実は以前同様の質問を「美容&健康」のカテゴリでしたことがあるのですが、質問の内容的にこちらのカテゴリの方が適切かと思い、改めて質問させていただきます。
先日生まれて初めてピップエレキバンなるものを使用してみたところ、かなりの効き目に驚かされました。
そこで疑問なのですが、なぜ磁気が肩こりに効くのでしょう?
ピップのHP(http://www.piptokyo.co.jp/erekiban/main.html)を見てみますと、(磁気が)筋肉組織内の血行をよくする、と書いてあります。
とすると問題は、なぜ磁気が「血行をよくする」か、ということになります。
私が思いつく限りでは、1)血流をイオンの流れととらえて、このイオン電流と磁場により右手力が発生し、血管を押し広げる、あるいは、2)血管平滑筋の自律神経の電気信号が影響を受け、平滑筋が弛緩し、血管が拡張する、の二つぐらいです。
しかしどちらの説明でも、なんとなく分かったような気にはなるのですが、まだすっきりしません。
たとえば1)に対しては血流はあちらこちらに向かって流れているのに、一方向の磁場を与えるだけでなぜ血管は拡張するのみで収縮しないのか、といった疑問が残りますし、2)に対してもなぜ弛緩させるのみで収縮させないのか、といった疑問については不明のままです。
どなたか、理系の人間に分かりやすい説明ができる方、いらっしゃいませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

磁気が浸透するという表現はあまり適切ではないと思いますが(ピップHP)


肩こりなどは、その周りにある血管の血流不足で筋肉等が酸欠状態になっていると
考えてください。(違っているかも)

では、本題に・・・
血を舐めたことはないですか?あれば 鉄の味がしませんでした?
血液の中には赤血球の中にヘモグロビンという物質が含まれています。
その中の成分はほとんど鉄でできています。
鉄は磁石にくっつくのでピップエレキバンのような強力な磁石を皮膚につけた場合、
ピップエレキバンの近くの血管の中のヘモグロビンがエレキバンに近づこうとして
血管を押し広げます。ただ、流れる力があるので、血管を押し広げながら流れます。
最終的に若干血管が広がって血流が増加します。

2番については推測ですが、筋肉が緊張状態の時は自律神経から常に何らかの電気信号
を受けていると思われます。それが磁力によって自律神経の電気信号の流れが阻害されるため、筋肉が緊張状態から開放されて筋肉が弛緩するのだと思います。

ですので、両方とも一時的なものなので完全に肩こりが治ったといえないと思います。

わかりにくかったかもしれませんが、これでよろしいでしょうか。間違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですか。ヘム鉄が引き寄せられるんですね。
かなりすっきりしました。
神経伝達はどうなるんですかねぇ。
気になるところです。

お礼日時:2001/08/30 09:33

ども。

2回目のRYUMUです。

>酸素って常磁性でしたっけ?

そうです。
でもヘモグロビンの酸素結合能がなぜ下がるのかは分かっていませんし、酸素の常磁性が関わっているのかどうかも不明ではないかと思います。
・・・というより、タンパク質の機能の分子機構は明確に分かっているものはほとんどないのですが・・・

>ところで人間そのものを磁場の中においたらどうなるんでしょうね。
どうなるんでしょうね??
MRIでは、磁場の強度に上限が決められていますが、最近は脳に限って上限が上がってる見たいです。
私はNMRを用いた研究をしているので、常に磁場の近くにいますが・・・
何となく、場の雰囲気が違いますね・・・そう思う人は多いみたいです。
それと、生体分子も磁化率を多少持つので、分子によっては磁場配向してしまいそうですね。
とにかくまだ不明なことが多いし、一細胞では大丈夫でも多細胞では問題が出てくるかも知れないし、後遺症が数日、あるいは数年後に出てくる可能性も否定できないので、今後も調査が必要なのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>でもヘモグロビンの酸素結合能がなぜ下がるのかは分かっていませんし、酸素の常磁性が関わっているのかどうかも不明ではないかと思います。

なるほど。
あんなにメジャーなピップエレキバンにも、まだ謎が隠されていたという感じで、私にとってはかなり有意義な回答でした。
この質問はここら辺で締め切らせていただきます。
お二人ともどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/31 09:58

実のところよく分かっていないようです。



先日、ある学会で磁場の生体に対する影響について報告されてる方がいました。私自身が、磁場を用いた研究をしてるので、面白そうだと思って聞いてきました。

で、磁場が当たると、”なぜか”ヘモグロビンの酸素結合能が低下するらしいのです。そして、それが原因かは”不明”ですが、皮膚表面の温度が上昇する・・・とのこと。

で、もしかすると酸素を運んでいるヘモグロビンが、磁場に近づくと、酸素結合能を低くし、酸素を通常より細胞に多く供給する・・・それが、血管を広げる原因にならないか?・・・と予測している人もいました。

とりあえず、まだ仮説の段階ですが、実験事実としては、磁場がヘモグロビンの酸素結合能を低下させているようです。
・・・ただ、実際の実験に用いられた磁場は、ピップエレキバンよりもかなり強かったと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
酸素結合能ですか。
う~~ん。。。酸素って常磁性でしたっけ?
昔大学の量子化学で習ったような気もするんですが、記憶があやふやですねぇ。
しかし、だとするとcbd_meiさんのおっしゃるようにまずヘモグロビンが磁石に吸われて血管を押し広げ、さらにその近辺で酸素ガス濃度が高まる、ということになるわけでしょうか。
二重の効き目、ってとこなんですかね。
ところで人間そのものを磁場の中においたらどうなるんでしょうね。

お礼日時:2001/08/30 09:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平滑回路

宿題で、「平滑回路の代表例を1つあげてその原理について説明せよ。」というのが出ました。
インターネットで調べたところ、おそらくコンデンサフィルタとインダクタンスフィルタというのが代表例なのが分かりました。
しかし、その原理についてはうまく見つけることができませんでした。
どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

宿題のようなので、このQ&Aコミュニティでは直接の回答はできません。
おおまかなことだけ、大雑把に説明します。
ご参考までに参考URLを載せますので、ご自分で勉強してください。

交流がダイオードで整流されて山が連続したような波形の電圧出力になります。
この電圧をコンデンサーに通すと、コンデンサーはダイオードの導通時に充電され、ダイオードが非導通になると放電を開始するというコンデンサーの充放電が繰り返されるので、コンデンサーを介した出力は脈流になります。(コンデンサー入力型平滑回路の場合です)
脈流は電圧変動が多いので、更に抵抗とコンデンサーを組み合わせて所定の時定数をもったRCフィルタを通して濾波することにより、直流に近付けています。

参考URL
原理 平滑回路
http://akita-nct.jp/yamamoto/lecture/2005/3E_Exp/html_2nd_term/DC_ps/node4.html

参考URL:http://akita-nct.jp/yamamoto/lecture/2005/3E_Exp/html_2nd_term/DC_ps/node4.html

宿題のようなので、このQ&Aコミュニティでは直接の回答はできません。
おおまかなことだけ、大雑把に説明します。
ご参考までに参考URLを載せますので、ご自分で勉強してください。

交流がダイオードで整流されて山が連続したような波形の電圧出力になります。
この電圧をコンデンサーに通すと、コンデンサーはダイオードの導通時に充電され、ダイオードが非導通になると放電を開始するというコンデンサーの充放電が繰り返されるので、コンデンサーを介した出力は脈流になります。(コンデンサー入力型平滑...続きを読む

Q磁場が身体に与える影響

最近マンションには鉄筋の柱に磁場があることを知りました。建てる時、鉄筋を持ち上げる際どうしても磁力が必要になるのだとか・・磁場がある方にテレビなど置くと写りが悪くなります。
磁場が身体に悪影響を及ぼすことはないですか?心配です。またこのような場合どのような方法で対処すればいいのですか?

Aベストアンサー

38endohさんの回答のとおり、電磁石で鉄骨は永久磁石になります。
ただ、私はクレーンに電磁石を吊り下げて鉄骨を持ち上げた、というようなイメージで考えていたのですが、その知人の方のおっしゃる電磁石はまた違うもののように思えます。
私は建築関係は門外漢なので、その電磁石がどういったものかわかりませんので、施工不良かどうかは判断しかねるのですが、参考URLにこんな記述がありました。「電磁石を使用した揚重機器やスタッド溶接により鉄骨および鉄筋が永久磁石となってしまう着磁の障害調査と対策技術の開発など、…」
やはり問題になっているようですね。

あまり参考にならなくてすみません。

参考URL:http://www.const.tokyu.com/topic/denji/

Q磁場・磁性体について

鉄などの磁性体は磁石のNS極どちらにもつきますが、中空のコイルに電流を流し、コイルの内側中心に磁性体をおいた場合はどうなるのでしょうか?
SN極の中心なので、引力は相殺されるのでしょうか?
それとも、磁界の向きに沿ってN側えと力をうけるのでしょうか??

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 
 
 コイルが作る磁界は、↓両端に行く途中で漏れるので、中央が一番濃いのです。
http://home.c06.itscom.net/miya/series4/densi0225.html#fg2.2-32
 濃い磁界は引く力が強いので、濃淡がある場合は 濃い方向に引っ張り込みます。(濃淡が無くとも「そちらに動いた方が濃くなる」場合はその方向に引っ張り込まれます。)
 よって、
中央にある場合は、左右の力がバランスして見かけの力は無し。
どちらかにズレてる場合は、中央(濃い所)に引き込まれます。
NもSも平等です。

 なお、日常の製品でクルマやバイクに電磁石が使われてますが、コイル直接でなく鉄のシリンダの中に鉄のプランジャが入ってる構造の場合は、上記カッコ内の「濃くなる方に」の形の説明に合います。
 ついでに、永久磁石のNやSがなぜ引きつけるかというと、
http://home.c06.itscom.net/miya/series4/densi0225.html#C2_2_9
のように、そこがいちばん磁界が濃いからです。(この写真は芸術的にきれいに一様に鉄粉を撒いてるので濃淡が出てません。)


 上記のサイトは、個人が趣味的に作ったのだと思いますが、こんな分かりやすく説明してあるサイトは少ないですね。海外ではこんな↓のが多数あります。日本も増えて欲しいですね。
http://www.physics.sjsu.edu/facstaff/becker/physics51/mag_field.htm
磁界が濃い方に物を引き込む力のメカニズムが図で説明してあります。Fig28-34の前後。英語抜きで図だけでもおよその雰囲気が分かりますね。
 
 

 
 
 コイルが作る磁界は、↓両端に行く途中で漏れるので、中央が一番濃いのです。
http://home.c06.itscom.net/miya/series4/densi0225.html#fg2.2-32
 濃い磁界は引く力が強いので、濃淡がある場合は 濃い方向に引っ張り込みます。(濃淡が無くとも「そちらに動いた方が濃くなる」場合はその方向に引っ張り込まれます。)
 よって、
中央にある場合は、左右の力がバランスして見かけの力は無し。
どちらかにズレてる場合は、中央(濃い所)に引き込まれます。
NもSも平等です。

 なお、日常の製品...続きを読む

Q子宮収縮作用のホルモン オキシトシンについて教えてください

オキシトシンには治療目的として分娩に際して陣痛微弱、胎盤の晩出防止、分娩後の子宮収縮不全による大量出血の停止。と生理学の教科書に書いてあるのですが、これは出産前に陣痛促進剤と関係あるのでしょうか?
ないのなら陣痛促進剤の成分はどのようになっているのでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

薬としてはオキシトシン系の陣痛促進剤もありますね。
私が勤務していた病院はプロスタグランディン系を使用していましたが。

出産の時、プロスタグランディンが分泌されて陣痛が始まるので、陣痛を起こすホルモンはオキシトシンではないでしょうね。
オキシトシンは分娩後授乳刺激により分泌が増すホルモンですから、陣痛促進剤というよりも、乳汁分泌と産後の子宮収縮、排卵抑制作用などが本来の作用かと思いますね。

でも、子宮を収縮させる作用があるために、治療目的で投薬されているのでしょう。

Q心臓の収縮について(医学関係の方、お願いましす)

自信がないので、以下の質問に答えていただきたいです。

1.心臓の収縮は Sympathicus による、intracellular Calcium の増加によるものである。

2.Sarcoplasmatic reticulum にある、Calcium-pumpe は、やはり、Sympathicus による、cAMP を介した Phospholamban の リン酸化 によって、その活動が増加し、intracellular Calcium の量を減らす。
結果として、心筋の弛緩をもたらす。


この、一見矛盾しているような、相互間系は、収縮の長さに関係するものだと、理解していいのでしょうか。

Phospholamban の作用は cAMP の量が一定になった時だけにしか起こらないので、心筋の収縮が短いときは (つまり、Sympathicus が、一時的にしか作用しない時)Phospholamban は、リン酸化せず、従って、筋肉の弛緩はおこらない。

Sympathicus の作用が長い時には、Phospholamban のリン酸化が起こるので、それによって、 過度の収縮を抑制する。


これで、合っているのでしょうか?

あと、Phospholamban のリン酸化については、どのくらいの量の cAMP が必要なのでしょうか。知ってる方、いらっしゃいましたら、教えてください。

よろしく、お願いいたします。



日本語、ちょっと変だと思いますが、ごめんなさい^^”

自信がないので、以下の質問に答えていただきたいです。

1.心臓の収縮は Sympathicus による、intracellular Calcium の増加によるものである。

2.Sarcoplasmatic reticulum にある、Calcium-pumpe は、やはり、Sympathicus による、cAMP を介した Phospholamban の リン酸化 によって、その活動が増加し、intracellular Calcium の量を減らす。
結果として、心筋の弛緩をもたらす。


この、一見矛盾しているような、相互間系は、収縮の長さに関係するものだと、理解していいのでしょうか。

Phosph...続きを読む

Aベストアンサー

専門外でダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「心臓」
このページで「心筋細胞の収縮」「収縮弛緩調節機構とCaシグナル」の項が参考になりますでしょうか・・・?

●http://www.on.rim.or.jp/~messahra/gakusei/phama22.htm
(循環器薬理)
このページでは「Autonomic regulation (自律神経による調節)」「 Ca extrusion mechanisms (カルシウム排出機構)」の項が参考になりますでしょうか・・・?

PubMedで「Phospholamban AMP review」で検索すると24件Hitします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.med.rcast.u-tokyo.ac.jp/vascbio/31.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報