人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

交通事故の慰謝料について。
初めまして。回答よろしくお願いします。

去年の8月に交通事故にあいました。
私の車には自分と妻、子供二人(7歳と5歳)が乗車していました。
赤信号停車中に後方から追突され10対0でした。
警察も呼び物損事故の手続きをしました。
相手方が丁寧な方で、その点は不幸中の幸いでした。
人身事故?の手続きはしませんでした。
互いの保険会社にも連絡しました。
翌日整形外科に通院し、診断書もとりました。
翌々日から私と妻は整骨院に通院し、現在も二人共通院中です。
私は月に20〜25回程、現在まで計200回程
妻は月に15〜20回程、現在まで計150回程通院してます。
色々と調べた所、交通事故のいわゆるむちうちの慰謝料はマックス120万円だと知りました。それどころか120万円を超えてしまったら自賠責では補えないため?慰謝料が120万円以下になると聞きました。
これは本当なのでしょうか?
私と妻はだいぶよくなってきていますので近々完治しそうです。
相手方の保険会社の担当さんは『被害者の方が完治するまで通院なさって結構です』といったかたちで全く圧力をかけてきません。
これには整骨院の先生も驚いていました。
詳しい方お教え下さい。よろしくお願いいたしましす。

A 回答 (13件中1~10件)

はい、そうなりますね。



総治療日数or実通院日数×2
どちらか少ない方に×4200円です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あたしさん ありがとうございます。とても勉強になりました。ベストアンサーにさせて頂きます。

お礼日時:2018/04/30 22:31

まぁ別に気にせずに通院してください。


通院するのもしんどいしね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

砂時計プラスさん
そうなんですよねm(_ _)m
通院も結構体力使います。

お礼日時:2018/05/01 23:12

まぁ同じ状況でヘルニアでしたけどね。


通院1ヶ月位で保険会社が訴訟してきましたよ。
勝ちましたけどほどほどにそれなりには貰いましたけどね
何回か事故に遭ってますけど回数からして悪質かと個人的には思う
    • good
    • 0
この回答へのお礼

砂時計プラスさん
とりあえずあなたの文読みづらい!

お礼日時:2018/05/01 23:07

どんだけ通院してんだ?


むち打ち程度で、、、お金ほしいのね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

砂時計プラスさん
回答ありがとうございますm(_ _)m
むち打ち程度でといいますが、むち打ち程度の被害で苦しんでいる人ごマントいますよ。

お礼日時:2018/05/01 23:00

お金がたくさん欲しいみたいですね。


ならば当然にして、最初亜Kら健康保険をお使いだと思います。
となるとそうそう120万を超えないので、安心して良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初亜Kら健康保険?なんです?

お礼日時:2018/04/30 22:32

違いますよー。


120万円の限度は自賠責保険に限ったことです。
相手が任意保険に加入していれば、自賠責を超えたら任意保険の対人賠償で支払われますから120万円超えても支払われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あたしさん 回答ありがとうございますm(_ _)m
そうなんですね、了解しました。
月に貰えるマックス額は
・通院×2×4200
・30×4200
の少ない方なので126000円が月に最大貰える額なのでしょうか?

お礼日時:2018/04/30 18:31

なにと比べて少なくなると仰ってるのか。


例えば現在100万円くらいの慰謝料だけど、通院し続ける事により100万円から少なくなって行く…と言った事はないです。

またすでに自賠責の120万円は超えてるでしょうから、今更日数調整しても仕方ありません。
体調優れないなら通院するまでですよ。
そしてこれ以上症状が良くなる見込みが無いとなったら、症状固定で示談です。
万が一の万が一に後遺障害認定されたら、14級となり後遺障害の慰謝料も出ます。
むちうちでの認定はかなり難しいですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あたしさん 何回も回答して頂きありがとうございますm(_ _)m
感謝いたしますm(_ _)m

そうなんですね。了解しました。
何ヶ月、もしくは数年整骨院に通院してもマックス120万円ということなのでしょうか?

お礼日時:2018/04/30 17:37

こちらで相談されるよりも


無料相談などをまずは利用されたほうがいいと思います。


人身事故に切り替えは、1週間程度と
言われたことがあります、
身体に不調があれば切り替えて
実況見分を行いますので申し出てください。
と言われました。

もう無理だと思いますので
色々リスクが生じますので
早めに相談されたほうがいいです。

下記サイト添付しておきます。



http://www.n-tacc.or.jp/solution/consulting.html

https://誰でも分かる交通事故示談.com/jinshin-busson

https://交通事故解決.jp/kotsujiko-3267.html

https://交通事故解決.jp/kotsujiko-7987.html
    • good
    • 0

ざっと計算しますね。


全てアバウト計算です。
8月~5月
※9ヶ月×30日=270日
※主様通院200日×2=400日
どちらか少ない方に×4200円なので
270×4200=1.134.000円
奥様も150日通院なら×2で300なので同じ計算です。
すでに慰謝料でこの額なので医療費諸々ですでに120万円は超えてますよ。

また今から警察で人身事故に変更は出来ないでしょう。
保険上は「人身事故証明書入手不能理由書」があれば物損のまま保険のケガの補償は出ます。
この書類は保険会社が持っていて、多分もうすでに提出書類の中に含まれてたと思いますよ。

警察で人身事故にすると相手に行政処分、罰金がかせられるという事です。

後遺障害認定を取りたい場合も警察の人身事故扱いは関係ありませんよ。
    • good
    • 1

警察で物損のままで怪我の補償は出ますので大丈夫ですよ。


他の方は間違えてます。

120万円とは自賠責保険の傷害の範囲です。
治療費や休業損害、慰謝料、交通費…など合わせて120万円を超えると自賠責ではなく任意の自動車保険での対応となります。

慰謝料の支払い基準が、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準とあります。
120万円超えで任意保険基準になります。
基準での額がそれぞれ違いますので一概に幾ら貰えますと言えません。
ただ通院日数に対してですから通い続けてる限り120万円より低くなる決まりなんてものもありません。
むちうち120万円?どこにそんな嘘が。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あたしさん 回答ありがとうございますm(_ _)m
本当ですか〜ありがとうございます汗。安心しました。
出来ればもう少し通院したいなと思っていまして。
では現在(総通院約200回)以上に通院しても貰える慰謝料が少なくなるということはないという事でよろしいんでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2018/04/30 17:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む


人気Q&Aランキング