上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法がわかりません。
骨折が先か、脱臼が先か保存療法の整復がわかりません。
おねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 この場合、骨折としては上腕骨近位端骨折が多いのでその場合としてお答えします。

まず脱臼の整復から行いますが、一般的に肩関節脱臼の場合「前方脱臼」が多いのでその場合でしたらzero posisionで牽引し、これでも整復できなければ観血的に行う用意も必要だと思います。ですからこの操作は全麻下で手術の準備も出来ている状態が望ましいと思います。整復の際に骨折部の転位がおこれば手術適応になることも考慮に入れる必要があります。
(初めからあまりにも転位が大きいか、骨頭が粉砕しているような症例では人工骨頭も考えます)
 当然ながら骨折部の化骨が形成されるまで、脱臼したままに放置することはありません。脱臼があっても骨折部が軽微な場合は、もちろん整復後に三角巾固定でも構わないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ないです。
とてもためになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

友人の話です。
テニスはやってないと思うのですが、病院で上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎
と診断され、仕事にも支障が出て困ってます。
今の所、治療は注射と飲み薬だけですが、かなり痛いようで
仕事も休むような事態になりかけてます。

調べてみたら冷やしたり、安静にしつつもストレッチが大事とありました。
それ以外に何か痛みが取れるいい方法があれば教えてください。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。

今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。手のひらを上に向けるというのは一般的ですし、痛い動きはなるべく他人に手伝ってもらうなど、いろいろ工夫してみましょう。

病院では注射、ぬり薬、シップ、電気などのリハビリですね。リハビリは一回の効果が薄いので、重ねることがもっとも大事です。週三回以上できれば毎日通いましょう。エルボーバンドは処方されませんでしたか?処方されていないなら聞いてみましょう。注射もステロイドだと思いますが、ステロイドにも種類があります。効き目のよいものもあるので相談してみてください。

あと、個人的にお勧めなのは鍼治療です。これは結構有効的ですので、興味があればやってみてください。鍼は週一回ほどで十分だと思いますが、一回二回の治療で治るものではありません。これもほかの治療同様、根気よく通ってください。できれば、病院の治療と平行して行ったほうが効果的だと思います。


>調べてみたら冷やしたり、安静にしつつもストレッチが大事とありました。

冷却とはケガ直後の処置です。冷やしすぎは患部の血行不良、痛みの悪化を招きますから行わない方がいいでしょう。加温、冷却にとらわれず保温に努めてください。テニス肘は一年近くかかる患者さんがほとんどです。焦って悪化させることが無いよう、気長に治療に取り組んでください。

>上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。

今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。手のひらを上に向けるというのは一般的ですし、痛い動きはな...続きを読む

Q肩、脱臼?

先日、スノーボードで態勢崩したかけて右手をついた時、腕を持っていかれる感じになりました。
痛っ!!って思って肩を戻したら、ゴッ・・・って音がして戻る感じがしました。

痛いけど、今のところ生活に支障がない様なのでとりあえず病院には行ってないのですが、、、

基本的にボード以外激しい動きはしないので、このまま安静にしてればいいものなんでしょうか?

やっぱり『脱臼』というものでですよね。

すぐに戻ったので、大丈夫だと思うのですが、対処法とかありますか??

Aベストアンサー

それであれば、少なくとも3週間は、三角巾固定をしてください。また、肩を上げたり、特に肩関節の外旋する運動は、その期間の間やめてください。
また、下にも書いたように、初期に固定をしっかりしておかないと、再脱臼しやすくなります。2度目に脱臼すると、通り道が出来てしまうため、”反復性脱臼”といって、脱臼を繰り返すようになります。これが一番怖く、手術しか直せません。だから、三角巾固定を必ずしてくださいね。ちなみにこの肩関節脱臼の固定については、医療関係者ならば意見が一致しておりますが、固定期間については、5週という先生もいます。二回目の肩関節の脱臼になってしまったら、その場合は、通り道が完成してしまっているので、残念ながら三角巾などの固定をしても治らなく、固定期間は痛みのある間だけでいいです。

外旋の説明は以下のURLで確認してください。
http://f-kawaraban.cside.com/find/kinesio/kata.htm

参考URL:http://www.sportsnet.pref.toyama.jp/contents/qa/sportssyogai-qa/19.html

それであれば、少なくとも3週間は、三角巾固定をしてください。また、肩を上げたり、特に肩関節の外旋する運動は、その期間の間やめてください。
また、下にも書いたように、初期に固定をしっかりしておかないと、再脱臼しやすくなります。2度目に脱臼すると、通り道が出来てしまうため、”反復性脱臼”といって、脱臼を繰り返すようになります。これが一番怖く、手術しか直せません。だから、三角巾固定を必ずしてくださいね。ちなみにこの肩関節脱臼の固定については、医療関係者ならば意見が一致しております...続きを読む

Q上腕骨骨幹部を骨折したら

上腕骨骨幹部を骨折しギプス固定された場合、どのような障害がでてくるでしょうか?

Aベストアンサー

さしあたり筋力の低下、上下の関節(特に肩)の拘縮などでしょうか。

Q肩関節可動域制限ROMについて。

高校生女子。1月末に体育の授業中転倒、左橈骨遠位端骨折と診断され、3週間シーネ固定、
4月初旬まで包帯固定を行いました。
また、4月中旬に左肘関節炎を発症しました。
5月初旬に左肩に痛みを感じ、診察を受けましたが、X線検査、血液検査(リウマチ検査)ともに以上ありませんでした。
しかしなかなか痛みがひかなかったので、先週MRIを撮りましたが、こちらも異常がありませんでした。
可動域制限あるといわれ、昨日からリハビリでROMが始まりました。
前から後ろに上げていく動作では150度くらいしかあがりませんでしたが、整形外科医に「痛くてもこれくらいあげないと治らない」といわれ、激痛のため冷や汗がでるほど腕をあげられました。

今朝、おきてみると、左肘がすごく痛みました。
湿布をはり、以前もらっていた薬で症状は治まっていますが、肩関節のROMで肘まで痛むようになるのは仕方ないことなのでしょうか・・・。

医師に肘まで痛んだことを伝えるべきか、我慢すべきか迷っています。

ご助言お願いします。

Aベストアンサー

骨折に伴う肩関節周囲炎でしょうか。結構多いですよ。


>医師に肘まで痛んだことを伝えるべきか、我慢すべきか迷っています。

リハビリは医師に行ってもらっているわけではないですよね?医師に伝えるということは、わざわざ診察を希望するということですか?

これはリハビリの加減の問題ですから医師に言っても何も変わりません。担当のリハビリスタッフ(PT)に直接伝えてみてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

Q上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法

上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法がわかりません。
骨折が先か、脱臼が先か保存療法の整復がわかりません。
おねがいします

Aベストアンサー

 この場合、骨折としては上腕骨近位端骨折が多いのでその場合としてお答えします。まず脱臼の整復から行いますが、一般的に肩関節脱臼の場合「前方脱臼」が多いのでその場合でしたらzero posisionで牽引し、これでも整復できなければ観血的に行う用意も必要だと思います。ですからこの操作は全麻下で手術の準備も出来ている状態が望ましいと思います。整復の際に骨折部の転位がおこれば手術適応になることも考慮に入れる必要があります。
(初めからあまりにも転位が大きいか、骨頭が粉砕しているような症例では人工骨頭も考えます)
 当然ながら骨折部の化骨が形成されるまで、脱臼したままに放置することはありません。脱臼があっても骨折部が軽微な場合は、もちろん整復後に三角巾固定でも構わないと思います。

Q左手第4指関節内骨折手術・麻酔について 等…

先日、左手第4指関節内骨折の手術を受けました。皮膚の上からピンを2本刺しています。よくあるケガで、よくある手術と聞いていましたが、骨折も手術も人生初の経験だったので不安でした。局部麻酔をしてから血圧が下がり、医師が「あと100上げて」という指示をして腕をさらに縛られた気がします。麻酔をすると血圧は下がるんですか?

あと、5~6週で抜釘だそうですが受傷前のように動くようになりますか?後遺症等について一度主治医に聞きましたがはっきりとは答えにくそうでしたので…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
 通常、麻酔薬の影響では交感神経が遮断されて血管が広がり血圧は下がります。局所麻酔薬を使いすぎた場合には中毒症状として血圧上昇も考えられますが。
 
>局部麻酔をしてから血圧が下がり、医師が「あと100上げて」という指示をして腕をさらに縛られた気がします。

 ある程度は血圧が下がったのでしょうけど、医師が上げて欲しいと言ったのは血圧じゃなくて、腕の付け根に巻いた「タニケット」と呼ばれる物の圧を上げるということではないかと思います。出血量を少なくするために、ある程度の圧をかけて血流を一時的に遮断します。高血圧でもない限り100mmHgも下がるとなると(例えば130から40?)意識がなくなるくらいの危険な状態ですから…。

 術後の経過については知識がないのでお答えできませんが、「後遺症も全くなく受傷前の状態に完全に戻る。」とは術後まもなくで、経過も見ていないため確約できないという返答ではないかと思います。
 

Qテニス肘(上腕骨外側上顆炎)と保険について

仕事をしていてテニス肘(上腕骨外側上顆炎)になってしまったのですが、傷害保険に加入しているのですが、怪我とのみなしてもらえ、傷害保険、傷害共済が使えるのでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

保険で言う「ケガ」とは、
急激・外来・偶発の3つの要素を満たさなければなりません。

テニス肘の場合、
急激ではなくて、慢性的なものです。
肘の使い過ぎですから、肘を使わないという選択肢があり、
避けられない=偶発 とは言えません。

従って、病気と言えますが、ケガとは言えません。

Q柔道整復と鍼灸師

 私は今年柔道整復師になるため専門学校を受験します。そして、1年ずらして鍼灸マッサージ科に入学を考えています。

 柔道整復と鍼灸の資格を2つ取るといいと聞きました。どういった点で良いのでしょうか?

 後もう一つ質問なのですが、これらの資格を取得して鍼灸整復院として開業するとします。一つの治療室で私が2つの治療をしても良いものなのでしょうか??

 回答していただけると幸いです;

Aベストアンサー

最低でも2年間は、ダブルスクール的に勉強される ということですよね。

柔整は、はじめは医師の同意書がなくても保険請求できます。(だからインチキをする業者も多いわけですが…)
鍼灸は、同意書を予め患者さんが貰ってこないと保険が使えません。

フラッと訪問した患者さんが最初から保険(柔整)を使えて、その後のケアも保険(鍼灸)で出来る という点で、両資格を保有していたほうが有利です。

(個人的には、疾患名が限定されていて、さらにDr.処方薬を併用できない「鍼灸」よりは、服薬治療と併用できる「マッサージ資格」のほうが良いように思いますが。)

東洋医学として捉えた場合、資格取得のためのカリキュラムをみると、鍼灸師が一番知識が豊富です。柔整の業務内容は整形外科と重なる部分が殆どなので、整形クリニックと競合してしまいます。
だから、いろいろ対応可能ということで複数資格を保有しているほうが良いのでしょう。

柔整院と鍼灸院は、保健所では医療類似行為として同じ扱いを受けるようです。実際に両資格を使っている開業者も沢山いますよね。
もしかしたら地域によっては、同じ待合室・同じ施術場所としてダブって登録出来ないところもあるかも知れませんが、多分大丈夫では?
ここらへんは保健所担当者の法解釈によって左右される可能性がありますので、近隣保険所に問合せると良いでしょう。
(昔、一階を接骨院、二階を鍼灸院として登録してあるところがありましたが、その関係かも知れませんね。)

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

最低でも2年間は、ダブルスクール的に勉強される ということですよね。

柔整は、はじめは医師の同意書がなくても保険請求できます。(だからインチキをする業者も多いわけですが…)
鍼灸は、同意書を予め患者さんが貰ってこないと保険が使えません。

フラッと訪問した患者さんが最初から保険(柔整)を使えて、その後のケアも保険(鍼灸)で出来る という点で、両資格を保有していたほうが有利です。

(個人的には、疾患名が限定されていて、さらにDr.処方薬を併用できない「鍼灸」よりは、服薬治療と...続きを読む

Q上腕骨外側上顆炎

知り合いが利き腕を痛めてしまい、病院に行ったところ、
『上腕骨外側上顆炎』と診断されました。
テニスをやっている訳ではなく、
フォークリフトの運転・荷物の上げ下ろしなどで
痛めてしまいました。
仕事なので、腕を休める事が出来ないのです。
湿布と、痛む所の周りの筋肉を軽く揉み解す事で
騙し騙しに動かしています。
痛みがひどいと、ペットボトルの蓋が明けられなかったり、
1.5Lのペットボトルが持てなかったりしています。
悪化を防ぐ為に何か出来る事はないかと探しております。
アドバイスなどありましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

利き腕の上腕骨外側上顆炎は辛いでしょうね。
やはり、上腕骨外側上顆炎の治療の原則は、患部を冷やし、痛みを生じるすべての運動をやめることです。日常生活において物を持ち上げたりする動作を避けるよう西たほうが良いです。障害が回復してきたら、手首の柔軟運動と強化運動を始められます。前腕伸筋のストレッチが良いと思います。手のひらを下にして手を伸ばし、反対の手で手首を地面方向にゆっくり折り曲げていきます。肘の外側に突っ張り感と軽い痛みが生じる所まで曲げ、この状態を30秒間保った後ゆっくり戻します。これを朝夕5回繰り返します。装具による固定も有用ですね。しかし、やはり改善を期待するのであれば、痛みが消失するまで、腕を使うことはさけなければならないと思います。悪化すると腕全体にまで痛みが出ることもあるようです。
仕事があるとのことですが、やはり炎症を取り除くことが重要ではないかと思います。

Q現在、私は高校三年生で奨学金をどうしようか迷っています。 そこで、柔道整復師の資格を使って働いている

現在、私は高校三年生で奨学金をどうしようか迷っています。
そこで、柔道整復師の資格を使って働いている人にお聞きします。
年収はいくらぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

240万


人気Q&Aランキング