外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

平成16年3月に個人・青色申告で開業しました。
決算をしてみたところ、初年度にも関わらず期末在庫(期末棚卸高)が大量に残ったため黒字になってしまいました。
4月の住民税・保育料の算定の為、できれば赤字申告をしたいと思っており、経費に計上できるものは今年度に処理したいと思っております。
実際の所、大量の仕入のため経営は赤字状態で、生活は大変苦しい状況です。(店主の給料も取れませんでした)
このような状況で、どなたか下記の質問にお知恵を拝借できませんでしょうか。

1.開業時に店舗を借りるため、120万円を敷金として支払った。
 うち、75万円は敷引金として戻ってきません。
 75万円は「繰延資産」として5年償却すると聞いたのですが、今年度「開業費」として一括で計上できないのか?
 また、退去時に戻ってくる45万円はどのように処理したら良いのか?

2.住民税や保育料は青色申告控除をする前の金額で算定されるのか?

3.期末在庫をできるだけ少なくするのが得策と分かったが、今後これ以外に注意すべき点はあるか?

本当に経営は赤字状態で苦しいので、なるべく所得税は少なくしたいと思っている状況です。どうか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1の追加です。



>開業前に敷金は支払っております。
開業日に「借:敷金 貸:事業主借 45万円」です。

>返還されない75万円を5年償却

開業前に支払っていれば
開業日に「借:繰延資産 貸:事業主借 75万円」です。

開業後に支払っていれば
開業日に「借:繰延資産 貸:現金 75万円」です。

初年度に償却したとき
「借:繰延資産償却 貸:繰延資産 15万円」

青色申告書決算書の経費の欄に「繰延資産償却」として15万円を記入します。

「資産の部(期末)」欄に「繰延資産」として 60万を記入します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすいご説明をありがとうございました。
経理の知識もあまり無く、色々調べて早や数日
経っていましたので、大変助かりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/02/19 21:58

1.75万円の場合は、一括処理は出来ません。


敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
20万円を超える場合は、長期前払費用として計上し、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

返還される45万円は、「敷金」として計上しておき、返還されたときに「敷金」で受け入れます。

2.住民税は青色申告控除後の金額で算定されます。
保育料も、住民税から計算されるのであれば同様です。

大量に仕入れると、支払のために資金が多額に必要になりますが、仕入れたものが売れないと在庫として残り、資金の回収が出来ず利益は出ても資金繰りが付かなくなります。
これが改善されないと、いわゆる「黒字倒産」ということになります。

売上予想を慎重に立てて、その範囲内で仕入れるようにする必要があります。

なお、青色申告の場合、赤字を3年間繰り越して、翌年以降の利益から控除することが出来ます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2070.htm

この回答への補足

すみません、もう一つ質問なのですが、

返還されない75万円を5年償却し、
繰延資産もしくは長期前払費用とした場合、
青色申告書決算書のどの欄に記入するのでしょうか?
(減価償却費欄に記入するのでしょうか?)

貸借対照表の「資産の部(期末)」欄
のみの記入になるのでしょうか?

補足日時:2005/02/19 14:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawa様、本当にありがとうございます。
もう少し具体的に教えて頂けますと有難いのですが、

>返還される45万円は、「敷金」として計上しておき、返還されたときに「敷金」で受け入れます

開業前に敷金は支払っております。
開業日に「借:敷金 貸:事業主借 45万円」
と計上したら良いのでしょうか?

また返還されない75万円は、5年に渡り償却する際
「借:繰延資産 貸:?? 15万円」
で5年間計上したら良いのでしょうか?
その際、貸方の勘定科目は何になるのでしょうか?

お手数ですがご回答を頂けますと幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。

お礼日時:2005/02/19 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業前の家賃や敷金について

いつもお世話になってます。
9月に開業したのですが、それより前の領収書で、8月31日付の9月分家賃や敷金預け入れなどは、開業費で処理するのでしょうか?それとも地代家賃・敷金で処理するのでしょうか?勘定科目を教えてください。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

事業開始前にかかった費用は、基本的には開業費で計上します。開業費は繰延資産で、5年で均等償却し、最後には0円になります。5年間の時間をかけて経費計上したというだけですね。ただ、これは開業にあたって多額の資金を使った場合だけ使っているようにも思います。
moniponさんがおっしゃるように、地代家賃、敷金で処理する時もあります。その時は、
敷金/事業主借
地代家賃/事業主借
で、領収証と日付はずれますが9月1日で計上します。念のため、摘要には支払日を入れておきます。

どちらの計上方法でも間違いではないので、moniponさんが分かりやすい方でされたら良いと思います。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q開業費に計上できるかを教えてください。

開業費に計上できる費用は何かをインターネットで検索しましたが、見れば見るほどわからなくなってきてしまいました。
若干の仕訳はわかるのですが・・・。
初めて個人事業主として確定申告をします。

下記の2件について教えてください。

1.店舗を借りる際、保証金・敷金(100%返還なし)、家賃、仲介手数料、火災保険、保証会社への保証料金(家賃1ヶ月分)を支払いました。
 上記全てを開業費として計上しても良いのでしょうか。

2.エアコン代金及びエアコン・ダウンライトの取付工事費用として13万円支払いました。
この費用は開業費に計上せず、工具器具備品として、減価償却をしていくべきでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

>見れば見るほどわからなくなってきてしまいました。

開業費というのは一番厄介な経費です。定義があいまいですから、色々な考え方が生じます。見れば見るほどわからなくなるのは当然です。税務署員の間でも見解が分かれることが多いといいます。

だから、ここに私の考えを書けば、余計に分からなくなることでしょう。ですから、説明は省略して、結果だけを書きます。


> 1.店舗を借りる際、保証金(100%返還なし)、家賃、仲介手数料、火災保険、保証料(家賃1ヶ月分)を支払いました。
 上記全てを開業費として計上しても良いのでしょうか。

保証金(100%返還なし)………開業費(5年で償却)
家賃………地代家賃(今年の経費)
仲介手数料………開業費(5年で償却)
火災保険料………長期前払費用(2年で償却)
保証料(家賃1ヶ月分)………開業費(5年で償却)


>2.エアコン代金及びエアコン・ダウンライトの取付工事費用として13万円支払いました。
この費用は開業費に計上せず、工具器具備品として、減価償却をしていくべきでしょうか。

その通りです。「工具・器具及び備品」または「器具及び備品」に計上して、法定用年数6年で減価償却して下さい。

No.1です。

>見れば見るほどわからなくなってきてしまいました。

開業費というのは一番厄介な経費です。定義があいまいですから、色々な考え方が生じます。見れば見るほどわからなくなるのは当然です。税務署員の間でも見解が分かれることが多いといいます。

だから、ここに私の考えを書けば、余計に分からなくなることでしょう。ですから、説明は省略して、結果だけを書きます。


> 1.店舗を借りる際、保証金(100%返還なし)、家賃、仲介手数料、火災保険、保証料(家賃1ヶ月分)を支払いました。
 ...続きを読む

Q開業費について教えて下さい

個人事業主で青色申告の予定です。
これらは開業費に入れても問題ないのでしょうか?

店舗を借りた時の仲介手数料と礼金 約20万円

宅建協会の入会金や諸費用 (供託金除く)
約100万円

金額が大きいので、開業費に入れて良いものか心配になりました。
いずれも開業日1ヶ月前の支払いです。

Aベストアンサー

No.2です。

>開業費に入れた数年後、税務調査が入りこれはダメだと指摘された場合は追徴金を納めないといけなくなるのでしょうか?

税務調査が入りこれはダメだと指摘された場合は追徴金を納めなくてはなりません。しかし、必ず「これはダメだと指摘」されるわけではなく、半々だと思います。半々なら、開業費に入れておきましょうよ。

Q店舗設営費用は開業費としていいのですか

建物は借り物で店舗を経営しています。店舗の内装にかかった費用は開業費として繰延資産計上していいのでしょうか。本で調べると、開業費は開業までの家賃や交通費、光熱費や広告宣伝料と書かれており、現在は修繕費で計上しようとしてます。そもそも、何として計上すべきなのでしょうか。

青色申告するのですが、初年度である今年は赤字になります。青色申告は3年間赤字を繰り越せるそうですが、開業費の場合は5年かけて償却できるのは最初の投資が大きい場合はメリットかと思うのですが・・・。

10万円以上のものは固定資産として計上しています。

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

店舗の内装費は、20万円以上の場合「内装設備」として、固定資産の「建物」に計上して、減価償却を行ないます。
耐用年数は、建物の構造によって違います。
木造の場合は、木造建物の店舗用で22年になります。
他の構造の場合は、参考urlの耐用年数の一覧表をご覧ください。
その表で、構造別になっていますから、該当する構造の「店舗用」の年数を使います。

又、10万円以上20万円以下の場合は「内装設備」として、固定資産の「建物」に計上して、3年間で均等償却します。この場合、残存価格は0で計算します。

参考URL:http://www.brainjim.com/zei801.html

Q開業費に関する仕訳について教えてください。

今年から飲食店の個人事業主になった者です。
青色申告を予定しています。

そこで、開業費について質問ですが、
開業日前に購入した仕入や消耗品費はどちらも開業費に含めても
かまわないのでしょうか?

できればどちらも開業費に含めたいと思っているのですが。

つまらない質問かもしれませんが、困っています。
どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

開業費に計上できるのは、開業の準備のために要した費用を言います。従って、
1,仕入は開業費に含まれません。
2.器具・備品類は一個または一組の価額が10万円以上のものは
  減価償却資産になりますので、開業費には含みません。
3.上記以外の通信費、水道光熱費、交通費等、開業前の経費は
  開業費に計上できます。
 
*仕訳はいずれも開業日の日付で
  仕入/事業主借
  器具備品/事業主借
  開業費/事業主借

*開業費は5年以内の期間で任意償却できます。
 従って、初年度以降5年以内は黒字になるまで
 償却しない方が有利です。

Q開業日前までの光熱費や地代家賃の計上について!

9月25日に店舗を賃貸契約しました。

11月7日に飲食店を開業しましたが開業日前までの電気代など光熱費や地代家賃の計上は開業費ですか?



電気代
(1)9月26日~10月15日  2,337円 (従量電灯)

(2)10月16日~11月15日 12,690円 (従量電灯)

(3)10月21日~11月15日  8,080円(低圧電力)

開業日前までの11月6日と開業後の7日からの日割り計算で計上したらよいのでしょうか?

それとも開業日の11月7日の日付でそのまま水道光熱費の経費に入れても問題ないでしょか?

ちなみに(2)、(3)は、クレジット決算なので12月20日が口座引き落としになっています。
12月20日の日付で計上した方が良いのでしょうか?

(1)2,337円は10月22日に現金払いしました。


地代家賃なども日割りで開業費に計上した方が良いのでしょうか?

敷金 270,000円

礼金 270,000円

仲介手数料 90,000円

9月25日~10月末分賃料 90,000円

ここまで9月25日に現金払いしました。


11月1日~11月末分賃料 90,000円

10月26日に振り込みました。

開業日の11月7日の日付で家賃分は地代家賃として、仲介料などは手数料で計上して問題ないでしょうか?

それとも開業費に振り分けた方が良いでしょうか?

よろしくご指導お願いします。

9月25日に店舗を賃貸契約しました。

11月7日に飲食店を開業しましたが開業日前までの電気代など光熱費や地代家賃の計上は開業費ですか?



電気代
(1)9月26日~10月15日  2,337円 (従量電灯)

(2)10月16日~11月15日 12,690円 (従量電灯)

(3)10月21日~11月15日  8,080円(低圧電力)

開業日前までの11月6日と開業後の7日からの日割り計算で計上したらよいのでしょうか?

それとも開業日の11月7日の日付でそのまま水道光熱費の経費に入れても問題ないでしょか?

ちなみに(2)、(3)は、クレジット決...続きを読む

Aベストアンサー

まず、税務申告のための経理処理の質問であることを前提に回答します。

税務申告の場合、課税所得が正しければ問題ありませんので、重要なのは「経費になっているか」「経費になっていないか」です。
経費になるものが、交通費に計上されようが消耗品費に計上されようが問題ありません。

さて、それを覚えておいて頂いての回答です。
まず前提となる開業費(資産)の取扱です。
開業費は、5年以内の均等償却か、支出した年において全額を費用計上することが出来ます。
つまり、開業費になるべき経費を他の費用勘定で計上しても、結果は変わりませんので、問題ありません。

そこで、電気代ですが、確かに厳密に言えば質問者さんの言うとおり日割りで開業費(資産)計上するのが正しいと思います。
ただし、開業費は支出したとしに全額費用に出来るので、開業費償却か水道光熱費かが違うだけで、結果としては経費に出来ます。

つぎに、地代家賃などについてです。
地代家賃についても、原則としては前述の通りです。
開発費に計上して償却するか、地代家賃や支払手数料で計上するかの違いです。
ただし、「敷金 270,000円」「礼金 270,000円」は違います。
「敷金 270,000円」:「敷金」や「差入保証金」勘定で資産計上します。
「礼金 270,000円」:「礼金」(「長期前払費用でも可)として繰延資産計上します。
礼金は、5年か契約年数の短い方で均等償却します。

以上、分かりにくい説明でスミマセン。

まず、税務申告のための経理処理の質問であることを前提に回答します。

税務申告の場合、課税所得が正しければ問題ありませんので、重要なのは「経費になっているか」「経費になっていないか」です。
経費になるものが、交通費に計上されようが消耗品費に計上されようが問題ありません。

さて、それを覚えておいて頂いての回答です。
まず前提となる開業費(資産)の取扱です。
開業費は、5年以内の均等償却か、支出した年において全額を費用計上することが出来ます。
つまり、開業費になるべき経費を他の費用勘...続きを読む

Q開業前の費用の仕分けについて教えてください

初めまして。11月2日に飲食店を開業しました。
みんなの青色申告というソフトを買い、さあ入力しようと思ったのですが、開業前のかかった費用についての仕分けがわからないので教えていただきたいです。
(1)10月分の家賃、保証金、家賃保証会社の年会費をプライベート口座から振り込みました。
(2)内装工事会社に、厨房機器・椅子トテーブルも一緒に頼み、合計額をプライベートの口座から振り込みました。
工事費、厨房機器、椅子・テーブルはどのように仕分けるのでしょうか。またプライベートの口座からなので事業主借であっていますか。3回に分けて振り込んだので3回振込手数料がかかってしまっています。この分もどのようにしていいかわかりません。
(3)食器をプライベートのクレジットカードで支払いました。10月中に引き落とされたものもあるのですが、開業後に引き落とされたものもあります。この場合も購入が開業日前ならまとめて開業日に入力していいのでしょうか。勘定科目も教えて下さい。
(4)10月分の電気代を10月25日に事業用の口座から振り込みました。この場合、11/2 水道光熱費○○○円/普通預金○○○円であっていますか。
(5)試作もかねて、食材の仕入れを10月末からしていました。10月分の仕入を11月6日にまとめてプライベートの口座から振り込みました。
この場合の仕分けは
11/2 仕入○○○円/買掛金○○○円
11/6 買掛金○○○円/事業主借○○○円となるのでしょうか。

たくさんの質問で申し訳ありませんがお分かりになる方宜しくお願いします。

初めまして。11月2日に飲食店を開業しました。
みんなの青色申告というソフトを買い、さあ入力しようと思ったのですが、開業前のかかった費用についての仕分けがわからないので教えていただきたいです。
(1)10月分の家賃、保証金、家賃保証会社の年会費をプライベート口座から振り込みました。
(2)内装工事会社に、厨房機器・椅子トテーブルも一緒に頼み、合計額をプライベートの口座から振り込みました。
工事費、厨房機器、椅子・テーブルはどのように仕分けるのでしょうか。またプライベートの口座からなので事...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>(2)なのですが、9/24、10/10、10/30の3回に分けて振り込んだ為、315円ずつ振込手数料………合計945円

済みません。見落としていました。

三回分を一括仕訳します。
〔借方〕開業費 945/〔貸方〕元入金 945
【摘要欄】315円振込手数料3件


>(3)の開業後に引き落とされたものなのですが、引き落とされた11/28付で

はい。プライベートの預金口座から引き落すのですから、

11月28日
〔借方〕未払金 150.000/〔貸方〕事業主借 150,000

Q敷金の返還に関する仕訳方法について教えてください。

敷金の返還に関する仕訳方法について教えてください。


経理の初心者のため、以下の仕訳方法がよくわからず困っております。

事務所の移転に伴い、敷金が返還されます。
敷金の額は486,000円です。

しかし、修繕費286,913円が相殺され、
不動産会社からの入金は、199,087円となるようです。

この場合の仕訳は以下の通りでよろしいですか?

(借方)  (貸方)
諸口    敷金(預り金) 486,000円

預金    諸口      199,087円

修繕費   諸口      286,913円


わかりやすく教えていただけますと、とても助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大家してます

敷金は預けたときにきちんと仕訳してますね?

仕訳しているなら「敷金」勘定に486,000円の残高が有るはずです

特殊なケースも有りますので注意が必要です

http://www.ogatainvestment.com/keieisyanotamenoyougoshyu465.html

通常は...

 預金 199,087円 敷金 486,000円
 雑損 286,913円
(摘要:原状回復費用)

「修繕費」の勘定は事務所や工場の修繕の時に使われ、今回の場合は使われない方が良いでしょう

「雑損」は「家賃」でも構わないと思います

>敷金(預り金) 

なお、敷金は預かり金ではなく、「預け金」と同じ扱いです

>諸口

それを使う仕訳は有りません

相手科目が複数の時「結果」として勘定科目に表現されるだけです

Q内装仕上げ工事に関しての勘定科目、減価償却について

テナントを借りて店を開き、その内装仕上げに関する勘定科目、減価償却について教えてください。

内装仕上げ工事
 造作工事 休憩室、玄関、WC床木下地 53000
        同上コンパネ12.5貼り 23850
        床下断熱材敷き込み 13250
        間仕切り壁木下地組 11200
        同上PB12.5貼り 11900
        入り口ドア取り付け 35000
 表装工事 休憩室床タイルカーペット敷き 50960
        玄関入り口、WC床CFシート貼り 21600
        新規壁クロス貼り 12600
        既存取り合い補修費 18000
        運搬搬入費 30000
計 281340

減価償却について自分でも色々調べましたが、今のところよく分かりません・・・。
内部造作を材質等に区分して、それぞれの個別耐用年数を求めるとあったのですが、上の項目をそれぞれ減価償却費を出せばよいということなのでしょうか??勘定科目は建物でよいのでしょうか?
他にも費用はかかっていて、
鋼製建具工事 194000
看板工事 140000
衛生設備工事 330000
電気設備工事 661000
とあります。

それぞれの各項目を勘定科目の建物にするのか建物付属設備にするのか分けて、それぞれ減価償却費を計算すればよいということでしょうか?
ただ、総額1837500円なのですが、それを15年とか長い期間償却すると12万くらいにしかなりませんが、そんなものですかね?気持ち的には5~6年くらいで償却したい感じですが・・・。
勘定科目の建物にするのか建物付属設備にするのかに関しては、取り外して再利用できるものは建物付属設備そうでないのは建物ということでよいのでしょうか?
エアコンは建物付属設備で良いと思うのですが。ポール看板電灯や屋外看板電灯などは建物でよいのでしょうか?

完全素人でもうしわけございません・・・。よろしくお願いします

テナントを借りて店を開き、その内装仕上げに関する勘定科目、減価償却について教えてください。

内装仕上げ工事
 造作工事 休憩室、玄関、WC床木下地 53000
        同上コンパネ12.5貼り 23850
        床下断熱材敷き込み 13250
        間仕切り壁木下地組 11200
        同上PB12.5貼り 11900
        入り口ドア取り付け 35000
 表装工事 休憩室床タイルカーペット敷き 50960
        玄関入り...続きを読む

Aベストアンサー

既存取り合い補修費 18000

これは金額からも内容からも修繕費でよいでしょう。

運搬搬入費 30000 

これは何の搬入費でしょうか。

建物附属設備や看板の搬入費であれば、その取得価額に含めます。
これと関係ないのであれば修繕費や雑費でかまいません。

資産の取得価額はその資産を取得するのに要したすべての費用とするのが原則です。


人気Q&Aランキング