いつでも医師に相談、gooドクター

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】今年のニュースを振り返る<1>

【長谷川豊】今年のニュースを振り返る<1>もうすぐ2015年も終わりですね。
皆さんの今年1年はいかがだったでしょうか? 私もこの「教えて!goo」の中で連載をスタートさせていただき、毎月、多くのコラムを書かせていただきました。
コラムを書いているうちに自分の意見がまとまってきたり、意見をまとめるために新たに取材をしたり調べ物をする時間がとても好きで、そのような場を与えてくださっている皆さんに心から感謝しているところです。

さて、2015年、メディアに関わるものとしては非常に大きな1年であったことは間違いないでしょう。
ISの日本人人質殺害から始まり、あるニュース番組ではコメンテーターが全くニュースと関係ない暴走をし始め、ありもしない「官邸からの圧力だ!」と言う妄言を吐き、キャスターが厳しく反論する、という場面もありました。

あの騒動の裏幕は、拙著である「報道ステーションは正義か不実か」の中に克明に描いてありますので、もしご興味のある方は読んでみてください。あまりにも世間で知られている事実と現実は違います。内部事情を知る人間の一人として、私の知る範囲の内容を綴らせていただいたつもりです。

多くの方やテレビ・新聞では今年一番大きなニュースだったのは「安保法案の強行採決である!」と言うことでしょう。

私は、その意見を完全に否定します。

何度も別のブログで書いた通りですが、第一に安保法案の採決は「強行採決」でも何でもありません。去年の12月に民意を得た政権が、粛々と採決しようとしたところ、少数しか支持されなかった野党の下っ端たちが「暴力的」に「強行反対」したのみです。そして、それを「政府に反対していれば満足するサヨクメディア」がもてはやしていただけ、と言うのが真実の姿です。

はっきり言って大きいニュースでも何でもないです。単なる「視聴率の取れるニュース」です。

実際にどうですか? 国民生活、何にも変わっていないでしょう? 大きなニュースとは、実際に国民生活に変化を与えるもののはずです。テレビが騒ぐことと実際に「生活が変化するニュース」は違います。では、どのニュースに私は今年、注目したでしょうか? 次のコラムで書きたいと思います。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

20

BAD

NICE

みんなの反応

73

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック