最新閲覧日:

上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法がわかりません。
骨折が先か、脱臼が先か保存療法の整復がわかりません。
おねがいします

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

 この場合、骨折としては上腕骨近位端骨折が多いのでその場合としてお答えします。

まず脱臼の整復から行いますが、一般的に肩関節脱臼の場合「前方脱臼」が多いのでその場合でしたらzero posisionで牽引し、これでも整復できなければ観血的に行う用意も必要だと思います。ですからこの操作は全麻下で手術の準備も出来ている状態が望ましいと思います。整復の際に骨折部の転位がおこれば手術適応になることも考慮に入れる必要があります。
(初めからあまりにも転位が大きいか、骨頭が粉砕しているような症例では人工骨頭も考えます)
 当然ながら骨折部の化骨が形成されるまで、脱臼したままに放置することはありません。脱臼があっても骨折部が軽微な場合は、もちろん整復後に三角巾固定でも構わないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ないです。
とてもためになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 11:48

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ