いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

現在、福島原発事故の放射線に対して正しい知識を持って対策を実行してる日本国民はどれくらいですか?

質問者からの補足コメント

A 回答 (16件中1~10件)

ありがとうございます。


今回も、数字のないリンクだけで、「死亡が倍増している」という数字はお示しできなかったようですね。
ちなみに私は放射線が安全だとも、原発が安全だとも考えても、主張してもいません。
単に、東日本の死亡が2倍も増えてはいないのではないのか、と思っているだけです。
日本における、原発廃止のためには、あなたの書き込みは逆効果です。
実はあなたは原発推進論者であって、原発廃止論者の非論理性を目立たせるための活動をしているのかとも思えます。
もしあなたが本当に日本の原発を廃止したいと考えているのなら、これ以上の書き込みは逆効果です。

人は完成することはありません。成長するためには自分の欠点を自覚することが出発です。
そして正しい論理で、原発廃止を主張できるようになれば、あなたも私たちの側に立てたことになります。
    • good
    • 0

もし、再度「3.11以降、東日本を中心に死亡が倍増」の根拠をお示しするのおつもりがあるのであれば、リンクに加えて、具体的な数字の引用をお願いします。



DPC制度の無知に伴う誤報、ありもしない国公立医師会病院統計なぞという根も葉もないデマなどを根拠とするような、資料吟味力を考えると、いきなり「倍増してますよ。」と書かれても、到底信用に値しません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

今回お示しいただいたデータには、大部分は病人増加を示唆するデータであって、死亡者数を示す数字はほとんどありません。


仮に病人増加が事実であり、死亡者数が増加していたとしても、倍増(約1.8~2.3倍程度でしょうか)しているという根拠にはなりません。

強いて言えば、火葬場大混雑の話ですが、( https://en-park.net/books/5615 )でお示しするように、火葬場10日待ち自体デマですし、さらに原発事故と関係づけるに至ってはデマの上に作られた虚構の世界です。

ここまでお尋ねしても、根拠をお示しできないということは、やはり「東日本を中心に死亡が倍増してます。」という点に関しては根拠のないデマのようですね。
いろいろとお手間を取らしてありがとうございました。
安心しました。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お示しいただいた4つのリンクを確認しました。



「メチャ増えてるね。急性白血病 厚生労働省の医療データー、急性白血病から見た原発事故後の日本を見てみる。」 http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/166.html
 これは、DPC病院から得られたデータを解析したものです。
 そもそもDPCに参加していない病院からのデータは入っておらず、DPC参加病院は年々増えていますので、DPC参加病院における急性白血病患者が増えていても、それはDPC参加病院の増加によるものであって、人口に対する急性白血病患者が増えているわけでは無いという、基本的なデータ解釈の誤りがあります。
例えば、この筆者が行っているのと同様の手法で他疾患を調べてみます。
くも膜下出血は、平成19年2537件に対し、平成26年には9385件と約3.7倍に増えています。
統合失調症に至っては、平成26年76件に対し、平成19年は算出すらされていません。
 くも膜下出血は以前からある動脈瘤の結果であり放射線の影響は無く、くも膜下出血を扱う病院がDPC病院に差多数参加して病院が3.7倍になったということであり、くも膜下出血の患者が3.7倍に増えたわけではありません。
 統合失調症も放射線とは関係ありません。そもそも、統合失調症は日本で100万人と言われていますので、76件てありえません。これは精神病院の多くはDPC病院で無いということに過ぎません。
 この情報は、DPC病院に対する理解不足による、結果解釈の誤りです。

「白血病患者激増~患者数が、昨年の約7倍~福島、茨城、栃木、東京(wantonのブログ)」 http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/341.html
 これは、ひところ話題になったネット上のデマで、未だにこのようなデマを信じている人がいることに驚愕します。
 突っ込みどころは満載ですが、まず「各都道府県の国公立医師会病院の統計」とありますが、医師会病院は私立病院であり、「国公立医師会病院」というものはありません。
 さらに、「日本医師会会長原中勝征は、原発事故との因果関係は不明として、原因が判明次第発表するとした。」という点について、日本医師会ホームページで原中氏は公式に否定しています。さらに、「統計の数値につきましても、現段階でそのようなデータについて確認できず、信憑性を疑わざるを得ない」とも述べられています。
 すなわち、この情報はデマの拡散に過ぎません。

福島県で急増する「死の病」の正体を追う!~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~第1回(宝島) http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/898.html
 この情報はデータの捏造等はされてい無さそうで、事実である可能性はあります。
 ただ、ストレス・血圧上昇等の影響も想定され、放射線の影響かどうかはさらに検討が必要です。
 また、仮に心筋梗塞が放射線の影響であったとしても、たかだか1.16倍の話であり、死亡率倍増の根拠とは言えません。

「東日本80%が放射線障害を発症、寿命は20年も縮まる-欧州放射線リスク委員会バズビー博士 (原発問題)」 http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/351.html
 これは、バズビー博士の説の紹介です。
 日本の実態を示す数値は一切無く、これも東日本を中心に死亡率倍増ということを実際に示しているわけではありません。

以上、お示しされた4つの情報は全て、「東日本を中心に死亡率倍増」を示しておらず、根拠にもなりません。
むしろ、データに対する理解不足、デーや吟味をせずデマを自分の主張の根拠とする無節操の現れであり、あなたの主張全体に大きな疑義を抱かせます。

人口統計は、将来の日本設計の基礎データとなる貴重な資料です。
このデータは、医療・福祉、教育、道路、警察を含んだあらゆる行政サービスの基礎データです。
No11でお示しした通り、平成12年の死亡率を1とした場合、平成27年の死亡率は全国平均0.77で、日本全国大きな差は無い、と言うデータをもとにこれらの設計はされています。
あなたが主張するように、東日本の死亡率が、東日本大震災前の約2倍になっているとすれば、東日本における予算減額の根拠になります。
重ねて言いますが、「東日本の死亡が、東日本大震災前の倍増(約2倍)になっている」確かな数字をお示しください。
(残念ながら今回お示しいただいた4つの資料は、あなたの主張の根拠にはなっていません。)
この回答への補足あり
    • good
    • 0

No.11です。


「日本全体で死亡は7割に減少し」としましたが、「日本全体で死亡は約7.7割に減少し」ですね。
訂正します。
    • good
    • 0

私の疑問は、あくまでもあなたの書かれた「3.11以降、東日本を中心に病気や死亡が倍増してます。

」、特に「死亡が倍増してます。」の真偽です。

私のお示しした資料では、平成12年の死亡率を1とした場合、平成27年の死亡率は秋田県0.78、宮城県0.75、福島県0.79、千葉県0.78、東京0.77であり、全国平均0.77と大きな違いはありません。
このデータを信じる限り、福島原発事故の前後で、日本全体で死亡は7割に減少し、東日本の死亡率は増えていない、となります。
「東日本を中心に病気や死亡が倍増」ということであれば、東日本で2前後で全国平均と大きな差が無くてはなりませんが、上のデータを元にした数字は異なっています。

私はこのデータが真実であるとは言っていません。
このデータではこうなるというだけの話です。
そして、あなたが別のデータを示さない限り、このデータしかありません。
である以上、「死亡が倍増」というのは根拠が無いということになります。

「厚労省自体が因果関係を認めてます。」とのことですが、これは当然「死亡が倍増」ということを認めているわけでは無く、「死亡が倍増」の根拠とはなりません。(数字無しに「倍増」が言えるはずがありませんし、厚労省発の上のデータでは死亡は減っています。)

お示しいただいたリンクに、死亡率あるいは死亡数を計算する根拠となる数字を見つけることはできませんでした。
言葉の羅列は倍増の根拠にはなりません。
「死亡が倍増」の根拠となる数字をお示しください。
そうでない限り、「死亡が倍増」を示すデータは存在しない、と判断せざるを得ません。

(蛇足ですが、厚労省は政府の一部であり、当然政府支配下ではありますが・・・)
この回答への補足あり
    • good
    • 0

「子供の甲状腺がんや3.11以降、東日本を中心に病気や死亡が倍増してます。

」という事実を裏付ける資料はどこにも見つかりません。

逆に、( http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/ot … )を見ると、東日本の死亡率は低下しています。

厚労省が認めているという「3.11以降、病気や死亡が増えている」という資料は見つけることができません。
逆に死亡率は増えていないという資料はすぐに見つかります。

虚偽で無いと主張するのであれば、噂では無く、第三者による事実確認の可能な、信頼に値するデータを示してください。
あなたは、未だに信頼に値するデータを示していません。
そうである以上、虚偽であると判断せざるを得ません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

No.8です。


すなわち、当方で調べた資料、現時点で教えていただいた資料を検討する限り、「3.11以降、東日本を中心に病気や死亡が倍増してます。」というあなたの書き込みは、虚偽のようです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

No7です。


補足いただいた資料確認してみました。

大部分は、検証不能な、匿名の噂話であって事実かどうかの確認もできないものでした。

確認できたひとつは、http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/166.html の、
「メチャ増えてるね。急性白血病 厚生労働省の医療データー、急性白血病から見た原発事故後の日本を見てみる。」ですが、これは統計に用いた母集団(DPC参加病院)が、増加していますので、急性白血病が増えているとは言えないという基本的解釈の誤りです。
放射線により急性白血病が増えているというのであれば、放射線と関係ない疾患が増えていないことの確認が必要ですが、そのような基本的作業もやっておらず、結論は虚報です。
(実際には、放射線と関係ない疾患(網膜剥離等)も急性白血病同様増えており、これは統計の母数となるDPC参加病院の増加と比例しており、むしろ急性白血病発症率は不変であることを示すものです。)

また、http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/729.html では、
「厚生労働省、膀胱がん・喉頭がん・肺がんと放射線被ばくとの関連を認める」とありますが、
原資料は「放射線業務従事者に発症した膀胱がん・喉頭がん・肺がんの労災補償に当たっては、当面、検討会報告書に基づき、以下の3項目を総合的に判断する。」とあるだけで、その結果実際に膀胱がん・喉頭がん・肺がんと放射線被ばくとの関連を認めたケースがあったのかどうかの記載はありません。「実際には、一例も無かった」という可能性もあるわけで、これも読者を誤解させようとする虚報に近いものです。

さらに、http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/799.html では、
「火葬場は友引返上でフル稼働、10日待ちはざら」とのことですが、
こちらの資料( https://en-park.net/books/5615 )では、東京の主な火葬場では「希望の日程で予約がとれる場合が多い」とのことで、「火葬場は10日待ちはざら」というのは虚報であることがわかります。

いずれにせよ、いただいた資料はいずれも確認不能な噂話か、確認のできる資料は全て間違っています。
未だに「確認可能な情報源」は提示いただけていません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

「子供の甲状腺がんや3.11以降、東日本を中心に病気や死亡が倍増してます。



もしこれが事実なら、極めて重大なことです。

しかし、統計を確認してみると、死亡率は秋田県・宮城県・福島県・千葉県・東京都、全てで低下しています。
( http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/ot … )

「東日本を中心に病気や死亡が倍増してます。」というのは、どこから手に入れた情報でしょうか。
根拠の曖昧な確認のできない噂やデマで、善良な人々に不安を与え、誘導しようとすることは、卑劣な間違ったことです。
噂やデマでは無いというのであれば、確認可能な情報源を示すべきです。
それができないのであれば、噂やデマの類であり、卑劣な嘘と判断せざるをえません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報