話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】プレミアムフライデーって効果あるのか?~その2~

【長谷川豊】プレミアムフライデーって効果あるのか?~その2~日本のGDPを100兆円増やすというかなりの冒険低目標への素敵な施策の提案が先日行われました。

■月末の金曜は午後3時退社 個人消費喚起へ「プレミアムフライデー」構想(SankeiBiz)

(http://bit.ly/2aWBGsH)

以下、記事より引用。

「個人消費を喚起するため、政府や経済界が月末の金曜日の午後3時に退庁・退社し、夕方を買い物や旅行などに充てる『プレミアムフライデー』構想を検討していることが12日、分かった。経団連は政府に先行して、10月にもプレミアムフライデーの実行計画を策定する方針だ。政府は2020年をめどに名目国内総生産(GDP)の600兆円実現を掲げている。経団連は、実現には現在300兆円にとどまっている個人消費を360兆円に引き上げることが欠かせないとみている」【引用終わり】

経団連や経産省が本当に「何にも分かっていない」ことがよく分かる施策です。久しぶりに「大バカ丸だしの提案」と断じることができるでしょう。

理由は次の2点です。

1.そもそも若者たちの個人消費が落ち込んでいるのは休みとは関係ない。

今やほぼ20年連続で「可処分所得」が減り続けている若者世代。要は「使えるお金」が全然ないのです。バブルの時期に、上世代が作った流れに乗っかってアホみたいに騒いでいた時代の連中には分からないでしょうが、今の若者たちはそもそもバブルなんて知らないし、給料をしっかり働いて稼いでいても、社会保障だ、税金だで取られまくった挙句、買い物に行っても昔はなかった消費税で搾取されまくっているのです。可処分所得は減っているのに、携帯やWi-Fiなど、絶対に必要なライフラインにかかる最低必要経費も増大しています。

「使わない」って思っている段階でバカ丸だし。
今の若者世代は「使えない」だけです。
いいよね。官僚たちは高給なのでそんな気持ちが理解できなくて。

2.若者世代は、そもそも金曜の3時以降休め、と言われても休めない!

分かってほしいのですが、上司に媚びへつらって窓際でのんびりハンコしか押していない上司はとっとと退社できるでしょうが、若者世代は、その働きもしないふんぞり返り軍団の無茶ぶりに対応するために、老害クンたちが使えもしないWordやExcelを駆使しながら、1ミリの意味もない「会議」とやらの資料作りのために、酷使されているのです。

金曜の3時に退社?
家にPC持ち帰って家で作業するだけに決まっているんでしょうが。なんでその程度分からないかな。無理に、しかも月末だけ3時に退社させる?
仕事してない連中の発想以外何物でもありません。月末って……一番忙しいわ!! 普通、それを言うなら「毎月の第1金曜」でしょうが。〆の作業、どれだけあると思ってんだよ。ホントなんてアホらしい提案……。

では何を変えればいいのか。私は時間はかかっても「教育」しかないと考えています。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

52

BAD

NICE

みんなの反応

130

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック