なのですが、その中に魚油が多く、心筋梗塞・脳梗塞を防ぐ働きをしていました。

ですから肉も魚肉も、食べないといけないのです。
皮膚の艶やかさは、油だけではなくタンパク質が重要になります。28日で入れ替わるといわれる皮膚の細胞も、タンパク不足ですと皮膚の角化が目立つようになります。

その角化を防ぐビタミンやミネラルも足りないと、やはり、皮膚はカサカサになりがちです。

肌の調子が良い、と云う相談者様は肉を食べられるようになってから、タンパク質も足り始めたのでしょう。
野菜・卵・肉・穀類・豆類・海藻類 等々を取り混ぜ、毎日の食卓を飾って健康を維持してください。

毎日豚肉・・牛肉・・むしろお勧めしたい食事です。

>食後のかたずけの時のあの固まった肉の脂を見ると『洗剤でやっと油が落ちるのに、血管油でつまるんじゃ??』
<動物性脂肪は常温で固形化しますが、体温で透明な液体脂になります。ラードを手で握っていると、溶けて透明になるでしょ?

ヒトは動物ですから、体内の脂は動物性脂(アラキドン酸)なのです。植物油のリノール酸だって、食べればγ-リノレン酸→ジホモ-γ-リノレン酸→アラキドン酸(動物性脂)に代謝されます。
リノール酸は必須脂肪酸ですか...続きを読む

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Q魚の皮は食べたほうが良いのでしょうか?

鮭の切り身を食べる時、皮を食べたほうが良いのでしょうか
それとも残すものでしょうか?

栄養の面と、マナーの面の両方を意識した考えをお持ちの方がおりましたらアドバイスをお願いいたします

PS:私は食べると美味しいので食べたいのですが、リンゴの皮を栄養があるからと言って拾って食べるのと同じだという話を聞いて、質問させていただきました

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

鮭の場合、一番旨みが多く栄養価も高い部分が、皮と身の間、にあるそうです。

熊も、鮭の皮を先に食べるそうですよ

勿論、種類によって、皮の部分に臭みが集中している、鱸とかもありますので、一概に、全てがそうだ、とは言えません

鮭の皮をパリパリに焼いて、チョット刻み、お茶漬けに入れたら、美味しいですよぉ

食事のマナーで言えば、食用になるもので、出された物を残す事の方が、失礼に当たる筈です
個人的意見ですけどね・・・
出された物は、全て食べ尽くすのが、料理を作ってくれた方に対する、礼儀だと思ってます

Q鶏の皮は食べた方がいいですか?

鶏の皮は気持ち悪いのと、カロリーが高いので取り除いて食べません。
しかし皮はコラーゲンが含まれていて、素肌にいいと聞きました。
それで、どの調理法でもコラーゲンが取れるのですか?
でも、肉の部分よりカロリーが高いから食べる回数が多いとカロリーオーバーになりやすいですよね?
あと、栄養的にはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

コラーゲンの摂取に関しては諸説あって、「食べても肌には届かない」とか「化粧品として塗ってもダメで食べなきゃいけない」とか。。。

どれを信じるかによりますが、「鶏の皮を食べると良い」を信じる弊害としてはなんといってもカロリーですね。 (><)

ちなみに栄養は
ニワトリ・胸肉・皮
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11234_5

ニワトリ・胸肉・皮無し
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11214_5

これを比較してみると、どの栄養素も格段に普通の胸肉の方が多いですよね。 脂質以外は。(笑)
ただし、レチノールは皮の方がめちゃ多いですね。
レチノールはビタミンAの一種で肌にとてもいいです。

コラーゲンの話に戻りますが、鶏の皮を積極的に摂るよりは、鶏肉自体を食べるようにした方がいいのではないでしょうか。 特に鶏肉の部位でコラーゲンが多いとされているのは皮の他に、軟骨、手羽があります。
そして鶏皮以外でコラーゲンがあると言われている食品も他にいっぱいあります。
がんばって鶏皮を食べることで、コラーゲンとカロリーをたくさん摂らなくてもいいのではないでしょうか??

ちなみに私は鶏の皮が大好物です。 太るから困ります。。。

コラーゲンの摂取に関しては諸説あって、「食べても肌には届かない」とか「化粧品として塗ってもダメで食べなきゃいけない」とか。。。

どれを信じるかによりますが、「鶏の皮を食べると良い」を信じる弊害としてはなんといってもカロリーですね。 (><)

ちなみに栄養は
ニワトリ・胸肉・皮
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11234_5

ニワトリ・胸肉・皮無し
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11214_5

これを比較してみると、どの栄養素...続きを読む

Q肉の中で何が一番安いのか教えて下さい

一般的なスーパーで売ってる牛肉・豚肉・鳥肉の中で平均で一番安いと思われる肉の種類は何か教えて下さい。

産地や肉のブランドなどによって値段が大きく違うと思いますが気になるので分かる方お願いします。

またその肉の中から特に安い部位も教えていただけると嬉しいです。

例)鳥肉の手羽先

Aベストアンサー

動物だと他の方がおっしゃってる順番でいいと思います。
私がみかける値段ですと、
鳥(ブロイラー)モモ・ムネでは外国産(ブラジル)だと100g40~100円程度、国内だと130~200円程度で見かけます。鳥は基本的にどこでも安いです。手羽先・手羽中・手羽もとも外国産100g100円~と、安いのですが、骨がある分少し損なのかも?地鶏は多分倍くらいの値段になります。

豚はバラだと外国産(カナダ・アメリカ)100g100円~150円、国内だと150~500円くらいだと思います。肩ロースも大体にたようなものですがモモは数十円程度高く、ヒレはもっと高いです。値段は種類わけてませんが300~500円のあたりは黒豚のお値段だと思っていただけばいいと思います。

牛はモモや肩の切り落としで外国産(オーストラリア)100g100円~250円?、国内産は300円?~600円?くらいだったと思います。値段はっきりしなくてごめんなさい。なにせあまり縁がなくて(笑)
部位だとバラ(カルビ)・肩・モモあたりがお手ごろで用途も広く、あとあまり用途は広くないですがスネも安いです。サーロインやヒレは高級な部位です。ランプやテールはほとんどみかけませんのでよくわかりませんが供給が少ないので安くはないと思います。
国内産のものは交雑牛(まれに黒毛牛と表示されてるらしいです)は黒毛和牛よりだいぶ安いです。和牛も等級によってだいぶ値段が変わります。ちなみに外国に和牛の血統を出さないようにしているため、外国産の和牛はいません。

鶏肉や豚・牛肉の安い部位のお肉は値段よりも用途に合わせて選ぶといいですよ。けっこう味や食感が違いますから。

動物だと他の方がおっしゃってる順番でいいと思います。
私がみかける値段ですと、
鳥(ブロイラー)モモ・ムネでは外国産(ブラジル)だと100g40~100円程度、国内だと130~200円程度で見かけます。鳥は基本的にどこでも安いです。手羽先・手羽中・手羽もとも外国産100g100円~と、安いのですが、骨がある分少し損なのかも?地鶏は多分倍くらいの値段になります。

豚はバラだと外国産(カナダ・アメリカ)100g100円~150円、国内だと150~500円くらいだと思います。肩ロースも大体にたようなものですがモ...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q肉の脂は体に悪いのですか。

最近の研究では、肉の脂は今まで身体に悪いとされていましたが、特にそういう事はないと言われるようになってきたと聞いたのですが、どうなのですか。やはり魚の方が良いのですか。

Aベストアンサー

スーパーなどに行くと
肉売り場にラードが置いてありますね

ラードが溶けないのは肉売り場の温度が低いからです
暑い所に置けば当然溶けてしまいます

牛などの体温より人の体温の方が低く
つまりラードが人の体に入ると当然温度が低い為に
スーパーに置いてあるラードのように溶けなくなります

ニワトリなどは牛より体温が高いですね

魚類がいいというのは
魚の体温は低く、魚の脂などは人間の体内に入ってしまうと
体温が高いので溶けてしまいます

魚類がいいというのはそういうことです

Q食べても食べても満腹にならない

最近食べても食べても満腹になりません。
今日の朝はメロンパン(手のひらサイズのでかいやつ)メープルのデニッシュ、スティックパン5本、ミルクのシュガーが乗っかった手のひらくらいのパン、
もろこし一本、スープ、バナナ一本、リッツ一袋、スイカ、今川焼き一個、まだまだお腹一杯になりません、、、体重も最近で2、3キロふえました。しかも便秘気味です。どうすればいいでしょうか?
お腹いっぱいになるまで食べればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

人間の頭は便利にできています。
足りない栄養素があると、頭が食べる衝動を起こします、だから栄養が偏っていますから、足りない栄養素が入るまで空腹感を出します。

炭水化物だけを食べているように感じます、その他の栄養素を取らないと、いくら食べても空腹感は無くなりません。
バランスの良い食事をすれば、太らない体を作ることができます。

検索で「一日の必要な栄養素」を検索してみてください。
アドレスを入れることはできますが、自分で調べることも大事です。

便秘気味なのは、野菜が足りないので、食物繊維を食べることを薦めます。


人気Q&Aランキング