gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

第一次世界大戦前のヨーロッパにはオーストリア・ハンガリー帝国という大国があり、開戦の原因を作った国でもあります。
オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世と日本の明治天皇の治世はほぼ同時期ですが、第一次世界大戦前(1910年前後)の両国の国力(軍事力・経済力)を比較すると、どちらの方が上だったと言えるでしょうか。

当時の人口はどちらも5000万人前後であり、ほぼ同じだったようです。
オーストリア・ハンガリー帝国の芸術や文化は有名ですが、国力に関してはよくわからないので質問しました。

A 回答 (2件)

経済力はオーストリア・ハンガリーの方が日本より断然上で


一人当たりGDPでは日本の倍程度ありました

また日本の国策重工業企業に比べオーストリア・ハンガリーでは

ボヘミアのシュコダ
上オーストリアのシュタイヤー・マリンヒャー
ハンガリーのガンツ
などの有名企業がありました

日本ではあまり知られていませんが

1896年に欧州初の地下鉄はハンガリーのブタペシュトに敷かれ

第一次世界大戦後ですが
世界初のジェット機のターボプロップエンジンもハンガリーのガンツ社が開発しました

第二次世界大戦後、日本の鉄鋼業界は世界に飛躍することになりますが
その切っ掛けを作ったのは第二次世界大戦後にオーストリアから技術導入したLD転炉でした
Lはオーストリアのリンツ
Dはオーストリアのドナヴィッツ
からその名が来ています

またオーストリア・ハンガリーのオーストリア部分(オーストリア・ハンガリーはオーストリア、ハンガリーの連合国家で双方内政不干渉)では
1907年に男子普通選挙が施行され、ドイツのビスマルクが世界で初めて施行した社会保険制度も真似て施行していました

一方、日本の都市部では士官学校や兵舎から排出される残飯を弁当にしたものを日々の糧とする貧民窟がいくつも存在し、農村も小作人が極めて貧しい生活を強いられ、結果として満州の現地農民から土地を奪いそこへ貧農を移住させることとなるのです

経済力や国民生活ではオーストリア・ハンガリーの方が日本より上ですが

軍事に関しては
多民族国家オーストリア・ハンガリーには問題点があります

外征戦争ありきの日本とは違いオーストリア・ハンガリーの軍隊は対外戦争は避けるべき軍隊でした

1848~1849年の諸民族の反乱による内戦に対してはラデツキー、ハイナウ、クロアチア人のイェラチッチのような有能な指揮官に恵まれ鎮圧することができました

オーストリア・ハンガリーは連合国家のためにオーストリア、ハンガリー双方に国防軍(陸軍)が存在
その他に共通軍(海軍を含む)が存在します

オーストリア・ハンガリーでは3年間の選抜徴兵制が施行され、最初の1年は共通軍所属、後の2年はオーストリア、ハンガリーそれぞれの国防軍に所属します

1個連隊でも単一民族でなく、三つの民族が共存する場合があり
反乱を防ぐためにも定期、不定期で郷里以外に駐屯地を移さなければなりませんでした

撃て、気を付けなど簡単なドイツ語単語40位を覚えさせ指揮語とすることは出来ても
連隊の生活用語はそれぞれの民族言語
それを指揮する将校は必ずしも同一民族とは限りませんから
将校はバイリンガルでなければならず
1904年の統計では将校の47%がドイツ語以外にチェコ語を話せました

なぜチェコ語か
チェコ語が他のスラブ民族言語の入門語として学ばれからです

ドイツ系、ハンガリー系、そして古くからパンデュール(クロアチア猟兵=軽歩兵)として伝統のあるクロアチア系を除き
将校を除き、他の民族の忠誠心には疑問符が付きます
(例外として1846年のポーランド人の独立蜂起に対しポーランド貴族から農奴のように過酷な労務を強いられていたルテニア人=ウクライナ人が逆蜂起し皇帝軍に味方してポーランド貴族の邸宅など襲いポーランド人の独立蜂起を潰した事例もありますが)

従ってドイツ系、ハンガリー系、クロアチア系が実際の人口比率に比べ徴兵されている比率が高く、結果として不平等が生ずることになりました

結局、国民国家でないオーストリア・ハンガリーでは上記三民族以外には何に対して忠誠を尽くすのか
ハプスブルク王家?
民族意識の高まる19世紀半ば以降ではきつい話ですね

確かにロシアよりは諸民族の自由度ではオーストリア・ハンガリーの方が上でしたが
短期ならともかく
長期の外征戦争を起こした時点で結果は見えてきてしまいます
    • good
    • 0

海軍力では日本は上昇傾向が強かっ他時期ですが、オーストリアは現状維持がやっとでした。


時代的に日露戦争時に、英国が戦艦ドレッドノートを竣工させ、それまでの戦艦(日本の三笠等)を一挙に旧式艦にしていまいました。
日露戦争後に日本はそのドレッドノートに対応する戦艦を建造していったのですが、オーストリアはそれっぽいド級戦艦(色々な欠陥があった)をようやく完成させることができただけでした。

この頃のオーストリア帝国軍は、非常に戦争が下手(作戦指揮が悪い)なのと装備の質も旧式で悪く、
いざWW1が始まって戦闘が開始されると、陸戦では軍の装備の悪さからロシアに対して敗戦続き、海軍も母港に引きこもりがちで自慢のド級戦艦も出撃するとイタリアの魚雷艇に沈められるなど、戦績が良くないです。
ロシアも革命の足音がすぐそこまで聞こえている時期で、決して強くなかったのですが、そのロシアにもオーストリア軍は苦戦しています。

日本は日露戦争という実戦をすぐ前に経験していて実力が十分だったのですが、オースリア=ハンガリー帝国は国力を失いつつある時期だったためか、軍としては陸も海でも不振が続いていますね。
地中海で船団護衛をした日本海軍と実際に戦火を交えているかどうかがよく判らないのですが、地中海に派遣された日本艦隊は連合国内では評価が高かったです。
オーストリア軍はどうも…国の勢い自体もなく軍もあまり良い評価が無いですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Q長篠の戦いで、武田軍は、どのような面で勝算を見込んで、2倍以上の兵力の織田・徳川軍に対して戦いを挑ん

長篠の戦いは、<3万8千の織田信長・徳川家康連合軍と、1万5千の武田勝頼の軍勢が戦った合戦である。>そうですね。
ところで、武田軍は、どのような面で勝算を見込んで、2倍以上の兵力の織田・徳川軍に対して戦いを挑んだのでしょうか?

Aベストアンサー

長篠の戦は勝頼にとっては、準備万端で迎えたものではなく、行き当たりばったりで始まったものです。 長篠の戦いが発生したのは、家康の家臣の謀反が発端となっています。 家康は三河の奉行として、大賀彌四郎という男を抜擢していました。 この大賀は、もともとは中間ちゅうげん(雑用係)の身分だったのですが、なかなか目端が利いたために家康が取り立てました。 そしてやがては三河の一地方の行政を差配するほどの地位を与えています。 当時は武力が尊ばれる時代で、武士たちは行政に携わることを嫌い、この方面の人材は不足気味でした。 そのために家康は大賀を抜擢したのですが、大賀は取り立てを受けるとやがて増長し、三河の中心地である岡崎城を奪い、自分がその主になりたいという、だいそれた野心を抱くようになります。 しかし大賀自身には兵力がありませんので、勝頼に連絡し、「三河で一揆を扇動して徳川軍を攪乱し、その隙に城門を開いて迎えるので、岡崎城を家康から奪って欲しい」と要請しました。 そして成功の暁には、自分を岡崎城の城主にしてほしい、と願い出ます。 勝頼としては、岡崎城を手に入れれば、織田・徳川連合を三河で分断することができますので、喜んでこの申し出を受け入れます。 そして1575年5月の初めに、甲斐かい(山梨県)を出発して三河へと向かいました。 武田軍の総兵力は3万3千でしたが、この時は裏切りに応じて城を接収するのが目的でしたので、勝頼が動員したのは1万5千、全体の半分以下でしかありませんでした。 つまり勝頼は、出陣の際には織田・徳川連合と決戦を行うつもりはなかったのです。 このことが、長篠の戦いの結果に大きな影響を与えます。 長篠城に転進する大賀の企てた陰謀はやがて露見し、大賀とその仲間たちは捕縛されました。 これは大賀の仲間になっていた者が、果たして主君を裏切っていいものかと思い直し、家康の重臣に大賀の企みを密告したためでした。
浜松城にいた家康は、謀反の知らせを受けて激怒し、大賀をのこぎり引きという、残忍な刑罰によって処刑しています。 大賀の陰謀が失敗したことが伝わると、勝頼は行軍の目的を失ってしまいました。 しかし、1万5千もの兵を動員しておきながら、何の成果も得ずに撤退するわけにもいかず、家康に奪われていた長篠城を取り戻そうと目的を切り替えます。 このようにして、長篠の戦いは流動的な、言わば行き当たりばったりの経緯によって開始されたのでした。

長篠の戦は勝頼にとっては、準備万端で迎えたものではなく、行き当たりばったりで始まったものです。 長篠の戦いが発生したのは、家康の家臣の謀反が発端となっています。 家康は三河の奉行として、大賀彌四郎という男を抜擢していました。 この大賀は、もともとは中間ちゅうげん(雑用係)の身分だったのですが、なかなか目端が利いたために家康が取り立てました。 そしてやがては三河の一地方の行政を差配するほどの地位を与えています。 当時は武力が尊ばれる時代で、武士たちは行政に携わることを嫌い、...続きを読む

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Q19世紀の日本とオスマン帝国はどちらの方が強かったでしょうか?

西欧から植民地化されなかった強国として日本とオスマン帝国が挙げられますが、日本は17世紀までは強国でしたが長い間の鎖国により19世紀に入ると弱体化しました。一方でオスマン帝国も17世紀は西欧を圧倒していたものの19世紀になると瀕死の病人と言われるようになります。

19世紀といっても初期、中期、末期でかなり異なると思いますが、19世紀の日本とオスマン帝国を比較すると、軍事力・経済力はどちらの方が上だったでしょうか。

Aベストアンサー

19世紀といっても
日本は1867年までは江戸時代

明治維新以降の工業も繊維工業など軽工業中心でこの傾向は第二次世界大戦まで変わりません

重工業も国策として発展させようとしていましたが、主力輸出品が絹糸など繊維製品や日本茶で第一次世界大戦中の欧州諸国の輸出が低下した4年間を除き貿易収支は毎年赤字で
重工業促進のため、イギリスなどから多額の外資を導入し、第一次世界大戦がなければ財政破綻寸前まで追い込まれていました

で、促進したはずの重工業も
第一次世界大戦前の粗鋼生産量は25万tに過ぎず
ドイツ(1380万t)、イギリス(800万t)には勿論
ロシア(450万t)、オーストリア・ハンガリー(220万t)、イタリア(90万t)にも及びませんでした

しかしながら19世紀末ならオスマンよりは状況は良かったはずです

オスマンはアジア初の憲法を制定した国でしたが
工業は重工業は未発達
宿敵ロシアとは16世紀から十数次にわたる露土戦争を繰り返していてなかなか平穏に工業化を進められる状況下にありませんでした

アナトリア半島は植民地化されなかったものの、バルカン半島のスラブ民族諸国の独立、そしてそれらの国々の領土拡張、イタリアに敗れ(伊土戦争)リビアを喪失など領土は浸食されています

19世紀四半世紀まではオスマンは日本より強力
19世紀末になってようやく日本の国力がオスマンを上回っていたと推測されると思われます

19世紀といっても
日本は1867年までは江戸時代

明治維新以降の工業も繊維工業など軽工業中心でこの傾向は第二次世界大戦まで変わりません

重工業も国策として発展させようとしていましたが、主力輸出品が絹糸など繊維製品や日本茶で第一次世界大戦中の欧州諸国の輸出が低下した4年間を除き貿易収支は毎年赤字で
重工業促進のため、イギリスなどから多額の外資を導入し、第一次世界大戦がなければ財政破綻寸前まで追い込まれていました

で、促進したはずの重工業も
第一次世界大戦前の粗鋼生産量は25万tに過ぎず...続きを読む

Q清の康熙帝・雍正帝・乾隆帝が日本侵略を考えなかったのはなぜですか?

清の最盛期は長く、康熙・雍正・乾隆帝の全盛期は130年以上に及び、モンゴル帝国に次ぐ広大な領土を支配しました。
日本ではちょうど江戸時代にあたりますが、その当時の日本が清を恐れていたような記録はなく、清も日本を侵攻しようとは考えなかったようです。

意図していたわけではないと思いますが、相互不可侵の紳士協定が結ばれていたような感じです。
あれだけ領土拡大意欲の強かった清が、日本に対しては一切手を出さず、朝貢を求めるような素振りもなかったのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

小規模な貿易は行われていたようですが、秀吉や倭寇影響か、あまり良い国交関係とは言い難かったようですね。

前王朝の時、倭寇対策が大変だった。
江戸時代になって、おとなしくなったので、あえてちょっかいを出す必要はなかったのでは?

さらに言うと、そのためもあって、清王朝でも海上交通に制限をかけていた。
そして朝貢貿易以外、むしろ鎖国に近い政策だったことも要因の一つではないでしょうか。

Q豊臣秀吉は朝鮮半島南部くらいなら支配できたのではないですか?

豊臣秀吉の朝鮮出兵ですが、朝鮮の首都(漢城)はすぐに陥落し、次に明軍との戦争になり、明・朝鮮連合軍との戦争になって最終的に撤退することになります。

でも、いくら秀吉軍が強いといっても、さすがに明を征服できる力があったようには思えません。

明との衝突を避け、目的を朝鮮半島南部の支配に限定すれば、目的が達成できた可能性が高いと思いますが、どうでしょうか。
そして、毛利や島津、徳川といった、後で逆らってきそうな大大名を朝鮮南部に配置すれば、邪魔者を追い出せますし、一挙両得のように思います。

Aベストアンサー

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っています。
ちなみに、文禄の役の時に碧蹄館の戦いで大損害を出した明は、
以後は朝鮮の意向を無視して講和に方針転換しています。
さらに慶長の役が終わった後、明史では

  (前略)喪師數十萬,糜餉數百萬,
  中朝與屬國迄無勝算,至關白死而禍始息
 (明史 朝鮮伝(320巻)26年11月)

  10万の兵を失い、100万の糧食を浪費したけど
  中朝(中国)と属国(朝鮮)には勝算が無かった。
  関白(秀吉)が死んだから終わってくれた。

と書かれていたくらいです。
このように、明とはそれなりの勝負はできているので、
本格的に準備をすればいい勝負はしたと思います。

余談ですが、南原城の戦いで見ても判るように
明は朝鮮南部まで軍を進めています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8E%9F%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
講和がうまくいった場合など、状況にもよりますが、
朝鮮南部だから明が来ないというわけではありません。


日本が勝てなかった理由は兵站が続かなかったから。
(慶長の役を含めるなら秀吉が死んだから)
当時、兵糧はある程度を現地調達するのが常でしたが、
朝鮮はそもそも春窮という言葉があるくらい貧しく、
耕作に適する土地が少ないので収穫は期待できません。
戦時には日本・朝鮮・明がそれぞれ徴発したから
ますます何もなくなりました。
たとえ朝鮮南部に限定して支配しても、
長大な国境線を長期にわたって維持するのは
(明側が意図しなくても)焦土戦術となって
かなりの負担で益は無いと思われます。


ちなみに、今の韓国の歴史認識に惑わされて
朝鮮人は果敢に抵抗した事を憂慮する方が多いようです。
確かに住民の反乱はそれなりにてこずりましたが、
日本が漢城に到着した時、国王は逃走し、町は既に焼かれていて
王子二名を捕虜にしたのは朝鮮人の働きなのは有名な話。
碧蹄館の戦いに先立つ第三次平壌城の戦いで
「日本側の戦死者を調べるとほとんど朝鮮人でした」
というオチが朝鮮王朝実録に書いてあるくらい。
  是日天兵當陣斬獲一千二百八十五級、生擒二名、
  竝擄浙江人張大膳、奪馬二千九百八十五匹、
  救出本國被擄男婦一千二百二十五名。
  (中略)
  李如松 平壤之役、所斬首級、半皆朝鮮之民、
  焚溺萬餘、盡皆朝鮮之民
政策さえ誤らなければ統治できなくはないと思います。

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っていま...続きを読む

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q宇喜多秀家は豊臣秀吉の家臣ではなかったのですか?? 豊臣秀吉の五大老と五奉行で五奉行は豊臣秀吉の家臣

宇喜多秀家は豊臣秀吉の家臣ではなかったのですか??
豊臣秀吉の五大老と五奉行で五奉行は豊臣秀吉の家臣だったそうですが宇喜多秀家は五大老なので家臣ではないということになりますよね。
しかし石田三成などは秀吉の家臣だったそうですが、家臣とそうでない人の違いはなんなのですか??
また秀家(他の4人も含めて)と秀吉とは、一体どういう関係だったのですか??

わかりにくい質問ですいません

Aベストアンサー

もともと、備前の国に 宇喜多家(大名)が存在していました。
秀吉が信長の命令で中国地方の毛利氏を攻略しているころ、この宇喜多氏は毛利に味方していたのです。
しかし、秀吉の進撃がすすむにつれ宇喜多氏は織田が優勢と判断して織田(秀吉)にすり寄ることになります。
このときの宇喜多家当主が直家
その子が秀家です。
秀吉にとって、このようにすり寄ってきた宇喜多氏は毛利攻略の大切な駒となりました。
なので、秀吉の宇喜多に対する扱いは非常に丁寧な物となったのです。

ということで、秀家は1大名でありながら、早い時期(秀吉がまだ信長の家来であった時期)から秀吉に非常に協力的
な大名ということになりました
その流れで、豊臣政権でトップクラスの地位になったわけです。
これに対して、三成はもともと大名ではありません。あるとき秀吉の外出先で秀吉にお茶を出した三成は、そのだしかたが
素晴らしいという事でみとめられ、秀吉の家来となり、秀吉のもとで働くことになります。
そして、功績を上げるたびに領地が与えられついには大名となったのが三成です。
このように、2人は秀吉の直属で働いていたか否か、と言う違いがあるのです。
ただし、広い意味ではどちらも秀吉の家来(家臣)であることには違いがないのです。
秀吉は天下統一しましたが、それは日本中の大名を含む武家が秀吉に従ったということです。
これは、日本中の武家が秀吉に対して「臣下の礼をとった」ということを意味し つまり日本中が秀吉の家来(家臣)となったという事になります。

もともと、備前の国に 宇喜多家(大名)が存在していました。
秀吉が信長の命令で中国地方の毛利氏を攻略しているころ、この宇喜多氏は毛利に味方していたのです。
しかし、秀吉の進撃がすすむにつれ宇喜多氏は織田が優勢と判断して織田(秀吉)にすり寄ることになります。
このときの宇喜多家当主が直家
その子が秀家です。
秀吉にとって、このようにすり寄ってきた宇喜多氏は毛利攻略の大切な駒となりました。
なので、秀吉の宇喜多に対する扱いは非常に丁寧な物となったのです。

ということで、秀家は1大名で...続きを読む

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q日本史上、最後の「介錯」はいつでしょうか。

介錯というのは切腹した人の首を切り落とす行為であり、現代だとモロに殺人罪にあたります。

しかしながら、歴史上、介錯人が悪人とされたことはほとんどなく、苦しまずに自殺するための温情ある行為とされてきたことが多いです。

介錯は明治維新後にも行われており、西南戦争に敗北した西郷隆盛も介錯されているところですが、それでは、日本で最後に行われた介錯はいつ、どこであったものでしょうか?

日露戦争あたりまではあったのでしょうか。
それとも、第二次世界大戦の頃にも介錯があったりしたのでしょうか。
自殺者は今も多いですが、さすがに戦後日本で介錯は行われていないように思いますが、どうでしょう。

Aベストアンサー

大戦中はむしろかなりの数が行われています。
例えば沖縄戦では牛島満と長勇が6月23日に
剣道5段の次級副官に介錯してもらっています。
逆に、特攻の生みの親と言われた大西瀧治郎や
終戦時の陸軍大臣である阿南惟幾は
自刃するときに介錯を断っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング