ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

有給休暇について質問です。9月1日入社の場合、翌年3月1日から10日の有給が取れると思いますが、翌月の4月には、更に11日の有給がプラスされ21日に増えますか?

質問者からの補足コメント

  • 会社の規定で、一斉付与日が4月1日になってます。
    ですので、過去に6月入社の人が12月に有給が付与され、年明けての4月に更に付与されていた為、ひと月しか経ってなくても4月に一斉付与されるのかと思いました。

      補足日時:2019/03/01 12:49

A 回答 (9件)

下記が厚労省のご指導要領です。


https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gy …
4ページ目
6ヶ月継続勤務、フルタイムで
8割以上の出勤者に
★10日付与。
1年後(1.5年で)11日付与。さらに、
1年後(2.5年で)12日付与。さらに
1年後(3.5年で)14日付与。さらに
1年後(4.5年で)16日付与。さらに
1年後(5.5年で)18日付与。さらに
1年後(6.5年で)20日付与。
となります。

>翌月の4月には、
>更に11日の有給が
>プラスされ21日に
>増えますか?
増えません。
11日増えるのは、
翌年の3月
となります。
    • good
    • 0

法律で決められているのは最低限の付与日数です。


会社の決まりというのは、法律の定めを下回らなければどれだけ上回っても構いません。

会社に規定どおりとしか言えませんね。
    • good
    • 0

>ひと月しか経ってなくても4月に一斉付与されるのかと思いました。



3月に10日、4月の一斉付与でさらに11日でも違法じゃないよ。
労働基準法に書かれているのは最低のラインだから、それを上回るのは問題ない。
そのようになっているかどうかは、ここで聞いてもわからない。
会社に聞かないと。

ちなみにσ(゚∀゚ )の所は、採用時に有給休暇が10日。
次の4月1日か10月1日の6ヶ月を超えない方で、さらに10日。
(11日だったかも?)

極端な話、1ヶ月しか勤めてなくてもすぐに20日になる。
もっとも3月に採用と言うことはしない(4月に採用)ので、1ヶ月勤めて20日はないけど。
    • good
    • 0

法律的には 更に1年後の翌々年の3月に向こう1年分として11日付与です。

使い残しの分は繰り越されます。
    • good
    • 1

>翌月の4月には、更に11日の有給がプラスされ21日に増えますか?


増えません。
有給が毎月10日前後も付与される会社なんてまずないですよ。

入社後半年で最初に10日付与されて、その次に付与されるのは、さらに翌年3月に11日分ですよ。
会社の規定にもよりますが、基本は入社0.5年で10日、入社1.5年で11日、入社2.5年で12日、でその後1年プラスされるごとに14日、16日、18日となっていき、入社6.5年から20日付与になります。
    • good
    • 0

総務担当に確認しましよう



とにかく入社早々に、そんなことを考えるようでは
その企業での出世街道には乗れそうにないかも
と思いざるを得ない
    • good
    • 1

>翌月の4月には



入社してから1年6ヶ月後の3月に11日付与。
最初の10日のうち5日は強制的に使わされるようになるから、5+11で16日のはず。
    • good
    • 0

法律上増えません。

増えるのは翌年3月1日となります。
    • good
    • 0

それは会社に直接聞いた方がいいと思いますよ。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職後、有給休暇を取りましたが、減額されていました。 私は幼稚園に勤務しており、2月28日をもって退

退職後、有給休暇を取りましたが、減額されていました。
私は幼稚園に勤務しており、2月28日をもって退職しました。
4年11ヶ月働いてたので、有給休暇は30日残っていました。
12月と1月に何日間か有給を取らせてもらいましたが、減額はありませんでした。
2月18日からは有給休暇を取りたいと申し出ていましたので、2月18日から28日までの9日間は有給休暇を取ったはずでした。
銀行の通帳を見るとびっくり、7万も減額されていました。
園長にはたしかに有給取得することを伝えていましたし、そのまま給料は入ると以前聞いていたので、明らかにおかしいと思っています。
締め日の関係はないです。1ヶ月分の給料は、その月末に支払われます。いつ給料が入るかは適当で、月末に支払われます。例えば30日や31日に残業をしたとしてもその残業代はいつも支払われません。
給料明細も貰っていないので、先程園に問い合わせたら、園長は外出中だったので副園長に伝えました。
私のなにかの勘違いでしょうか?
色々と教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

住民税の一括徴収とかではないのですか?後は、月単位の手当などは減額になることもあります。

>私のなにかの勘違いでしょうか?
まずは明細を見てから質問された方がいいと思いますよ。

Q退職金が不当! どうにかならんのか?

父親の話です。
父は早期退職で当時の同僚と同僚7:父3の出資で起業しました。
仕事は営業で、退職前の会社で営業をしていた人脈を生かした
営業部門中心の小さな会社です。
当初は同僚を社長・父が専務としてそれぞれの奥さんも手伝って
4人で始まりましたが、社長は前会社を退職前しばらく他県に転勤
していた為、地元の人脈が薄く、父が自分の得意先をいくつか回して
あげたりしていましたが、あまり仕事を取って来る事は出来ませんでした。
結局、会社の収益で大きな割合を占める大口の取引先は全て、父が取って来た
ものでした。
その後、社長娘も入って来ましたが、この社長一族は皆仕事が雑で、月末の締めや
年度末の決算の時などいつも数字が合わないなんてのはザラ。
それでいて自分のミスは絶対に認めないし、得意先のせいにもする始末。
更に、若手も入りましたが、この若手もテニスが趣味だとかで毎日、
朝・夕にテニスの練習をする為に仕事を切り上げてる有様で、当然、
大口の仕事など取れませんがごまスリがうまいのか、社長のお気に入り
で、そんなでも社長娘共々多額の給料を貰っています。
数年前に、社長・父(専務)が高齢の為一線を退く事になり、社長娘を新社長に就任
社長→会長へ。会社が自宅敷地内の為、一応毎日出勤しているが仕事はほぼ無し。
父(専務)→役職そのままで出勤は月末の締めと週明けの会議のみ。
それぞれの奥さんも旦那と同じ勤務体制へ・・・と新体制になり、
父(専務)の大口得意先はテニス好きの若手が引き継ぐ事に。
それ以後も、社長に就任した会長娘もテニス好きの若手も、父(専務)以上の
大口得意先を得る事などなく、現在に至るまで父(専務)が取った大口得意先は
会社の利益の半数以上を占めます。
昨年末頃から急に、父(専務)の排斥の動きが出始め、今年から給料を半額にされ
ました。父(専務)は高齢というのもあって争うのを嫌がり、夫婦分共々了承して
退職する事になりました。
要は、会長が自分の娘(社長)やお気に入りの若手、現在は若手嫁と会長息子嫁も
好待遇パートで雇ってるのでそれらに少しでも多く給料を出したい・・・でも
娘も若手も大口の仕事取れないから半分隠居状態の専務夫婦の給料減らせ、ついでに
追い出せ・・・てな感じです。
退職となり、退職金額が提示されて啞然。父:1000・母:300ってあきらかにおかしい。
専務夫人である母は怒り心頭です。
会社創立メンバーで20年以上働いて、現在に至るまで会社の収益の半数以上を占める
得意先をもたらした役員の退職金がそれって。
ちなみに、現社長やテニス好きの若手は年収700越えです。
それから類推しても安すぎるのはあきらかです。
父(専務)はバカがつくほどのお人好しでそれを夫婦分共々了承してしまいました。
会社に入ってる税理士も「中小なんだからこんなもん」と言ったそうですが、この税理士は
会長の親戚でいわば一族なのであてにならないし、会長には東京で会社経営してる
優秀な息子もいて、下手に争う事にでもなってその人脈(経営専門弁護士とか)を
使われたらひとたまりもありません。

これは、泣き寝入りするしかないんでしょうか?

父親の話です。
父は早期退職で当時の同僚と同僚7:父3の出資で起業しました。
仕事は営業で、退職前の会社で営業をしていた人脈を生かした
営業部門中心の小さな会社です。
当初は同僚を社長・父が専務としてそれぞれの奥さんも手伝って
4人で始まりましたが、社長は前会社を退職前しばらく他県に転勤
していた為、地元の人脈が薄く、父が自分の得意先をいくつか回して
あげたりしていましたが、あまり仕事を取って来る事は出来ませんでした。
結局、会社の収益で大きな割合を占める大口の取引先は全て、...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ、落ち着きましょう。
肝心な部分の数字が抜けていて正しい判断が不能なので、「あきらかにおかしい」ことの真偽は分かりません。
税理士も、法に抵触する要素があれば是正せざるを得ないので、必ずしも「おかしい」わけではない理由があるのでしょう。
出資金がどのような形で還元されるのか、退職後の何らかの権利の有無なども不明です。
たいへん失礼ながら、無関係の第三者が怒りに任せて想像や脚色を加筆し、勝手に泣き寝入っているような質問文にさえ見えます。

キミのお父様が立派であることは理解できます。
ただ、そもそもの出資割合が対等ではありません。
また20年以上の間、お父様にも親族を参入させることはできたはずですし、お父様が意見あるいは抵抗できる要素もあったはずです。
でもキミのお父様は、お母様を引き入れた以外、それをしなかった。
会社の経営は、キッカケももちろん重要ですが、それを維持することに大きな意味があります。
経営を継続する手腕・能力ですね。
創業時の社長が、その方面に並々ならぬ才能があることは、否めない事実でしょう。
いずれにせよキミの御両親が、争いを避け・了承したことなのです。
当事者が受け容れている以上は、部外者が口を挟む余地はありません。
…というか、御両親にしてみればキミの気持ちは嬉しいが「もう済んだこと」であまり掻き回したく無いのではないですかね?
自分には、お父様は金銭よりも人間としての尊厳とか、日本人らしい美徳を選んだように思います。

さて、「強力な手腕」・「実行力ある人財」の両刀を失った会社は、その後どうなるでしょうか。
それら推進力があっただけに、当面は惰性で進む事は可能でしょう。
ですが、能力の無い人間にそれを発展どころか維持させることはできません。
そういった意味では、退職金の出るうちに『安全を確保して非難』という隠された理由が存在する可能性もあります。

キミは立派な御両親を持ったことを誇りに思えばいいし、御両親としては、そんなキミの存在がかけがえの無い財産なのだろうと思います。
どうですかね、それでも御両親の判断は間違い(泣き寝入り)だと声を荒げますか?

まぁ、落ち着きましょう。
肝心な部分の数字が抜けていて正しい判断が不能なので、「あきらかにおかしい」ことの真偽は分かりません。
税理士も、法に抵触する要素があれば是正せざるを得ないので、必ずしも「おかしい」わけではない理由があるのでしょう。
出資金がどのような形で還元されるのか、退職後の何らかの権利の有無なども不明です。
たいへん失礼ながら、無関係の第三者が怒りに任せて想像や脚色を加筆し、勝手に泣き寝入っているような質問文にさえ見えます。

キミのお父様が立派であることは理解で...続きを読む

Q娘と難病をかかえた彼氏との結婚を悩んでいます

娘と難病をかかえた彼氏との結婚を悩んでいます

Aベストアンサー

難病には何百種類もあり、病気によって状況も経過も予後も全く違います。
もう少し詳しい話がないと、賛成も反対もできないのではないでしょうか。

もし、私の娘の話なのでしたら、
ALSでしたら、あなたが傷つくのは見ていられないというでしょうし、
HCMでしたら、状況によっては特に反対する理由にならないでしょう。

Q賃貸マンション、法律はなぜ 借りている人に有利?

海外在住で 関東圏にあるマンションを賃貸に出しています。 賃貸契約書は2年ごとに更新可、と書いてあります。
ご相談ですが、1~2年後に帰国を考えています。 そこで、次の契約満了の2年で、出て行ってもらいたいのですが、不動産屋は「賃借人が更新を望めば、それはできない。」といいます。
しかし、契約満了以前であっても、賃借人は1か月前に言えば、契約を解除できるんですよね。
なぜ、オーナーは 賃借人の都合だけに従わなければならないのでしょうか。
不動産屋は「引っ越し代、次の家の敷金や礼金 すべてを払いますから出て行ってください。ということはできます。 ただし、賃借人が”それでも、嫌です。ここに住みたい。” と言えば出て行ってもらうことはできません。 なぜ、借りている人ばかりが優遇されるんですか?
なにか、方法はありませんか?

Aベストアンサー

あー、これはねー、個別の内容に応じて合法から非合法すれすれグレーゾーンまで、方法はたくさんあるんだよー。
でもお金がかかったり、法的な知識がないことから、『どーにもならない』と手詰まりになってしまうことが少なくない。
また、日本の法律として、不動産業者はこの件(非弁行為)では専門外であり業務外なので、本件の不動産業者の回答は一般論として大目にみてあげて。
立ち退きについて分かっている業者を探すか、司法書士や弁護士に相談・依頼をすると打開策が見えるよ。


本件の場合、簡単に言えば正当事由の天秤。
そのマンションに住まなければならない事情や必要としている事情等が、貸主と借主の『どちらが大きいか』ということ。
裁判例でもこの点が争点になっているので、それを踏まえて交渉することが大切。

例えば。
質問者は日本へ帰国してそのマンションに住む必要があるので、これは『正当事由』になり得る。
本件のマンションを貸していて退去してもらえないから貸主が賃貸物件に入居する・・・なんていうほど借主の正当事由は強くはない。
もちろん、質問者が他に物件を持っていれば少し別の話になるけどね。

賃借人の方は、合法的に賃貸借契約を取り交わし今現在居住しておりそこで生活しているので、これはかなり強い『正当事由』である。
しかし、あくまで『借りて』住んでいるのだから、そのマンションに永住する意思はなかったはずだし永住する権利もないし、"住むなら他の賃貸物件でもいい"わけだ。
極端な話、本件マンションの隣の部屋でもいいんだし・・・というわけで、この点では正当事由が弱くなる。

正当事由について。
貸主の方が強いとまでは言えないが、『そのマンションに住まなければならない(住まいがない)』という正当事由がしっかりと存在している。
正当事由があるのだから、貸主からの6ヶ月前の解約通知が有効になるし、1~2年後という十分な猶予期間があればさらに強くなる。
立ち退き料については、正当事由を補完するための財産的給付(転居先の契約金等)という位置づけで、極端に言えば、過分な立ち退き料を支払えば、それだけ借主が立ち退かないことに合理性がなくなることで裁判(というか和解)では、裁判官が貸主側につく。
仮に、正当事由+十分な猶予期間+立退料ということであれば、借主に特殊なよほどの事情がない限りは、裁判をすれば立ち退きをさせることができる。
転じて、借主側も勝ち目のない裁判をするだけ無駄なので、借主や借主から相談を受けた弁護士なども裁判をする前に退去に応じるように話をする。(負け裁判でもいいから委任を受けたい弁護士を除く)

ここで要注意なのが、借主の感情面をこじらせないこと。
質問文にもあるけれど、『それでも、嫌です。ここに住みたい』と言い張られるケースでは、そのほとんどが最初の話の持ち掛け方で失敗している。
例えば、立退料を払わずに立ち退かせようとしたとか、借主の生活の都合を無視して短期間で退去を求めたとか、退去するのが当たり前だと大上段に切り込んで感情を害したとかね。
あくまで礼節を持って、退去を『お願いする』というスタンスで話し合えば、ほとんどの一般人は立ち退きに応じる。
まあ、ちゃんと"知っている"不動産業者か法律家に依頼すると本件はこじらせずにスムーズに解決するよ。
こじらせるリスクはゼロではないけどね。
本件は法律や裁判というよりも、根幹に憲法(25条・後述)があるので、法曹関係者が安易に借主の権利を軽く扱うことはあり得ないので、裁判結果で強制的に退去を認めることはないだろう。
この辺が本件の最も厄介な所。


こういった内容の外、グレーゾーンの手法もいくつかあるけれど、質問サイトで書くようなことではないので割愛。


最後に蛇足ながら。
借主が優遇(といっていいのかビミョーだけど)される理由は、憲法25条の生存権に起因する。
25条の「~~健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する~~」からの、居住権を失くしたら最低限度の生活を営めないでしょー という話。
とどのつまり、前述の正当事由とは「最低限の生活を営めるかどうか」の天秤ということになる。

貸主に住まいがあり生存権が脅かされていないにも関わらず、貸主の一方的な都合により借主の生存権を奪うことは合理的ではなく認められることはないが、立ち退き料などを支払うことで生存権を奪わないのであれば、借主が生存権・居住権を主張する根拠が薄くなる。
また、貸主が借主へ家を貸している結果、貸主自身の住む家がなくて生存権を喪失するのであれば、借主の生存権のために所有者である貸主の生存権を否定することは非合理的ということになり、本件質問者はここを主張できるので正当事由は存在するということになる。



長文になったけれど。
こういった内容が分かっている専門家へ依頼すれば大丈夫だよって話。
本件はそれほど難しい案件ではないのであまり気にせずに。

ぐっどらっくb

あー、これはねー、個別の内容に応じて合法から非合法すれすれグレーゾーンまで、方法はたくさんあるんだよー。
でもお金がかかったり、法的な知識がないことから、『どーにもならない』と手詰まりになってしまうことが少なくない。
また、日本の法律として、不動産業者はこの件(非弁行為)では専門外であり業務外なので、本件の不動産業者の回答は一般論として大目にみてあげて。
立ち退きについて分かっている業者を探すか、司法書士や弁護士に相談・依頼をすると打開策が見えるよ。


本件の場合、簡単に言え...続きを読む

Q父が亡くなりました。 相続に詳しい方おられましたら、教えて下さい。 不動産などは所有しておりませんが

父が亡くなりました。
相続に詳しい方おられましたら、教えて下さい。
不動産などは所有しておりませんが、銀行、郵便局、証券会社などにいくつか口座がございます。

当然、相続手続きをすべきなのでしょうが、母が、めんどくさい手続きはごめんだし、専門家に依頼して高い手数料を払いたくないから、銀行などの口座残金をごっそり引き出して、残高ゼロにすればそれでいい!と言っているのですが、そんな事が許されるのでしょうか?絶対にバレますよね?
相続に関しては、全額母に相続してもらい、私と妹は辞退するつもりですから、相続争いで揉めることはあり得ません。

Aベストアンサー

相続手続きをどこまで考えるか次第なのかもしれませんが、総額はどの程度でしょうか?
また、お父様がなくなる数年内の贈与等があれば、その情報も重要です。

このように書くのは、きんゆう機関や証券会社の手続きに専門家の必要性はさほど高くないと思います。
担当営業や相続を担当する担当者に聞けば資料の定時があると思いますし、戸籍謄本などの収集は面倒かもしれませんが、あとは、遺産分割協議書かそれに代わるものへ、あなた方が相続しないことを明記し、お母様だけが相続人であることがわかれば、引き出しなどが可能でしょう。あなた方の署名押印の資料になるわけですが、実印と印鑑証明が必要です。ご年齢や今までの経緯からお持ちでないのであれば、ご用意されたらよいでしょう。さほど大変なものではないと思います。

ただ、総額によっては、相続税の申告が必要となります。申告が不要な場合であっても、税務署が相続税がかかりそうな人の遺族に問い合わせなどを行うことでしょう。
遺産の目録とともに金額の集計を行い、相続税の心配が必要であれば、その部分だけは税理士依頼が必要かもしれません。
実際の名義等の相続手続きではありませんが、税務申告放置後追徴などとなれば、本来おさめるべき税額以上に加算された税負担を強いられることとなります。
また、配偶者であるお母様のみの相続ですので、相続税のかかるような遺産であっても、配偶者控除などで税負担は事実上ないかもしれません。ただ税負担がなくとも申告したうえで控除を受けて初めて税負担がなくなるものもありますので、総額次第でとお考えください。

状況次第では、あなた方お子さんたちが相続しないのであれば、正式な手続きである裁判所での相続放棄手続きを行うこともよいと思います。裁判所と言っても手続きのようなものですので、弁護士などはなくとも可能なはずです。申立実費も一人当たり数千円あれば足りることでしょう。
申立てが認められれば、審判書などが得られますので、それと戸籍謄本等によりお母様だけが相続人である証明も可能ですからね。この場合には、印鑑証明は不要だったと思います。
私の知人は法律手続きなどの素人ですが、インターネットで簡単に調べて必要書類を持ち、裁判所で教わりながら申立てを行い認められていましたからね。

相続手続きをどこまで考えるか次第なのかもしれませんが、総額はどの程度でしょうか?
また、お父様がなくなる数年内の贈与等があれば、その情報も重要です。

このように書くのは、きんゆう機関や証券会社の手続きに専門家の必要性はさほど高くないと思います。
担当営業や相続を担当する担当者に聞けば資料の定時があると思いますし、戸籍謄本などの収集は面倒かもしれませんが、あとは、遺産分割協議書かそれに代わるものへ、あなた方が相続しないことを明記し、お母様だけが相続人であることがわかれば、引き...続きを読む

Q採用試験を当日欠席しました。

本日、会社の採用試験があったのですが、朝方に娘の体調不良で病院へ連れて行く事になり本日の採用試験を諦めました。
本日の試験を欠席する電話連絡はしたのですが…
次回の試験を受けても問題は無いのでしょうか?
やはり当日欠席は次に受けても影響があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それを判断するのは会社側ですから。

当日キャンセルの理由に納得できて、あなたが採用に値する人物だと判断すれば可能でしょう。

Q私は50歳で厚生年金が5年と5ヶ月しか払っていません、どうしたらよろしいでしょうか?

私は50歳で厚生年金が5年と5ヶ月しか払っていません、どうしたらよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金や国民年金の加入期間が合計で10年以上あれば受給資格が有ります。
つまり、厚生年金保険料を支払っていない期間に、国民年金保険を合計4年7ヶ月以上納付していれば、受給資格が有ります。

この期間には免除期間も含みます。

免除期間が1年有ったとすれば、国民年金保険納付が3年7ヶ月以上あれば良いという事です。

受給資格が有れば厚生年金+国民年金を受給出来ます。

Qクレジットカードの支払い期限を過ぎて、次に振り込む期限の日にも振り込まなかった為、家に会員資格解消の

クレジットカードの支払い期限を過ぎて、次に振り込む期限の日にも振り込まなかった為、家に会員資格解消の通知がきました。
これは勝手に自己破産ということになっているのでしょうか。
あと、今後一切カードは作れないのでしょうか?
今、別の会社のクレジットも持っているのですが、そのカードも止められてしまうのでしょうか?

当たり前のことですが分割しながら支払うつもりです。

今に至るまで全て自業自得なので質問以外のことはお控えください。

Aベストアンサー

>これは勝手に自己破産ということになっているのでしょうか。

いいえ、会員資格の解消なだけです
そのクレジットカード会社での再契約は数年経たないと無理です。

その他のカードは残りますよ、使えます。
今度は絶対、未払いをしないでね

Q給料未払いで会社側を訴えて裁判しました。裁判ではこちらが勝利し9月末に 支払うと支払い命令が会社側へ

給料未払いで会社側を訴えて裁判しました。裁判ではこちらが勝利し9月末に 支払うと支払い命令が会社側へ出されました。しかし それでも お金がないから支払えないなどの理由で 支払いません。その後の手段として会社側へ差押え等の手段もありますが銀行口座やビジネス上の入金情報を掴んだりしなければならないそうです。裁判してここまで来るのにも 時間とお金がかかっているのに、、
結局 給料未払いほ 『泣き寝入り 』が余計な お金と時間をかけることなく ベストな方法なのでしょうか??

Aベストアンサー

弁護士事務所で働いています。裁判で勝っても、お金を取れるかは別の話なんです。実はそんなに簡単ではありません。相手に財産がなければ取り立てることができません。また、社長が計画離婚している場合は、妻側へ金銭が渡っている場合もあるし、銀行を差し押さえても、現金やりとりに変更されている場合には、通帳を空にしている場合もあり、銀行を差し押さえても意味を持ちません。金銭の受け渡し場所に実際に行き、横からそのお金を取るという行為ができればいいのですが、そのような事は中々できないでしょう。また、その人の生活も無下にしてはならないという面倒な決め事までありますから、泣き寝入りするケースは多々あります。その会社の受注状況を調べ、元請け会社、施主にこのことを告げれば、元請け、施主はそのような会社に受注させませんので、(お金のない会社に頼めば、施工もせず逃げるかもしれないので頭金や中間金を預けたくないという事)受注がなくなり、さらに支払困難になりますから、このような行為も焼け石に水です。
悔しい気持ちもよく判るだけに、もどかしいのですが、相手の財産を弁護士に調べてもらい、取り立てる財産がない場合には、費用が勿体無いですので諦めるのも一つです。費用がかかってもいいというなら、探偵を雇い、行動範囲を調べ上げれば、足が付きます。でも、本当に、何か法律を変えてもらわないと、泣き寝入りしなくていい案件まで泣くしかないのが現状です。

弁護士事務所で働いています。裁判で勝っても、お金を取れるかは別の話なんです。実はそんなに簡単ではありません。相手に財産がなければ取り立てることができません。また、社長が計画離婚している場合は、妻側へ金銭が渡っている場合もあるし、銀行を差し押さえても、現金やりとりに変更されている場合には、通帳を空にしている場合もあり、銀行を差し押さえても意味を持ちません。金銭の受け渡し場所に実際に行き、横からそのお金を取るという行為ができればいいのですが、そのような事は中々できないでしょう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング