あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

計算力ってなんなんですか?
数学じゃなくて、算数です。
たまに整数同士の筆算の問題が出るとき、掛け算などの計算方法を用いることがありますが、九九は記憶するものって感じがします。
でも、それって計算力じゃなくて、記憶力だと思うんです。
でもそれじゃあ、まるでテスト前に答えを暗記しているようなもんじゃないですか?
暗記 記憶は本当に計算力や勉強力につながるのでしょうか?
文章ヘッタクソでごめんなさい…

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (6件)

繋がります。


計算力の一部は記憶だし、物事の理解も記憶がベースです。

単に個々の記憶をバラバラに積み上げるのも記憶ですが
記憶と記憶の関係性/ネットワークを知るのも記憶です。

記憶と思考力を二律背反のように考えるのは危険ですよ。
    • good
    • 0

職人は、手に持った道具を縦横無尽に使いこなして作品を完成させる。



計算は、頭にある道具を縦横無尽に使いこなして、さまざまな問題の答えを見出す。
九九も道具の一つ。
その道具がなくて課題解決ができるか?
それを頭の中に叩き入れるのは暗記に他ならないのでは?
    • good
    • 0

最も大きな力が現われるのは「概算力」でしょう。

ソロバンができれば自然と身に着くのでしょうが、例えば二つの数の加減乗除で「こんな答えになるはずはない」と掴みで判断出来るか否かで計算は半分ぐらい終わりです。
    • good
    • 0

>>暗記 記憶は本当に計算力や勉強力につながるのでしょうか?



勉強して力がつくと、それが記憶に残り易いって面もあります。
「記憶する」-->「勉強できる」 
ではなく、
「勉強できるようになる」ーー>「記憶できた」
って原因と結果が逆のことも多いでしょう。

ある分野の基礎がしっかり理解できていれば、それに関連する新しいことも記憶に残りやすい。
でも、全く知らない分野であれば、それに関連すること聞いても記憶には残らないと思いますからね。
    • good
    • 0

それって計算力じゃなくて、記憶力だと思うんです


 ↑
一定の記憶があって、始めて計算力が
出て来るのです。

計算力だけ独立して存在する訳では
ありません。

今使っている日本語だって記憶です。




暗記 記憶は本当に計算力や勉強力につながるのでしょうか?
  ↑
勿論です。
計算に限らず、あらゆるものは、知識が
基礎になっています。
    • good
    • 0

9×9までならばね。



13×13ならば、1×1、1×3、3×3の九九を知ってるだけでは、解けません。繰り上がりや位取りの計算力がないと意味をなさないかと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング