売土地等の不動産広告に記載されている「要資格者」って言うのは何の事でしょうか?資格者である定義を詳しく知ってらっしゃる方がいましたら、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ご質問の「要資格者」というのは、農地購入に際して「適格証明要」という意味だと思います。

厳密には「要資格」とすべきですが、ちょっと解り難い表記ですね。
 かつて、農地を農地以外に変えることが懸念され作られた農地法という法律があり、農地法にいう農地すなわち地目田畑等の土地を農地以外に転用したり売却に伴い転用することの規制が今日でも生きています。
 このため、このような農地が売却される際、購入する側も農業生産者でないと成就しないこととなり、これが「資格者」という言葉になって広告などに表れてきます。その「資格者」の要件とは、(数値は忘れましたが)一定面積以上の耕作者など、ちょっと簡単には取れないもので、一般的ではないものといえます。
 余談ですが、「適格証明」がないと買えない(つまり農地としてしか使えない)土地は当然極端に価格が低く流通しするわけで、広告に載せれば人目を引きます。そのような一般的でない土地について広告をするということは、その広告の地域性などにもよりますが、広告業者の戦略のような気がしてなりません。
    • good
    • 0

その不動産広告は農地ではないでしょうか?農地は農林漁業者か都市計画移転者しか購入することができません。

その資格だと思います。
    • good
    • 0

不動産取引で要資格者とは「宅地建物取引主任者」(略して宅建)の事です。


不動産取引の際、重要事項説明や契約書への署名捺印などが行える、不動産売買には不可欠な資格です。

不動産取引においては宅地建物取引主任者のみが契約時に重要事項の説明が出来て、無資格者はできなません。
又、宅建業者はこの宅地建物取引主任者を従業者5人あたり1人以上の割合で設置することが義務付けられており、業界では有資格者か否かが採用の際に大きく影響します。
この資格は、国家資格で試験に合格後2年以上の実務経験をつむか、指定の講習を受講しなければ宅地建物取引主任者にはなれません。
    • good
    • 0

宅建(宅地建物取引主任者)資格のことだと思います



宅地建物取引主任者とは
宅地建物取引業法に基づき、宅地や建物の売買、貸借、交換の代理、仲介を業務とする者。これらの業務の遂行に当たり、取引物件や契約上の重要事項についての説明を行わねばならない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地を売買の広告掲載について

実父が建設業をしております。
PCを使った事の無い父が私に相談して来ました。
土地及び住宅の受注をインターネット上で掲載し、
お客様を探がす事ができないものだろうか・・・と
どのようにネット上で売買すれば良いのかわかりません。
土地、住宅の広告、宣伝になる形にするのには、
どのような手続きをすればネット上に掲載出来るのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自己の所有物件や自己で購入する為ならインターネット上に公開しても全然問題はありません。
業として行う場合(他人の土地を売買したり)する場合は宅地建物取引業が必要となります。

ただ実際は売買の物件を掲載しても、それを見るだけで契約が完結することはほとんどありません。実際の物件をみたり、物件を調査することで初めて契約になると思います。
ですので自分でHP作ってもなかなか反響はあまり期待できないと思います。
また、事実を誤って掲載した場合はそれを理由に罰せられることもあります。
また他人の物件を許可なく掲載した場合も訴えられることもあります。

NET上でも一般のちらし広告と同様の注意が必要ということです。

Q不動産広告を鵜呑みにしたわけではないのですが・・・

住宅用地という広告を見たので、不動産屋と現地に行ったところ、その敷地には木造二階建ての家屋(昭和55年築)と、鉄筋二階建て(8年前築)の店舗が建っていました。広告には住宅用地と書いてあるのに、これは中古住宅とするべきではないでしょうか?売り主の言い分だと更地にする余力がないので、買い主の方で更地にしてもらえれば、ということで価格も低くしてあるとのこと。広告には現況に上物ありと書かれていましたが、木造家屋のことだけで、店舗のことは何もかかれていませんでした。木造家屋については記載があったので、価格に反映されて当然だと思いますが、店舗の方はどうなんでしょうか?解体にかかる費用を交渉できるのでしょうか?
こちらも余裕があるわけではないので、上物が残っているなら使えるものであれば使いたいと思っています。店舗は必要ありません。(当然リフォーム費用がかかりますが)
こうした場合、広告通り宅地を買ったことになるのでしょうか?それとも、中古住宅を買ったことになるのでしょうか?
資金の借り入れや、税金の優遇適用など違いがあるのであれば、有利な方で行きたいのですが、教えていただきたいです、お願いします。

住宅用地という広告を見たので、不動産屋と現地に行ったところ、その敷地には木造二階建ての家屋(昭和55年築)と、鉄筋二階建て(8年前築)の店舗が建っていました。広告には住宅用地と書いてあるのに、これは中古住宅とするべきではないでしょうか?売り主の言い分だと更地にする余力がないので、買い主の方で更地にしてもらえれば、ということで価格も低くしてあるとのこと。広告には現況に上物ありと書かれていましたが、木造家屋のことだけで、店舗のことは何もかかれていませんでした。木造家屋については...続きを読む

Aベストアンサー

「現況古家あり」と書いてあるのだから、虚偽ではありません。
要は、登記簿謄本に上物が登記されていて、所有権移転をする以上、土地建物セットで購入することになります。
撤去費用を自分で負担して、建物ごと買うか、或いは、撤去・整地後のきれいな土地を「いくらで買いたい」と交渉するかのいずれか。
何事も交渉は可能。物件を見ただけで、広告のとおりの条件で購入することにはなりません。
尚、借入れ時には、上物の価値はゼロ評価でしょう。

Q土地の草むしり代を不動産会社から請求されて

毎年売れない土地の草むしり代を不動産会社から請求されており、なんとか雑草を生えなくしたいのですが、何かコストの低い方法はないでしょうか?セメントは有効でしょうか?もしくは黒ビニルを上から被せて日光を遮れば草管理料はなんとかなりますかね。ご助言よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビニールシートだと、雨水が通らず、また風で煽られて飛んだりして近隣とのトラブルになりがちですので、避けたほうがいいでしょうね
砂利敷も一時的には効果がありますが、すぐに砂利のあいだを縫って、雑草が出てきます
そうなると、砂利を敷いている分だけ抜きにくくなる
コンクリやセメンの舗装は結構コストがかかりますし、雨水の排出を考慮する必要がありますし、場合によっては「舗装路面類似構築物」として償却資産扱いにされたりするケースもあります
除草剤は、有効ではありますが、近隣の植生環境を確認できない以上むやみにはオススメできません
もし、となりにガーデンニングでもなさっているお宅があったり、耕作地でもあれば、トラブル必至です


定番は「防草シート」かな
合成繊維で出来た丈夫な不織布で、水も通します
これを敷き詰めてピンで固定し、上に砂利を敷くのが一般的な施工方法

注意としては
安い防草シートだと、固定ピンを刺した穴から草が生える事があるのと、ピン穴から敗れてめくれる事がある
(ある程度以上の品質のものだと、そのリスクは低くなります)
施工前によく整地(徹底的に草取り)する必要がある、特にススキなどの茎の硬い雑草の株が残っていると、シート自体が破れて台無しになることも・・・

まあ、施工は専門業者にお任せした方がいいでしょうね
ちなみに防草シート自体のお値段は1×30メートルのシートで1万円程度だったと思いました

「防草シート」で検索すると結構沢山ヒットしますので、お調べになってみてはいかがでしょう?

ビニールシートだと、雨水が通らず、また風で煽られて飛んだりして近隣とのトラブルになりがちですので、避けたほうがいいでしょうね
砂利敷も一時的には効果がありますが、すぐに砂利のあいだを縫って、雑草が出てきます
そうなると、砂利を敷いている分だけ抜きにくくなる
コンクリやセメンの舗装は結構コストがかかりますし、雨水の排出を考慮する必要がありますし、場合によっては「舗装路面類似構築物」として償却資産扱いにされたりするケースもあります
除草剤は、有効ではありますが、近隣の植生環境を確...続きを読む

Q専属専任(不動産仲介)時の不動産価格について

特定の不動産屋に専属専任で仲介を
お願いしています。
不動産流通機構REINSに登録いただき
仲介活動していただいているとのことでした。
半年の期間になりますが、ようやく購入希望者、
しかも業者が出てきました。
当初の不動産屋との価格より、現在の業者の購入希望価格はかなり低くなっています。
2戸1、築30年以上で土地としての価値のみ、
解体養生費用がかかる、とのことで
不景気の中、単純な地価よりも相当下がるのは
仕方ないのでしょうか?
ただ、購入希望があったのは、この業者のみで
数ヶ月間に何回か価格をあげてきて今回これ以上
あげられないと、
言っているそうなので、ちょっと不審に
なりました。
業者間で談合のようなものはありますか?

Aベストアンサー

REINSに登録しているのであれば、不動産屋さんは誰でもその情報を見ることが出来るので、より高い価格で買いたい業者があれば、名乗り出てくるので、ご懸念のような問題はあまり考えにくいのではないかと思います。
建物については、木造の場合、築20年以上で実質評価はゼロとなります。築30年ということですから、耐用年数を超えているので、解体費用売り手持ちというのは通常です。
また、2戸1とのことですから、解体するにも、新築する隣家の了解が必要であって、非常に手間がかかる物件となってしまうので、なかなか買い手は付きにくいです。1社でも買い手が出てきたのは幸運と言えるかもしれません。

Q建築条件付土地の土地代金支払い時期について質問します。

希望の地域に建築条件付の土地がみつかり、契約をと考えています。
土地契約の相手は施工業者です。
 
土地の契約→建築工事請負契約、それから土地の全額支払いをと考えていましたが、間取りと建物価格が全く決まっていない段階で土地の売買(支払い)をと言われとまどっています。
 
銀行の仮審査は通りましたが、ローンも土地で一本、建物で一本の二本組まなくてはならず、手数料等も倍かかると知りました。土地売買から建物の引渡しまでに半年ほどかかるので、土地のローンの支払い+賃貸料が半年となり、予定していた貯蓄も若干減ってしまいます。
 
土地の代金支払いを建築工事請負契約時にしてもらえないかと依頼しましたが「通常は土地契約時となりますね」と言われました。なんとか建物の概算が出てからにしたいのですが、それは無理なのでしょうか?
 
よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

>>「通常は土地契約時となりますね」
この通常というのはその怪しい売主の勝手な都合に基づくものですね。

契約内容の概要が書かれていないので分かりませんが、普通は、

1.土地契約(手付金支払)
3ヶ月等の期限内に
2.建物請負契約(手付金支払)
3.土地引渡し(土地の残代金引渡し)
以下省略...
建築工事請負契約が期間内に成立しなければ土地の契約は白紙解除され、支払い済みの金銭は無条件で返還されるというのが建築条件付土地契約です。
請負契約もしない(白紙解除の可能性がある)状態で土地の引渡し(残代金の支払かつ所有権の移転登記)なんて危険極まりない。
出るとこ出ても勝てますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報