私はデザイン事務所・出版会社などには勤めた事はありません。
知人・友人はそういったところで働き、技術/コネを持ってフリーデザイナーになっています。
現在は、知人に頼まれてWEBのデザインをしてみたり、1店舗の月間予定表・フライヤー
のデザインを趣味の延長的に請け負いつつ、
パソコンインストラクターのバイトをし、家ではイラストを手描き・グラフィック(photoshop&illustrator)
で描いているといった生活をしています。
好きでイラストやデザインをしていますが、
まわりがフリーでバリバリ仕事をしている人達ばかりなので、
そんな人達を見ていると自分がフリーでやっていこうなんて考えてはいけないような気がしています。趣味から仕事にするってところの気持ちの切り替えみたいなのが必要というか・・・
カレシ(フリー動画プロデューサー)に、これだけできれば金になるんだから、
もっと仕事とってくるなり、知人に仕事貰え!
と言われますが、自分では全く仕事としてのノウハウも分からないし自信もなく、
しかも、紙媒体の世界で、印刷会社も見つけて取引しないといけないだろうし、
どういう所に売りこみに行ったら良いのかとか、一体どうとっかかったら良いのかわかりません。
難しく考え過ぎなのでしょうか??臆病すぎるのでしょうか??
自分の実力を知る事、またフリーでやる仕事の内容がわかればがんばれると思います。
現在フリーでお仕事されている方、人には教えたくないかもしれませんが、
仕事の流れ、ノウハウ、苦労話や経験談、
どういった経歴でフリーになられたかなどお聞かせください。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ところで、「カレシ」に言われてってことなら、無理してフリーランスになることもないんじゃないでしょうか?



根っから性格がフリーランスに向いてる人にとっては、フリーランスってサイコー!でシアワセなもんでサラリーマンに戻るなんてとんでもない!!って感じのもんですが、向いてない人にとっては、ツライだけかもしれないです。

成れるか,成れないか、やっていけるか,行けないかってのは、持ってる技術や才能やノウハウやガンバリで決まるんでしょうけど、それが本人にいいかどうかは別問題です。

できるからって無理にやることはないです。

それだけできるなら、もしかしたら就職とかした方がよっぽどいいかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フリーの、動いたら全てが自分の為になるという状態は好きです。
その代わり責任全部自分にのしかかるっていう事もあるんですよね~。
そういうところに強いか弱いか、とおっしゃりたかったんだと思います。
で、考えたら結構性格上、自信ないかも。

>できるからって無理にやることはないです。
・・・納得です。

お礼日時:2001/10/23 17:20

私は編集プロダクションのスタッフで、イラストレーターさんやデザイナーさんに仕事を発注する立場の人間です。


イラストの書けるデザイナーさん・・・いいですねぇ。

DTPの知識は完璧ですよね? MOやフィルム入稿、
もちろんできますよね? 
DTP入稿でも、イラストは版下で入れて、印刷会社の方で別分解することもあるんですが、版下でも入れられますよね?
ウチあたりの小さな編プロの仕事でよければ、ありますよ、仕事。
最初から大きな出版社を狙うより、そっちのほうが手っとり早いと思います。
雑誌の記事は、実際は編プロが作っているものも多いんです。

ここで、実際の仕事の話などをしてもいいのかどうかわからないので一般的なお答えになりますが、
自分のデザインやイラストが生かせそうな雑誌を見て、
それに編プロが載っていたら、そこを紹介してもらうというのはいかがでしょう。
スタッフクレジットに出版社の編集部以外の会社の名前があれば、それがだいたい編集プロダクションです。
(ムックでしたら奥付に、雑誌でも、記事によっては「取材・文」「文・構成」などと書いてあれば、それがそうです)

奥付に書いてあるところであれば、その編集部に、
個々の記事に載っていたものであれば、その記事の担当編集者に言えば、おそらく紹介してもらえると思いますよ。
がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になるアドバイスありがとうございます。
今、まだフリーになるべきか考えなおしていますが、
今後、きちんと自信も持て、「あとは営業がんばるだけ」となったら
>自分のデザインやイラストが生かせそうな雑誌を見て、
がんばりたいと思います。

お礼日時:2001/10/23 18:04

プロ意識を持っていれば大丈夫です。


裏付けのある自信があれば大丈夫です。
最後まで諦めない精神力があれば大丈夫です。
他人に頼らない責任感があれば大丈夫です。
自立と自活の違いが分かっていれば大丈夫です。
いろんな人に会うのが好きであれば大丈夫です。
どんな事にも興味があれば大丈夫です。
夢を持っていれば大丈夫です。

もしも広告の分野の仕事というのでしたら美しいだけではなくクライアントに利益をもたらさなければ成功とはいえません。
ビジネスにもエキスパートになってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シンプルかつ鋭い。
独立したら社訓にさせていただきたい。

お礼日時:2001/10/23 17:55

私は現在、会社を起こして仕事をしていますが、8年前フリーでデザイナーとして独立しました。


もちろん、当時は会社を起こすなんて夢のまた夢のような状況でしたが、
今も会社にしたからといって基本的な仕事の流れはフリーの時と同じです。
参考になるかどうか分かりませんが、私の経験でよければ・・・

フリーのクリエイター(デザイナー・イラストレーター含む)に必要なものは、もちろんその道の技術ですが
営業能力というのがそれと同等かそれ以上重要だと思います。
仕事を見つける能力、クライアントとのかけひきの能力など、最終的に自分の仕事をお金に換える能力が営業力
だと思います。シビアな話、自分の「絵」がいくらになるか分からないで作品を作るのであれば、芸術家であり
デザイナーとは違うと私は考えています。
趣味と仕事の違いも、ギャランティーに対してシビアな営業ができるかという事だと思います。
それに、プロとしてクライアントの要望を満たす為には自分のテイストや好みを殺す事も必要になるかも・・・

私がフリーのかけ出しだった頃の営業方法は今思えば無謀だったかも知れませんが、こんなやり方でした。
1.求人誌でデザイナー募集のところを探しアポを取る。(正社員募集だろうが外注委託だろうが関係なし)
2.会社へ出向き、名刺を渡し、とにかく今までの作品を見てもらう
3.マック使えます!と断言!(当時、マック買ってまだ2~3週間であまりつかえなかった)
4.正社員にはなれませんと断言!そのかわり、必ず役にたちます。
5.ある程度の納期を確保して、受注!
6.自宅で、本を片手にマックと格闘しながらクライアントの望むレベルが仕上がるまで徹夜連続
7.納期の1~2日前には提出(ダメ出しされても修正する余裕を残す)

こんな、無謀なプロセスで始めたフリーランスデザイナーですが、何とかなりました。
これを、くり返して半年後には、フォトショップ・イラストレーターでDTPも大抵こなせるノウハウを
得る事ができました。知り合いのデザイナー(Macの先輩)には異常なぐらいマスターが早いと驚かれた程です。
必死でしたからね・・・

でも、私のようなやり方は決してお薦めはできません。あくまで体験談です。
一歩間違えれば、クライアントに多大な迷惑を与えかねない危険性があったからです。
それでも、フリーになること自体は応援しております。

bentoさんの場合、Mac(?)での作業には慣れているようですから、あとは度胸ある営業が必要かと・・・
私の様な危険な橋は渡らないで下さいね。でも覚悟を決めればフリーへの道は開けると信じてます。
※アプリケーションとフォントの環境はクライアントにあわせてしっかり整えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますっ!
とても聞きたかったお話です!
私も初めはnatuseepさんの様にバイタリティーのある人こそフリーでやっていくべき人種だと思っていて、自分にもう少し思いきりがあればそうなれる!
とおもってました。
仕事になりそうだったら、ある程度「はったり?」も使っていました。
少しづつ仕事っぽくなってきたところで今回の質問をしたのです。
ところが最近自分のデザインを見た様々な人から評論(?)され、自信がなくなってます。
自分のスタイルが多分、決まってないからです。
なので、もっと色んなものに携わって、他のデザイナーの仕事も見て、本当に好きでデザインやってるのか、仕事として成り立つからやりたいだけなのか時間をかけて見極めたいと思っています。

natuseepさんの様なやり方、カッコ良くて好きです。

お礼日時:2001/10/23 17:45

質問から「絵が上手に描ける」ということはわかりましたが、あなた自身がどんな仕事をほしいと思っているのかがわからないので、一般的なハナシで読みとってください。


フリーに限らず媒体扱いの仕事には「クライアント」と呼ばれる方々が存在します。つまり発注者ですね。あなたの知人はどこから仕事をもらっているのか知りませんが、欲しい仕事がでてきそうなところにいくこと、がまず最初。(印刷会社なのか、広告代理店なのか、制作プロダクションなのか、メーカーなどの広報部なのか・・・)そこで、あなたの作品などを持ち込んで「私はこんなものが描けます」とアピールすればよし。その場で仕事が舞い込んでくることはありえないので、やっぱり名刺くらいは用意しましょう。
あとアドバイスというか心構えとしては、こういった仕事は「芸術」ではないので、クライアントは神様くらいに思っておくことも必要。それとあなたは制作すること、イラストを描くことを仕事とするわけですが、クライアントは「印刷された完成品」で良否を判断するので、できれば最後まで携わらせてくれるところがいいでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/23 17:23

質問の主旨とは外れることを承知の上で発言させていただきますが、個人的には会社勤めしてみることをおすすめしますね…。


ご自分の実力を本当に知りたければ、やはり外に出て多くのデザイナーの仕事に触れ、そこから学び取る以外に方法はないと思います。フリーでやっていくか、会社員としてやっていくかは、とりあえず会社に勤め、そこできちんとした技術と経験を積んでから決めても遅くはないと思います。あるいは、知人の方がやっている事務所や会社、フリーの方の仕事を手伝ってみてはどうでしようか。いろいろな人の仕事の仕方を身近で見るだけでも勉強になるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただいて、しばらく時間が経ってしまいすいません。
皆さんのご意見を参考に、更にイロイロ考えてみました。
sanzanさんの「とりあえず会社に勤める」というのも初めは考えていましたが、なぜかフリーにこだわっていたようで冷静になってみると賢い方法なんですよね。おっしゃる事はもっともです。
急いで結論は出さなくても良いと思えてきたので、頼まれた仕事をぼちぼちこなしながら、フリーがむいているのかいないのかも、もう少しかんがえてみようとおもってます。
ご意見どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストやデザインの仕事について

私は趣味でイラストやグラフィックデザインの作品を作っています
時々個人的にお仕事をいただいたりしているのですが私の性格的にフリーでやるのは向いていないと思いました
なのでアルバイトでいいからどこかの会社に入ってイラストやデザインのお仕事ができたらいいなぁと思うのですがほとんどのところが実務経験1年以上です
派遣会社でも1年以上なのでどこから入って行ったらいいかわかりません
なにかアドバイスおねがいします

Aベストアンサー

こんにちは。
現役でCGデザイナーをしているので、回答させて頂きました。

ほとんどの会社が実務経験を求めるのは仕方のない事だと思います。。
ソフト(フォトショやイラレ)の基礎的な使い方から、デザイン(印刷関係)のある程度の知識はないと仕事にならないからです。
独学だけではなく、ちゃんとした知識が必要です。
(入稿データの作り方や、主に注意することなど基本的な事など)
この業界は即戦力を求めるので、せめて専門・大学卒といった肩書きは欲しいものです。

ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、うちの会社でも独自でPCを触っていた事務の人がデザイナーへ移行した事はありました。
根気よく探してみれば、求人情報などでも実務経験を問わないものはあります。
「イラストレーター等グラフィックソフト使える方」
などと、曖昧に書いてあるところとかありますよ!

面接の際ですが...必ずポートフォリオを持って行くようにしましょう。
80%くらいそれで決まってくるとよく言われました。
頑張って下さいね!

Qフリーライターの方からイラストのお仕事の依頼を頂いたのですが・・・

こんにちは。初めてこちらに質問させて頂く者です。

私は、創作系のイラストサイトを運営しているのですが
今回“フリーライター”の方(お名前も書かれてはいましたが)から、イラストの依頼を頂きました。
実は以前、別の編集者の方から依頼を頂いたことがあり
イラストレーターとしての経験は、あるのですが、
その時は“(株)○○”と、編集社の方からの依頼でした。
なので、依頼のメールを受けとった時に、その会社のHPを拝見したりして
仕事をお受けすることになったのですが、
今回は、会社の方(?)からではないようなのです。

依頼内容と、版元の出版社、入稿時期、ギャランティの金額など詳しく書かれてはいたのですが
どうしても、その“フリーライター”というところが気になります・・・。
イラストレーターとしての経験もまだ浅く、周りに相談出来る人もおりません。
(以前お受けした1社としかお仕事したことがないのです・・・)

そこで質問です。
“フリーライター”の方のお仕事をよく知らないのですが、
フリーライターの方がイラストレーターをご自分で探して、
仕事の依頼をすることというのはあるのでしょうか?

フリーライターの方や、ご経験のあるイラストレーターの方など、
何かおわかりの方がおられましたら、ご協力頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

こんにちは。初めてこちらに質問させて頂く者です。

私は、創作系のイラストサイトを運営しているのですが
今回“フリーライター”の方(お名前も書かれてはいましたが)から、イラストの依頼を頂きました。
実は以前、別の編集者の方から依頼を頂いたことがあり
イラストレーターとしての経験は、あるのですが、
その時は“(株)○○”と、編集社の方からの依頼でした。
なので、依頼のメールを受けとった時に、その会社のHPを拝見したりして
仕事をお受けすることになったのですが、
今回は、会社の方(...続きを読む

Aベストアンサー

フリーで紙媒体のデザインなど9年くらいやってます。

ライターが一括で制作を請け負い、ワタクシにデザインや制作などを依頼
することもありますし、
ワタクシからフリーのイラストレータの方にカットなどを依頼することもあります。
ワタクシが制作に関わっている某雑誌の表紙のイラストレータは、
道端で自作の絵葉書などを売っていた若い人をたまたま見つけて
依頼したりもしました。

会社からの仕事の依頼だと、会社内での人脈の広がりはあるかもしれませんが、
それ以上のネットワークはなかなか作りづらいです。
もしその会社の方針が変わってフリーの人に仕事を渡さなくなることとかも多々あります。

今回のフリーライターとの仕事がうまく進行して、
お互いの能力を理解したのであれば、
お互いの人脈を期待することができます。
今後もしそのライターさんがどこかの出版社とかでイラストレータを紹介して欲しいと言われれば、
もしかしたら質問者様を紹介してくれるかもしれませんし、
質問者様がどこかの会社でライターを探していると言われたら、
今回のフリーライターを紹介してあげれるかもしれません。
そうなると自ずと人脈が広がる可能性があります。

無数に存在するフリーやアマチュアのイラストレータの中から
運良く貴方を探して指名してくれたのだから、
多少心配しつつも、今回の仕事をやってみた方が今後にプラスになるような気がします。
もしトラブルが発生しても、一時的な損で勉強にはなると思いますよ。

フリーで紙媒体のデザインなど9年くらいやってます。

ライターが一括で制作を請け負い、ワタクシにデザインや制作などを依頼
することもありますし、
ワタクシからフリーのイラストレータの方にカットなどを依頼することもあります。
ワタクシが制作に関わっている某雑誌の表紙のイラストレータは、
道端で自作の絵葉書などを売っていた若い人をたまたま見つけて
依頼したりもしました。

会社からの仕事の依頼だと、会社内での人脈の広がりはあるかもしれませんが、
それ以上のネットワークはなかな...続きを読む

Qデザイン料とイラスト料の境界線

はじめまして。よろしくお願い致します。

私は今年から独立しましたグラフィックデザイナーです。

現在受けている仕事で、デザイン料とイラスト料の境がわからなくなりました。

中間の印刷会社がもう見積もりを出したので内容変更はできない前提として以下を読んでもらえるとありがたいです。

例えば写真は撮影料金がかかるのでNGはわかりやすいんですが、なにかイラストを描いたとします。イラスト料金が発生して当然だと思うのですが、見積もり後にイラスト料発生と言うのもおかしいし、だとすればデザイン料としてしか使えないものってかなり限られると思うのですが、(例えばタイポグラフィーやカラー処理)いったいどこまでがデザイン料なのかイラスト料なのかわからなくなってきました。

どなたかご教授頂けたらありがたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 イラスト料はイラストに発生しますよね。つまり、著作権者の
クレジット表記が必要な作業に対して発生します。いっぽうで
デザインには著作権はありませんので( 思想などの表現では
ないため )、あなたの今回の仕事の中で、著作権が発生しそう
なものがあれば、イラスト料請求の根拠になります。

 たとえばデザインの一環として花のイラストが敷いてあると
いった程度では、イラスト料はもらえないでしょう。著作権原
理主義者から見れば、すべての絵はイラストかもしれませんが、
デザイン上の装飾はデザインの一環だと考えます。

 それに対し、あきらかに挿絵とみなせるイラストがあるなら、
イラスト料の対象になります。ファッション記事なら、女性が
服を着たイラストが入るなら、それはイラスト料の対象ですね。

Qデザインやイラストのなかま

イラストを書いたり、DTPをやっています。
パソコンのグラフィックも好きですし、アクリルで絵を書いたりもします。
ですが、会社にも、友達にも、こういった関係の人がまったくといっていいほどいません。
今後、個展をひらいたり、仕事もしたいと思っているのですが、交流をもてるようないいサイトはないでしょうか?漫画っぽいイラストものはだめなのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらはどうでしょうか?!

参考URL:http://www.shinka.net/

Qデザインやイラストの修正

はじめまして、
私は時々デザインを請け負っているのですが、
マネージメントは苦手で…まだ勉強できていません。

今回簡単なイラストを5000円で請け負ったのですが、
1パターンかと思いきや完成後に色んなパターンの提案を
するように言われました。

作業量にもよるかと思いますが、
この場合、別途料金を請求するべきでしょうか?

また他のデザイナーの皆様は
どのように料金を決定しているのか、
相場を調べれる場所はあるのか、

よろしければご指導お願いします。

Aベストアンサー

>完成後に色んなパターンの提案
何パターン要求されてるのでしょうか?
別途に2~3パターンくらいまでなら許容範囲でしょうけど。10個~20個となってくれば話が違いますから。

全くの寝耳に水のお話であるのなら、追加料金を要求するのは当然かと。
ただ、相手の方は逆に「納得のいく物を貰って、初めて5000円」と思ってるはずなので…すんなりと追加料金に納得するかは微妙ですね。

何らかの書面とかで契約書的な物を作っていればですが。
口約束とかで始めてしまったのなら、双方に落ち度があると思います。ですので、今後ともその人が仕事を提供してくれるのなら。今回に限りという条件付きで折れてもいいと思いますし、仕事関係を抜きにして相手との人間関係を壊したくないと考えるなら、サービスするという選択肢もあります。

ただしどういう風にするにしても、必ず今回の件は「イレギュラーである」と言う意思表示ははっきりと相手方に示しておく必要はあります。
そうしないと相手、もしくは今回の相手経由で貴方に今後、仕事を依頼してくる相手は皆「何回、直して貰ってもタダ♪」と言う風に貴方を認識してしまいます。



◆デザイン系の料金の考え方::
小さな個人事務所的(SOHO)な仕事だったら、量的換算で。
大きなプロジェクト的な仕事だったら、機会換算でやるのがイイかと。


>量的換算
つまり時給換算みたいな「この仕事はn時間作業だから幾ら」みたいな計算です。
デザインの仕事をした事がない人(クライアント側)からすれば、デザインの直しで幾ら~という考え方はなかなか納得してくれません。「この人は金欲しさに、わざと直しを重ねているのでわ?」と変に勘繰る人が多いです。

そういう有らぬ誤解を生む前に。
最初に仕事を請け負う時点できっちりと、クライアント側にこの種類の仕事だったら幾ら~と目安になる料金表的な物を提示してあげると良いでしょう。

イラストの仕事だったら。
・A4サイズ/白黒  :1万円
・B4サイズ/カラー :3万円
・B3サイズ/カラー :5万円
~みたいな?

で、修正が入る時にも「全直し」なら基本料金の7掛けとか?或いは10割とか?
部分的な修正なら、単純に直し箇所の面積比率を基本料金とかに掛けて算出し、そてを基に見積もりして見せれば。デザイン的知識のない人には、そっちの方が感覚的に理解しやすいみたいです。この時に相手側への説明として、この作業には何時間(何日)掛かるから幾ら幾ら~的な言い方の方が、納得してくれます(時給的な考え方?)。


>機会換算
会社対会社みたいな大きな仕事で、1年間とか通してやる様な時に。
最初の時点で全工程の費用を算出し、あらかじめ直しや修正が入る前提で、料金と納期にもそれらを考慮して上乗せして置く方法です。

この方法の良い所は。
受注側が首尾良く仕事をこなし、費用も納期も少なくて済んだ場合。その差額部分が丸々取り分となり大いに潤います。しかし逆に見積もりを誤り、費用や納期を超過してしまった場合、その差額分を損害として被ります。

もちろん超過部分をクライアント側に追加要求しても良いのですが…。
大きな仕事であれば大きな仕事であるほど、比例して超過部分も大きくなるので。仮にクライアント側が払ってくれたとしても、貴方は信用を無くしその後の大きな仕事を得る機会を失ってしまうでしょう。


P.S.
>料金の相場
イラストとか絵画の料金の相場なんて、あってない様な物です(笑)。
相手が相場?を知らないのであれば、出せそうな範囲で吹っかけますし。デザイナーの方の知名度とかにも大きく影響されますから、ご自分の作業ペースと受注量などを鑑みて、これなら何とか喰っていけそうかな?~的な範囲で決めるしかないですね。

>完成後に色んなパターンの提案
何パターン要求されてるのでしょうか?
別途に2~3パターンくらいまでなら許容範囲でしょうけど。10個~20個となってくれば話が違いますから。

全くの寝耳に水のお話であるのなら、追加料金を要求するのは当然かと。
ただ、相手の方は逆に「納得のいく物を貰って、初めて5000円」と思ってるはずなので…すんなりと追加料金に納得するかは微妙ですね。

何らかの書面とかで契約書的な物を作っていればですが。
口約束とかで始めてしまったのなら、双方に落ち度があると思い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報