現在、コンサルティングのご案内ということで、四季報から企業をピックアップしてDMを送付し、これをきっかけに新規のクライアントを獲得しようとしているところです。
そこで、どのような電話の掛け方をしたら良いかいろいろ考えているところです。ご意見やアドバイスがありましたらお教えください。
相手先は上場企業と、店頭・未上場会社の両方で、代表取締役あてにしてあります。DMの中身は、挨拶文と、数ページ程度のパワーポイントで作ったプレゼンテーションです。
今考えていることとしては,
(1)DM到着日の翌々日に電話をかけるのが一番良いのではないか。
(2)飛び込みの電話では、直接社長に名指しするとまずつないでくれないし、また失礼なので、ごく簡単にDMを送った旨を説明して、お話ができる方をお願いします、というふうに言う。
というものです。(^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

経営コンサルティングということを前提にして、直にご質問にお応えします。



(1)通常DMは、価値有りと認められれば、経営企画へ回されます。ですから電話は経営企画の課長・部長に電話すべきです。DMをまだ受けとっていなかったら、今度はその人に送って下さい。タイミングは、発送後1~2週間後です。忙しいと読むヒマがありませんから。それから問題はDMの中身です。ハッと思うようなポイントを入れて下さい。

(2)勿論飛び込みの電話は、セールスマンと取られ、一辺にお断りです。ですから先にDMと言う方が賢明です。ただそれがいかに相手の関心を引くかです。これが勝負です。効果があるのは、過去の実績、時代に載った読みやすい論評、つまり訴求点をはっきりさせることと、良質のイメージと信頼感を持たせることにつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどと思うご回答、ありがとうございます。
‥そうですね。おっしゃる通り、一定規模以上の会社であれば、経営企画の部署はありますね。もう少しきめ細かくやってみます。

お礼日時:2001/08/06 17:30

shimi-jimiさん、こんにちは。



ご質問の方法ですと、社員数100名以下でないと難しいと思います。
株式公開企業のクラスだと、取締役宛の郵便物は全て秘書室で開封され、必要最小限のモノしか本人の手に渡りませんから、取締役が目を通す事はまず無いと思います。
確実な方法としては、自宅に送付するのが一番ですが、これも難しいですよね。
そこで、

(1)送付先を変えてみては如何ですか?
"コンサルティング"が"財務コンサルティング"なのか"経営コンサルティング"なのか"人材育成コンサルティング"なのか分かりませんが、それぞれ該当する部署は想像がつきます。(経理部や営業部、人事部等…)
その部署宛に送付する事で、開封率は上がります。
取締役のように、秘書室も通しませんから、直接開封してもらえる率が高くなります。それに、自分の担当する業務についての事柄なら、尚更興味も持たれるでしょう。

(2)最初に直接電話する方法も選んでみては?
DM送付後に電話して、アポとろうとしても「DM読んでわかったからもういいよ。うちでは必要無いね。」で断られる事は良くあります。
それより、最初に電話して
「~という事なんですよ。一度お伺いして御説明差し上げたいのですが…」と持って行くと、大抵
「いえいえ、そこまでは結構…」となります。そこで
「それでは詳しい資料をお送りしますので、部署とお名前と電話番号を…」と、代替案を出します。
すると「DMくらいだったら良いか…」という事になって、正確な部署名や担当者の名前・電話番号まで伺う事ができます。
これは「イヤな要求を突き付けられた時、別の代替案があればそれを受け入れてしまう」という、人間の行動習性を利用した手法です。
この最初の電話の際、決裁権の有りそうな部長・課長クラスを呼び出すのがミソです。決裁権の無い担当者だと、アポを取り付けても意味無かったりするので。
そして、DM送付後アポを取りに行きます。
なかなかアポに取り付けなくても、担当者が明確なので、その後送付する資料は無駄にはなりません。
電話→DM→電話→DM…を繰り返すうちに自然にアポくらい取れますよ。

一般的に用いられている手法を上げましたが、上記(1)(2)を同時並行で実施し、効果の有る方に切り替えて行けば良いでしょう。
売る商品やサービスにより、どちらが効果があるか分かりませんから。

普通、上場企業の社長に電話するなら、こっちも社長が電話しないと失礼ですからねぇ。
shimi-jimiさんが、社員だと仮定すると、前述のようなボトムアップの戦略が現実的だと思います。
反対にshimi-jimiさんが社長なら、ご質問のような正攻法でも良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧かつ貴重なご回答をありがとうございます。
頂いたアドバイスを参考にしつつ、話し方等、少し変えてみます。
既に送っているものもあるものですから、(^^;
これについてもフォローの仕方を変えてみます。

お礼日時:2001/08/06 17:24

テレマーケティングの電話をよく受ける者です。

「DMを送った」と言われても
「見てません」で終わってしまうことが多いです。担当者に電話を繋いでもら
えたら、そこからが勝負ですね。簡単に業務内容を説明して、食い下がって
アポイントメントを取って、プレゼンをするという方法しかないのではないかと
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
…そうですね。「見ていません」と言われたら、なかなか後に繋げ難いものです。実際に目に触れずに、ごみ箱に直行ということも多いでしょうし。

お礼日時:2001/08/03 17:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDMメール、DMはがき

DMメール、DMはがきを作成しています。出すときに注意すること、記載しなければならないことがあったら教えてください。

たとえば、DMメールの一斉送信はBCCで送るとか。
HTMLでもおくっても大丈夫でしょうか。テキスト版が基本ですか?

Aベストアンサー

出すときの注意点
基本的なことですが、レスポンスデバイスの充実化。
DMの効果は問合わせをもらうことが目的ですので、
電話、FAX、メアド、住所、は必ず記載しましょう。

DMメールは基本テキスト版です。
HTMLですと見られない人がいるからです。
「多くの人に送る」目的ならテキスト版。
「ターゲットを絞り込んで効果的に見せる」ならHTML
でもいいのではないでしょうか。
一斉送信はもちろん、BCCで送ってください。
第三者に、他者のアドレスをさらすことは危険です。

DM商法も下火になってきており、悪徳業者が手法を
模倣したことにより、DM事態に嫌悪感さえ覚えている
人もいます。
「二度と送ってくるな!」
「どこで個人情報を入手したんだ!」
などと怒鳴り電話かけてくるケースも少なからず聞きます。

また反響率が非常に少ないマーケティング手法でもあります。
平均0.02%ほどです。
1000枚やみくもに送るよりは、ターゲット層を絞りに絞って
100枚送った方が効果的かもしれません。

Q効果的FAX DM(DM)書籍その他の資料を教えて

ギフト商品をBtoBで小売店などに販売する必要があります。

そこで、FAX DMでの集客を考えていますが、DM自体ほとんど経験がないため、効果的なFAX DMを作成及び配布するためのポイント等が分からない状態です。

そこで、効果的なFAX DMの作成方法やマーケティングの方法が解説された書籍その他の資料を教えていただけないでしょうか?どのような書籍や資料が一番お勧めですか?

なお、自分でもFAX DMの書籍に関しては少し調べましたが、FAX DMだけに特化された書籍はあまり出版されていないようなので、通常のDMに関する書籍や資料でも結構です。

できればFAX DM(DM)の見本なども記載されていればベターです。

なお、金銭的な都合でFAX DMを業者に依頼できないため、自分で行うこととなります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この本はFAXDMについてかなり詳しく書いています。

「あなたの会社が90日で儲かる」

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C90%E6%97%A5%E3%81%A7%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B-%E2%80%95%E6%84%9F%E6%83%85%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A7%E3%81%8A%E5%AE%A2%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%80-%E7%A5%9E%E7%94%B0-%E6%98%8C%E5%85%B8/dp/4894510928#_

Q上場企業のマーケティング事例

上場している企業は、さまざまなマーケティング戦略が行われていると思います。

たとえば、任天堂であったら、Wiiのときのブルーオーシャン戦略などがありますが、任天堂がブルーオーシャン戦略をとっているというのは公表している情報として存在するのでしょうか?

任天堂でなくてもいいので、気軽にマーケティング戦略をその企業のHPで見られるような企業がありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●ASDAQ上場の日本マクドナルドホールデングス(http://www.mcdonalds.co.jp/company/outline/enkaku.html )は子会社に衣替えした日本マクドナルドを通して、"QUARTER POUNDER"の名を冠した店で先ず販売し、その後マクドナルドたる仮面を脱いで、マクドナルドが仕掛けたのを明かした例
→http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20081211/1021818/?ST=yahoo_headlines&P=1

●(日本の企業風土からは馴染み難い!?)西友の比較広告→http://claimant.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-a2b6.html

●("日本国内"とは限らぬから)NYSE上場企業迄、含めて、日本では3M(http://ja.wikipedia.org/wiki/3M )の合弁子会社、の住友スリーエムが手掛けるある意味日本向け専用と看做せそうな(!?)付箋紙タイプのポストイットの例→http://www.mmm.co.jp/develop/story2-7.html
等がひょっとすると、ある程度参考になるかも知れません。

●ASDAQ上場の日本マクドナルドホールデングス(http://www.mcdonalds.co.jp/company/outline/enkaku.html )は子会社に衣替えした日本マクドナルドを通して、"QUARTER POUNDER"の名を冠した店で先ず販売し、その後マクドナルドたる仮面を脱いで、マクドナルドが仕掛けたのを明かした例
→http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20081211/1021818/?ST=yahoo_headlines&P=1

●(日本の企業風土からは馴染み難い!?)西友の比較広告→http://claimant.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-a2b6.html

●("日本...続きを読む

Q上場企業のメールアドレス一覧を作成する良い方法をご

 上場企業のメールアドレス一覧を作成する良い方法をご教示(ご提案)いただけないでしょうか。
 マーケティングの一環で、企業の環境意識に関して「WEBアンケート」することになり、上場企業を中心とした1,000社程度にe-mailを送りたいと考えています。(当社では初めての試みです)
 今考えている手順としては、まずNETで上場企業一覧を作成し、この中から対象となる企業1,000社程度をピックアップします。当該対象企業の電話番号をNETで調べ、担当部署のe-mailアドレスを聴き出します(目標800~1,000社程度)。ここにWEBアンケートのURLが貼りついたe-mailを送付し、回答率10%程度を目指します。なお、WEBアンケートの作成を業者にお願いする以外は、ほとんど費用は掛けられません。作業は1名~2名で行います。
 上記手順よりも作業効率よ優れた方法をご存知でしたら、ご教示(ご提案)いただけないでしょうか。長文で申し訳ありません。何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電話アンケートや手紙アンケート、ファックスアンケート等にしないでWEBアンケートにする理由は何でしょうか?

ターゲット企業がWEBをどの程度活用しているかを調べたいのでしょうか?WEBによるB to B 取引の状況について調べたいのでしょうか?

こういった企業のWEB活用度と無関係に「WEBアンケートにする」と決め、そのためにいちいち電話を掛けたりFAXでアドレスを聞いたりするのは二度手間て非効率です。

目的によって方法は異なってきます。

>WEBアンケートの作成を業者にお願いする・・・

御社が知りたいのは何でしょう?それを他社に丸投げしても、御社が欲しいデータが得られるとは限りませんよ。

Q上場企業の会社組織図が無料で検索できるHPを教えてください。

日本電産株式会社の会社組織図を教えて下さい。
ネットで検索すると日経テレコン21の企業検索メニューで、
株式会社ダイヤモンド社が発刊する会社情報『ダイヤモンド
会社組織図』で検索できると記載ありますが、有料となって
おり困っております。

Aベストアンサー

ホームページでの組織図や、株主向け情報(IR)のところで業績報告のために記されている図くらいしか無料で入手できないでしょう。

人員配分などを競合にさとられないように、また無用の勧誘やセールスが来ないように、ある程度より下の組織は取引先にしかわからないように管理しているものです。

そのような情報ですから、公にはなりませんし、知っている方も公にしなかったりそれなりの対価を求めるわけです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報