プロが教えるわが家の防犯対策術!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

相続税改正、都内の戸建ては売却した方がいいのか?

相続税改正、都内の戸建ては売却した方がいいのか?祖父母や親が亡くなったとき、親族が集まってやらなければならないのがお葬式についで遺産相続の手続きだ。どちらも突然で不慣れなことなので大変だろうと思う。では実際どんなことに苦労したか、「おしトピ by 教えて!goo」で「相続税などの各種続きについて家族で話し合いしたことある?」と聞いてみたところ、こんな声が寄せられた。

■負の遺産が出てきて愕然


「昔、祖父母が亡くなったときに、親族が集まり相談していました…(中略)皆初めてのことで、銀行へ行ったり識者に相談したりと、大変そうでした」(biscotteさん)、と相続の手続きに苦労したという回答が見られた。

他方、「母が亡くなったとき、ないと思ってたら借金が…??。災害にあった実家(婆さん宅)の屋根補修のために保証人になっていて、細々と返してた(/_;)。払ってやりたいが、額が大きく…相続放棄した」(えだまめ7さん)、と負の遺産に愕然としたというケースもあった。

■遺産の基礎控除額が縮小すると……


ところで、今年から税制改正で、遺産に係る基礎控除額が5000万円+(1000万円×法定相続人の数)が3000万円+(600万円×法定相続人の数)に縮小されたことをご存知だろうか。これにより、都心部で戸建てを持っていると相続税の負担がより多くのしかかるともいわれている。

そうなると、戸建てを売却した方が子どもたちのためになるのか。フジ相続税理士法人の代表税理士、高原誠さんに聞いた。

「ご家族の状況などで多様なケースが想定されるため、一概に売却した方がよいとも売却しない方がよいともいえません」

その理由のひとつとして、売却することで、むしろ相続財産が増加してしまう場合があるという。

「戸建住宅を売却すると、代わりに売却代金として現金を所有することになります。一般に相続税評価額は時価の80%といわれていますので、相続税だけを考えると現金よりも不動産で持っていた方がお得な場合が多いといえます」

ただし、そうでないケースもあり得るので、売却前に相続税評価額と時価を試算し、比較することが大切とのことだ。

■お金より家族の気持ち、介護問題も大事


2番目の理由として、「気持ちの問題」。家族の相続対策はお金の問題が注目されがちだが、それだけが大事とは限らないという。

「お住まいというのは、先祖代々の土地であったり、思い出が詰まっていたりするものです。将来そこに住みたいという子供たちの想い、できればそこに住んでほしいという親としての希望を押し殺してしまってはいませんか」

相続税だけを気にして、家族各々の気持ちを疎かにしてしまうと、後々それが火種になりかねないので、事前の話し合いが大切だそうだ。

最後の理由として、介護生活のことを高原さんは指摘した。戸建を売却した後、高齢の家族の生活本拠をどこに置くのかという問題だ。

「家がなくなった高齢の家族で介護が必要となった場合、子どもと同居するにせよ、施設に入居するにせよ、ご家族のケアは欠かせません。その際は、誰がどのようなかたちでケアを行うのでしょうか」

むしろ住み慣れた家を残してやったほうが、介護の世話の手間や費用を考えるとベターな場合もあるというわけだ。

戸建てを売却する、しないは簡単に結論が出せるものではない。まずは、家族間でお互いの生活の将来像を話しあうことが肝要であろう。

○フジ相続税理士法人の代表税理士
高原誠
平成16年、税理士試験合格。同18年9月、吉海正一税理士事務所と合同でフジ相続税理士法人を設立。代表社員に就任。相続税に特化した専門事務所として現在に至る。年平均200件以上(同24年実績)の相続税申告・還付業務実績は業界トップレベル。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

9

BAD

NICE

みんなの反応

27

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック